ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Microsoft Store」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Microsoft Store」に関する情報が集まったページです。

教育向けコンピュータの英Kano、Windows 10搭載「Kano PC」を300ドルで発売
教育向け組み立てコンピュータの英KanoがMicrosoftと提携し、Windows 10(Sモード)搭載のタッチ対応PC「Kano PC」を発表した。価格は299.99ドル(約3万2000円)で、10月に英国と北米で発売する。(2019/6/20)

山市良のうぃんどうず日記(155):
Windows 10からの挑戦状、再び――これまでEducationエディションではWDAGが使えなかった
Windows 10には教育機関向けエディションとして「Education」と「Pro Education」があります。これらは、それぞれEnterpriseとProエディションをベースに構築されたもので、機能的には対応するエディションと同等です。しかし、機能的には同等ですが、実際には一部の機能が使えないことがあります。(2019/6/18)

Tech TIPS:
【Windows 10】コマンドプロンプトからPython環境を一発でインストールする
Windows 10 May 2019 Updateでは、コマンドプロンプトやPowerShellで「python」と入力すると、Microsoft Storeが起動して、簡単にPython 3.7がインストールできる。ただし、注意すべき点もある。(2019/6/17)

Microsoft Focus:
「HoloLens 2」登場で何が変わる? Mixed Realityがビジネスにもたらす価値とは
日本マイクロソフトは、開発者向けイベント「de:code 2019」で日本で初めて「HoloLens 2」を公開した。筆者が実際に触れて分かったこととは。またMicrosoftがビジネス分野においてHoloLens 2で狙っていることとは。(2019/6/14)

テキスト入力一本勝負(前編):
11型iPad ProとSurface Goをキーボードセットで比べてみた
テキスト入力のツールとして、タブレットと専用キーボードの組み合わせが注目を集めている。今回はその代表的なモデルである、11型iPad ProとSmart Keyboard Folioの組み合わせ、そしてSurface Goとタイプカバーの組み合わせについて、前後2回に分けて使い勝手を検証する。(2019/6/13)

Apple、MS公式ストアで「iCloud for Windows app」を配信開始
AppleのクラウドiCloudを公式のアプリストアからダウンロードできるようにし、オフラインで使いやすくなるとMicrosoft。(2019/6/12)

Microsoft、「Windows 10」向け定額ゲームサービス「Xbox Game Pass for PC」
特別なコンソール不要なゲームサービス「Project xCloud」を計画中のMicrosoftが、Windows 10向け定額ゲームサービス「Xbox Game Pass for PC」を発表した。MicrosoftのHaloシリーズや、セガや米Bethesdaなどによる100本以上のゲームにWindows搭載PCで利用できる。(2019/5/31)

Windows 10 The Latest:
次期Windows 10最新動向:待望の機能アップデート「Windows 10 May 2019 Update」の主な変更点
Windows 10の2019年春の機能アップデート「May 2019 Update」がやっと提供開始となった。仮想マシンによるソフトウェアテスト環境「Windowsサンドボックス」など大きな機能追加が行われている。どのような機能変更があるのかをまとめてみた。(2019/5/31)

Windows To GoやPrint 3Dも削除へ:
Microsoft、「Windows 10 May 2019 Update」以降の削除機能リストを公開
Microsoftは、「Windows 10 May 2019 Update」で削除された機能と今後削除予定の機能をまとめたリストを公開した。(2019/5/30)

Microsoft Storeページに誘導:
「Windows 10 May 2019 Update」では初心者でも容易に「Python」を導入可能
MicrosoftのPythonチームによれば「Windows 10 May 2019 Update」では、「Python」を初心者でもインストールしやすくなったという。Microsoft Storeを用いており、今後は他のプログラミング言語にも同様の対応を広げる計画だ。(2019/5/30)

PowerShellと何が違うのか:
Microsoft、「Windows Terminal」に関する質問にブログで回答
Microsoftは、2019年5月に発表したオープンソースソフトウェアのターミナルアプリ「Windows Terminal」について寄せられた質問にブログで回答した。例えば、Windows PowerShellを廃止するのかどうかといった質問だ。(2019/5/22)

