ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「事業仕分け」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「事業仕分け」に関する情報が集まったページです。

スピン経済の歩き方:
「南青山の児相反対派」をボコボコに叩く、そんな風潮がよくない理由
南青山の児童相談所建設をめぐって、議論が紛糾している。「児相ができれば青山ブランドが棄損する」といった反対派に対して、「口撃」する人が多いように感じるが、こうした風潮はどうなのか。筆者の窪田氏は、よろしくないと主張していて……。(2018/12/25)

頭脳放談:
第202回 スパコンの新しい潮流は人工知能にあり?
スーパーコンピュータ関連の発表が続いている。その多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスーパーコンピュータとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう。(2017/3/29)

蓮舫代表の“猛追及”を体験「VR蓮舫」、開発きっかけはユーザーの声 「政党ブースには人がいない」 担当者に聞く
蓮舫代表は「政治に関心を持ってくれるきっかけになるのなら」と快諾したという。(2017/3/28)

自社のファンをどう増やしていくか:
「アンバサダープログラムアワード」受賞企業が語るコミュニティー運営の課題と可能性
アジャイルメディア・ネットワークはファンの口コミの活性化や共創的な取り組みを重視している企業の活動を表彰する「アンバサダープログラムアワード」の表彰イベントを実施した。(2016/8/30)

頭脳放談:
第187回 1位でも2位でもいいじゃない 〜Intelが考えるHPCの標準化〜
ビッグデータや機械学習の普及でHPCの適用分野が広がっている。でも分野別に細かいセグメントに分かれており、プラットフォームの標準化は行われていない。より幅広く普及するには、標準プラットフォームによる低価格化などが必要。そこでIntelが標準プラットフォーム「Intel Scalable System Framework」を提唱した。(2015/12/24)

「MANGA ナショナル・センター」構想実現に向け「MANGA議連」が衆院議長らに訴え
「MANGA議連」が、漫画やアニメ作品を収集・展示する施設「MANGA ナショナル・センター」設立の決議をまとめ、衆議院議長と官房長官に提出した。(2015/12/18)

クリエーター減税、実現するか──超党派による「MANGA議連」設立
作品の収集・保存の政策や、税制優遇措置などについて話し合う「マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟(MANGA議連)」が始動しました。(2014/11/19)

片山さつき議員「事実誤認」ツイートを謝罪 御嶽山の常時監視「事業仕分けでばっさり切られ」
事実誤認に基づく発信だったと謝罪した。(2014/10/1)

片山さつき氏、「事実誤認」ツイートを謝罪 御嶽山の常時観測「事業仕分けで外れた」に民主党抗議
御嶽山の噴火に関連し、自民党の片山さつき参院議員が誤った情報に基づき民主党を批判するツイートを投稿したとして謝罪し、該当ツイートを削除した。(2014/10/1)

勝間和代さん所属事務所、事業仕分け時の発言めぐる批判受け「誤解」とコメント 御嶽山噴火に関して
御嶽山の噴火に関して、勝間さんの過去の発言が誤解され、批判されていると所属事務所が説明している。(2014/9/29)

GPUスパコン「TSUBAME2.0」を使った最先端研究:
天気予報も医療もスパコンで計算されている
並列計算アーキテクチャ「CUDA」と東工大で運用されている大規模計算能力を持つスーパーコンピュータ「TSUBAME2.0」を使った最先端研究の成果を、東京工業大学青木尊之教授に聞いた。(2013/8/30)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
2013年後半に相次いで開始予定の「100Mbps超」新サービスをおさらい
2013年7月〜8月上旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。今回は「2.5GHz帯追加割当」「ドコモの150Mbpsサービス」「ソフトバンク+イー・モバイルのハイブリッド機器」などを解説する。(2013/8/23)

杉山淳一の時事日想:
開通から70年……山陽本線関門トンネルの“寿命”が近づいている
本州と九州を結ぶトンネルは4つあるが、その中で最も古いのが山陽本線の関門トンネルだ。戦時中の開通から70年。着工から77年。修繕にも限界をきたし、新たなルートが必要となっている。(2013/7/12)

