ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「ITコーディネータ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ITコーディネータ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

3D設計推進者が見た中国製造業とデジタル変革(4):
日本のモノづくりはこれからも強くいられるか
「世界の工場」と呼ばれる中国であり、また世界有数の国際都市である上海の虹橋において「第20回 中国国際工業博覧会(CIIF2018)」が2018年9月19〜23日に開催された。会場周辺で、ダッソー・システムズ(Dassault Systemes、以下「ダッソー」)は、同年9月19〜20日まで「Manufacturing in the Age of Experience」を開催した。筆者は、ダッソーユーザーとして、また3D CAD推進者であり、製造業にかかわる一人としてそこに参加した。(2018/11/5)

中堅・中小企業向け、標的型攻撃対策の現実解(5):
刻々と変化する攻撃に耐える――最新のサイバー攻撃に対応できるエンドポイント対策
セキュリティ対策を実行する際、侵入されることを前提に考えなければならない。内部対策だ。内部対策は複数に分かれており、最後の要が個々のPCなどに施す「エンドポイント対策」である。エンドポイント対策で満たさなければならない4つの条件について、紹介する。(2017/10/6)

目からうろこの行政サポート活用術:
こんなにある、中小企業向けの補助金・助成金
前回は、政策を読み込み、キーワードを探し出して、関連する会議や団体を見付け、関係省庁によるお金の動きや公募を見付る方法を紹介したが、実はそこまでしなくても、容易に補助金や助成金を見付ける方法がある。(2017/8/18)

中小企業のセキュリティ対策に支援策、10団体が共同実施
サイバー攻撃やサイバー犯罪など脅威に対する中小企業の取り組みを推進すること目的に、自発的な取り組みを促す「SECURITY ACTION」をスタートさせる。(2017/2/7)

開発残酷物語(2):
「鶴の一声」が通用しない現場――山本一郎氏が聞く、中小企業におけるIT導入失敗事例の傾向と対策
トラブルの原因は何だったのか、どうすれば良かったのか、同じトラブルを起こさないようにどういう手だてを取ったのか。実在する開発会社がリアルに体験した開発失敗事例を基に、より良いプロジェクトの進め方を山本一郎氏が探ります。(2017/2/6)

プロフェッショナルVRソリューション:
PR:デザインレビュー新時代、VR空間で行うコラボレーションとは
デザインレビューに新時代が到来。2D、3D、そしてVR(仮想現実)へと進化してきたレビュー環境は、遠隔地に離れた複数人が同時にVR空間を共有してコラボレーションできるところまで進化している。(2017/2/1)

2015年7月15日にサポート終了、国の支援策も:
深刻「中小企業のWindows Server 2003問題」 今、何をすべきか
サーバOS「Windows Server 2003」のサポート終了日が迫っている。マイクロソフトと販売パートナー、そして国が、まだ利用している中堅中小企業層に向け、認知強化とさらなる優遇支援策を打ち出した。(2014/12/4)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
スマイルワークスが中小企業ユーザーを伸ばし続けるワケ
今年5月にヤフー子会社などから2億5000万円を調達して話題になったのが、クラウドビジネスで急成長を狙うスマイルワークスだ。(2014/7/10)

ワイヤレスジャパン 2014:
タブレット/スマホ導入で売上アップのコツが分かる――「中小企業クラウド&モバイル活用フォーラム」
5月28日から30日まで開催される「ワイヤレスジャパン 2014」では、タブレットやスマートフォンを導入している中小企業担当者を対象とした「中小企業クラウド&モバイル活用フォーラム」を実施。導入事例や売上アップにつながる情報を得られる。(2014/5/19)

誠 Biz.IDセミナーリポート:
中小企業を元気にするスマホ導入の極意――成功企業の社長に聞いた
スマホユーザーが増えるのと比例して、ビジネスシーンでのスマホ利活用が進んでいる。ただし、スマホを導入したら「終わり」という話ではない。成果をきっちり出している先行企業に共通するものとは?(2014/3/26)

地場の中小企業を支援 西武信金とITC協会が包括的提携
IT活用による売り上げ拡大などを図りたい中小企業を支援するため、西武信用金庫とITコーディネータ協会が提携を発表した。(2013/12/6)

