ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「地方経済」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「地方経済」に関する情報が集まったページです。

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
“半導体狂騒曲”に飲み込まれず、地域産業も大切にしてほしい
半導体産業は重要ですが、「一番重要」なわけではないと思うのです。(2024/2/26)

SEVENTEENの「THE CITY」 HYBE JAPANトップに聞く新時代のプロモーション
BTSやLE SSERAFIMなどのスターを輩出し続けるエンターテインメントライフスタイルプラットフォーム企業HYBE。同社がグローバルに展開しているユニークな公演ビジネスモデルが「THE CITY」だ。同社の日本本社HYBE JAPANのハン・ヒョンロックCEOに戦略を聞いた。(2024/2/16)

施工:
木造ハイブリッド構造の賃貸マンションを開発、第一生命グループ初
第一生命グループの相互住宅は、神奈川県横浜市に木造ハイブリッド構造の賃貸マンション「フレンシア青葉台」を新設した。柱などの構造体の一部の他、内装/外装の仕上げ材の一部に木材を採用し、合計約27.2立方メートルを木質化した。CO2固定量は約15.3トン。(2024/2/13)

新潟市へ「オフィス移転する企業」が倍々で増えている理由
今までにはない施策を打ち出したことで、近年、新潟市へオフィス移転する企業が倍々で増加中である。成果が生まれている要因を探った。(2024/2/9)

元メルカリ青柳氏がライドシェア新会社立ち上げ その名も「newmo」(ニューモ)
グリー元CFOで、メルカリの日本事業を統括していた青柳直樹氏が、新会社「newmo」(ニューモ)を設立。2月6日に、ライドシェア事業への参入を発表した。(2024/2/7)

先端3D NANDフラッシュメモリ生産:
経産省、キオクシア四日市/北上工場の設備投資に2429億円助成
経産省がキオクシアホールディングスとWestern Digitalによる先端3D NANDフラッシュメモリ量産に向けた国内2工場への設備投資などに対し、最大2429億円を助成する。(2024/2/6)

能登半島地震「企業防災の大切さを実感」9割超 必要な対策は?
1月1日に発生した能登半島地震を機に、「企業防災」の大切さを改めて実感した企業が94.9%──帝国データバンクがこんな調査結果を発表した。(2024/2/2)

イチから分かる! 楽しく学ぶ経済の話(7):
日本の固定資産への投資額はどう推移した? 国際比較で確かめる
勉強した方がトクなのは分かるけど、なんだか難しそうでつい敬遠してしまう「経済」の話。モノづくりに関わる人が知っておきたい経済の仕組みについて、小川さん、古川さんと一緒にやさしく、詳しく学んでいきましょう!(2024/2/1)

ロジスティクス:
熊本県益城町に“シリコンヒルズ”が誕生 大和ハウスが110億円で工業団地を開発
大和ハウス工業は、約110億円を投じ、熊本県益城町に工業団地「DPI(ディープロジェクトインダストリー)シリコンヒルズ熊本」を開発する。現在、造成工事を進めており、2024年5月に完了した後、積極的に企業誘致を行い、2027年冬に全施設の完成を見込む。(2024/1/26)

スマートシティー:
スマートシティー具現化に向けた包括連携協定を締結、日立製作所と日立市
日立製作所と日立市は、デジタル技術を活用したスマートシティー(次世代未来都市)実現に向けた包括連携協定を締結した。グリーン産業都市、デジタル医療や介護、公共交通などSociety 5.0の具現化を目標とする共創プロジェクトを進める。(2024/1/23)

建設業の倒産件数が2023年に急増 「黒字倒産」もチラホラ 地域別で最も多かったのは?
帝国データバンクが建設業の倒産状況を調査した結果を発表した。2023年は前年比で30%を超え、ここ10年で2番目の水準となった。(2024/1/17)

スピン経済の歩き方:
「値下げで過去最高益」のイオンが、賃金を上げなければ非常にマズいワケ
「値下げ」は消費者にとって喜ばしい話のようだが、実は日本全体の視点で考えると、あまり喜ばしい話ともいえない。その理由は……。(2024/1/17)

産業動向:
建設業の2023年倒産件数、前年比で4割増に 1600件超えは8年ぶり
帝国データバンクは、2023年に発生した建設業者の倒産件数が前年比で4割増加し、1671件になったと発表した。1600件を超えるのは8年ぶりで、増加率が3割を超えるのは2000年以降で初めて。「2024年問題」で今後さらに倒産が増加する可能性があるとの見方を示した。(2024/1/12)