著名人キャリアインタビュー:
“学ぶ姿勢”ではいけない。インスピレーションでドライブする構造に――JAXAシニアフェロー 川口淳一郎教授
2010年、科学技術分野の国家予算にも容赦なく事業仕分けのメスが入る中、小惑星探査機「はやぶさ」が苦難の末に地球へ戻ってきたという知らせに、胸を躍らせた人も多いことだろう。そのはやぶさのプロジェクトマネージャとして脚光を浴びたのが川口淳一郎教授。多くの理系人が一度は夢見たであろう宇宙開発という仕事で成功を収めた川口教授は、どのようなキャリアを歩んできたのだろうか。川口教授が宇宙開発を選ぶまでの経緯、そしてこれから自身のキャリアを決めていくことになる理系学生に向けてのメッセージを聞いた。(2013/5/9)

自然エネルギー:
事業仕分けで停止していた地熱調査が再開
石油や天然ガスの探査、掘削などの事業を展開する石油資源開発は、北海道標津郡標津町で地熱発電の事業可能性を探る調査を始めることを明らかにした。この調査は2010年度に民主党政権の「事業仕分け」により中断を余儀なくされていた事業だ。(2013/1/23)

最年少政令市長が経験した地方政治改革(4):
どうして行政はダメになってしまうのか
政令市長として史上最年少の31歳で千葉市長に就任した熊谷俊人氏。累積債務が危機的な水準となった千葉市だが、なぜそんなことが起こってしまったのか。千葉市に限らず、行政がダメになってしまう理由を熊谷氏は指摘する。全4回シリーズの最終回。(2012/11/30)

最年少政令市長が経験した地方政治改革(3):
「市長、俺だよ俺!」 千葉市の税金を滞納する人々
政令市長として史上最年少の31歳で千葉市長に就任した熊谷俊人氏。千葉市は市税の徴収にあたり、認められていない基準を作って未納者を切っていたため、徴収率が他市より極端に低くなっていたという。(2012/11/27)

最年少政令市長が経験した地方政治改革(2):
敬老会補助に銭湯無料券……千葉市が行ってきたバラマキ事業
政令市長として史上最年少の31歳で千葉市長に就任した熊谷俊人氏。政令市最悪の財政を立て直す過程では、投票率の高い高齢者層へのバラマキとも言える事業も多く見直すこととなった。(2012/11/22)

最年少政令市長が経験した地方政治改革(1):
なぜ千葉市で政令市最悪の財政が生み出されたのか
2009年に現役の市長では当時全国最年少、政令市長としては史上最年少の31歳で千葉市長に当選した熊谷俊人氏。若い力が必要とされた背景には約60年間、助役出身市長が続き、役所体質がまん延していた状況があった。(2012/11/21)

「JIMTOF 2012」に行ってきた:
大田区のみんな、ボブスレーの時間だ! Cool Runnings!
JIMTOF 2012会場では、大田区内の中小企業たちの技術を集結させて作った「下町ボブスレー」のプロジェクトメンバーや、かつてのオリンピックで金・銀・銅メダルを取った選手たちが使用した砲丸を製作した辻谷製作所 辻谷社長のトークセッションが実施された。JIMTOF 2012の出展企業の一部も紹介する。(2012/11/19)

お茶でも飲みながら会計入門(72):
うっかり漢字間違いしやすい、会計用語まとめ
意外と知られていない会計の知識。元ITエンジニアの吉田延史氏が、会計用語や事象をシンプルに解説します。お仕事の合間や、ティータイムなど、すき間時間を利用して会計を気軽に学んでいただければと思います。(2012/7/26)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
民主主義は正しいとは限らない
増税をする前にやるべきことがあると多くの人が言うが、具体的には何を指すのか。大きな支出項目に手をつけなければ歳出カットにはならないのだ。(2012/7/24)

農林水産省、2012年度「行政事業レビュー」公開プロセスをライブ配信 2日目
農林水産省による、2012年度「行政事業レビュー」公開プロセス2日目をライブ配信する。行政事業レビューは、各省庁が事業仕分けの手法で事業の無駄がないか有識者を交えて検証するもの。配信は6月15日9時0分〜。(2012/6/9)

警察庁、2012年度「行政事業レビュー」公開プロセスをライブ配信
警察庁による、2012年度「行政事業レビュー」公開プロセスをライブ配信する。行政事業レビューは、各省庁が事業仕分けの手法で事業の無駄がないか有識者を交えて検証するもの。配信は6月15日14時0分〜。(2012/6/9)

