ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ジュンク堂書店」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ジュンク堂書店」に関する情報が集まったページです。

野原家に新家族だと!? 『クレヨンしんちゃん』30周年プロジェクトで新エピソードシリーズが開始だゾ!
30周年おめでとうございます!(2020/8/4)

マイナポイントの追加特典が熱い! スマホ決済7月のキャンペーンまとめ
「キャッシュレス・消費者還元事業」は6月30日に終了したが、それと入れ替わるように、「マイナポイント」事業のキャンペーンが活発だ。特に注目なのが、「PayPay」が1等当選者に最大で決済金額の1000%還元する大型キャンペーン。この他にも主要な決済サービス事業者が、マイナポイントの追加特典を用意している。(2020/7/7)

au PAY、Ponta提携店舗で最大13%を還元するキャンペーン
KDDIは、7月1日から「Ponta統合記念キャンペーン」を開催。高島屋、すき家、ビックカメラなどのPonta提携店舗でスマホ決済サービス「au PAY」を利用すると、最大13%ポイント還元する。(2020/6/30)

メガヒット「鬼滅の刃」が改めて示す「メディアミックス戦略」の強さ 
今年上半期、週刊少年ジャンプ(集英社)と週刊少年マガジン(講談社)のエース格作品が相次ぎ終了した。前者は吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの「鬼滅の刃」、後者は春場ねぎさんの「五等分の花嫁」。両作品は漫画に留まらず、アニメや音楽、ゲームなどさまざまなメディアに展開しており、今後もアニメの続編が控える。(2020/6/8)

バーチャル背景図鑑:
Web会議で使える「 #バーチャル背景 」配布がブームに 企業まとめ
企業や法人が配布しているバーチャル背景をまとめてみた。(2020/5/1)

【まとめ】緊急事態宣言を受け、小売店や飲食店の対応は?
大手チェーンの対応をまとめました。(2020/4/19)

ジュンク堂のお泊まり企画「ドローン飛ばしてみる」 深夜の書店でドローンが舞う
普段はできないことをする大人の遊び。(2019/10/27)

「丸善ジュンク堂に住んでみる」京都で初開催 「檸檬」の丸善京都本店で
「ジュンク堂に住みたい……」――こんな願いが叶う企画「丸善ジュンク堂に住んでみるツアー」が今年も11月に開かれる。6回目となる今回は、梶井基次郎の「檸檬」で知られる「丸善 京都本店」で、11月2日〜3日に開催。店舗に一泊し、本や雑誌などを自由に読むことができる。(2019/9/24)

大日本印刷と共同で:
ジュンク堂書店に“電子棚”登場 POPをデジタル化 「本を手に取った回数」も分析
ジュンク堂書店池袋本店に「デジタルシェルフ」が登場。大日本印刷との共同実験だ。POPや価格表示を電子化し、店舗のオペレーション改善も見込むという。棚にはセンサーを内蔵し、お客がどのような行動を取ったのかも分析する。紙の出版物は市場の縮小が進むが、歯止めとなるだろうか。(2019/9/19)

池袋のジュンク堂書店、デジタルサイネージ搭載の本棚導入 動画広告で本をPR、センサーで客の行動を計測
丸善ジュンク堂書店と大日本印刷が、「ジュンク堂書店 池袋店」の売り場にデジタルサイネージを備えた本棚を設置。書籍の動画広告や書店員のおすすめ情報を配信する。センサーで顧客の行動なども計測し、広告効果を可視化するとしている。(2019/9/18)

電子書籍で“回し読み”サービス!? ハイブリッド型総合書店「honto」で実証実験スタート
もし友達がその本を購入したら、ポイントが入るそうです。(2019/9/12)

再開発:
関西万博開催が決定した大阪ベイエリアに、総戸数330戸の大規模分譲マンション「大阪ベイレジデンス」誕生
2012年に、内閣府の政令で、都市の国際競争力の強化を図る上で、特に有効な拠点として、特定都市再生緊急整備地域に指定された大阪府の咲洲/コスモスクエア地区。2021年9月に同地区では大規模分譲マンション「大阪ベイレジデンス」が竣工する。(2019/8/30)

ジュンク堂のお泊り企画「ミニ四駆走らせてみる」 店内通路に一夜限りのコースが現れる
「住んでみる」「コスプレしてみる」に続く第3弾です。(2019/7/16)

人間に化けるのが苦手なきつねくんとの日々に癒される Twitterの人気漫画『きつねくんと先生』が書籍化!
ついにきつねくんと先生の物語が本に……!(2019/2/9)

