ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「地方経済」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「地方経済」に関する情報が集まったページです。

スピン経済の歩き方:
首里城の被害を拡大させたのは「安すぎる入場料」だと考える、これだけの理由
沖縄の「宝」である首里城が消失した。ネット上には「管理をしていた沖縄県が悪い」といった指摘があるが、本当にそうなのか。甚大な被害を招いた原因を探っていくと……。(2019/11/5)

新連載・地域ビジネス、ここがカギ:
失敗続きの「地域活性化」に財務省がテコ入れ 他省庁との違いを示せるか
内閣府や総務省が成果を出せていない「地域活性化」に、財務省が力を入れ始めた。各地域の出先機関を通じて、スタートアップ企業の発掘や支援に乗り出している。財務省の取り組みは成果を挙げられるのか。これまでの施策との違いを解説する。(2019/11/5)

京都在住の社会学者が斬る:
京都が日本人客から訪日客に“奪われる”!? インバウンドに潜む「オーバーツーリズム」問題
高いインバウンド人気を誇る京都。しかし日本人客が多すぎる訪日客に「押し出される」などの異変が発生。この「オーバーツーリズム」問題に社会学者が迫る。(2019/11/1)

スピン経済の歩き方:
「日本経済が成長しないのは、中小企業が多いから」は本当か
少子化に歯止めがかからない。出生数は90万人割れが確実となっていて、これは推計よりも早いペースだという。このままだと日本経済がさらに悪くなりそうだが、“治療法”はあるのだろうか。筆者の窪田氏は「中小企業改革」を挙げていて……。(2019/10/8)

車いすの乗客にも配慮:
ユーザーの予約でAIがバス配車 横浜市で実証実験へ
NTTドコモ、横浜市らは、2019年10月10日から20日まで、横浜都心臨海部で「AI運行バス」の実証実験を行う。4〜6人乗りの小型車両に加え、11人以上が乗れる大型車両や、車いす利用者に対応したユニバーサルデザイン車両も活用する。(2019/10/7)

ブロックチェーン活用したデータ分析の実証実験開始 行動履歴から次の行動を予測
デジタルチケットの使用履歴からユーザーが次にとる行動を予測し、適切なタイミングでスマートフォンにおすすめを通知する。NTTデータが独自開発したブロックチェーン技術を活用し、個人属性情報を取得せずにデータ分析を行うという。(2019/10/3)

メカ設計ニュース:
川崎市内の中小企業の受発注支援のため、ビジネスマッチング契約を締結
キャディは、川崎市産業振興財団と川崎市内の中小企業の受発注支援を目的としたビジネスマッチング契約を締結した。町工場の事業活動を支援し、川崎市の地域経済活性化を促進する。(2019/10/3)

大手ハウスメーカーに対抗、2025年に1.4万棟目標:
市場を激変させる「住宅サブスクリプション」始動、“月額5万”で売れ筋の高性能住宅が販売可能に
地方の小さな工務店であっても、月額わずか5万円を支払うだけで、建材メーカーの技術の粋を集めた高性能住宅が、自社ブランドとして販売できる時代がやって来る。提供される住宅はパネル式で、デザインや住宅建材がパッケージ化されており、耐震性で等級3・断熱性でHEAT20 G2と高い性能を有する他、スマートキーなどのIoT機器や大工不足を解消する職人マッチングサービスなども用意されている。住宅の価格帯はおよそ1600万円で、年収400万円前後の層をターゲットに、2025年度には1万4000棟の販売をねらう。(2019/9/30)

若きIT識者3人が鼎談:
アジア諸国より企業のIT化が遅れている――DX後進国ニッポンを救う方法とは
アジア諸国に比べても、企業のIT化が遅れている日本。そんな日本を変えるにはどんな方法があるのか――。若きIT識者3人が「日本を元気にするためのIT」について存分に語った。(2019/9/30)

最低賃金の引き上げについて、どう考えればいいのか
人手不足が深刻化する中、最低賃金のさらなる引き上げを求める声が上がっている。個人消費の拡大などが期待される一方、中小企業の負担増大を懸念する声もある。言論サイトを運営するアゴラ研究所所長の池田信夫氏と経済アナリストの中原圭介氏に課題などを聞いた。(2019/9/25)

「金の御朱印」求めて:
プレ金の成功例? 岐阜の神社で5000人が行列をつくる理由
毎月最終金曜日に「金の御朱印」を提供する取り組みが岐阜で盛況だ。神社やお寺に計5000人が訪れるという。最長で5時間待ちの行列ができたこともある。なぜ地域で「金の御朱印」に取り組んでいるのか。仕掛け人と、参加する寺に話を聞いた。(2019/9/25)