プロフェッショナルたちの熱い想い:
「超高速開発コミュニティ」を設立――日本が19位で黙っているわけにはいかない
2013年8月6日、13企業が集結して「超高速開発コミュニティ」を設立。(2013/8/6)

システム部門Q&A(14):
データウェアハウス中心アプローチで問題解決しよう
以前の連載では、情報検索系システムが普及してきていることや、その運用が不適切であると指摘した。では、基幹業務系システムと情報検索系システムとは具体的にどういった関係なのだろうか。(2004/10/29)

上位2割に学ぶ“ぶれない会社”の法則的特徴――東京経営塾セミナー
「ここ20年で、中小企業の約8割が元気がない会社になってしまった」 そう警鐘を鳴らす法政大学院政策創造研究科の坂本光司教授が、約6600社の企業支援を通じて感じた企業が変わるためのヒントを事例を基に紹介した。(2012/10/17)

雑談S&OP 松原先生との対話:
部門も言語も超える共通語が、日本にも必要な時代になったんです
最近よく耳にするようになったS&OPというコトバ。いまなぜ、日本企業に必要と言われるようになってきたのか、連載の筆者、松原先生に聞いてみよう。(2012/8/31)

ITエンジニアの市場価値を高める「営業力」(1):
「ITエンジニアの市場価値」を決めるのは誰か?
エンジニアが市場価値を上げるには、営業力が必要だ。元SEで営業経験もある著者が、「エンジニアが身に付けておきたい営業力」を語る。(2012/8/30)

IPA、中小企業のセキュリティ対策支援サイトを開設
情報セキュリティ対策支援サイト「iSupport」で、診断ツールや社内教育用コンテンツを提供するほか、中小企業診断士やITコーディネータの支援も行う。(2012/7/24)

技術の限界を超えて:
スポーツ分野への適用も――ビッグデータの新たな価値を見出す
新たな価値創造に欠かせないソリューションとして期待が高まるビッグデータ。JSOLは既存の事業領域における新たな価値提供と、これまでにないビジネスモデルの創出という2つのアプローチから取り組みを始めている。(2012/4/20)

システム部門Q&A(29):
中小企業がERPパッケージを成功させるには?
従来、大企業向けというイメージの強かったERPパッケージソフトウェアだが、昨今では大企業への導入が一巡したことから、中小企業向けのパッケージが多く提供され始めている。中小企業がERPパッケージを導入するのに、どのようなことに留意するべきだろうか。(2012/1/26)

はじめはみんなベンチャーだった:
Webサイトを作らないなんてもったいない――「みんなのビジネスオンライン」で中小企業に成長を
インターネットの利用者数は現在9000万人以上。その4割以上が企業サイトや通販サイトを利用したい一方、企業側では自社サイトの所有率が24%程度。こうした状況にGoogleがリリースしたのが「みんなのビジネスオンライン」だ。Webサイト開設の障壁である「コストとスキルと時間」問題を解決できるのであろうか。(2011/11/28)

Webサイト制作を簡単に:
対象は中小企業――Google「みんビズ」セミナーに行ってみた
GoogleとKDDIが提供している「みんなのビジネスオンライン」(みんビズ)が順調にユーザー数を増やしている。中小企業向けのみんビズセミナーに行ってみた。(2011/11/11)

企業のためのスマホ徹底“活用”術(4):
スマホは働き方を変える
スマートフォンの携帯性の良さは、ビジネスマンの働き方にも大きな変革をもたらす。先進企業の事例から、どのようなワークスタイルの変革をスマートフォンがもたらすかを検討してみる。(2011/9/30)

まるごと! 中堅・中小企業とIT経営:
【第4回】IT導入でやるべきこと
中堅・中小企業がITを導入する上で「やるべきこと」とは何か。今回はこのテーマについて事例を交えて解説する。(2011/9/27)

企業のためのスマホ徹底“活用”術(3):
スマホはマーケティングを変える
企業としての導入よりも個人としての導入が進むスマートフォン。コンシューマをターゲットとする企業にとっては、新たなマーケティングデバイスになる。今回はスマートフォンを活用することにより、今までにないどのようなマーケティング方法が考えられるかを検討してみる。(2011/9/16)