農林水産省、2012年度「行政事業レビュー」公開プロセスをライブ配信
農林水産省による、2012年度「行政事業レビュー」公開プロセスをライブ配信する。行政事業レビューは、各省庁が事業仕分けの手法で事業の無駄がないか有識者を交えて検証するもの。配信は6月14日9時0分〜。(2012/6/9)

消費者庁、2012年度「行政事業レビュー」公開プロセスをライブ配信
消費者庁による、2012年度「行政事業レビュー」公開プロセスをライブ配信する。行政事業レビューは、各省庁が事業仕分けの手法で事業の無駄がないか有識者を交えて検証するもの。配信は6月11日17時30分〜。(2012/6/8)

防衛省、2012年度「行政事業レビュー」公開プロセスをライブ配信
防衛省による、2012年度「行政事業レビュー」公開プロセスをライブ配信する。行政事業レビューは、各省庁が事業仕分けの手法で事業の無駄がないか有識者を交えて検証するもの。配信は6月12日13時0分〜。(2012/6/8)

内閣府、2012年度「行政事業レビュー」公開プロセスをライブ配信
内閣府による、2012年度「行政事業レビュー」公開プロセスをライブ配信する。行政事業レビューは、各省庁が事業仕分けの手法で事業の無駄がないか有識者を交えて検証するもの。配信は6月11日10時15分〜。(2012/6/8)

総務省、2012年度「行政事業レビュー」公開プロセスをライブ配信
総務省による2012年度「行政事業レビュー」公開プロセスをライブ配信する。行政事業レビューは、各省庁が事業仕分けの手法で事業の無駄がないか有識者を交えて検証するもの。配信は6月13日10時0分〜。(2012/6/7)

内閣府本府等予算監視・効率化チーム、「行政事業レビュー」公開プロセスをライブ配信
内閣官房・内閣府本府等予算監視・効率化チームによる、2012年度「行政事業レビュー」公開プロセスをライブ配信する。行政事業レビューは、各省庁が事業仕分けの手法で事業の無駄がないか有識者を交えて検証するもの。配信は6月11日10時15分〜。(2012/6/7)

下町ロケットの次はボブスレー:
大田区の金属加工技術と童夢のCFRP技術が融合、「下町ボブスレー」を五輪へ
東京都大田区の中小企業と童夢カーボンマジック、ソフトウェアクレイドル、東京大学などが参加する「下町ボブスレー」ネットワークプロジェクトが、ボブスレー日本代表チーム向けのソリを開発している。フェラーリやBMW、NASAが開発する世界の強豪チームのソリにどこまで対抗できるのか、注目だ。(2012/5/30)

どうなる? 鉄道の未来(7):
危機に瀕する地方鉄道に、打つ手はあるのか
地方鉄道が危機に瀕している。もちろんすべてではないが、地方経済の疲弊や人口減などを背景に、鉄道の利用客が減少傾向にある。こうした事態に、打つ手はあるのだろうか。答えは「ある」。(2012/5/30)

電子政府世界ランキング、日本は8位に後退
早稲田大学「電子政府世界ランキング2012」の調査結果で、米国、シンガポールが同率1位、日本は6位から8位に後退。(2012/2/27)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
官のずさんな情報管理が日本をだめにする
原子力災害対策本部の会議の公式議事録が作成されていなかった。それだけではない。東電に設置された統合対策本部の公式議事録もないのだそうだ。これで物事が決められるのだろうか?(2012/1/26)

チームワーク・オブ・ザ・イヤー2011リポート:
スパコン「京」が世界1位になれたわけ プロマネが語る成功プロジェクトの極意
サイボウズ運営の「チームワーク・オブ・ザ・イヤー」。2011年の最優秀賞はスーパーコンピュータ「京」開発プロジェクトチームが受賞した。授賞式後に行われたパネルディスカッションの中から成功プロジェクトの秘訣が見えてきた。(2011/11/30)

情報マネージャとSEのための「今週の1冊」(61):
仕事や人生、そして復興にも、秘策はない
日本の復興にも、日々の仕事にも、秘策などはない。人としての基本に、ビジネスの基本に忠実に、有意義に毎日を過ごすことが、大きな成果を得るための唯一の方法だ。(2011/9/27)

