ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「イスラム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「イスラム」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(16)STEM教育(4):
GIGAスクール構想だけでは足りない、「IT×OT×リーガルマインド」のすすめ
今回は、全国の小中学生に1人1台のコンピュータと高速ネットワークを整備する文部科学省の取り組みである「GIGAスクール構想」と、その課題から、“江端流GIGAスクール構想”を提案してみました。(2021/11/30)

ノーベル平和賞最年少受賞のマララ・ユスフザイさんが結婚 オスカー俳優やグレタさんら、世界各国から祝福の声が届く
お相手はパキスタンのスポーツ関係者とのこと。(2021/11/10)

利用者急増のロシア発通信アプリ「Telegram」使ってみた 秘匿性高く悪用の懸念も受け皿の一つに
FacebookやInstagram、WhatsAppで大規模障害が発生した際、約7000万人のユーザーを獲得したのがロシア発のTelegramだ。秘匿性が高いため悪用を懸念する声もあるが、専門家は「LINEに問題があれば受け皿となる可能性もある」との見方を示す。(2021/10/22)

Oracle、イスラエルに地下データセンター構築へ ミサイルなどの攻撃から守るため
米Oracleが、イスラエルの首都・エルサレムにデータセンターを開設する。ミサイルなどの攻撃から施設を守るため、地下に構築するという。(2021/10/15)

スピン経済の歩き方:
「女性だからではなく実力で選べ!」が、日本企業の競争力を低下させているワケ
女性管理職の平均割合は8.9%で過去最高――。とはいえ、海外に比べると、まだまだ。なぜ日本企業は女性活用が進まないのか。(2021/9/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
アフガニスタンで日本車が注目されている、なぜ?
アフガニスタンでイスラム武装勢力タリバンが、アフガン政府を追い出したニュースが話題になっている。新たな政権が誕生しようとしているわけだが、その一方で、日本車が注目されている。欧米のメディアがフォーカスしていて……。(2021/8/26)

FacebookやYouTube、タリバンとみられるアカウント削除へ BBCなど報道
イスラム原理主義勢力タリバンがアフガニスタン全土で権力を掌握したことを受け、FacebookやYouTubeなどがタリバン関連のコンテンツを削除する方針を明かした。英BBCなどの海外メディアが報じている。(2021/8/18)

テロ、火災……失われた文化財がクローンで蘇る
世界の貴重な文化財を東京芸術大学が特許技術を用いて精密に再現した「クローン文化財」が、愛媛県新居浜市の市美術館「あかがねミュージアム」で展示されている。(2021/8/10)

1964年東京五輪 「選手村の味」 帝国ホテルで再び
2回目となった東京五輪では、各国の選手を陰ながら支えた選手村の食事が好評だったが、前回の1964年東京五輪でも、選手をもてなし英気を養ってもらおうと、料理人たちが腕を振るっていた。そんな前回大会の選手村の味が今……。(2021/8/9)

イスラム教のお宅で作法を知らずにお祈りを…… 「宗教より気持ち」と受け入れてくれた漫画に心が温かくなる
「あなたのやり方で伝わる」という言葉が心に染みる。(2021/6/15)

「ワンダーウーマン」俳優、イスラエルとパレスチナの武力衝突巡るコメントに物議 「虐殺行為の正当化だ」
パレスチナに言及せず。(2021/5/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
さらばミャンマー、日本企業はどうする?
ミャンマーでクーデターが起きてから、早くも2カ月半になる。ミャンマー日本商工会議所に加入している400社を超えているが、現地の日本企業はどのように対応すればいいのだろうか。(2021/4/15)

Facebook、国外在住ウイグル人標的の中国ハッカーに対処したと報告
Facebookは、北米やトルコに住むウイグル人を標的とする「中国を拠点とした」ハッカーの攻撃に対処したと発表した。ウイグル人活動家などを装って悪意あるアプリやWebサイトへのリンクを投稿していたアカウントを削除した。(2021/3/25)

