ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ケータイコミック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ケータイコミック」に関する情報が集まったページです。

PR:超ヘビー級の電子書籍ユーザーが選ぶ電子書店――BookLive!の魅力とは?(コミック編)
フィーチャーフォン時代からケータイコミックでマンガを貪るように読んでいるあるサラリーマンが、端末の買い換えとともに電子書籍に移行。そんな彼の心を捉えて放さないBookLive!の魅力とは?(2013/8/8)

電子書籍ビジネス調査報告書2013:
2012年度の電子書籍市場全体は729億円――2017年度に2400億円規模
インターネットメディア総合研究所がまとめた「電子書籍ビジネス調査報告書2013」によると、2012年度の電子書籍市場規模は729億円で、これまで市場の中心だったケータイコミック市場は構成比で半分以下になった。(2013/6/27)

「コミック小学館ブックス」がiPhone対応 ブラウザ上でサービス展開
小学館の電子コミック配信サイト「コミック小学館ブックス」がiPhoneに対応。Webブラウザ上でサービスを展開し、ケータイコミックのスタイルで漫画が楽しめる。(2012/6/27)

角川コンテンツゲート、BL/GL携帯コミックを単行本化
角川コンテンツゲートは、ボーイズラブやガールズラブをテーマとした同社の携帯コミックレーベルの作品を書籍化する。(2011/11/1)

NTTソルマーレ、電子コミックストア「地球書店」をAndroid向けにも展開
ケータイコミック配信サイト「コミックシーモア」などを運営するNTTソルマーレは5月24日、Android端末向けの電子コミックストアアプリ「地球書店」を開設した。(2011/5/24)

NTTソルマーレ、電子コミックストア「地球書店」を開設
ケータイコミック配信サイト「コミックシーモア」などを運営するNTTソルマーレは、iPhone/iPad向けに電子コミックストアを開設し、スマートフォン市場に乗り出す。(2011/1/6)

大沢在昌氏の新作は電子書籍、ケータイ漫画、テレビドラマ同時展開
大沢在昌さんが新作小説「カルテット」を電子書籍で先行販売する。テレビドラマやケータイコミックも同時展開し、「多くの人に受け入れてもらい、参加できる仕組みにしたい」という。(2010/11/12)

ふぉーんなハナシ:
ケータイコミックで「墓場鬼太郎」
思い立ったらすぐ読めるところがうれしい。(2010/1/21)

電子書籍ソリューションを海外展開――アプリックスとセルシスが提携
アプリックスとセルシスが、電子書籍ソリューションの海外展開で業務提携した。海外での携帯コミック市場の拡大を目指す。(2009/11/25)

アプリックスとセルシス、海外携帯向け電子コミック閲覧ソフト開発・販売で提携
アプリックスとセルシスは、海外向け携帯コミック閲覧ソフトの開発・販売で提携した。(2009/11/25)

兼続は金髪 「天地人」が“BL風”ケータイ漫画化
「天地人」がケータイコミックになる。直江兼続は金髪の美青年に。「男同士の『愛』の世界をほうふつとさせる画風」に仕上がっている。(2009/5/25)

mobidec 2008:
“独自コンテンツ”に活路を求めるケータイ動画配信サービス
端末性能の向上やパケット定額プランの定着など、環境が整備されているわりにいまひとつ普及しない印象のケータイ動画サービス。着うたやケータイコミックとは異なる、独自のビジネスモデルが求められている。(2008/12/3)

台湾のVIBO、ケータイコミックサービス開始――セルシスのソリューションを採用
(2008/12/3)

ニッポン放送と扶桑社、昼ドラ 「愛讐のロメラ」を携帯コミック化
(2008/10/23)

China Mobile、ケータイコミック配信サービス開始――セルシスのソリューションを採用
(2008/10/6)

ケータイコミック配信サイト「コミックi」「コミックシーモア」、月額31円メニューを開始
(2008/9/25)

3日で閲覧数1万の作品も――コミック投稿サイト「マンガ★ゲット」、正式オープン
マンガ家の卵を支援するスパイシーソフトのケータイコミック投稿サイト「マンガ★ゲット」がβ版を経て正式オープンした。β版では1カ月で300の作家が登録し、公開マンガは900話に到達。正式版では作家登録の招待制をなくし、投稿のすそ野を広げる。(2008/8/19)

“ケータイコミック”で、あなたもマンガ家デビュー――コミック投稿サイト「マンガ★ゲット」β版テスト開始
描いたマンガをケータイコミックに変換して投稿――スパイシーソフトが、マンガ家の卵を支援するコミック投稿サイト「マンガ★ゲット」のクローズドβ版テストを開始した。ケータイ向けコミックへのフォーマット変換や投稿は無料。投稿されたコミックは無料で読むことができる。(2008/7/7)

