ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「調査機関」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

コロナ禍で残業時間は減少:
出社とテレワーク、残業時間が長いのはどっち?
パーソル総合研究所が残業時間の実態に関する調査結果を発表した。(2021/4/19)

テレワーカーの方が出社している人より残業時間が長い パーソル調査
残業時間はオフィスなどに出社している従業員よりテレワーカーの方が長いとする調査結果をパーソル総合研究所が発表した。(2021/4/19)

「デジタルリーダーの志向性調査」:
DXを推進する「デジタルリーダー」の確保には知的好奇心の刺激が重要 NTTデータ経営研究所が調査結果を発表
NTTデータ経営研究所は、「デジタルリーダーの志向性調査」の結果を発表した。同社はデジタルリーダーを確保するには、優秀な人材が集まったチームに配属するだけでなく、挑戦的な役割を与えて知的好奇心を刺激し続けることが重要だと分析している。(2021/3/29)

KDDI、Beyond 5G/6Gに向けたホワイトペーパーを公開
KDDIとKDDI総合研究所は、3月24日に新たな移動通信システム「Beyond 5G/6G」のコンセプトをまとめたホワイトペーパーを公開。2030年頃を想定し、イノベーションを生むためのエコシステムの醸成に必要な「将来像」と「テクノロジー」の両面に触れている。(2021/3/26)

総務省も注目:
地域活性化の助けとなる「関係人口」ランキング 3位は北海道、2位は沖縄県、1位は?
新たな地域づくりの担い手として「関係人口」が期待されている。ブランド総合研究所は「関係人口」に関する調査を実施した。最も関係人口の多かった都道府県は?(2021/3/15)

3Dプリンタニュース:
世界の金属3Dプリンタ市場、2025年度に2500億円と推計
日本能率協会総合研究所は、世界の金属3Dプリンタ市場調査の結果を発表した。造形精度や速度が向上した金属3Dプリンタは、欧米を中心に製造現場への導入が増えており、2025年度には世界市場が2500億円規模になる見込みだ。(2021/3/11)

キャリアニュース:
ITエンジニアの46.5%が、自分の技術やスキルの陳腐化が不安と回答
パーソル総合研究所が「ITエンジニアの就業意識に関する調査」の結果を発表した。ITエンジニアの46.5%が「自分の技術やスキルがいつまで通用するか不安だ」と回答した。また、希望年収と現在の年収の差は「150.1万円」だった。(2021/3/11)

職種別の給与・残業ランキングも:
ITエンジニアのキャリア不安、2位は「今の会社で給与が上がるか」、1位は?
パーソル総合研究所が、ITエンジニアの就業意識調査を発表。キャリア不安ランキングの1位は「自分の技術やスキルの陳腐化」だった。(2021/2/26)

マスク着用でも読み取れる表情認識AI KDDI総研が開発 ポジティブ・ネガティブを推定
KDDI総合研究所がマスク着用時の表情を認識する「顔領域適応型表情認識AI」を開発したと発表。マスクで顔の70%ほどを隠した状態でも90%以上の精度でポジティブ、ニュートラル、ネガティブの表情を分析できるという。(2021/2/25)

NTT、過疎地域での遠隔診療・リハビリ指導に5Gを活用 医療従事者の不足や派遣の負担軽減に
NTTデータ経営研究所らは、過疎地域診療所での5Gを用いた遠隔診療・リハビリ指導の実証実験を実施。5Gや4Kカメラを使用した高精細な映像伝送・診療システムにより、医療従事者の不足や派遣の負担などの課題解決に貢献する。(2021/2/22)

青色LEDの光で発電する太陽電池、無線給電に活用 東京都市大が新技術
東京都市大学総合研究所が、青色LEDの光を電気に変換する太陽電池を開発。屋外で移動する電気自動車などへの無線給電に活用できるという。今後10年以内の実用化を目指す。(2021/2/10)

アプリのインストールが増えた:
「仮想脳モデル」を活用して効果の高い広告を制作、NTTデータが効果を確認
NTTデータとNTTデータ経営研究所は、「仮想脳モデル」を活用して動画広告を作成し、効果を検証した。再生率が23.6%、動画広告のツイートに関するエンゲージメント率が35.3%向上した。(2021/1/28)

緊急事態宣言への対応は?:
“出勤者削減”の目標を定めている企業は5割 目標値の平均は「7割」に届かず
労務行政研究所が発表した調査結果によると、今回の緊急事態宣言を受けて出勤者数の削減目標を定めている企業は5割にとどまった。在宅勤務を変更・拡充した企業は4割強だった。(2021/1/26)

