ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「甲子園」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「甲子園」に関する情報が集まったページです。

組み込みエンジニアの現場力養成演習ドリル(17):
「岡山県」「福岡県」「福島県」を漢字1字でどう表す? ―― 都道府県名を1文字にコード化せよ(その2)
今回は、「都道府県名の1文字でのコード化」を取り上げます。「岡山県」「福岡県」「福島県」はどう略すかは簡単ではありません。(2019/6/18)

トップダウンはもう古い! 肩書なくし業績アップ
企業やスポーツチームで上下関係をなくす試みが成果をあげている。令和時代の組織のあり方として注目される「脱 トップダウン思考」(東京法令出版)の著者にも話を聞いた。(2019/6/17)

水曜インタビュー劇場(旋風公演):
行列ができた「ワークマンプラス」、その後どうなったのか?
カジュアルウェアの新業態「ワークマンプラス」が好調である。2018年9月にオープンしたところ、レジに行列ができて、入場制限をかけることも。日本中に旋風を巻き起こしたわけだが、その後はどうなったのか。同社に取材したところ……。(2019/6/12)

これ「働かせたい言葉」? 阪急炎上「はたらく言葉たち」批判殺到の理由を考える
働くことを熱く語ればOKというノリは過去のものではないかと。(2019/6/11)

子どもだけずるい! キッザニアに任天堂のパビリオン、新しいコントローラーの開発を体験
Nintendo Laboを活用したお仕事。(2019/5/28)

スピン経済の歩き方:
復活の兆しがある「社内運動会」は、本当に組織を活性化するのか
社内運動会を開催しているところが増えているという。「社内運動会=昭和」のイメージがあるが、どういった目的で開催しているのか。「組織を活性化するために」といった声が多いが、本当にそんなこと……。(2019/5/28)

来襲:
高機能・低価格アパレルはどうなる? ワークマンVS. デカトロン
作業服チェーンのワークマンの業績が好調だ。今月8日に発表した平成31(2019)年3月期決算では、チェーン全店の売上高が930億円に上り、前期比で16.7%増えた。昨年9月に立ち上げた新型店の「ワークマンプラス」の人気が沸騰し、これまで建設作業員が中心だった顧客層が女性客などにも拡大。低価格・高機能を売りにしたアウトドアやスポーツ系のアパレルで勢いに乗っている。(2019/5/28)

私たち、(佐賀県に)行きたい! 佐賀県が「ゾンビランドサガ」とコラボ
この組み合わせは来ると思っていた。(2019/5/27)

キッザニア「任天堂パビリオン」の詳細判明 7月開業、“お仕事”はToy-Con制作
任天堂が「キッザニア」にオープン予定のパビリオンの詳細と開業日を発表。参加者に「Nintendo Labo」のコントローラー「Toy-Con」の制作体験などを提供する。オープン日は「キッザニア甲子園」は7月12日、「キッザニア東京」(東京都江東区)は7月16日。(2019/5/27)

水曜インタビュー劇場(阪神・広島公演):
市場は縮小しているのに、なぜトラとコイの国語辞典は好調なのか
三省堂の国語辞典が売れていることをご存じだろうか。昨年「タイガース仕様」を発売したところ売れて、今年「カープ仕様」を発売したらまた売れて。「辞書」といえば「カタイ」イメージがあるが、なぜ同社は球団愛に満ち溢れた辞書をつくったのか。(2019/5/15)

コナリミサト×高野ひと深:
「この漫画の描き方が、ようやくわかってきた」 『私の少年』移籍後に“変えたこと”とは?
人気漫画家による“飲酒対談”。第2回も漫画付きでお届けします!(2019/5/7)

ガンダムと阪神タイガースのコラボナイターが5月17日開催 “赤い”広島戦をアムロのアナウンスが盛り上げる
1番センター、近本行きまーす! とかだったらいいのにな。(2019/4/29)

「性格の悪い4番打者とそんな彼を信頼するエース投手の漫画」が熱い 「目から汗が」「青春っていいなぁ!」
青春……!(2019/4/25)

