ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「失われた10年」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「失われた10年」に関する情報が集まったページです。

「第4のメガバンク」構想も難しそう:
本当に大丈夫? 菅首相の「地銀再編」発言が、再び“失われた10年”を呼びそうな理由
菅首相がしきりに口にする「地銀再編」。確かに苦境に置かれる地銀だが、再編はうまくいくのだろうか。筆者は過去の長銀破綻を例に出し、また「失われた10年」来てもおかしくないと指摘する。(2020/9/30)

あと1年弱:
平成の終わりに考える、世界を変える3つの潮流
平成は30年余で終わることになる。この間にわが国の社会はさまざまな変化に見舞われた。とりわけ日本経済を大きく変えつつある潮流とでも言うべき、3つのシフトに整理できるだろう。(2018/1/10)

世界を「数字」で回してみよう(42) 働き方改革(2):
「非正規雇用」の問題は、「国家滅亡に至る病」である
ネガティブな面ばかりがフォーカスされる「非正規雇用」ですが、実際はどうなのでしょうか。今回は、「バーチャル株式会社エバタ」を作り、非正規雇用が会社にもたらす効果をシミュレーションしてみました。さらに、非正規雇用に起因する社会的問題が、なぜ看過できないものなのか、そこに存在する深い闇をまとめていきたいと思います。(2017/8/16)

日本型セキュリティの現実と理想:
第21回 戦艦大和の防御構造に学ぶ効率的な守り方(後編)
前回は、世界最大の大砲と防御力を持つ戦艦「大和」が艦隊決戦を想定した設計だったことによる悲劇について述べたが、今回は「大和」の防御思想や防御構造が現在の情報セキュリティ対策の参考になる部分について掘り下げよう。(2016/4/21)

フォーラムエンジニアリング活用事例(1):
PR:設計の中核に外部エンジニアを――技術者の新しい働き方/明電舎
働き盛りの20代後半〜40代エンジニアが「失われた10年」で不足する中、モノづくりの中核となる世代の確保に新たな手法を採り入れ始めている。フォーラムエンジニアリングの技術者派遣を活用して“技術者の新しい働き方”を積極的に導入している明電舎に話を聞いた。(2015/7/15)

視点:
ドイツに学ぶ中長期視点の経営
低迷する欧州経済内では健闘しているドイツ。産業構成や勤労観が似ているドイツの中長期視点の経営に、強い日本企業を作るヒントを探る。(2015/5/18)

水曜インタビュー劇場(アイス公演):
受注を減らしたのに、なぜ「チョコモナカジャンボ」は3倍も売れたのか
森永製菓のアイスクリーム「チョコモナカジャンボ」が売れている。売上高は14年連続で伸びているが、その背景にはどんな“仕掛け”があったのだろうか。同社のマーケティング担当者に話を聞いた。(2015/4/22)

藤田正美の時事日想:
ドイツは景気刺激策に取り組むべきだ――EUが日本型デフレに突入しないために
世界中で経済が伸び悩んでいる。中でも深刻なのはEUだ。けん引役だったドイツまで2四半期連続でマイナス成長となれば、EU全体が90年代の日本のように長いデフレに突入しかねない。(2014/10/30)

勤続年数が長い男性は、大企業? それとも中小企業?
あなたは転職したことがありますか? 首都圏在住のビジネスパーソンに聞いたところ、男性の50.2%、女性の68.1%が転職経験者であることが分かった。オールアバウト調べ。(2014/9/18)

藤田正美の時事日想:
欧州中央銀行の政策金利が史上最低に、景気回復への方策は?
欧州中央銀行(ECB)の政策金利が低下し、ユーロ圏が再びデフレに陥るリスクが高まった。ECBが欧州内の銀行をまとめ上げ、地盤の強化を図る必要があるが、その障害は多く厳しい道のりになる。(2013/11/13)

モノづくり最前線レポート(41):
スマホで負けたのは“握手しながら殴り合えなかった”からだ
NECがスマートフォン事業から撤退を発表し、パナソニックも個人向けのスマートフォン事業休止を宣言した。“ガラパゴス”環境で春を謳歌した国内スマートフォン端末メーカーが相次いで苦境に立たされた理由はどこにあったのか。京セラや外資系端末メーカーなど携帯電話関連業界に身を置いてきた筆者が、経緯を振り返りながら問題点を分析する。(2013/11/6)