1泊110万円で「城泊」 持続可能な観光地「世界1位」に選ばれた街
江戸時代からの歴史的な街並みで「伊予の小京都」とも呼ばれる愛媛県大洲市が今年度、持続可能な観光地を表彰する「グリーンデスティネーションズ ストーリー アワード」の文化・伝統保全部門で国内で初めて世界1位を獲得した。(2024/1/6)

ダイハツ不正、サプライチェーンの売上は計2兆円超 8136社に影響
12月20日、ダイハツ工業(大阪府池田市)は製造する64車種・3エンジンの認証試験において、174個の不正が発覚したと公表した。帝国データバンクによると、ダイハツ工業を頂点とするサプライチェーン企業(売上高の1%以上を依存している企業)は国内に推計8136社あり、売上高の合計は推計2兆2110億円にのぼるという。(2023/12/22)

自然エネルギー:
浮体式洋上風力発電の開発動向、政府は新たな産業戦略を策定へ
主要な国内の再生可能エネルギー電源として導入拡大が期待されている洋上風力発電。なかでも水深の深い海域にも導入できる「浮体式」については、今後さらなる技術開発やコスト低減が求められている。こうした浮体式洋上風力発電に関する技術開発や、政府の投資政策の動向についてまとめた。(2023/12/21)

クルマ、家だけではなく「人」もシェアリング 高齢化進む地方創生のカギになるか
民泊やカーシェアなど、モノやスペース、資産を個人間で共同利用、共有するサービス「シェアリングエコノミー」。地方では、「人口減や高齢化といった社会的課題の解決に役立つのでは」と注目されている。(2023/12/14)

産業動向:
清水建設が鹿児島県与論島で、町と鹿児島大と連携協定 人財育成や事業創出に参画
清水建設は、鹿児島県与論島の人財育成や事業創出に参画すべく、与論町と鹿児島大学との連携協定を結んだ。(2023/12/14)

住所「不明確」でもお届け ヤマハ発動機がタンザニアで宅配事業
バイクの機動力とスマートフォンの宅配専用アプリの位置情報などを活用して、住所の不明確な場所にも荷物を届ける。(2023/12/13)

法制度・規制:
「くらしGX」を実現へ――家庭・業務部門の省エネ・非化石転換政策の今後
政府では「暮らし」に関連する需要家分野のGXを「くらしGX」と呼び、重点分野の一つとして分野別投資戦略の策定を進めている。「省エネルギー小委員会」第43回会合では、こうした需要サイドにおける今後の省エネ・非化石転換政策について検討が行われた。(2023/12/12)

ChatGPTを「産業振興につなげたい」 人口ワースト2位・島根県の挑戦
都道府県別の人口ランキングでワースト2位の島根県。国内有数の「高齢化先進県」でもあることから、産業振興は喫緊の課題だ。IT企業との連携や誘致の取り組みを展開するが、ChatGPTについてはどう活用していくのか。(2023/12/1)

イチから分かる! 楽しく学ぶ経済の話(6):
「資本」って何なのか? 投資と資金調達の観点から眺めてみよう
勉強した方がトクなのは分かるけど、なんだか難しそうでつい敬遠してしまう「経済」の話。モノづくりに関わる人が知っておきたい経済の仕組みについて、小川さん、古川さんと一緒にやさしく、詳しく学んでいきましょう!(2023/11/29)

「プロセスマイニング」が身に付く人材育成プログラム Celonisと日本IBMが提供開始
Celonisと日本IBMは共同で、業務プロセス全体の最適化によりDXを推進する技術者育成を目指す「地域Celonis人財育成プログラム」の提供を開始した。「Celonis EMS」を活用し、プロセスマイニングや業務変革のノウハウなどを学習できる。(2023/11/27)

モノづくり最前線レポート:
エアコンは社会インフラ、だからこそ日立「白くまくん」は国内生産回帰を進める
「ITmedia Virtual EXPO 2023秋」の「スマートファクトリーEXPO」において、日立ジョンソンコントロールズ空調の泉田金太郎氏が「日立ルームエアコン『白くまくん』国内生産回帰とその狙い」と題して行った講演について紹介する。(2023/11/24)

複合施設が誕生:
中野サンプラザ跡地の再開発が決定、駅周辺はどう変わる?
野村不動産を代表とするグループは、中野区とともに推進する「中野四丁目新北口駅前地区第一種市街地再開発事業」について、11月15日付で都市計画決定が告示されたことを発表した。(2023/11/18)

金属3Dプリンタ:
群馬から金属3Dプリンタによるデジタルモノづくりを広げるGAMの挑戦
本稿では「ITmedia Virtual EXPO 2023秋」において共和産業 代表取締役社長で群馬積層造形プラットフォーム(GAM) 代表理事の鈴木宏子氏が行った「群馬発世界へ、GAMが金属3Dプリンタで進めるデジタルモノづくり」をテーマとした講演を紹介する。(2023/11/10)