「俺もう、あのモヒカン無理だよ」 中尾明慶がGReeeeN新曲「ノスタルジア」MVで高校野球部の熱血顧問、ROOKIESじゃないですか!
夢にときめけ! 明日にきらめけ!(2019/4/13)

パフェの祭典「PAFES」が静岡で開催! 発表会で王道パフェから変わり種パフェまで堪能してきた
「カレーパフェ」なんてものも……!(2019/3/18)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(14):
「赤か? それとも青か?」――機能共有の悲劇がもたらした混乱するトイレのUI
なぜこのようなユーザーインタフェースが存在するのか……。日ごろの生活の中で筆者が見つけた“良くないユーザーインタフェース”から学びを得る。「京急蒲田駅」「JR渋谷駅」に続き、筆者を悩ますのはトイレの蛇口。今回はその問題点を紹介すると同時に、解決策を検討する。(2019/3/4)

「これ以上にない期待」 はやぶさ2「着陸後の画像」公開、表面物質を回収か
はやぶさ2が「リュウグウ」着陸後、上昇しながら撮影した画像を、JAXAが公開。はやぶさ2はリュウグウの表面に弾丸を撃ち込んでおり、飛び散ったかけらを回収できた可能性もある。(2019/2/22)

「はやツー君、よくやってくれた」 はやぶさ2着陸成功、表面物質も採取か
(2019/2/22)

高校野球中継にもAI “人手不足”のNHK地方放送局が考えたAI活用法
「第48回 番組技術展」でNHKの地方局が取り組んでいるAI(人工知能)活用事例が紹介されている。放送用に撮影した動画からSNSに使うダイジェスト版を自動作成するシステムなど現場作業の省力化を目的にしたものが多い。(2019/2/13)

懐かしいぃぃ! “初代なっちゃん”田中麗奈、20年前の自分とポスターで共演「照れくさいですけど嬉しい」
またCMやってくれないかなあ。(2019/2/7)

水曜インタビュー劇場(指導員公演):
最後に出なかった「ガンダム」は、どのようにして殻を破ったのか
ファンにとっては、たまらない商品が登場した。カプセルトイの商品「ガンダムヘッド」である。機動戦士ガンダムに登場する「ガンダム」の頭部を再現したもので、関係者からは「かなり売れるのでは」といった声も。開発を担当したバンダイの長谷川淳さんに、話を聞いたところ、最後にとんでもないことが……。(2019/2/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「なまはげ」居酒屋にお客が殺到! 秋田県内に“存在しない空間”の魅力とは
秋田県の郷土料理と「なまはげ」と触れ合える居酒屋にお客が殺到している。その再現度の高さから秋田県人以外も魅了している。大ヒットの秘密とは?(2019/2/5)

『俺たちの「戦力外通告」』著者が綴る:
私はこうしてプロ野球をクビになった
元プロ野球選手で、『俺たちの「戦力外通告」』著者が、自身の体験をもとに“クビ”になった経緯を語る。(2019/1/30)

任天堂、キッザニアに出展へ! パビリオン「ゲーム会社」2019年夏オープン
これは絶対楽しいやつ……!(2019/1/28)

任天堂、キッザニアに「ゲーム会社」 Nintendo Labo活用、今夏オープン
任天堂が「キッザニア東京」「キッザニア甲子園」にパビリオンを今夏オープンする。段ボール工作キット「Nintendo Labo」を活用する。(2019/1/28)

「新しいファンを獲得したい」:
変わる野球観戦スタイル VRで自宅にいながら球場の臨場感
プロ野球の観戦スタイルが変わりつつある。パ・リーグの共同事業会社、パシフィックリーグマーケティング(PLM)は昨年、「VR(仮想空間)」を活用して試合を観戦する「パーソル パ・リーグTV VR」の配信を開始した。専用ゴーグルをつけると、球場にいるかのように試合風景が視界に広がる。自宅にいながら臨場感あふれる観戦が可能で、PLMは「VRという新たな分野で、新しいファンを獲得したい」としている。(運動部 浜田慎太郎)(2019/1/23)