Windows 10 The Latest:
Chrome互換に生まれ変わる次期Microsoft Edge その実力は?
HTMLレンダリングエンジンをこれまでのEdgeHTMLから、Google ChromeのベースとなっているBlinkに変更することが明らかにされた「Microsoft Edge」。そのプレビュー版が公開された。本稿ではそのファーストインプレッションをお伝えする。(2019/5/16)

オープンソースへ:
Microsoft、ターミナルアプリ「Windows Terminal」を発表
Microsoftは、コマンドラインツールやシェルのユーザー向けに新しいターミナルアプリケーション「Windows Terminal」を発表した。2019年冬に正式リリースを予定する。(2019/5/10)

Windows 10搭載PCでもAmazon Alexaがハンズフリーで利用可能に
5月7日、AmazonはWindows 10搭載PC向けに提供しているAlexaアプリをアップデートし、音声のみでAlexaを利用できるハンズフリー機能に対応した。(2019/5/7)

Build 2019:
Microsoft、「Windows Terminal」を発表 タブ機能、コマンドプロンプト、PowerShell、SSHなどを統合
Microsoftが、Windowsに対応した新しいコマンドラインインタフェース「Windows Terminal」を発表。タブによっていくつもの画面を開き、コマンドプロンプトやPowerShell、Windows Subsystem for LinuxやSSH経由で他のサーバへの接続などが可能。(2019/5/7)

Amazon Alexa、Windows 10でもハンズフリーに
Amazonの音声アシスタントAlexaのWindowsアプリが、ウェイクワードで起動できるようになった。PCをディスプレイ付きスマートスピーカー代わりに使える。(2019/5/7)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
引導を渡されるWindows 8、生き続けるペイント
いよいよ平成が終わり、新元号による日常が始まる。そのような中で、ひそかにWindows 8が葬り去られようとしている一方、命脈を保ち続けるアプリケーションもある。(2019/4/30)

「ペイント」、Windows 10の次期アップデート(ビルド1903)でも命拾い
Microsoftが「間もなくMicrosoft Storeに移動する」と警告している描画アプリ「ペイント」が、Windows 10の次期大型アップデートでもプリインストールされるとMicrosoftの中の人がツイートした。(2019/4/24)

サードウェーブ、ゲーミングPC「GALLERIA」など17機種に「Minecraft」付属モデルを追加
サードウェーブは、同社製ゲーミングPC「GALLERIA」シリーズなどに「Minecraft for Windows 10」を標準付属したモデルを発売する。(2019/4/19)

まさかこんなに使えるヤツだったとは:
「Surface Laptop 2」にもっと光を! プレミアムなモバイルPCを使って実感したこと
日本マイクロソフトが手がける2in1 PCが「Surface」シリーズだ。登場から7年近くがたち、ラインアップも豊富になったSurface各モデルの魅力に改めて迫る。まずは「Surface Laptop 2」からだ。(2019/4/19)

ユーザーが管理できる範囲を拡大:
Microsoft、Windows Updateプロセスの重要な変更を発表
Microsoftは、Windows Updateプロセスについて重要な変更を発表した。Windows Updateエクスペリエンスの向上、ユーザーが管理できる範囲の拡大、Windows更新プログラムの品質向上が目的だ。(2019/4/8)

DaaS市場を一変させる可能性
Windows Virtual Desktopで実現できる「マルチユーザー版Windows 10」とは?
「Windows Virtual Desktop」を使うと「Windows 10」をマルチユーザーで利用できるようになる。DaaS市場の様相を一変させる可能性がある、この新しいサービスのメリットとデメリットを検証する。(2019/4/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の大型アップデートが配信ポリシー変更、より安全快適を目指す
次期Windows 10の大型アップデート「19H1」から配信ポリシーが変更され、名称も「Windows 10 May 2019 Update」となる。前回のトラブルを踏まえて、何が変わったのかを整理した。(2019/4/5)

ITの教室:
【WSL入門】第2回 避けては通れないWSLとWindows 10との文字コードの違い
WSLを活用するためには、Windows OSとWSLの関係を理解するのが第一歩。基本となるWindows 10とWSLの文字コードの違いなどを理解しよう。(2019/4/5)

Microsoft Store、電子書籍の販売終了 購入分は全額返金
「Microsoft Store」で、電子書籍の販売、レンタル、予約サービスが終了。これまで利用者が購入した書籍の代金は、7月上旬に全額返金する。(2019/4/3)