「この世は生きるに値するんだ」 「風立ちぬ」の後をどう生きるか 宮崎駿監督、引退会見全文
宮崎駿監督が引退会見は、1時間半にわたる会見のすべてが質疑応答に割かれた。会見の全文を掲載する。(2013/9/6)

手塚治虫の“DNA”が新たな時代を切り開く?
ヴィジュアリストとして活動中の手塚治虫の息子、手塚眞氏がホラー小説を発表。彼のこれまでの活動と、小説のあらすじを紹介します。(2013/5/24)

広がる“企業アプリ”、「リリース後1カ月が勝負」
今最も熱いといわれるスマートフォン向け広告。現場に携わる野田大智氏の著作『究極のスマホAD戦略』を紹介。(2013/3/25)

40代にしておきたい17のこと:
40代には3種類の生き方がある――それは
40代になると生き方が3種類に分かれてきます。希望と夢をもって生きるのか、はたまた退屈を感じながら生きるのか、あるいは絶望とともに生きるのか。いずれにしても40代はもう一度、本当に自分が望んで生きるコースを選択するタイミングでもあります。この3つの中から、あなたはどれを選びますか?(2013/1/11)

博報堂・吉川昌孝のデータで読み解く日本人:
日本が誇れるものってナニ? この20年を振り返る
日本人はこの国のどんなところに誇りを感じてきたのだろうか。博報堂生活総合研究所が行っている調査データを基に、この20年間の特徴的な動きを紹介しよう。(2013/1/4)

儲かっている企業にはワケがある:
今、“ロイヤリティ経営”が注目されるワケ
既存顧客の満足度を高めることで、リピート率を高めることに重点を置く“ロイヤリティ経営”が近年、注目されています。インターネット接続サービスの朝日ネットを例に、その実現メリットを解説します。(2012/11/28)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/8/7)

New Order ポスト・ジョブズ時代の新ルール:
ソーシャルゲーム界の雄、国光宏尚氏の世界制覇シナリオ
アイテム課金方式をとるソーシャルゲーム市場が花盛りの日本。中でも急成長しているベンチャーgumiを率いる国光宏尚氏は「日本には圧倒的なアドバンテージがある」とし、世界へ打って出ようとしている。日本のソーシャルゲームは、世界のゲームコンテンツビジネスを変えられるのか?(2012/4/6)

【新連載】ヘッドハンターから見たリアルリーダーとは? :
「思っている事、言っている事、やっている事」が一致しているか
今までの価値観が通用しない時代、リーダーに求められる資質も変わってきている。企業の未来のためにもリアルリーダーを見抜く目が必要になる。(2012/4/6)

制御システムのセキュリティは“10年遅れ” 急がれる対策の今
原子力施設の制御システムの不正操作を狙ったとされる「Stuxnet攻撃」を契機に、社会インフラを支える制御システムのセキュリティ問題が注目されつつある。国内外の現状とはいかに――。(2012/2/6)

欧米は日本バブル崩壊の轍を踏むか?――日銀・白川総裁が語る世界経済の未来
欧州債務危機が深刻化し、「日本のように失われた10年を経験することになるのか?」とささやかれるようになっている。日銀の白川方明総裁は1月10日の講演で、リーマンショック後の欧米経済と、バブル崩壊後の日本経済には類似点があると指摘。欧米が日本と同じ道を歩まないようにするためのポイントを解説した。(2012/1/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
年上部下の「おい、お前」にカチン! 日本型ダイバーシティ時代の上司力とは?
日本型経営の三種の神器「終身雇用」「年功序列」「企業内組合」が崩れ始めている。欧米流のポストや報酬という外発的動機付けだけではなく、日本では組織の目的、個人の尊重といった内発的動機付けが必要になる。(2011/11/10)

中堅中小、勝利の方程式:
大企業での経験を生かした起業が日本を元気に
セブン-イレブンで学んだフランチャイズ店舗管理のノウハウをアウトソーシングしようと30代半ばで起業。福井社長は、「小売店や飲食店の現場を活性化し、日本をもっと元気にしたい」と話す。(2011/10/12)

挑戦者たちの履歴書(87):
気付いたら泳いでいたのは25メートルプール
編集部から:本連載では、IT業界にさまざまな形で携わる魅力的な人物を1人ずつ取り上げ、本人の口から直接語られたいままでのターニングポイントを何回かに分けて紹介していく。前回までは、ジュニパーネットワークス社長の細井洋一氏がバイテル・ジャパンで活躍するまでを取り上げた。今回、初めて読む方は、ぜひ最初から読み直してほしい。(2011/2/18)

