ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日本ブランド戦略研究所」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

サントリー、1位に返り咲き:
日本ブランド戦略研究所、企業情報サイトのユーザー評価を発表
日本ブランド戦略研究所は1月20日、有力企業252社の企業情報サイトについてのユーザー評価結果を公表した。(2015/1/20)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
日常の「不」を解消せよ!?
人はポジティブなものを提供されるよりも、ネガティブなものを解消してくれるもののほうに対価を支払いやすい特性があります。あなたがビジネスプロデューサーなら、「不」をもっと意識して生活し、そこからビジネスチャンスを見つけるべきです。(2013/3/19)

Webサイトの価値を金額換算:
Webサイト価値1位は日本航空。2位全日本空輸、3位NTTドコモ
日本ブランド戦略研究所は9月3日、「WebEquity2012」の結果を発表した。日本の有力企業232社のWebサイトの価値を調査した。(2012/9/3)

アクセス解析ツール「Adobe SiteCatalyst」導入事例
【事例】Webサイト価値ランキング1位、ANAのWeb分析戦略
日本ブランド戦略研究所が発表した「Webサイト価値ランキング2011」で1位を獲得したANAのWebサイト。同社はWebサイト、スマートフォン対応、ソーシャルメディア活用にどのような戦略で挑んでいるのか。(2012/6/22)

役に立つサポートサイト、1位はオリンパス 日本ブランド戦略研究所調べ
日本ブランド戦略研究所が「サポートサイトの有用度ランキング」を発表した。1位はオリンパス(一眼)で、そのほかにもニコンやリコー、キヤノンなどカメラメーカーサイトが高く評価されている。(2011/1/18)

企業サイトの生命線になるWebガイドライン
経営や事業戦略と企業のWebサイトが密接にかかわるようになってきた。企業サイトの品質を一定の水準で保ち、コンテンツを更新し続けていくためには、制作ルールやポリシーをまとめた「Webガイドライン」の制定が急務となっている。(2010/8/31)

最も事業貢献度の高い携帯サイト、トップは日本マクドナルド
日本ブランド戦略研究所が、国内有力企業210社のモバイルサイトの事業貢献度に関する調査結果を発表。トップとなったのは日本マクドナルドだった。(2010/8/19)

役に立つ企業のサポートサイト、1位はキヤノンのデジタルカメラ
日本企業が提供する製品のサポートサイトの満足度を日本ブランド戦略研究所が調べた。1位はキヤノンのデジタルカメラのサイトだった。(2009/12/7)

日本ブランド戦略研究所調べ:
利用者の支持を集めた企業サイト、サントリーが2年連続首位
利用者の支持を集めた企業サイトは2年連続でサントリーだった。コンテンツの検索性やレイアウト設計、情報量などが評価を集めた。(2009/11/16)

花王のWebコミュニティ「ピカママ」運営の裏側
花王のWebサイト「GO GO pika★pika MAMA」は、2007年4月に開設された新米ママさん向けのコミュニティ。開設から2年で登録ユーザー数は1万6000人を超えているが、花王ではWebコミュニティとどのように付き合おうとしているのだろうか。(2009/9/18)

日本ブランド戦略研究所調べ:
仕事で役立つ企業サイト、オムロンが3年連続でトップ
商品のページへの到達度や閲覧後の行動、情報の充実度などで、オムロンのWebサイトが3年連続でユーザーの評価を集めた。(2009/6/26)

トヨタは2位に後退:
企業サイトの1位はサントリー 安全・安心への訴求がユーザーに響く
日本ブランド戦略研究所の調査で、ユーザーが評価する企業サイトの1位がサントリーになった。安全・安心を訴求したWebページを掲載するなど、ユーザー視点のサイト作りが奏功し、2位のトヨタ自動車を引き離した。IR情報の充実を図り、決算会見の動画配信などを試みる傾向も出ている。(2008/11/18)