セルシスのモバイルコミックソリューション、韓国に続き台湾に上陸
(2008/7/4)

ニッポン放送、携帯コミック市場に参入──摩耶薫子氏を作家に起用
(2008/6/2)

ケータイコミックのダウンロード数が3億を突破――「コミックi」と「コミックシーモア」
(2008/5/15)

「続きはケータイで」──QRコードでケータイコミックに誘導する「ケータイコミック版 NEWSPACE」
(2008/5/15)

フィギュア系ケータイコミック「サトシ君のリストライフ」配信
(2008/3/27)

メディアドゥ、1話無料でケータイコミックを読めるフリーペーパー創刊
(2008/3/26)

アニメ「RD 潜脳調査室」のスピンオフ作品、ケータイコミックで配信
(2008/3/26)

『獣神演武』のケータイコミック配信──テレビ東京公式アニメ携帯サイトで
(2008/3/21)

ケータイコミックのダウンロード数が2億を突破――「コミックi」と「コミックシーモア」
(2007/11/16)

ケータイコミック、“恋愛もの”や“学園もの”が人気
マイボイスコムが「携帯コミック」の利用動向に関する調査結果を発表。携帯コミックの認知度は7割を超えるが、“知っているが利用したことはない”という回答も約6割となっている。人気があるジャンルは“恋愛もの”や“学園もの”だ。(2007/11/9)

携帯コミックと雑誌で同時連載──才谷ウメタロウのコミック「黒幕お姉さん」
(2007/9/20)

携帯コミック、女子中高生の約3割が「読んだことがある」
メディアシークが女子中高生などの女性層を対象に行った、コミックに関するアンケート調査の結果を発表。6割が「漫画を読むのが好き」と回答し、携帯の電子コミックを読んだことがあると答えたのは約3割だった。(2007/9/20)

携帯コミックを読む理由、“懐かしいから”が最多──KLab調べ
KLabが携帯コミックに関するアンケート結果を発表。携帯コミックを利用した理由は「懐かしい作品を読みたかった」がトップとなった。(2007/8/23)

東京国際ブックフェア:
携帯コミックのキャラがアニメのように動く──BookSurfingが今秋にもバージョンアップ
東京国際ブックフェアで、電子書籍ビューワ「BookSurfing」を提供するボイジャーとインフォシティ、セルシスがブースを展開。今秋をめどにバージョンアップ予定の最新版BookSurfingを披露した。(2007/7/6)

東京国際ブックフェア:
10〜20代女性に人気の「電子貸本」
電子コミックが24時間限定で100円で読める「電子貸本Renta!」が、ケータイコミックに慣れた10〜20代の女性に人気だ。(2007/7/5)

拡大する携帯コミック市場、一般サイト向け配信支援で弾み
100億円に拡大したという携帯コミック市場。公式サイト経由が中心だったが、セルシスなどは今後、一般サイトへの配信システム提供にも力を入れていく。(2006/11/29)

ビットウェイ、電子取次ぎシステムを開発――携帯コミックの取次サービス開始
(2006/10/23)

“火の鳥”など、手塚漫画をケータイコミックで発売
(2006/8/1)

マッグガーデンの人気アニメがケータイコミックに
(2006/7/12)

「フランダースの犬」など名作アニメをケータイコミックで配信
(2006/6/21)

携帯コミック「コミックi/コミックシーモア」、1000万ダウンロードを突破
小学館などの名作コミックが読める、NTTソルマーレの携帯コミックサイトが、有料コンテンツのダウンロード数1000万を突破した。(2006/2/7)

女性向け人気コミックを携帯電話向けに配信
宙出版とNTTソルマーレは、ケータイコミック販売に関する業務提携に合意した。「コミックi」と「コミックシーモア」で、宙出版の女性向け人気コミックが配信される。(2005/9/21)

携帯コミック配信サイト「白泉社e-コミックス」をオープン
(2005/9/8)

ケータイ漫画の新潮流(前編)
「しりあがり寿」らが書き下ろし〜モバイルコミック
携帯端末が高機能化、高精細化するにつれて、携帯向けマンガコンテンツにも新たな流れが産まれつつある。有名漫画家が書き下ろしたコンテンツを配信する、「モバイルコミック」もその1つだ。(2004/5/17)

有名漫画家の書きおろしが楽しめるWIN端末向け「モバイルコミック」
(2004/4/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。