Googleの考える中小企業支援とは?――「みんなのビジネスオンライン」
GoogleとKDDIは、中小企業や個人事業主が簡単に自社のWebサイトを作れるクラウドサービス「みんなのビジネスオンライン」の提供を開始した。地域経済の活性化と中小企業の情報のオンライン化を目指す。(2011/9/13)

情マネ流マーフィーの法則(40):
情マネ流マーフィーの妖誤集
これまで、ITにかかわるさまざまな法則を紹介してきた。今回から3回に分けて、誤解されやすい用語や概念を独自の視点で定義・紹介する。(2011/8/17)

情マネ流マーフィーの法則(39):
情報科学の法則を復習しよう
IT分野にも数多くの素晴らしい法則が存在する。今回は、ITに関する法則を筆者なりに解釈して紹介する。(2011/7/27)

企業のためのスマホ徹底“活用”術(2):
80年代PCから類推するスマホ活用のポイント
スマートフォンを導入するにしても、どうすれば自社の業務に効果的に使えるのか。第一回に続き、有効活用のツボをさらに掘り下げてゆく。(2011/7/15)

情マネ流マーフィーの法則(38):
社会科学法則の「情マネ流マーフィー」への適用
自然科学や社会科学には多くの法則が存在する。それらをコンピュータやITの世界に当てはめてみるとどうなるのか? 前回から数回にわたって「情マネ流マーフィーの法則」を自然科学や社会科学などの観点から考察する。(2011/7/11)

情マネ流マーフィーの法則(37):
自然科学法則の「情マネ流マーフィー」への適用
自然科学や社会科学には多くの法則が存在する。それらをコンピュータやITの世界に当てはめてみるとどうなるのか? 今回から数回にわたって「情マネ流マーフィーの法則」を自然科学や社会科学などの観点から考察する。(2011/6/22)

仕事を楽しめ! エンジニアの不死身力(13):
勉強会フリークからの脱出。“分かる”から“できる”へ
あなたはエンジニアの仕事を楽しんでいますか? この連載では、仕事を「つらいもの」から「楽しいもの」に変えるためのヒントを考えていきます。(2011/6/1)

情マネ流マーフィーの法則(36):
コンピュータが発展すると人間はバカになる
コンピュータが業務で利用されるようになって50年近くがたつ。その過程において、ハードウェアやソフトウェアは驚異的に進歩したが、それに反比例するかのように、利用する人間側が“考えること”を止めてしまっているようだ。今回は、省脳力化に関する法則を紹介する。(2011/5/31)

仕事を楽しめ! エンジニアの不死身力(12):
エンジニアに資格が必要な時、いらなくなる時
あなたはエンジニアの仕事を楽しんでいますか? この連載では、仕事を「つらいもの」から「楽しいもの」に変えるためのヒントを考えていきます。(2011/5/9)

中小企業の活力を高めるIT活用の潮流:
業務を標準化しミスを減少、沖縄の印刷業が挑んだ経営改革とは
長引く不況により、印刷業界、中でも中小・零細企業は厳しいビジネス環境にさらされている。そうした状況下では、業務上の些細なミスが大きな売り上げ損失につながりかねない。業務プロセスをいかに改善するか――沖縄高速印刷でもこれが喫緊の課題であった。(2011/4/6)

被災した中小企業へ無償ITサービス情報を提供 ITコーディネータ協会
ITコーディネータ協会は、IT企業各社の無償製品やサービスに関する情報をまとめた。(2011/3/31)

中小企業の活力を高めるIT活用の潮流:
【対談企画】ユーザーに手間が掛からない運用管理を目指せ
中小企業のIT事情をよく知る専門家に、中小企業のセキュリティ対策やクラウドサービス活用などについて話を聞いた。(2011/3/24)

情マネ流マーフィーの法則(35):
バグとの長い長い付き合い
ソフトウェア開発にバグはつきものだ。プログラマであれば、バグに関する思い出の一つや二つはあるだろう。しかし、近年の短納期化やコスト重視の影響で、デバッグやテスト工程の様相は昔とは大分変わってきた。今回は、バグに関する法則を紹介する。(2011/3/10)

中小企業の活力を高めるIT活用の潮流:
赤字の腕時計修理事業を立て直したカイゼン活動の舞台裏
ROLEXなど高級ブランド時計の修理を請け負う共栄産業は、国内でも有数の技術力を誇る。ところが、かつての修理部門は毎月200万円の赤字を出し、技術者の業務統制もとれていなかったという。(2011/2/25)