「Surface Book 2」 の13.5インチ、第8世代Intel Core i5モデル登場
Microsoftが2017年10月に発売したノートPC「Surface Book 2」の13.5インチモデルに、Intelの第8世代Core i5モデルが追加された。メモリ8GB、ストレージ256GBで価格は税込み20万664円。(2019/4/3)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
クラウドシフトが進むMicrosoftの最新動向
Microsoftが開発中の「WCOS」(Windows Core OS)を利用したデバイスの最新動向と、最近のクラウドシフトについてまとめてみた。(2019/4/3)

Windows 10 The Latest:
次期Windows 10最新動向:リリース秒読みの「19H1」はこう変わる
間もなくリリースされるWindows 10の新しい機能アップデート「19H1」。それに実装される新機能をまとめてみた。また、同時に変更となるライフサイクルなどについても解説する。(2019/4/1)

NEC、「LAVIE」シリーズ2製品がAmazon Alexaに対応 アップデート適用で利用可能に
NECパーソナルコンピュータは、同社製PC「LAVIE」シリーズ2製品がWindows 10 PC向けAmazon Alexaに対応したことを発表した。(2019/3/29)

ITの教室:
【WSL入門】第1回 Windows 10標準Linux環境WSLを始めよう
Windows 10 Fall Creators Updateから標準搭載されているWSLは、Windows 10からLinuxを利用するための仕組み。上手に活用することで、文書処理などを格段に効率よくできる。まず、インストールから始めてみよう。(2019/3/18)

HALOの“マスターチーフ”がPCに帰ってくる Steamでの提供も
Microsoft(Xbox Game Studios)は3月12日(現地時間)、「Inside Xbox」の配信でPC版「Halo: The Master Chief Collection」を正式発表、Microsoft StoreおよびSteamにて2019年内に提供を開始する。(2019/3/16)

Tech TIPS:
【Windows 10対応】コマンドラインからクリップボードへデータを受け渡しする
コマンドプロンプト上での実行結果をクリップボートにコピーしたり、逆にクリップボードからデータを受け取ってコマンドで処理したりできると便利だ。このために利用できるコマンドを紹介する。これらのコマンドをバッチファイルなどにしておくと、GUIのアプリでも、クリップボードにデータをコピーするだけで簡単にテキスト処理などが行える。(2019/3/14)

知っトクWindowsツール:
脱Excelについて考える:無料Excel互換アプリ4種基本評価
Microsoft Office 2010の延長サポートが2020年10月13日に終了予定だ。新たにOfficeのライセンスを購入する前に、無料のOffice互換アプリの導入を検討してみてほしい。(2019/3/11)

「Cinebench R20」が公開、ストアアプリとして配布開始
MAXONSがCPUベンチマークソフト「Cinebench」の最新版R20(Release 20)を公開した。Windows版はMicrosoft Storeから、Mac版はApp Storeからダウンロード可能だ。(2019/3/7)

大学生にノートPCはいらない? 「Surface Pro 6」が2万9400円引きになるキャンペーン
日本マイクロソフトが新大学生向けプロモーション「大学生にパソコンはいらない?Surface が贈るリアルなキャンパスライフ」を開始。最大4万円がキャッシュバックされる学生優待プログラムも。(2019/2/28)

Tech TIPS:
MicrosoftアカウントなしでWindows 10のユーザーを新規作成する
Windows 10のPCにサインインする場合、ユーザーアカウントが必要になる。デフォルトではMicrosoftアカウントが要求されるが、実際にはMicrosoftアカウントである必要はない。ローカルのユーザーアカウントを作成する方法を解説する。(2019/2/28)

Microsoft 365で実現! Windows 10のモダン管理(第1回):
PR:Windows 10の展開はMicrosoft 365におまかせ
本稿では、Windows 10の「モダン管理」を3回にわたって解説します。モダン管理は、IT管理者の負担を軽減するだけでなく、ユーザーのPCの選択肢も広げる最新の運用管理手法です。また、Windows 10は常に進化しており、このモダン管理を最適化し次々と新しい機能を提供しています。この機会にモダン管理を実現し、Windows 10へとアップグレードしましょう。(2019/2/22)