工場ニュース:
日立ジョンソンコントロールズが国内生産回帰を加速、部品の70%は国内メーカーから
日立ジョンソンコントロールズ空調は、栃木市大平町の日立体育館で、日立ルームエアコン「白くまくん」プレミアムXシリーズの出荷式を開催した。(2023/11/9)

100年に1度の変革期:
長崎の産官学が集結 ソフトバンクとジャパネットが掲げる民間主導の地方創生
ソフトバンクの宮川潤一社長、ジャパネットホールディングスの髙田旭人社長、長崎県知事の大石賢吾氏、長崎市長の鈴木史朗氏、長崎大学学長の永安武氏が「100年に1度の変革期」を迎える長崎の現状について語り合った。(2023/10/30)

イチから分かる! 楽しく学ぶ経済の話(5):
「消費」と「貯蓄」はどんな関係にある? 家計と政府のデータを調べてみよう
勉強した方がトクなのは分かるけど、なんだか難しそうでつい敬遠してしまう「経済」の話。モノづくりに関わる人が知っておきたい経済の仕組みについて、小川さん、古川さんと一緒にやさしく、詳しく学んでいきましょう!(2023/10/12)

欧州の”半導体ルネサンス”を主導:
欧州に進出するTSMCの狙いと、半導体産業への影響
TSMCは2023年8月、ドイツ・ドレスデンに欧州初の半導体工場を設置する計画を正式に発表した。今回、TSMCへのインタビューなどを通じて、同社の狙いと世界半導体産業への影響を考察した。(2023/9/22)

異例の反響:
東京から申し込みが殺到! ふるさと納税返礼品は明治「カール」
明治のスナック菓子「カール」をふるさと納税返礼品に採用している松山市。今年4月から実施した第1弾では「懐かしい」「久しぶりに食べた」と大反響を呼び、7月14日から始めた第2弾もすでに「チーズあじ」は完売、「うすあじ」が残っているだけと人気を博している。(2023/9/21)

もう限界……金剛バス全路線廃止の衝撃、地域の足引っ張る2024年問題
燃料費の高騰や深刻な人手不足が、地域の「足」に影響を及ぼし始めている。大阪府富田林市など4市町村を中心に路線バスを運行する金剛自動車は、12月でバス事業を廃止すると発表した。(2023/9/20)

日本IBMとUiPathがDX人材育成プログラムを提供 全国7拠点でオンライン中心
DXに取り組む企業が大都市圏の大企業を中心に増える一方で、人材不足などがハードルとなり、地方ではなかなか進まないのが実態だ。日本IBMとUiPathが全国7拠点でDX人材を育成するプログラムを開始する。(2023/9/20)

150年前の反省:
会津若松市のデジタル実装、「幕末の敗戦」に原点? 歴史に根差す市民性
会津若松市はスマートシティ構想を掲げて10年になる。いち早く自治体のデジタル実装に取り組んだのは、元をたどれば「幕末」にいきつくという。スマートシティ推進室室長の本島靖氏に聞く。(2023/9/8)

G20の研究機関が参加:
産総研がクリーンエネルギー技術に関する国際会議「RD20」を開催、研究機関の国際連携を加速へ
G20各国・地域の主要研究機関が参画するイニシアチブ「RD20」が、2023年10月に福島でシンポジウムを開催する。クリーエネルギー技術における国際的な連携活動の加速化を図る。(2023/9/8)

当選倍率は数十倍:
シャトレーゼ、1泊3食付の体感ツアーに応募者殺到 大好評だった「アイス食べ放題」をやめた深いワケ
シャトレーゼはかつて「アイス食べ放題」が売りの工場見学会を実施していた。しかし、近年は参加者を絞った体感ツアーに注力している。その背景にある戦略とは?(2023/8/30)

組み込み開発ニュース:
魚肉の鮮度を半導体センサーがニオイで判定、生食加熱などの品質を客観的に保証
産総研は、北海道立工業技術センターとの共同研究により、半導体センサーによってニオイから養殖ブリ魚肉の鮮度を判定する技術を開発したと発表した。(2023/8/22)

イチから分かる! 楽しく学ぶ経済の話(4):
日本が「使えるお金」は世界何位? 家計や企業などの可処分所得を国際比較
勉強した方がトクなのは分かるけど、なんだか難しそうでつい敬遠してしまう「経済」の話。モノづくりに関わる人が知っておきたい経済の仕組みについて、小川さん、古川さんと一緒にやさしく、詳しく学んでいきましょう!(2023/8/9)