中小企業の活力を高めるIT活用の潮流:
“オールジャパン”体制で中小企業を支援
産官が一丸となり、日本のIT産業を真剣に考えていく時期に差しかかっている。ITコーディネータ協会もこの潮流を中小企業支援に活用していく。(2011/2/14)

情マネ流マーフィーの法則(34):
なぜソフトウェアの部品化/再利用は進まないのか?
ソフトウェア開発において、部品化/再利用は永遠の課題とも言える。昨今ではオブジェクト指向やSOAが注目されているが、本格的に普及しているとは言い難い。では、なぜソフトウェアの部品化は進まないのだろうか。今回は部品化/再利用に関する法則を紹介する。(2011/1/12)

情マネ流マーフィーの法則(33):
“バカ・マジメ”をメンバーに入れるな!
プロジェクトの成否はメンバー選定で大部分が決まると言っても過言ではない。そんなメンバー人選で決して選んでは人種がいるという……。今回はチームメンバー人選に関する法則を紹介する。(2010/12/15)

情マネ流マーフィーの法則(32):
なぜIT部門は提案できない/しないのか?
経営者は、システム部門に常々「IT部門からの提案を期待している」と言う。しかし、経営者からシステム部門に提案されることはない。なぜだろうか。今回はIT部門と提案に関する法則を紹介する。(2010/12/1)

情マネ流マーフィーの法則(31):
ユーザーニーズを基にシステムを作るな
システム部門がシステムを構築する際、ユーザーの業務を理解し、的確にユーザーニーズを満たすことが重要だと言われている。しかし、ユーザーは往々にして自分のニーズを理解していないことが多いのだ。今回はユーザーニーズに関する法則を紹介する。(2010/11/18)

間違いだらけのIT人材育成(6):
“ゆとり&アラフォー世代”をきちんと鍛えるには
企業内研修にしても大学などの教育にしても、寺子屋時代から続く集合教育が中心である(正確には黒板が輸入されてから。黒板のない時代の寺子屋は集合教育ではなく個別教育だった)。ゆとり世代が社会人になり、育成の中心がアラフォー世代に移る中で、集合教育は今後のIT人材育成において有効な手段なのだろうか。集合教育が抱える問題点を明らかにしたうえで、その解決策を検討してみる。(2010/11/11)

週刊! ITmedia エンタープライズ電子ブックレット:
強いインフラで企業を改革する――無線LAN“再構築”プラン
ITmedia エンタープライズで過去注目を集めた記事を、PDF形式の電子ブックレットとしてお送りする「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。今週は「キラーウェブを創る」「無線LAN“再構築”プラン」など、今すぐ役立つ5本をお届けします。(2010/10/12)

間違いだらけのIT人材育成(5):
なぜ、超上流プロセス担当人材を育成できないのか
超上流プロセスが注目を集めているが、これを担う人材をユーザー企業、IT企業ともに十分には育成できていない。なぜ、育成することが難しいのだろうか? 超上流プロセスの内容を確認したうえで、人材育成上の問題点を明らかにし、解決の方向性を検討する。(2010/10/6)

情マネ流マーフィーの法則(30):
成果の出ないIT戦略
IT戦略は経営戦略と整合性を持つはずだが、経営戦略をIT戦略に展開するのは難しい。それはなぜだろうか。(2010/9/13)

情マネ流マーフィーの法則(29):
IT技術者、どう評価する?
IT業界においてエンジニアの能力やスキルを評価する方法は難しい。今回は、IT技術者にまつわる法則を取り上げる。(2010/8/18)

情マネ流マーフィーの法則(28):
何かが足りない日本のIT教育政策
IT人材の育成に向けた国家戦略として、高校で「情報」の科目を必修にするなど、さまざまな取り組みがなされているが、その内容については疑問が多い。今回は、IT教育政策にまつわる法則を取り上げる。(2010/7/14)

情マネ流マーフィーの法則(27):
電子政府の研究はIT推進の教科書として最適だ
日本政府が構築したITシステムの多くは極めて利用率が低い。民間企業では考えられないことだが、これを失敗とするどころか、次のプロジェクトでシステム利用率を上げるための施策が平然と行われる。(2010/6/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。