「それなら甲子園も無料にしなさいよ」 高知商野球部の処分問題でネットは100%どん引き、地元は激怒
高知商業高校の野球部員が同じ学校の同好会が主催する有料発表会に出演し、高野連に問題視された騒動。ネットでは高野連の杓子定規な対応に対する批判一色になっています。(2019/1/21)

「働くってすごい!」と初心に帰った気分 憧れの仕事を体験する「大人のキッザニア」が楽しすぎた
子どもの頃の夢、おぼえていますか?(2019/1/19)

“型破り”な人生:
元プロ野球選手の古木克明さんが起業してまで成し遂げたいこと
「松坂世代」の強打者として甲子園を沸かせ、ドラフト1位でプロ野球の世界に飛び込んだ古木克明さん。その後、野球を辞めてプロ格闘家となり、そして再びプロ野球選手を目指したのを知る人も多いだろう。そんな古木さんは現在、自ら事業を立ち上げて日々挑戦を続けている――。(2019/1/9)

スピン経済の歩き方:
「佃製作所はやっぱりブラック企業」と感じてしまう、3つの理由
ドラマ「下町ロケット」の特別編が放映され、14.0%という高視聴率を叩き出した。多くの人がこのドラマを見て胸が熱くなったかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。ドラマの内容を考えると、「日本の未来に不安を感じる」という。どういう意味かというと……。(2019/1/8)

満足度は驚異の95% “大人のキッザニア”仕掛け人が「大人に伝えたかったこと」は何か聞いた
あえて不親切なつくりにすることで、“究極の生きる力”を磨く。(2018/12/22)

効率化へのインセンティブなき「異常」:
金魚すくいにテレビゲームが「仕事」? “虚業”化した障害者雇用をどう変える
自身も脳性麻痺(まひ)の子どもを持ち、『新版 障害者の経済学』などの著作もある慶應義塾大学の中島隆信教授が、障害者雇用の問題点を指摘した。(2018/12/14)

入場料は5000円:
キッザニア「大人の就労体験」東京開催が正式決定 第1回は19年1月16日
キッザニアの運営企業は、「大人の就労体験」の東京開催を正式発表。第1回は19年1月16日に「キッザニア東京」(東京都江東区)で実施する。入場予約は12月21日から受け付け、入場料は5000円。(2018/12/13)

「大人のキッザニア」東京でも開催決定 2019年1月16日夕方から
大人の時間がやってくる。(2018/12/13)

子どもは入場禁止!? 「大人のキッザニア」が甲子園で開催、大人たちが本気の職業体験楽しむ
東京での開催も決定しました。(2018/12/13)

ママさん設計者も参戦!:
VRに燃えろ、キャラに萌えろ――VTuberって何だ?「VTuberハッカソン長野・塩尻大会」
最近、自分の周辺で「ハッカソン」という言葉を見聞きすることが多くなりました。でもまだまだ「ハッカソンってなに?どういうことをするの?」と質問されることのほうが多く、その内容が当たり前に知られているわけではありません。(2018/11/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日産リバイバルプランがもたらしたもの ゴーン問題の補助線(2)
1990年代、業績不振に喘ぐ日産自動車にやって来たカルロス・ゴーン氏は、「日産リバイバルプラン(NRP)」を策定して大ナタを振るった。その結果、奇跡の回復を見せ、長年の赤字のトンネルを抜けた。しかし一方で、それがもたらした負の遺産も大きかったという。(2018/11/27)

スピン経済の歩き方:
「宇宙の謎に迫る国家プロジェクト」に、日本学術会議が猛反発のワケ
岩手県で、超巨大プロジェクトが持ち上がっている。その名は「国際リニアコライダー」(ILC)。この施設が完成すれば、まだ解明されていないさまざまな謎に迫ることができるわけだが、なぜか日本学術会議が猛反対している。その理由は……。(2018/11/20)