Microsoftが全てのOffice文書を扱える新「My Office」アプリを発表
Microsoftが新しい「My Office」アプリを公開した。アプリ内でOfficeツールの切り替えや共有、検索などが行えるようになるという。提供はMicrosoft Storeを通じて順次ロールアウトされる。(2019/2/21)

社内専用アプリ利用時に使いたいテクニック
Windows 10 PCに社内UWPアプリを導入 サイドロードとは?
開発中のアプリや社外秘作業を伴うアプリなどを使いたい時、「Microsoft Store」を使わずに、基幹業務(LOB)アプリをWindows 10搭載PCにサイドロードする方法がある。幾つかのやり方があるが、注意も必要だ。(2019/2/20)

高品質アニメ、リモートデバイス選択、画像トリミングに対応:
Microsoft、「Windows Community Toolkit v5.1」を公開
Microsoftは、オープンソースのUWPアプリ開発ツールキットの最新版「Windows Community Toolkit v5.1」を公開した。画像処理関連の拡張などを施した。(2019/2/15)

知っトクWindowsツール:
Excelの確認・編集もできる無料オンラインサービス「Office Online」とは
Microsoft Office 2010の延長サポートが2020年10月13日に終了予定だ。新たにOfficeのライセンスを購入する前に、無料のオンラインサービス「Office Online」の利用が可能か検討してはどうだろうか?(2019/2/14)

「Adobe Photoshop Elements 2019」が30%オフでセール中 10台のPCに導入可能なMicrosoft Store版
アドビ システムズのフォトレタッチソフト「Adobe Photoshop Elements 2019」が、アプリストア「Microsoft Store」で30%オフのセール中。通常、税込1万1700円が2月16日まで8150円で購入可能だ。(2019/2/10)

「Windows ファイルマネージャー」がWindows 10搭載PCやXbox Oneで手軽に体験可能
かつてのWindows 3.0などで利用されていたファイル管理ツール「Windows ファイルマネージャー」がMicrosoft Storeで無料ダウンロードが可能になった。(2019/2/5)

Tech TIPS:
Windows 10にフォントを追加インストールする方法と注意点
Windows 10では管理者権限がなくてもフォントをインストールできるようになった。ただしその場合は他のユーザーがインストールしたフォントを利用することはできない。必要ならば他のユーザーからも利用できるようにインストールする必要がある。その方法をまとめておく。(2019/1/31)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(128):
Windows 10の“あの機能”は今――廃止予定リストに掲載された機能はその後どうなった?
Windows 10では新しいバージョンが登場すると、削除される機能と廃止予定として非推奨になる機能のリストが公開されます。今回は、廃止予定リストに掲載された機能のその後を追跡してみました。(2019/1/29)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows Lite」の到来とWindows 10“次々期”大型アップデート「19H2」の姿
Windows 10の次期大型アップデート「19H1」(開発コード名)がいよいよリリースに向けてカウントダウンを開始したようだ。というのも、次の次となる「19H2」の姿がおぼろげながら見えてきてからだ。(2019/1/28)

Appleがセキュリティアップデートの「iTunes 12.9.3 for Windows」を配布開始 
Appleは1月24日(現地時間)、フリーのメディアプレーヤー「iTunes 12.9.3 for Windows」を公開した。セキュリティ関連のアップデートとなる。(2019/1/25)

ITmedia NEWS TV:
Windows 10 Mobileサポート終了とPC春モデルに感じること
(2019/1/23)

「Surface Studio 2」の国内販売は1月29日 税込約48万円〜で予約販売を開始
日本マイクロソフトが、同社の直販サイトで液晶一体型デスクトップPC「Surface Studio 2」の予約注文を始めた。直販価格は一般向けモデルで税込48万384円〜となっている。(2019/1/16)

日本マイクロソフトが「Surface Headphones」の予約販売を税込4万円で開始 「Surface Studio 2」は48万円〜
日本マイクロソフトが、同社の直販サイトでワイヤレスヘッドフォン「Surface Headphones」と液晶一体型PC「Surface Studio 2」の予約注文を始めた。直販価格は前者が税込3万9938円、後者は同48万384円〜となっている。(2019/1/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。