2020年、コロナ禍の市場は:
首都圏マンション価格、バブル期以来の6000万円台 供給は1割減
不動産経済研究所によると、2020年の首都圏の新築マンション1戸当たりの平均価格は前年比1.7%増の6084万円だった。6000万円台となるのは1990年以来。一方、供給数はコロナ禍の影響で28年ぶりの3万戸割れとなった。(2021/1/25)

茨城県、最下位脱却:
魅力度ランキング、なぜ北関東3県で「最下位リレー」が続くのか
民間シンクタンク「ブランド総合研究所」の令和2年の都道府県魅力度ランキングで、茨城県は7年連続最下位から脱却した。その座は隣の栃木県に渡ったが、茨城の“記録”が始まる前年は群馬県がその地位にいた。群馬から茨城、茨城から栃木…北関東3県で続く「魅力度最下位リレー」の背景を探った。(2021/1/13)

今日のリサーチ:
緊急事態宣言が発出された場合、企業の71.1%がテレワークを認める方針――パーソル総合研究所調査
企業のテレワーク方針はどう変化するのでしょうか。(2021/1/6)

平均価格3185万円:
上昇幅は全国一! なぜ沖縄の中古マンションは高騰しているのか
りゅうぎん総合研究所は、沖縄県内の中古マンション価格を発表した。2020年10月の県内の価格(70平方メートル換算)は、08年10月比約2.1倍の3185万円に上昇。上昇幅は全国一だった。(2020/12/19)

恋人・配偶者からのプレゼント、「中古品でOK」は3割 メルカリ調査
恋人・配偶者からクリスマスプレゼントをもらう際、3割が中古品でもいいと回答――メルカリ総合研究所が12月9日、そんな調査結果を発表した。(2020/12/9)

今日のリサーチ:
スマートフォン・SNS内の保存データ 10代に多い「スクショ」「推し撮り」――博報堂生活総合研究所調査
スマホやSNSアカウント内に保存された写真の枚数や内容などを調査しています。(2020/12/3)

福利厚生に関する調査:
コロナ禍で“在宅勤務手当”を新設する企業の割合は?
リモートワークを推奨する企業で、在宅勤務手当を設置するケースが増えている。パーソル総合研究所が9月に実施した福利厚生に関する調査で、在宅勤務手当の新設を決定もしくは検討している企業の割合が明らかになった。(2020/11/30)

今日のリサーチ:
“2021年 生活気分” 世の中の景気「悪かった」が過去最高に――博報堂生活総合研究所調べ
博報堂生活総合研究所が調査した“2021年 生活気分”によると、2020年の景気が「悪かった」とする回答と2021年の景気が「良くなる」とする回答がいずれも過去最高に。また、2021年は2020年よりも多くの物事にお金をかけたいという意識が高まっています。(2020/11/19)

小中高校生を対象に「プログラミングの概念に対する理解度」を評価:
2021年5月まで無料で受験できる「プログラミング能力検定」 サイバーエージェントが運営開始
サイバーエージェントとスプリックスが設立したプログラミング総合研究所は、小学生から高校生までを対象とした「プログラミング能力検定」の運営を開始する。プログラミングの概念に対する理解度を6段階の試験で体系的に評価する。(2020/11/18)

センシング:
LiDARの小型化と広視野角の両立へ、三菱電機の社内にそろっていた基盤技術
LiDARを手掛けるサプライヤーが多い中、どのように技術的な強みを発揮するか、三菱電機 先端技術総合研究所 先進機能デバイス技術部長の山向幹雄氏に話を聞いた。(2020/11/17)

今日のリサーチ:
主要Webサイトのデータ転送量、平均4割は広告――角川アスキー総合研究所調査
角川アスキー総合研究所が実施した「スマホでのコンテンツ視聴に占める広告の比率調査」の結果です。(2020/11/9)

コロナ禍の影響も:
2021年は何がヒットする?予想ランキング キーワードは「レスしてリッチに」
2021年に話題になりそうな商品やサービスは何か。博報堂生活総合研究所が全国の男女1008人に調査した「2021年ヒット予想」をまとめた。(2020/10/31)

観光コンテンツに魅力:
全国魅力度、伸び率日本一が沖縄「糸満市」だったワケ
ブランド総合研究所の「都道府県別魅力度ランキング」によると、1位は12年連続で北海道だった。市町村別に見ると、沖縄県の「糸満市」が昨年に比べて急上昇。その理由を調べたところ……。(2020/10/29)

auの「新音楽視聴体験 音のVR」アプリでZARDのバーチャルライブを配信
KDDIとKDDI総合研究所は、360度動画を自由自在にフォーカスできる「新音楽視聴体験 音のVR」アプリでZARDのバーチャルライブを配信。「GINZA 456 Created by KDDI」のイベントフロアをVR空間上に表現して「負けないで」「揺れる想い」の2曲を提供する。(2020/10/22)