戦力外になった後輩に経験伝えたい:
高卒でプロ野球を戦力外 16年後に「公認会計士」になった男の逆転人生
阪神タイガースから戦力外通告を受けたものの、その後公認会計士になった元投手、奥村武博さん(39)。引退した選手が第二の人生で成功できずにトラブルを起こすケースが多い中、いかにして成功できたのか。かつての挫折と、そこから這い上がった経験を聞いた。(2018/11/18)

第69回“裏”紅白歌合戦メンバー発表 司会に渡辺謙&菊川怜、ハリルホジッチvs田嶋幸三の相撲など胃もたれ必死
ヘルシェイク矢野のこと考えながら決めてそう。(2018/11/14)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(47):
「ありがとう」を聞きたくて――あの人はなぜリストラされたのか
IT企業で働くAさんがリストラされたそうです。なぜ、リストラされたのでしょうか? どうすれば今後、チームの一員として働くことができるのでしょうか。(2018/11/14)

18年はスポーツの年?:
新語・流行語大賞候補に「そだねー」「半端ないって」「悪質タックル」など選出
「2018ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語が選出。「そだねー」「半端ないって」「翔タイム」などスポーツ分野の用語が多く選ばれた。「U.S.A.」「TikTok」なども候補に挙がった。(2018/11/7)

初の専門アナウンサー事務所設立:
元大手民放エースアナ 甲子園を捨てeスポーツ実況に懸けた理由
大手民放のアナウンサーが「自分抜きで盛り上がるのは許せない」と初のeスポーツ実況専門の事務所を設立。今後は後進育成や「選手の生き様を語る」実況を目指す。(2018/10/24)

キッザニア、子どもが入場禁止の「大人のキッザニア」を初開催へ 12月13日の夕方から
1日限定の特別企画です。(2018/10/24)

日清が架空のビジネス書『なぜどん兵衛肉うどんは広告しなくても売れるのか?』公開 ニック・ジューシィ著
「巷には『謎肉』という人々に謎を問いかける食べ物があるが、誰もそんな謎に興味はなく、普通に本物の肉が食べたい」。それ言っていいんですか……。(2018/10/22)

観光名所やシンボルをデザイン:
コカ・コーラの「地域限定ボトル」が急増している理由
コカ・コーラの「地域限定ボトル」が外国人観光客などの人気を集めている。観光名所などをデザインしたパッケージで、26種類まで増えた。一気に広がったのはなぜか。担当者に開発の裏側を聞いた。(2018/10/17)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
阪神・金本監督を辞任に追い込み、チームも崩壊させた背景
阪神タイガースの金本知憲監督が今季限りでの辞任を表明した。虎党からは「ホンマかいな」と驚いたかもしれないが、成績不振の責任を取り、指揮官は身を引くことに。それにしても、なぜ金本監督は結果を残すことができなかったのだろうか。原因を探っていくと……。(2018/10/12)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ヒップをきれいに見せたい女性が増加 「ブラジリアンビキニ」ブームの真相
露出度が高く、ヒップを美しく見せるブラジリアンビキニがブームになっている。縮小を続けた女性の水着市場も底を打ったとみられているが、背景には何があるのだろうか。ブームの仕掛け人に聞いた。(2018/9/25)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
リスクを取って砂漠の中のオアシスを見つける、それがビジネス成長――アプレッソ 代表取締役社長 小野和俊氏
安定したエンジニア生活から一転、アプレッソに代表取締役として引き抜かれ、ベンチャーの荒波にもまれることになった小野氏。「心が動いたらブレーキをかけない」をポリシーとする小野氏が編み出した、一点突破でスキルを伸ばしていく“ラストマン戦略”や、事業成長の見極め方、エンタープライズソフト市場の価値構築法とは?(2018/9/14)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第8話:全滅(前編)
「ひまわり海洋エネルギー」新生CSIRT結成から数カ月。ようやくインシデント対応に慣れ始めたチームに緊急事態の一報が入る。会社の幹部が所有する端末が繰り返していた“異常な通信”とは一体……?(2018/9/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。