情マネ流マーフィーの法則(41):
情マネ流マーフィーの妖誤集〜その2
(2011/8/29)

藤田正美の時事日想:
次の政権は、短命でいい。なぜなら
また首相が代わる。こうも一国のトップがコロコロ代われば、国民も飽き飽きしているのではないだろうか。こうした状況に対し、筆者の藤田正美氏は「次の内閣は短命政権でいい」という。その理由は……。(2011/8/29)

お茶でも飲みながら会計入門(55):
続・ITエンジニアとして知っておきたい21の会計知識【ニュース&社内業務編】
意外と知られていない会計の知識。元ITエンジニアの吉田延史氏が、会計用語や事象をシンプルに解説します。お仕事の合間や、ティータイムなど、すき間時間を利用して会計を気軽に学んでいただければと思います。本連載の趣旨について、詳しくは「ITエンジニアになぜ会計は必要なのか」をご覧ください。(2011/8/4)

伴大作の木漏れ日:
2位でもいいから大量のスパコンを
日本のスーパコンピュータ「京」が世界1位を獲得したのは読者も記憶に新しいことだろう。しかし、手離しで喜んでばかりもいられないと僕は見ている。(2011/7/29)

Weekly Memo:
スパコン性能「世界一」の意義
理化学研究所と富士通が共同で開発中のスーパーコンピュータ「京」が、性能ランキングで世界一になった。先週行われた共同会見で両首脳が語った「世界一」の意義とは——。(2011/6/27)

「規制仕分け」2日目 ワーキンググループBライブ配信
政府の行政刷新会議が国の制度を事業仕分けの手法で見直す「規制仕分け」から、ワーキンググループBの様子をライブ配信する。ワーキンググループAの様子はこちらで。配信は3月7日9時30分〜。(2011/3/4)

「規制仕分け」2日目 ワーキンググループAライブ配信
政府の行政刷新会議が国の制度を事業仕分けの手法で見直す「規制仕分け」から、ワーキンググループAの様子をライブ配信する。ワーキンググループBの様子はこちらで。配信は3月7日9時30分〜。(2011/3/4)

「規制仕分け」スタート ワーキンググループBの様子は
政府の行政刷新会議が国の制度を事業仕分けの手法で見直す「規制仕分け」から、ワーキンググループBの様子をライブ配信する。ワーキンググループAの様子はこちらで。配信は3月6日9時30分〜。(2011/3/4)

「規制仕分け」スタート ワーキンググループAの様子は
政府の行政刷新会議が国の制度を事業仕分けの手法で見直す「規制仕分け」から、ワーキンググループAの様子をライブ配信する。ワーキンググループBの様子はこちらで。配信は3月6日9時30分〜。(2011/3/4)

自然現象から新幹線まで:
ベクトル型スパコンの存在意義――地球シミュレータのいま
スカラー型やGPGPUをプロセッサに採用したスーパーコンピュータが注目を集める昨今、ベクトル型のマシンにはどのような将来性があるのだろうか。「地球シミュレータ」を運営する海洋研究開発機構に取り組みを聞いた。(2011/3/2)

次期SXは2013年リリース?:
ベンチより実効性能を重視――スパコンについてNECに聞いてみた
「2位じゃダメなんでしょうか?」――事業仕分けで一般の話題にもなったスパコン分野だが、NECの久光HPC事業部長は「真に問うべきはベンチの順位ではなく、実アプリケーションを走らせた際の実効性能。ベンチのために作ったシステムに存在意義はあるのか」と指摘する。(2011/2/1)

電子政府世界ランキング、日本は6位
早稲田大学電子政府世界ランキング2011の調査結果で、日本6位だった。(2011/1/26)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
日本の借金1000兆円はどう返済すればいいのか?――ジャック・アタリ氏の処方箋
日本が背負っている1000兆円の借金。フランスの知性、ジャック・アタリ氏は「2500年にわたる過去の歴史から、これほどの公的債務を抱えて悲惨な運命をたどらなかった国はない」という。アタリ氏はどのようにして借金を返せばいいと考えているのだろうか。(2011/1/20)

川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ(31):
2010年、5つの思い出――Gumblarからキャンプまで
(2010/12/17)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。