外国人だから、はもう古い:
PR:「優秀な人材を世界中から集める」というグローバル人材活用の新たな考え方
日本国内の優秀なエンジニアを取り合いする時代は終わった。ビジネスをグローバル化するなら、採用もグローバルを対象にしませんか。(2021/3/9)

正体判明までおびえること約1年…… 台湾人が日本で遭遇した「謎の宗教音楽を流す車」の正体に爆笑&納得
日本語が聞き取れないとイスラムのお祈りっぽく聞こえるそうです。(2021/3/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界から非難されるミャンマー 日本企業は“ビジネスの危機”を乗り越えられるのか
ミャンマーで軍によるクーデターが発生。米国が経済制裁を強化する可能性もあり、現地に進出する多くの日本企業のビジネスが制限されることに。そして中国の存在感も強まる。この状況を救えるのは、ミャンマーとつながりを築いてきた日本政府だ。(2021/2/11)

COVID-19の流行でOSS活動が活発化:
「GitHub」の過去1年間の成長や使用状況をまとめた年次レポートが公開
GitHubは、「GitHub」の過去1年間の成長や使用状況をまとめた年次レポートの最新版「The 2020 State of the Octoverse」を公開した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がOSS開発に与えた大きな影響についても触れている。(2021/1/7)

米商務省、中国ドローンメーカーDJIと半導体受託生産最大手のSMICを輸出規制エンティティリストに追加
米商務省は、中国のドローンメーカーDJIを含む77企業を輸出規制の「エンティティリスト」に追加すると発表。同日、噂されていた半導体受託生産最大手の中国SMICも追加すると発表した。(2020/12/19)

Huawei、中国当局向けウイグル族検出顔認識システムを開発か──公式サイトに関連文書
中国Huaweiが中国の顔認識企業と共同で、被写体の年齢、性別、民族を検出でき、ウイグル族を検出すると報告する顔認識システムを開発していると、ビデオ監視メディアIPVMが報じた。Huaweiはこの報道の基になった文書を公式サイトから既に削除している。(2020/12/9)

これが全て紙だと……? 100枚近い切り絵を重ねた「彫刻切り絵」の重厚感がすごい
デザインの美しさとかっこよさにも注目。(2020/10/31)

意味がわかると怖い話:「悪魔への願い」
悪魔に願ったのは、憎い男の死。(2020/9/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
禁止か買収か TikTokがトランプの目の敵にされる「4つの理由」
人気アプリ「TikTok」を巡って、米中の混乱がさらに深まっている。なぜ米政府はTikTokの禁止や買収に言及しているのか。トランプ大統領がこのアプリを禁止したい理由は4つある。TikTokに逃げ道は残されておらず、こういった締め付けは今後も続く可能性が高い。(2020/8/6)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
日本アニメは本当に「ガラパゴス」なのか――待ち受ける真の危機に迫る
日本アニメの「ガラパゴス化」が最近問題視されている。しかし筆者は本当の課題はそこに無いと指摘。世界的人気な日本アニメの本当の危機とは。(2020/8/3)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
Facebookのヘイト対策に「大穴」 〜ザッカーバーグの矛盾とは〜
米国で、Facebookにとって手痛い内容の報告書が公表された。報告書は、この2020年11月に米大統領選挙が控えている中で、差別問題やヘイトスピーチに対するFacebookの取り組みがまだ不十分であり、しかも「大穴」が空いていることを指摘している。(2020/7/22)

Twitter、新型コロナ関連で削除対象とする偽情報ツイート範囲を拡大
新型コロナウイルス関連の誤情報拡散対策に取り組むTwitterが、新たに削除対処とするツイートについて説明した。「子どもは感染しない」「手を洗うのは石けんメーカーの広告だ」などの具体例を挙げている。(2020/3/19)

スピン経済の歩き方:
10年で市場4倍! 飲兵衛こそ「ノンアル」に、注目すべき理由
ノンアルコールビール市場がこの10年で、4倍近く拡大している。お酒好きの人にとっては興味のない話かもしれないが、実はそういう人こそ注目しなければいけないニュースなのである。どういう意味かというと……。(2020/3/10)