東大修士の「林業女子」 震災復興の現場で活躍
東北とほとんどかかわりのなかった東京大大学院の修士号をもつ「林業女子」が移住し、町の特産品である杉の残材を利用した木質ペレットによるバイオマスエネルギー事業育成の中核となって活躍している。(2019/9/11)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(64):
福島編:歴史とテクノロジーが融合する街「会津若松」は、そこそこ利便性の良い田舎
マッチングイベントはキャンセル待ち――会津若松が○○好きの女性に人気の理由とは?(2019/9/5)

「限られた人数だからこそ生産性を最大化」
札幌中央信用組合がITインフラで「業務の合理化」を実現できた理由
地方の金融機関を取り巻く環境は厳しく、常に徹底した「業務の合理化」が求められる。合理化の一環としてITインフラのモダナイゼーション(近代化)を「クラウドではなくオンプレミス」で成し遂げた札幌中央信用組合の事例を紹介する。(2019/8/28)

「自分のデータ、どう使われている?」の不安解消へ ドコモが「パーソナルデータ憲章」を公表
NTTドコモが「パーソナルデータ憲章」を公表した。ドコモがパーソナルデータを取り扱う際の指針になるもので、透明性の確保や意思尊重を重視する。プライバシーポリシーも再編して、2019年12月11日から運用する。(2019/8/27)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
立ち遅れる国内キャッシュレス決済、普及率を高めるための鍵とは?
国内でもようやく普及の兆しを見せ始めたキャッシュレス決済だが、諸外国に比べてまだ立ち遅れが目立つ。この状況から脱却し、普及率を高めていくためにはどうすべきか。大手決済ブランドの取り組みから、その手掛かりを探る。(2019/8/22)

クルーズ市場最前線:
クルーズ船が寄港しても地域振興に貢献しない、は本当か
日本のクルーズ市場が拡大するにつれて、クルーズ船がもたらす寄港地への経済効果を疑う意見が目立つようになったが、その主張はそもそも本当だろうか。(2019/8/20)

3Dプリンタニュース:
消滅可能性都市から次世代モノづくりのメッカへ、地方創生で加賀市とDMMがタッグ
石川県加賀市とDMM.comは、3Dプリント技術の提供および連携を基本とした包括連携協定を締結し、加賀市を“次世代モノづくりのメッカ”とする構想の実現に向けて、両者が提携することを発表した。(2019/8/8)

スピン経済の歩き方:
「賃金上げたら日本は滅びるおじさん」の言っていることは、本当か
「最低賃金の引き上げ」問題をめぐって、議論がヒートアップしている。「日本の低賃金にメスを入れるべき」という声がある一方で、「世紀の愚策」などと猛烈に難癖をつけている人たちも。この問題、どちらに説得力があるのかというと……。(2019/8/6)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(8):
クラウドや仮想化に夢見る時期は過ぎた――創立120周年の福井銀行が明かす地銀分散系システム変革の歴史
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。福井銀行の事例では、VMware on IBM Cloudを活用した移行の背景とポイントをお届けする。(2019/8/6)

自然エネルギー:
新潟県内初の官民連携による地域新電力会社、再エネ余剰電力を公共施設に
新潟市、JFEエンジニアリング、第四北越フィナンシャルグループは、新潟県内初の官民連携による地域新電力会社「新潟スワンエナジー株式会社」を設立した。2019年11月より電力小売事業を開始する。(2019/8/5)

寄生虫なし、生食できるお嬢サバ JR西日本が養殖
JR西日本が沿線の漁協や企業と共同で養殖しているサバ、カキ、ヒラメなどの水産物が、じわり人気を集めている。陸上養殖で水質を厳格に管理するため寄生虫がつきにくく、生で食べられることが特徴だ。(2019/8/1)

Facebookが東北5市と提携 「SNSが使いこなせない」と嘆く自治体や中小企業をサポート
フェイスブックジャパンが岩手県と秋田県の5市と協定を結び、FacebookとInstagramを活用して地域の経済やコミュニティーを活性化させるプロジェクトを始めると発表した。(2019/7/31)

神戸市 「ヘルステック」で起業支援
神戸市は、医療や介護現場、健康増進などの課題解決を目指す「ヘルステック」分野で活躍する創業初期のベンチャー企業や起業家を対象にした事業支援プログラムを始める。(2019/7/29)

小売・流通アナリストの視点:
勤続30年の元みずほ行員が斬る! もう一つの「年金2000万円問題」
「年金2000万円不足騒動」の発端となった金融庁の報告書で注目すべきだったこと――。実は現在の金融機関への痛烈な批判とも読み取れる。勤続30年の元みずほ行員が斬る!(2019/7/23)