茨城県知事がコメント発表:
魅力のある都道府県1位は「北海道」 過去7年連続最下位の「茨城県」は?
全国で最も魅力的な都道府県はどこか? ブランド総合研究所が行った調査によると、1位は12年連続で「北海道」となった。最下位は……。(2020/10/14)

製造マネジメントニュース:
KDDIが柔軟で適応力ある未来社会の創造を目指す次世代社会構想を発表
KDDIとKDDI総合研究所は共同で、生活者の新たなライフスタイルの確立と日本の経済発展、社会的課題の解決を両立する、未来社会の創造を目指す次世代社会構想「KDDI Accelerate 5.0」を策定した。(2020/9/23)

日本の「都市力」ランキング 3位は福岡市、2位は大阪市……1位は?
森記念財団都市戦略研究所が発表した日本の「都市力」ランキング――。3位は福岡市、2位は大阪市……1位は? 東京23区のランキングは?(2020/9/4)

今日のリサーチ:
メルカリと博報堂生活総合研究所の共同調査で判明 「ESG」などフリマアプリが生み出す経済+αの価値
博報堂生活総合研究所 上席研究員の酒井崇匡氏とメルカリジャパンCEOの田面木宏尚氏によるパネルディスカッション「フリマアプリが生み出す消費の対流と循環型社会」のハイライトをお届けします。(2020/9/3)

今日のリサーチ:
フリマアプリの取引、約半数に世代間の「おさがり」「逆おさがり」構造――メルカリと博報堂生活総合研究所調査
フリマアプリの利用層は年齢や性別を越えて拡大し続けています。そうした中でどのような取引構造が生まれ、どのようにモノが循環しているのでしょうか。(2020/9/1)

メルカリの取引、年下の出品を年上が買う“逆お下がり”が多数 調査で明らかに
「メルカリの取引では、年下の出品者から年上の購入者が商品を購入する“逆お下がり型”が、年上から年下が購入する“お下がり型”よりも多い」という調査結果を、メルカリ総合研究所と博報堂生活総合研究所が発表した。(2020/8/31)

KDDIら、ネット依存外来の患者を通じた「スマホ依存」の共同研究を開始
KDDI、KDDI総合研究所、東京医科歯科大学は、ネット依存外来の患者に対する実態調査を通じて「スマホ依存」の調査と解明を行う共同研究を開始。ヒアリングと客観的な各種ログデータを組み合わせ、治療効果の検証などへの活用を目指す。(2020/8/25)

KDDI、ネット依存の患者を対象に「スマホ依存」の研究 東京医科歯科大と共同で
KDDI、KDDI総合研究所、東京医科歯科大学が、スマートフォンの使用を長時間やめられない「スマホ依存」の共同研究を始めた。同大のネット依存外来の患者を対象にスマホの利用状況などを調べ、治療や予防アプリの開発に役立てる。(2020/8/25)

今日のリサーチ:
サポートサイト評価1位は「スカパー!」――トライベック・ブランド戦略研究所調査
トライベック・ブランド戦略研究所は、「顧客サポート調査2020」の結果を発表しました。(2020/8/24)

全体の幸福度は少し低下:
沖縄、大分、鳥取が上昇 都道府県の幸福度ランキング、1位は2年連続で……
ブランド総合研究所はこのほど、住民による都道府県の評価調査「都道府県版SDGs調査2020」の結果を発表した。「幸福度」に関する指標では、宮崎県が2年連続の1位だった。(2020/8/11)

製造業IoT:
縦割りにIoTで横ぐしを、三菱電機が全社横断基盤で目指す“データカタログ化”
製造業でもIoTの活用が広がる中、新たに三菱電機が構築を発表したのが全社横断IoT基盤「クラリセンス」である。「クラリセンス」の狙いと役割、そして技術的背景について、三菱電機 情報技術総合研究所 IoT開発推進プロジェクトグループ 主席技師長の鶴薫氏に話を聞いた。(2020/7/28)

製造現場向けAI技術:
そのライン構成は本当に効率的か、最適な生産レイアウトを検討するAI
多品種少量生産への要求が高まる中で1ラインに複数種類の製品が流れるようになり、最適な生産レイアウトを構築するのが難しくなっている。三菱電機ではこれらを支援する「生産ライン改善支援技術」を開発。同技術の開発を担当した三菱電機 情報技術総合研究所 情報表現技術部長の宮原浩二氏と同部 映像表現技術グループマネージャーの五味田啓氏に技術の概要と使いどころについて話を聞いた。(2020/7/6)

