ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

  • 関連の記事

「JPEG2000」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「JPEG2000」に関する情報が集まったページです。

ラネクシー ImageGear for .NET V24:
CADファイルに対応する画像処理アプリケーションの開発を効率化する画像処理SDK
ラネクシーは、米Accusoftが開発した画像処理ソフトウェア開発キットの最新版「ImageGear for .NET V24」および「DICOMGEAR for .NET V24」の販売開始を発表した。(2018/9/13)

OpenCV入門【3.0対応】:
第8回 初めてのOpenCV開発 ― CMakeを使ったOpenCVのカスタマイズ【OpenCV 3.1.0】
CMakeを使ったOpenCVのカスタマイズ方法として、CMakeの導入方法やCMakeの各種オプションについて紹介する。(2017/4/10)

OpenCV入門【3.0対応】:
第6回 初めてのOpenCV開発 ― highgui/imgcodecs/videoioモジュール【OpenCV 3.1.0】
OpenCVのhighgui、imgcodecs、videoioという3つのモジュールの概要を解説。GUI機能、画像ファイル/動画ファイルの入出力機能、カメラキャプチャ機能などのAPIと、その基本的な使い方を説明する。(2016/10/18)

OpenCV入門【3.0対応】:
第5回 初めてのOpenCV開発 ― coreモジュール【OpenCV 3.1.0】
OpenCVのcoreモジュールの概要を解説。そのMatクラスを使って画像データを扱う方法や、ユーティリティ関数、OpenCV 3.0より導入されたUMatクラスを紹介する。(2016/8/17)

IoT/M2M展:
秒速500MBで画像を圧縮できるソフト、従来比1/25
東芝情報システムは、「第5回 IoT/M2M展」(2016年5月11〜13日/東京ビッグサイト)で、画像認識ソフトウェア「CVNucleus」シリーズの高速画像圧縮/伸張ライブラリを展示した。(2016/5/18)

OpenCV入門【3.0対応】:
第1回 OpenCVとは? 最新3.0の新機能概要とモジュール構成
オープンソースのコンピューター・ビジョン・ライブラリ「OpenCV」 3.0のリリースに合わせて連載再始動! 今回はOpenCVの概要と基本機能を紹介する。ベータ→正式版に合わせて改訂。(2015/7/27)

ET2014:
94体の「愛真田心」が独立して踊り、グラフィックスの力を見せつけるAMD
日本AMDは「Embedded Technology 2014」にて、組み込み機器用プロセッサ「AMD Rシリーズ」「AMD Gシリーズ」のグラフィック処理能力を生かしたデモを行った。(2014/11/21)

ESEC2014 開催直前情報:
「お客さまの中核領域以外を担うベストパートナー」を目指すNEC
NECは「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」で、高度な画像処理技術やLSI・ボード・ソフトウェアの開発効率化を支援するツールを展示しながら、組み込み技術からクラウドサービスまで保有しているNECならではのソリューション力をアピールする。(2014/4/22)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
スーパーハイビジョンは2016年に間に合うのか? NHK技研公開
恒例の「技研公開2013」が東京・世田谷のNHK放送技術研究所で始まった。今回は2016年に実用化試験放送が早まったスーパーハイビジョンについて、AV評論家・麻倉怜士氏に解説してもらおう。(2013/5/30)

NEC、「はやぶさ2」も採用の画像圧縮エンジン発売 圧縮速度はJPEG2000の数十倍
NECが高速な静止画像圧縮エンジン「StarPixel」を発売。JPEG2000と同等の圧縮率でも圧縮時間は約10〜40倍という高速・低負荷な点が特徴で、「はやぶさ2」にも採用される。(2012/11/5)

ラネクシー、iOS向け医用画像アプリ開発ツール「AIMTools」を販売
米Pegasus ImagingのiOS向け医用画像アプリケーション開発ツール「AIMTools(エイム ツールズ)」をラネクシーが販売する。(2012/1/19)

乱立する規格と技術の壁で:
混迷深まるHDビデオの無線伝送
無線によるマルチメディアストリーミングは、業界の大きな関心を集めている。とはいうものの、その実現レベルはまだ低く、また、さまざまな規格が乱立している状態にある。本稿では、IEEE 802.11をはじめとする各種無線規格を取り上げ、各企業/業界団体がそれぞれの規格を利用してどのような取り組みを行っているのか、またそれらはどのような進捗状況にあるのかを説明する。(2011/1/1)

Leverage OSS:
ZiproxyでモバイルデバイスにおけるWebページの読み込みを高速化する
モバイル市場では、クライアントへのバイト転送量を少しでも減らそうとするノウハウが日進月歩で積み上がっている。本稿で紹介するZiproxyは、取得したコンテンツを圧縮してクライアントに転送するWebプロキシサーバだ。(2009/1/26)