7時間で100万円も……大手企業、クラウドファンディングで資金調達のわけ
食品や日用品の大手メーカーが、インターネット上で不特定多数の人から事業資金を募る「クラウドファンディング」の活用を本格化させている。大手企業が積極化させている背景には、詳細なデータ収集によるマーケティング(市場調査)への期待がある。(2019/7/10)

個性的な器をレンタル:
“サブスク”で伝統工芸と飲食店をつなげる 新サービスが生まれた理由
伝統工芸品の食器を月額制で利用できる、飲食店向けサブスクリプションサービス「Craftal」。サービス誕生の背景には、飲食店と工芸品の産地、それぞれが抱える課題があった。両者をつなげることを目指す立ち上げ人に、狙いと展望を聞いた。(2019/6/19)

地方に都市部の高スキル人材 副業解禁の流れでマッチング
都市部のさまざまなスキルを持った人材と、地方を副業でつなぐ取り組みが広がっている。大手企業を中心に広がる「副業」解禁の流れとも相まって、地域に優秀な人材を送り込む動きが広がれば、地域経済の浮揚につながる可能性を秘める。(2019/5/30)

泉佐野市「非常に驚いている」 ふるさと納税新制度、4市町の除外を正式決定
総務省に理由を確認して対応を検討するとのこと。(2019/5/14)

「デジタル化の力」で顧客接点を豊かに:
PR:大分銀行が掲げる“地域総合プラットフォーム構想”とは
デジタル化により顧客との新たな関係を築こうとしている大分銀行。2018年にはクラウドベースの顧客関係管理で世界市場を牽引しているSalesforceを戦略的IT基盤として採用した。数ある選択肢の中からSalesforceを選んだ決め手は何だったのか。そして大分銀行が目指すビジョンとは。(2019/5/13)

大山聡の業界スコープ(16):
5Gが開花する「令和」時代、日本の“IoT維新”に期待
2019年4月1日、「平成」の次の元号が「令和」に決定したと発表され、2019年5月1日から「令和」時代がスタートする。半導体/エレクトロニクス業界に身を置く筆者としては、令和時代は5G(第5世代移動通信)が普及し始めるタイミングであり、これによってわれわれの生活に大きな変化が起こり得る時代になるのではではないか、という気がしている。(2019/4/9)

ICT活用でイノシシ被害対策を効率化? ジビエを資源に地域産業の創出も――木更津市とNTT東日本が共同実証
木更津市とNTT東日本は、共同でICTを活用した鳥獣害対策の実証実験を行う。農作物への被害を食い止めるための捕獲対策の検証に加え、ジビエ加工を手掛ける企業も参画し、食用肉への加工、販売を担う地域産業の創出を目指す。(2019/4/1)

無視できないデメリット:
ここが沖縄で一番高い土地! 地価上昇率1位の一方で
沖縄県内の2019年公示地価が6年連続で上昇し、住宅地、商業地、工業地とも全国一の伸び率となった。地価上昇は今後も続くとみられるが、その一方で懸念の声も……。(2019/3/27)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(60):
福島編:「白虎」「AiCT」「わっぱ飯」――会津のエンジニアが2019年春に楽しみにしていること
市がオープンデータ基盤を運営、大学が学内通貨の実証実験を実施! 「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実」、福島編第2回は、産官学で先端技術活用に挑む、会津若松の「今」をお伝えします。(2019/3/25)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
優勝8回、総額1千万円超の賞金をゲットした起業家に「プレゼンの極意」を聞いてみた――Empath CSO 山崎はずむさん(後編)
メルカリのCIOを務める長谷川秀樹氏が、志高きゲームチェンジャーと酒を酌み交わしながら語り合う本対談。なぜ、音声感情解析技術「Empath」は海外のピッチコンテストで注目されているのか、この仕事を始めるきっかけは何だったのかを同社共同創業者でCSOの山崎はずむさんに聞きました。(2019/2/27)

宇宙関連ビジネスの基盤にも:
正式提供開始の衛星データプラットフォーム「Tellus」とは、どんなサービスか
さくらインターネットが2019年2月21日に提供を開始した、誰でも無償で衛星データを活用し、分析・開発ができるクラウドサービス「Tellus(テルース)」とはどのようなものなのか。まとめてお伝えする。(2019/2/26)

“動物の幸せ”が集客に:
「ゾウはいません」と掲げる動物園が、閉園危機から復活できた理由
地域産業の衰退とともに閉園危機にあえいでいた動物園の“復活”が注目されている。福岡県の大牟田市動物園だ。「ゾウはいません」と掲げ、大規模改修もしていない同園に人が集まる理由は、職員の「知恵」と、動物への「愛情」だった。(2019/2/26)