イチから分かる! 楽しく学ぶ経済の話(3):
私たちの給料は「付加価値の分配」の結果、ってどういうことだろう?
勉強した方がトクなのは分かるけど、なんだか難しそうでつい敬遠してしまう「経済」の話。モノづくりに関わる人が知っておきたい経済の仕組みについて、小川さん、古川さんと一緒にやさしく、詳しく学んでいきましょう!(2023/7/25)

踊らにゃそんそん:
阿波おどりの“1万5000円”VIP席が物議、100万円でも完売した青森ねぶた祭と異なる3つのポイント
徳島市の夏の風物詩、阿波おどり。400年の歴史を持つとされ、新型コロナウイルスの流行前には国内外から100万人を超える観光客訪れる一大イベントです。2023年は8月11〜15日に開催予定で、新たに特別観覧席(VIP席)の設置が発表されました。(2023/7/19)

イチから分かる! 楽しく学ぶ経済の話(2):
「製造業」の立ち位置はどう変化した? データで読む先進国の産業構造転換
勉強した方がトクなのは分かるけど、なんだか難しそうでつい敬遠してしまう「経済」の話。モノづくりに関わる人が知っておきたい経済の仕組みについて、小川さん、古川さんと一緒にやさしく、詳しく学んでいきましょう!(2023/7/12)

収益は担い手に還元:
青森ねぶた祭、100万円「プレミアム観覧席」今年も販売 昨年は約2日で完売
オマツリジャパンが、青森ねぶた祭プレミアム観覧席「100万円のVIPシート」を販売する。昨年に続き2回目となる取り組み。収益は地域経済や祭りの担い手に還元する。(2023/7/5)

イチから分かる! 楽しく学ぶ経済の話(1):
経済構造の国際体系「SNA」ってなんだ? 初歩から学ぶ経済の仕組み!
勉強した方がトクなのは分かるけど、なんだか難しそうでつい敬遠してしまう「経済」の話。モノづくりに関わる人が知っておきたい経済の仕組みについて、小川さん、古川さんと一緒にやさしく、詳しく学んでいきましょう!(2023/6/26)

レアアースの使用量削減に貢献:
高磁束プラスチック磁石ローターを試作、車載など向け
秋田大学は、航空機や車載システム向け超高速モーター用「高磁束プラスチック磁石ローター(回転子)」を試作した。プラスチックが約半分を占める磁石で、従来の焼結磁石ローターと同等以上の性能が得られることを確認した。(2023/6/19)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(5):
越前/鯖江を「産業観光の聖地」にする、大反響モノづくりイベント仕掛け人の夢
本連載では、厳しい環境が続く中で伝統を受け継ぎつつ、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回は福井県鯖江市と越前市、越前町で開催される産業観光イベント「RENEW」の発起人である新山直広さんにお話を伺いました。(2023/6/6)

PayPay、「あなたのまちを応援プロジェクト」の7月追加分発表 福島県など 最大30%のポイント付与
PayPayは、地方自治体と連携して取り組む「あなたのまちを応援プロジェクト」で、7月以降に追加するキャンペーンを発表した。宮城県加美町と大阪府柏原市、福島県15市町村が対象。商品購入額の最大30%分のPayPayポイントを付与する。(2023/5/31)

Micron TechnologyのCEOがサミット直後の広島で会見! 最大5000億円の投資プランや人材育成に言及
G7サミット(先進7カ国首脳会議)の開催に合わせて、米Micron Technologyのサンジェイ・メロートラ社長兼CEOが来日し、日本への投資など今後のビジョンについて発表を行った。(2023/5/25)

Weekly Memo:
自治体職員のリスキリング、主導権を握るのはどこか――ベネッセの取り組みから探る
全国自治体のDX推進に向けて職員のリスキリングをどう進めればよいか。ベネッセコーポレーションの新たな取り組みから探る。(2023/5/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタ、ホンダ、日産「増益と減益を分けたもの」 大手3社の決算をじっくり解説
自動車メーカー大手3社の決算が出そろった。今後数年の予測を含め、全体の傾向および各社の発表内容を見ていこう。(2023/5/15)

スタートアップシティーつくばの可能性(1):
ディープテックスタートアップの聖地を目指すつくば、世界的拠点形成に挑戦
筑波研究学園都市としての歴史を背景に持つ茨城県つくば市のスタートアップシティーとしての可能性を探る本連載。第1回は、茨城県 産業戦略部の担当者へのインタビューを通して、ディープテックスタートアップの聖地を目指すための取り組みを紹介する。(2023/5/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。