日本企業がグローバル超競争で勝ち抜くために必要なこと――A.T.カーニー梅澤高明日本代表
日本は海外から「新興衰退国」と揶揄されるまでに落ちてしまった――。経済学者やジャーナリストが語る、「人口減社会にあっても、豊かさは失わず、所得再分配によって格差も解消する」という青写真は、成長なくしては崩壊する。このままでは日本は、「惨めな縮小」と語る、A.T.カーニー日本代表の梅澤高明氏。トップコンサルタントが説く世界の今、日本の未来とは何か。(2010/12/14)

それゆけ! カナモリさん:
ルミネ、西武有楽町跡に自信の出店のワケは?
12月末に閉店する西武有楽町が入っている有楽町マリオン。その大家である朝日新聞と松竹は10月末に後継店として駅ビル運営の「ルミネ」を選んだという。その背景はなにか。有楽町はどのように変化していくのだろうか。(2010/11/24)

SFC Open Research Forum 2010:
PR:情報通信技術はグローバル競争を勝ち抜く手段に、日本がとるべき戦略とは
グローバル化の波に直面する日本が成長を維持していくためには、海外進出が不可欠といわれる。厳しい競争を勝ち抜く上で、情報通信ネットワークが果たす役割はより大きなものとなった。国際舞台で日本はどのような立場を築いていくべきか。その展望をNTTコミュニケーションズの有馬社長とSFCの村井教授が語る。(2010/11/15)

今知っておくべき中国の製造事情(4):
中国リーダー企業と“フォロワー”日系製造業の格差
日本企業の中国進出を支援してきたベンダ企業が見た中国本土の製造業事情とは? 日本企業、中国企業の違いや市場の変化などを事例を交えて紹介していきます。(2010/10/5)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
GDPの成長で豊かさを実感できるようになりましたか?
“失われた10年”などとも言われながら、バブル崩壊後も堅調に増加してきた日本のGDP。しかし、その成長が豊かさとして感じられなくなっているのはなぜか、とちきりんさんは問いかけます。(2010/9/27)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
経営コンサルタント滅亡――その先はあるのか?
ドラッカーが経営コンサルタントとマネジメントを発明して60年、コンサルタントには冬の時代がやってきている。大手コンサル会社でもリストラを進めているという話が出ているが、今後、コンサルタントにはどんな役割が求められていくのだろうか。(2010/9/9)

“経済危機に勝つ”リスクマネジメント(4):
出口戦略もおぼつかない。世界同時不況はまだ続く
一部には「経済は回復基調」との見解もあるが、世界同時不況はそれほど簡単には解決しない。これまで各国が行ってきた金融テコ入れ策から「どう手を引くか」という出口戦略の可能性を考えてみても、今回の不況がいかに根深いものかをうかがい知ることができる。企業の戦略担当者はいま一度、腹をくくり直しておくべきだ。(2010/8/12)

いま知っておくべき中国の製造業事情(1) :
日系製造業 中国進出の歩みと変化
日本企業の中国進出を支援してきたベンダ企業が見た中国本土の製造業事情とは? 日本企業、中国企業の違いや市場の変化などを事例を交えて紹介していきます。(2010/4/22)

藤田正美の時事日想:
もはや“失われた20年”かもしれない、どんどん取り残されていく日本
低迷する日本経済のことを「失われた10年」といわれてきたが、ひょっとして“失われた20年”に陥っているのではないだろうか。長期的なビジョンが描けないのは政府だけではなく、企業も同じ。このままでは取り返しのつかない事態に陥るかもしれない。(2010/3/29)

35.8歳の時間:
海外メディアは日本に定着するのだろうか? WSジャーナル・小野由美子編集長
2009年12月、米国のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が日本に“上陸”した。有料サイト「WSJ日本版」がオープンしたが、果たして日本で成功を収めることができるのだろうか。初代編集長を務める小野由美子氏の人間像に迫った。(2010/3/19)

漫画・アニメの「非実在青少年」も対象に 東京都の青少年育成条例改正案
アニメ・漫画のキャラクターも「非実在青少年」として「不健全」性の基準に含める東京都の青少年育成条例改正案の審議が近づく。ネット上では反対の立場から行動が起きている。漫画の現場からは「日本の表現が窮屈になる」といった懸念が出ている。(2010/3/9)