“売りたい人”と“売れる人”をつなぐ:
伝統は守るな、生かせ! 現代版「楽市楽座」を生んだ常識破りの挑戦
日本全国に伝統的な文化や技術が隠れている。それらを将来に残すための“連携”の場となっているのが、2019年に4回目を迎えるイベント「JAPAN BRAND FESTIVAL」だ。「現代版の楽市楽座」と銘打つイベントが何をもたらすのか。仕掛け人に聞いた。(2019/2/25)

納税も電子地域通貨「さるぼぼコイン」で 納付書をアプリで読み取るだけ――岐阜・飛弾市で2019年4月から開始
岐阜県飛騨・高山地域の電子地域通貨「さるぼぼコイン」が、2019年4月から公金の納付に対応。飛騨市の市県民税、国民健康保険料、水道料金などを、専用スマホアプリで支払えるようになる。支払いのために市役所窓口やコンビニエンスストア、金融機関に出向く必要がなくなり、市民の利便性が向上する。(2019/2/22)

FAメルマガ 編集後記:
足りないなら、ロボットインテグレーターになってしまえよ
市場は今後大きく拡大する可能性があります。(2019/2/15)

製造ITニュース:
地域産業の高度化に向け、法人向けIoT分野で業務提携
KDDIとエコモットは、法人向けIoT分野で業務提携する。両社が保有するデータセンシング技術とデータ解析を活用し、1次産業や防災・寒冷地対策など地域産業の高度化を支援する。(2019/2/6)

MA2018ヒーロー任命式レポート:
出でよ! ものづくりの「ヒーロー」たち!――新体制で生まれ変わったMashup Awardsを象徴する11作品
2018年から、開発コンテスト「Mashup Awards(MA)」とMAの「決勝戦」がメインとなっていた年末の一大イベント「FESTA」が生まれ変わった。本稿では、その概要と、プレゼンテーションが行われた11作品を紹介する。(2019/2/1)

広島×産業×IT(後編):
広島に行けばなにか新しいことができる――広島県が目指す「イノベーション立県」への第一歩とは
「イノベーション立県」を目指す広島県。地域や企業の課題を解決するために行っている3つの取り組みとは。(2019/1/30)

乗り降り自由&乗り放題の「さっぽろ観光あいのりタクシー」でキャッシュレス観光――札幌市ら5者が共同実証
札幌市は、NTTドコモらと共同で、観光客向けの相乗りタクシー「さっぽろ観光あいのりタクシー」の実証実験を開始する。一人1日3000円で、乗り降り自由で市内を周遊できる。観光施設の電子チケットと併せて、チケットレス、キャッシュレスでの観光を楽しめる仕組みを提供する。(2019/1/28)

小売・流通アナリストの視点:
地方の有力スーパーが手を組んだ“1兆円同盟”誕生、イオンとどう戦う?
2018年末、食品スーパー業界では久々の大型再編となる「新日本スーパーマーケット同盟」の結成が発表された。地方の有力スーパーが手を結び、売り上げの単純合計で1兆円を超えたのだ。(2019/1/23)

広島×産業×IT(前編):
宮島のストレスフリー観光、AIでどうやって実現する?――ひろしまサンドボックスが作る地方創生とITのちょっといい話
中堅中小企業が1社でITを活用するのは人的にも予算的にも難しい――そのような中堅中小企業に対して地方自治体はどのような取り組みを行っているのだろうか。広島県が企業にITを浸透させるために行った取り組みを紹介する。(2019/1/23)

ブロックチェーンでヘルスケアデータを有効活用 沖縄県宮古島市で健康課題改善の実証実験――第一生命ら、富士通の技術を活用
第一生命らは、沖縄県宮古島市で、ヘルスケアデータを活用した地域の健康課題改善に関する実証実験を開始。スマホアプリで利用者が記録する歩数などのヘルスケアデータを、ブロックチェーン技術を活用したデータプラットフォームに収集。利用者の健康増進を支援する他、関連消費の活性化などを目指す。(2019/1/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」新春特別編:
「ひかり」を再評価、ロマンスカーの心地よさ…… 2018年に乗ったイチオシ列車と、2019年期待の鉄道
2018年も全国各地の列車に乗った。観光列車には「つくる手間」をかけることの価値を感じ、新幹線では「ひかり」の良さをあらためて実感、新型の特急列車には期待感を持った。19年も乗りたい列車がめじろ押し。どんな発見があるだろうか。(2019/1/4)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(54):
福島編:冬はスノボ、夏はジェットスキー!―ー多拠点プロジェクトで働く“会津っぽ”の幸せなエンジニアライフ
会津若松にいながら、東京やブラジルの同僚と同じプロジェクトで働くだって?――「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実」福島編は、会津若松で働くエンジニアのワークスタイルをお伝えします。(2018/12/18)

2018年を振り返る:
Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活性化に関する事業連携協定」はどのような成果を生み出したのか。神戸市の担当者が語った。(2018/12/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。