ベゾス氏iPhoneへの不正アクセス事件、サウジ皇太子が関与か 国連特別報告者
2018年にサウジアラビアのムハンマド皇太子のWhatsAppアカウントからジェフ・ベゾス氏に送信された動画ファイルに、監視用のスパイウェアが仕込まれていた。(2020/1/23)

ベゾス氏のプライバシー流出、サウジ皇太子のWhatsAppが関与の可能性を国連が指摘
Washington Postオーナーのジェフ・ベゾス氏のプライバシー流出について調査していた国連人権理事会が、報告書を発表。サウジアラビアのムハンマド皇太子のWhatsAppアカウントから送られたマルウェアによってベゾス氏のiPhone内のデータが盗まれた可能性が高いとしている。(2020/1/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2020年の中国自動車マーケット(後編)
今回の米中摩擦は一時的な問題ではなさそうだ。おそらくは中国の統治体制に何らか異変があるまで、この経済戦争は終わらないだろう。世界の自動車メーカーはどうなるのだろうか? やはり中国依存度が高いところが危ない。筆頭は欧州だ。これは自動車産業のみならず金融なども含めて中国と蜜月を深めすぎている。(2020/1/7)

リーダーシップは誰にでも実践できる:
PR:UWC ISAK Japan小林りん代表理事に聞く――「変革を起こすチェンジメーカーの育て方」
(2019/12/27)

米中追加関税取り下げ〜今回の合意は一時休戦にすぎない
世界経済のグローバル化が終わりに近づいている?(2019/12/17)

TikTok、中国非難動画を投稿した米少女のアカウント削除はミスだったとし、謝罪して復活
動画共有アプリTikTokが、中国政府を非難する動画を投稿した17歳の少女のアカウントを停止した件につき、「人為的ミスだった」としてアカウントを復活させた。少女は「ミスだとは信じられない」とツイートした。(2019/11/28)

アニメ「鬼滅の刃」のBlu-ray&DVD第4巻が回収 同梱CDで「イスラム教に関わる音源」を不適切に使用
購入者が希望する場合は特典CDの交換も行われます。(2019/11/22)

自己啓発やオンラインサロンと同じ商法:
『ジョーカー』が暴いた「アンチヒーロービジネス」―― 誰もが“都合の良い悪夢”に溺れる訳
大ヒット中の映画『ジョーカー』。筆者はそこに「アンチヒーロービジネス」の構図を見る。現状を変えずむしろガス抜きになっている点を指摘。(2019/11/7)

iPhoneエクスプロイトのターゲットはウイグルのイスラム教徒?──TechCrunch報道
Google Project Zeroが解説するiPhoneを狙う無差別攻撃は、新疆(しんきょう)ウイグル自治区のコミュニティを標的とするよう設計された国家(おそらく中国)支援攻撃の一環だと米TechCrunchが情報筋の話として報じた。米ForbesはWindowsおよびAndroidも攻撃されていたと指摘した。(2019/9/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
「表現の自由」を企業がどこまで守るか 8chan、愛知芸術祭に見るリスクと責任
愛知県・国際芸術祭の展示中止問題で「表現の自由」を巡る議論が盛り上がっている。米国でもネット掲示板「8chan」が一時停止に追い込まれた。企業の事業や自治体のイベントにも、表現の自由を巡るリスクが隠れている。どのように扱うべきだろうか。(2019/8/8)

EE Exclusive:
顔認識技術の不都合な真実
監視カメラが導入される分野は、顔認識を行うAI(人工知能)技術の進化に伴い、幅広くなっている。一方で、防犯が目的だとしても、プライバシー保護に対する懸念の声や、使用について規制を求める声は高まるばかりだ。先進国の中でも、カメラを使った“監視”が最も厳しい国の一つとされる英国の例を取り上げ、顔認識活用の現状と課題に触れる。(2019/7/31)

池澤夏樹インタビュー【中編】:
池澤夏樹が「人類の終末」を問い続ける意味
作家・池澤夏樹の重要な作品テーマの1つ、「科学」。池澤氏は「科学」の視点から小説、日本社会、そして人類の未来をどう見通してきたのか。3回シリーズの中編。(2019/7/30)