経済研究所 研究員は見た! ニッポンのキカイ事情(2):
パリジェンヌたちを魅了するオイゲンの鋳物
経済研究所の研究員が、さまざまな切り口で加工技術や現場事情を分かりやすくレポートするシリーズ。よりよい設計をしていくために、加工事情について知識の幅を広げていこう。(編集部)(2009/12/4)

Gartner Column:
「コスト削減時代」に企業が本当にすべきこと
未曾有の不景気によって、経営に自信を失う経営者が増えています。コスト削減という名目のもと、支出を減らそうとする企業も見受けられますが、それが正しい経営方針といえるのでしょうか。この時代にCIOやIT部門が着手すべきことについて、ガートナーが実施した調査を基に考察します。(2009/10/1)

藤田正美の時事日想:
鳩山政権の“アキレス腱”はどうなる
中小企業の借り入れについて「現代版徳政令」の導入を訴えている亀井大臣。3年間ほどの金利支払い、元金返済を猶予したらいいという持論だが、あまりにも愚策ではなかろうか。もし亀井大臣が徳政令にこだわり続けるのなら、鳩山首相は彼を更迭すべきかもしれない。(2009/9/28)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
民主党の試練
日本が抱える財政問題、高齢化社会、人口減という三重苦を解き、本当に必要な将来への投資を考えられるのは誰なのか。(2009/8/3)

藤田正美の時事日想:
米国よりヒドい? 欧州経済の先行きは
5月15日にEUROSTATというEUの統計機関が発表したGDP成長率。EU27カ国全体で2009年第1四半期は前期比マイナス2.5%(年率換算でマイナス9.6%)という予想をはるかに上回る大幅なマイナスとなった。欧州経済の危機とは何なのだろうか。(2009/5/18)

石黒不二代のニュースの本質:
【第5回】ぶれない経営――不況期のブランド戦略を考える
未曾有の不況に直面し、改めて「サステナブル」を掲げる企業は多い。ただし価格競争に陥り、安易に安売り戦略に走ってしまうと、これまで積み上げてきたブランドイメージは崩壊してしまうという。(2009/5/13)

ミドルが経営を変える:
【第17回】新入社員すべてをパンダ型だと思い込むな
毎年この時期に社会経済生産性本部が発表する「新入社員タイプ」。時世にあったネーミングは的を得ているが、うのみにしてすべての社員を型に当てはめようとしてはいけない。(2009/3/24)

2009年、法人ビジネスはどう変わるのか――NTTドコモ 三木茂氏に聞く(前編)
コンシューマー市場が飽和する中、携帯電話市場の成長を下支えしているのが法人市場だ。しかし、これまで堅調な伸びを見せていたこの市場にも世界同時不況の影響が現れ始めているという。逆風が吹き荒れる2009年、法人向け市場とビジネスはどうなるのか。ドコモの法人部門を率いる三木茂氏に聞いた。(2009/3/2)

藤田正美の時事日想:
オバマ大統領と麻生総理……2人とも“楽観的”過ぎないか?
日本政府は2月16日、2008年10〜12月期のGDP(実質国内総生産)を発表する。これまで麻生総理は「日本は相対的に傷が浅い」という持論を展開してきたが、もし成長率がふた桁マイナスであれば、とても“傷が浅い”とは言っていられないだろう。(2009/2/16)

晴耕:雨読=20%:80%:
「2009年はトレンドを追うな」――小飼弾氏が講演
(2009/2/9)

“100年企業”はグループウェアを使ってる? 「サイボウズ Office 8」発売
サイボウズは、「サイボウズ Office」「サイボウズ デヂエ」の最新版であるバージョン8を発売した。発売に際し、「100年企業の成功ポイント」をまとめた冊子を無料で配布する。(2009/2/2)

改革の第一歩はここから:
ワークフローを見直すことからイノベーションが始まる
厳しい経営環境に対応するために、業務の現場は何をすればよいのか。改革のスピードを上げるにはワークフロー改革がキーワードになる。(2009/1/26)

伴大作の木漏れ日:
ICT産業の暗い未来
2009年に年が改まりました。ある人から経済見通しを聞かれました。僕のような、ICT専門の人間にまで経済の先行きを聞かなければならないとは相当追い込まれているなとちょっと同情してしまいました。(2009/1/19)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
体験時間を刻む時計――100年に1度の変をスローデザインで生き抜こう
100年に1度と言われる金融不安が世の中に暗い影を落としている昨今、新たな生き方が求められている。そんな時代に合うような、ビーズで時を刻む時計を見つけた。(2008/12/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。