キャリアニュース:
緊急事態宣言解除後のテレワーク実施率は25.7%、4月から2.2ポイント減
パーソル総合研究所が「緊急事態宣言が解除された後のテレワークの実態」についての調査結果を発表した。テレワークの実施率は全国平均25.7%で、緊急事態宣言が発令された後の4月中旬から2.2ポイント減少した。(2020/6/18)

「一部は在宅、残りは出社」が社員の不満のもとに? 「不公平」「仕事を頼みにくい」などの声
「一部は在宅、残りは出社」といった勤務形態を取り入れている企業は、社員の不満・疑念を生みやすいようだ。パーソル総合研究所の調査で判明した。解消に向けては、上司のフォローや状況把握などの工夫が不可欠という。(2020/6/10)

PR:太陽光パワコンの世界シェア、5年連続ファーウェイが1位に――英Wood Mackenzie調査
英国の国際調査機関Wood Mackenzieが、2019年における太陽光発電用パワコンの世界シェアに関する調査結果を公表。グローバル出荷量のトップはファーウェイで、5年連続でトップシェアの座を堅持している。(2020/6/10)

今日のリサーチ:
アルムナイ(離職者)経済圏は年間1兆1500億円――パーソル総合研究所が調査
離職後と元在籍企業との関係性を明らかにし、双方にとってどのようなメリットを享受できるかを考察しています。(2020/6/1)

データ管理:
PR:1万種類もの化合物を合成する新薬開発、データ管理が開発効率化の決め手に
医薬品事業に進出して30年以上が経過した日本たばこ産業(JT)。オリジナルの抗HIV薬などの開発で世界的にも高い医薬品開発力を示した同社だが、そうした“創薬力”を担うのが同社の医薬総合研究所である。中でも薬物動態研究所では、より効率的で低コストな医薬品開発を実現すべく、膨大な実験データの活用を促進するシステムを構築している。(2020/5/11)

攻めのデータ活用が活発化するも、多くの企業が直面する「複雑な課題」とは?――NTTデータ経営研究所
NTTデータ経営研究所の調査によると、企業のデータ活用は、事業計画、市場分析、商品やサービスの検討など、“攻め”領域で活発なことが分かった。一方、各企業とも複合的な要素が絡む課題に直面しており、内部・外部環境やデータ活用の成熟レベルなどに応じた、多面的な打ち手が必要になるという。(2020/5/14)

「能力適合型社会」から「能力発見型社会」へ:
「ブランク」や「ドロップアウト」は無意味ではない いま見直すべき、「採用の常識」とは?
就職や転職の際に、多くの企業が重視するのが、その人材が社会や企業の求める能力や規範に合致しているかどうかという点だ。そのため、規範から外れていたり、「ブランク」や「ドロップアウト」の経験があったりする人が生きづらさを感じることも少なくない。ビースタイルホールディングスの調査機関「しゅふJOB総研」の所長を務め、「人材サービスの公益的発展を考える会」を主催する川上敬太郎氏は、こうした社会を「能力適合型社会」とし、一人一人の能力の方へ着目する「能力発見型社会」への移行を提唱する。(2020/5/14)

ファシリティマネジメント フォーラム 2020:
テレワークやサテライトオフィスの実態を解き明かした最新FM動向
テレワークやサテライトオフィスの効果と実態をザイマックス不動産総合研究所が調査。さまざまな企業で導入が進む一方、勤務するオフィスワーカーが効果を実感できていないことが明らかになった。(2020/5/11)

新型コロナ、自粛解除されても「したいことは何もない」 どんな人?
新型コロナの感染拡大が終息し、自粛が解除されたらどんなことをしたいと思っている人が多いのだろうか。全国の男女に聞いた。ブランド総合研究所調べ。(2020/5/4)

「完全在宅勤務」の実施企業は1割 ポストコロナを見据えた働き方を確立するには?――NTTデータ経営研究所が調査
NTTデータ経営研究所が実施した「新型コロナウイルス対策と働き方」に関する調査によると、完全在宅勤務を実施している企業は約1割で、週3〜4回以上のテレワーク/リモートワークを利用している人は全国で2割だった。“コロナの収束とその先”を見据えた働き方に向け、企業が対処すべき課題とは?(2020/4/22)

今日のリサーチ:
コロナ禍の生活自由度、普段の暮らしを100点とすると54.3点――博報堂生活総合研究所調査
「第1回 新型コロナウイルスに関する生活者調査」(2020年4月)の結果です。(2020/4/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。