「ホームページは店舗だ」――マクドナルドが5年半ぶりのHP刷新に込めた思い
日本マクドナルドが5年半ぶりにホームページを刷新した。LPOを採用してコンテンツを動的に表示したり、時間に応じてWebサイトに変化させたりするなど、「Webサイトも店舗の1つ」というコンセプトに基づき、“ユーザーの楽しさ”を演出する。そこには、支持を集める企業サイトの要素がちりばめられている。(2008/10/9)

一番価値の高いWebサイトを持つ企業は?
いまや多くの消費者が参考にし、企業の顔となっている公式Webサイト。マーケティングに欠かせない要素となっているが、最も価値が高いWebサイトを持っているのはどの企業なのだろうか。日本ブランド戦略研究所調べ。(2008/9/8)

「再訪したい企業サイト」1位は東京ディズニーリゾート
日本ブランド戦略研究所の調査によると、「再訪したい企業Webサイト」のトップは東京ディズニーリゾート。上位は食品・外食や日用品メーカーなどが多い。(2008/9/1)

中国で最も好感度の高い日本企業はキヤノン、全体ではIBMが首位――日本ブランド戦略研究所調べ
五輪で沸いた北京をはじめ中国の消費者層が評価する企業ランキングを日本ブランド戦略研究所が発表した。(2008/9/1)

アクセス経験やニーズ充足度で:
B2Bサイトの評価、オムロンが2年連続首位
サイトの閲覧数や商品の探しやすさ、情報の充実度といった観点で企業のサイトを評価したところ、オムロンの制御機器のWebサイトが2年連続首位となった。(2008/6/11)

日本ブランド戦略研究所調べ:
「インサイダー取引をしている証券会社は6割以上」――業界を信用しない消費者
インサイダー取引が大々的に報じられる中、消費者は証券会社や業界に対して「インサイダー取引に手を染めている」というイメージを持っているようだ。(2008/6/11)

丼ものチェーン店、総合力1位は「吉野家」
手軽に食べることができる丼もの。丼ものチェーン店のイメージについてランキングを調査したところ、「おいしい」「はいりやすい」が決め手となった。日本ブランド戦略研究所調べ。(2008/1/31)

ユーザーから情報開示が評価された企業サイトは?
日本ブランド戦略研究所が12月10日に公表した「企業情報サイト調査 2007」によると、最も高いユーザー評価を得た企業サイトはトヨタだった。(2007/12/10)

1位はトヨタ――企業サイトのユーザー評価
企業のWebサイトを閲覧するユーザーが最も支持するのはトヨタ自動車のサイト。日本ブランド戦略研究所が調査結果を発表した。(2007/12/10)

次世代DVD、購入したいメーカー1位はソニー
日本ブランド戦略研究所がまとめたアンケート調査によると、次世代DVD機器で購入したいメーカーはソニーが51%でトップだった。(2007/11/21)

キャリア女性は「ソニー」がお好き
キャリア女性――つまり20歳代から30歳代を中心としたキャリア志向の強い女性ユーザーが日本でもっとも評価しているブランドは、「ソニー」だった。(2005/2/4)

企業の顔、「Webサイト」での個人情報保護法対策とは?
メンバーズは9月30日、Webページの作成、運用といった観点から個人情報保護法への対応を考慮するセミナーを開催した。(2004/10/1)

国内Webサイトの価値総額は7兆7000億円相当
日本ブランド戦略研究所が発表した「Web Equity2004」によれば、トヨタのWebサイト価値は約1000億円になるという。また、国内Webサイトの価値総額は7兆7000億円に匹敵すると推測している。(2004/9/21)

都道府県サイトのリスク調査、総合1位は東京都、ワースト1は埼玉県
サイトリスク協議会によると、都道府県サイトのリスク調査は、東京都が総合1位、ワースト1位は埼玉県だった。なお、半数以上で個人情報取り扱いに関する記述がないなど、個人情報保護法への対策は不十分のようだ。(2004/9/17)

消費者による企業情報サイト評価、食品・飲料業界が高評価に
日本ブランド戦略研究所の調査によれば、消費者からもっとも高く評価された企業情報サイトはキリンビールで、業種別では食品・飲料業界にサイトが高評価を得た。(2004/9/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。