ワイヤレステレビの主導権争い:
Tzero、1080/60p伝送を可能にした「ZeroWire2.0」を投入
米TZero Technologiesが第2世代となるワイヤレス技術「ZeroWire2.0」を発表した。H.264を利用して1080/60pの無線伝送を可能にした低コストのソリューションだ。(2008/12/3)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
新しいライフスタイルを生み出す、AV機器のワイヤレス化
フルHDが当たり前となった薄型テレビは新たなデザインと利便性を模索しており、そのキーとなるのが「ワイヤレス」だ。麻倉氏はAV機器のワイヤレス化が、新しいライフスタイル、クリエーション、ニーズを生み出すと予見する。(2008/5/1)

“超薄型”競争に先制パンチ――“Wooo”UTシリーズ
パネル部の厚さ35ミリ。日立製作所の“Wooo”UTシリーズは、いち早く市場に投入された“超薄型”液晶テレビだ。製品化にあたってはさまざまな技術が開発されたが、目的はすべて薄さの“先”にあった。(2007/12/20)

Trend Insight:
Linden Labの進める“Second Life”オープンソース化への道
2007年1月、Second Lifeを運営するLinden LabからSecond LifeのビュワーがGPL 2.0ライセンスの適用下でリリースされた。業界リーダーの位置を占めている段階でのこの判断の裏には、CEOのある狙いがあった。(2007/9/14)

JPEG2000で画像を保存するSNS「ClipDir」
(2007/9/11)

高速なロスレス画像圧縮技術、NECが開発 JPEG2000の数十倍
高速圧縮が特徴のロスレス画像圧縮技術をNECが開発。JPEG2000などと同等の圧縮率を保ちながら、数十倍の速さで圧縮できるという。JAXAの金星探査衛星で採用される予定。(2007/7/25)

Vista対応ハイビジョン編集ソフト:
600万円の業務用ビデオ編集環境を3万円で個人へ――カノープス「EDIUS Neo」
カノープスの「EDIUS Neo」は、主にハイアマチュアを想定した高機能ビデオ編集ソフト。Windows Vistaに対応し、HDVやAVCHDの映像を編集することが可能だ。(2007/6/6)

見えてきた「ワイヤレスHDMI」の姿
テレビやプロジェクターを接続するとき、HDMIケーブルの長さが足りなくて困ったことはないだろうか。そんな不満を解消するのが、UWBを利用した“ワイヤレスHDMI”。ワイヤレスHDMIの製品化を進めている米Tzero Technologiesのラジブ・クリシュナモーシーCTOに現状と見通しを聞いた。(2007/2/2)

メッシュ状の密なコラボレーションが育てた日本発のインターネット技術
PR:NTTコミュニケーションズと慶應義塾大学SFC研究所の幸せで刺激的な関係
今や世界有数のインターネット大国と言われる日本。その土壌となっているテクノロジや環境整備の背後には、NTTコミュニケーションズと慶應義塾大学という、日本を代表する企業と大学の「メッシュ」状のコラボレーションがあった。(2006/11/10)

ホワイトペーパー:
.NET環境対応画像処理ソフト開発の決め手は?
パッケージソフト開発に画像処理関連のコンポーネントは必須だが、新しい環境に対応するためのメンテナンス費用は決して安くはない。ほとんどの画像フォーマットをサポートし、最新環境である.NETにも完全対応した画像処理ソフトウェア開発キットを紹介する。(2006/10/12)

ワイヤレスHDMI、登場間近
米Tzero Technologiesとアナログ・デバイセズが、共同でワイヤレスHDMIのデモンストレーションを公開した。UWBを使い、10メートルの距離なら3本のHDストリームを伝送できるというものだ。(2006/9/11)

TzeroとAnalog Devices、ワイヤレスHDMIシステムを共同開発
AV家電向け次世代インタフェースHDMIを採用したシステムを共同開発した。(2006/9/7)

NEC、文書管理ソフトとの連携を強化した閲覧ソフト「DocumentSkipper」新版
NECは、文書管理ソフトウェアとの連携を強化した文書閲覧ソフトウェアの新バージョン「DocumentSkipper Ver3.1」を発表した。(2006/5/19)

NECが文書閲覧システムをバージョンアップ、情報漏えい対策を強化
NECは、ユーザーやグループごとに文書の閲覧や更新、追加などの権限を設定できるようになった文書閲覧システム「DocumentSkipper」の新バージョンを発表した。(2005/10/17)

スカイコム、電子政府・自治体向けのPDF閲覧ソフト配布
スカイコムは、政府/自治体文書用途向けのPDF閲覧ソフト「SkyPDF Viewer for 電子政府・電子自治体」の無償配布を発表した。(2005/7/27)

ACCESSのNetFront最新バージョンなど──ESEC
組み込み家電向けの最新技術・製品を展示する展示会ESEC。携帯関連では、各種ブラウザや、最新チップ、地デジ端末向けソフトなどが展示されている。(2005/6/30)

PDF開発ツールキットをエクセルソフトが発売、PDFの読込、書込、表示を担う
アプリケーション開発でPDFを操作するソフトをエクセルソフトが発売。ほかにも主要な画像ファイルを担うことができ、Web上でのPDF配信に活用することができるという。(2005/6/10)

朝日新聞、海外向け紙面をそのままJPEG2000で配信
(2004/1/26)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。