出版業界の広告分野を活性化:
大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販ストア」が保有する書籍分類、書誌データなどを活用した独自のDSPの提供を開始。(2019/1/21)

本好きにとって至高の体験 「丸善ジュンク堂に住んでみるツアー」の参加者を募集
80万冊の中で読み放題、眠り放題。(2018/9/27)

「AIへの信頼」不可欠に SF作家・長谷敏司さん、「BEATLESS」の世界語る
人間より賢いAI(人工知能)が誕生した時代では、人間はAIを理解できなくても信頼するしかない。SF小説「BEATLESS」の作者・長谷敏司さんが、AI・ロボット時代の人間の在り方について語った。(2018/6/28)

「サービス強化」:
DNP、本体にネット書店「honto」吸収
大日本印刷(DNP)は5月2日、子会社トゥ・ディファクトが運営するハイブリッド型総合書店「honto」を7月1日付で承継すると発表した。(2018/5/7)

丸善ジュンク堂書店で「dポイント」と「Pontaポイント」利用可能に 「hontoポイント」と同時にたまる
丸善ジュンク堂書店が4月16日、NTTドコモの「dポイント」とローソンなどで使える「Pontaポイント」を関東圏の26店舗の書店で利用可能にしたと発表。書籍や文具の購入時に、hontoポイントといずれかのポイントの2種を同時にためることができるという。(2018/4/16)

hontoとブクログが連携 書店やネットで買った本を自動でレビューサイトに登録
トゥ・ディファクトは同社のネットとリアルの連携書店「honto」と、ブクログが運営するブックレビューサイト「ブクログ」の連携を開始した。ブクログへのhontoアカウントでのログインや、本を管理する「本棚」機能の連携が可能になる。(2018/4/2)

3社が販売中止を決定:
モンゴル大使館抗議の「コロコロコミック」、大手書店チェーンにも余波
大手書店チェーン3社が「コロコロコミック」3月号の販売を中止。同誌掲載の「やりすぎ!!! イタズラくん」において、チンギス・ハーンに対する不適切な表現があったとして、モンゴル大使館が抗議していた。(2018/2/28)

リアル書店の検索機から「ネット在庫」「電子書籍版」検索可能に 丸善ジュンク堂
丸善ジュンク堂書店の店頭に設置されている在庫検索機から、ネット通販の在庫情報や電子書籍の販売情報を表示する機能が追加された。(2018/1/16)

服部平次歓喜 人前でコナンを「工藤」と言ってしまったときごまかしに使える単語を論理的に算出した一覧が完成
せやかて苦行! せやかて食堂!(2017/11/15)

秋の夜長は書店にお泊り 「丸善ジュンク堂に住んでみる」ツアー2017 名古屋で開催
東海地区初開催です。(2017/9/26)

本の取り置き、スマホから依頼 リアル書店の在庫検索「honto with」に新機能
丸善やジュンク堂などの書籍在庫を検索できるアプリ「honto with」に、本の取り置き・取り寄せ機能が追加。(2017/7/13)

ジュンク堂書店でお泊りコスプレイベント 手探り状態で企画されたモニター開催
6月10日から11日までの1泊2日。(2017/3/28)

深夜のジュンク堂書店でコスプレ撮影 6月開催 「正直かなりの手探り企画」
ジュンク堂書店 立川高島屋店で、閉店後から翌朝の開店前までコスプレ撮影が楽しめるイベントが開かれる。(2017/3/28)

書店に泊まって読書三昧! 「ジュンク堂に住んでみる」ツアー2016 参加者募集中
10月29日立川高島屋店で開催。(2016/9/28)

書店チェーンの文教堂、日販が筆頭株主に DNPグループが株式売却
書店チェーンの文教堂の筆頭株主が日販に。(2016/9/12)

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
「キンドル読み放題」は書店を街から消すのか
このところ、出版業界に大きな動きが相次いでいる――。アマゾンジャパンが電子書籍の読み放題サービス「Kindle Unlimited」(キンドルアンリミテッド)をスタートさせた。書籍の市場は手にとって1冊ずつ購入するという形から、電子書籍の定額読み放題に一気に流れてしまうのだろうか。(2016/8/31)

演技力の源は蓄積された「データ」 “現代の百面相”ロバート秋山が語るなりきりの極意
「クリエイターズ・ファイル」で話題の秋山竜次さん。その収録現場でお話を聞きました。(2016/7/7)