中国当局、旅行者のスマートフォンに監視アプリをインストールか
報道によれば、国境警備当局がインストールするアンドロイドアプリはメールや通話記録などの個人情報を収集して内容をチェックし、サーバに転送していた。(2019/7/3)

中国国境で当局が旅行者のスマートフォンに情報収集アプリを密かにインストール──Guardian報道
新疆(しんきょう)ウイグル自治区のイスラム教徒監視を強化している中国当局が、キルギス共和国からの国境で旅行者のスマートフォンにデータ収集アプリをインストールしていると、Guardianが報じた。(2019/7/3)

イスラム教徒向けではない:
世界の要人が食べた「とんこつ不使用ラーメン」の正体 G20財務相会議の歓迎行事で提供
主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が、6月8日から開催された。歓迎レセプションでは「100%とんこつ不使用ラーメン」がふるまわれた。どのようなラーメンなのだろうか。(2019/6/10)

「AIセキュリティ」の光と影【前編】
保険ブローカー企業が「AIセキュリティ」製品を導入 「Emotet」を即座に検出
サイバー攻撃が日々進化する中、その新たな対策としてAI(人工知能)技術を使ったセキュリティ製品が次々と登場している。保健ブローカーによるAIセキュリティ製品の導入経緯と、その実力を探る。(2019/6/5)

なぜアルファベットには大文字と小文字があるのか?
どっちかだけで良くない?(2019/4/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
Amazonベゾス不倫騒動と、サウジ記者殺害をつなげる「デジタル監視」の実態
米アマゾンのジェフ・ベゾスCEOの不倫疑惑が国際問題に発展しそうな気配が漂っている。個人的な情報が流出したことについて、ベゾス氏の捜査では「ある国」が関与した可能性を指摘。その背景には、サウジアラビア人記者殺害事件があって……。(2019/4/4)

第3回 AI・人工知能EXPO:
”食の禁忌”をディープラーニングで解決 原材料も分かる「食品判定AI」の今後
ムスリムやベジタリアンなど食の禁忌を持つ人たち向けに、食べられる商品かどうかをAIで判定するシステムをNTTドコモが提供している。(2019/4/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
「隠すことは何もない」? ネットの“のぞき見”、鈍感さに潜む危険
タクシーの配車アプリなど、ネット上のプライバシー問題が注目されている。この問題について「隠すことは何もないから気にしない」という主張が根強くあるが、本当にそれでいいのか。自分の情報を“見られる”ことの本当の問題とは?(2019/3/28)

ムスリム女子が和の装い! 古都で「和柄ヒジャブ」がじわり増えるワケ
着物とヒジャブが奇跡のマッチ!(2019/3/15)

外国人エンジニア受け入れの現実とは:
PR:外国人エンジニアの採用は企業にどのような変化を生んだのか――キヤノンITソリューションズの取り組みに学ぶ
「IT人材の不足」が各所で大きな課題となっている中、スキルを持った外国人エンジニアの採用に関心を持つ企業が増えている。では実際に、外国人エンジニアと共に働く現場とはどのようなものなのか。ヒューマンリソシアの「GIT(Global IT Talent)サービス」を通じて外国人エンジニアを派遣活用しているキヤノンITソリューションズに、サービス活用に至った経緯、活用後の現場の状況、今後の展望について聞いた。(2019/3/1)

開発に20年費やした:
一蘭の「100%とんこつ不使用ラーメン」を食べてみた 1180円は高いか安いか
とんこつラーメン専門店の一蘭が新しいラーメンを開発した。豚・アルコールを一切使用していない100%とんこつ不使用ラーメンだ。記者が実際に記者発表会で食べてみた。(2019/2/21)

世界を「数字」で回してみよう(55) 働き方改革(14):
ブラック企業の作り方
今回取り上げるのは「ブラック企業」です。特にここ数年、企業の規模や有名無名に関係なく、“ブラック企業の実態”が報道でも取り上げられていますが、そもそもなぜ「ブラック企業」が存在してしまうのでしょうか。そして、ブラック企業を撲滅することはできるのでしょうか。(2019/1/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。