司書メイドの同人誌レビューノート:
ミニチュアを通して街を知る 配り歩かない、自分のための旅みやげ「スーヴェニール」が教えてくれるもの
作者は、都市史の研究者と一級建築士の都市計画コンサルタントという布陣。(2016/5/29)

フランスのコミック史上最高のスタートを切った「ワンパンマン」、何が鍵だったのか
ジュンク堂パリ支店長や版元となっているクロカワの担当編集に聞いてみました。(2016/5/14)

ネット書店「honto」、丸善ジュンク堂ネットストアを統合
ネット書店「honto」に「丸善&ジュンク堂ネットストア」を統合。(2016/3/1)

寝転がって本読み放題! 今年も開催されたジュンク堂お泊りツアーがやっぱりうらやましいいいい!
なお競争率は約150倍だったもよう。(2015/11/2)

スピン経済の歩き方:
ジュンク堂「非公式アカウント騒動」が「言論問題」にすり替えられてしまった理由
MARUZEN&ジュンク堂書店が、渋谷店で実施されていた「自由と民主主義のための必読書50」というブックフェアを中止し、店頭にあった書棚を撤去した。事の発端は「ジュンク堂渋谷非公式」というアカウントが、Twitterでブックフェアを告知して……。(2015/10/27)

Weekly AccessTop10:
悠久の時の流れをお香に感じる
秋の夜長に図画工作も一興ですよね。(2015/10/26)

丸善ジュンク堂書店、渋谷店のフェア内容および一部従業員のツイートについて「弊社の公式な意思・見解とは異なる」
従業員のツイートについては、「社内の規定にのっとり適切に対処する」とのこと。(2015/10/22)

丸善ジュンク堂、渋谷店ブックフェアの選書を見直し “非公式”ツイートの経緯調査
MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店(東京・渋谷)を名乗る非公式Twitterアカウントをめぐる問題で、きっかけとなった同店のブックフェアについて選書を見直す方針。(2015/10/22)

「ジュンク堂渋谷非公式」のツイート、丸善ジュンク堂が「公式見解ではない」と表明 一部から“偏り”指摘
「ジュンク堂渋谷非公式」を名乗るアカウントのツイートの対し一部から“偏り”が指摘され、丸善ジュンク堂が「公式見解ではない」と表明。(2015/10/21)

Ingressがhontoとコラボ 全国の丸善・ジュンク堂書店・文教堂がポータルに
本の通販サイト「honto」とコラボし、全国の書店281店舗がポータルに。(2015/10/16)

ジュンク堂、丸善、文教堂店舗がIngressポータルに
全国の丸善、ジュンク堂書店、文教堂がIngressのポータルになる。(2015/10/16)

図書館と丸善が融合した文化・交流施設、埼玉県桶川市に10月1日オープン
名称は「OKEGAWA honプラス+(オケガワ ホンプラス)」。(2015/9/25)

ハイブリッド型書店サービス「honto」が会員数300万人を突破
2012年5月のサービス開始から年100万人のペースで増加。上位会員はリアル書店・ネットストア・電子書籍ストアを組み合わせて利用する傾向があるという。(2015/9/25)

ジュンク堂書店の宿泊ツアー再び! 今回はジュンク堂書店千日前店で開催
みんなー、ジュンク堂に住んでみたいかー?(2015/9/24)

桶川市立駅西口図書館と大型書店の融合した文化・交流施設「OKEGAWA honプラス+」10月1日オープン
共有スペースでは本に関するイベントや大学などと連携したワークショップなども行う。(2015/9/24)

好調の『火花』、迫るラノベ人気作 hontoの8月月間ランキング
ランキングは紙の書籍と電子書籍の販売データを基に作成したもの。(2015/9/5)

「檸檬ケーキ」にレモン色の文具セットも 梶井基次郎『檸檬』の舞台となった「丸善 京都本店」がオープン
レモンを置く場合は、本の上ではなく専用のカゴへ。(2015/8/21)

『火花』の勢いいまだ衰えず hontoの7月月間ランキング
ランキングは紙の書籍と電子書籍の販売データを基に作成したもの。(2015/8/7)

限定20台! 加藤直之直筆グイン・サーガ仕様の「honto pocket」が発売
『グイン・サーガ』シリーズ全153巻のほか、書籍版の表紙を手掛けたイラストレーター・加藤直之さんが直筆でイラストを描いた限定20台を販売する。(2015/7/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。