ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「誤報」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「誤報」に関する情報が集まったページです。

新型肺炎、ネット上でデマ拡散相次ぐ TBSは「和歌山で感染者を確認」と誤報
中国で拡大が止まらない新型肺炎だが、ネット上のデマ拡散も止まらない。中国に限らず、日本やマレーシアでも影響が出ている。テレビ局では誤報もあり、慎重な姿勢で情報を入手する必要がある。(2020/2/7)

動画の世紀:
YouTubeは分断を促すのか
(2020/1/31)

共同通信社の記事:
批判され続けたセブンが反撃!? 一部報道に猛烈な抗議
セブンが一部報道に猛烈な抗議。共同通信社の記事は事実でないとする。どんな内容なのか。(2019/12/19)

新聞が信頼度で「V11のNHK」抜く その理由は?
公益財団法人「新聞通信調査会」が行った令和元(2019)年度の「メディアに関する全国世論調査」によると、対象の6メディアのうち、新聞は100点満点で68.9点となり、「NHKテレビ」の68.5点を上回って1位だった。(2019/12/19)

Facebookの不祥事を振り返る【前編】
Cambridge Analytica事件だけではない 「Facebook」の不祥事を振り返る
2018年初頭に選挙コンサルティング企業によるデータ不正利用が発覚して以来、Facebookではセキュリティやプライバシーに関する不祥事が相次いでいる。これまでの不祥事を振り返る。(2019/11/30)

漫画村報道「まるで魔女狩り」 ブロッキング、マイニング疑惑など「漫画村」を巡る議論や報道の問題点を振り返る
ITイベント「CROSS Party 2019」の中で行われた、トークセッション「緊急企画! 漫画村再検証!」を取材しました。(2019/10/8)

LINEで子育て相談、自治体の行政サービス向けに提供開始 モビルス
モビルスは、LINEを活用して自治体と住民とのコミュニケーションを支援する「モビルス×LINE 住民サービス」の提供を開始する。子育て相談や市民広報用の情報配信、道路などの不具合をLINEで通報する機能などを備える。(2019/8/26)

2019年のAmazon Prime Day。AWS上の42万6000台相当のサーバや1900個のデータベースインスタンスなどで乗り切る
Amazonは毎年行っている、プライム会員向けのセールである「Amazon Prime Day」。2019年は7月15日と16日の2日間行われ、世界中の人に利用されました。AWSのチーフエバンジェリストであるJeff Barr氏がブログを更新し、どれだけAWSのコンピューティングリソースが使われたのか紹介しています。(2019/8/20)

「ガールズちゃんねる」ジャニー氏死亡デマで謝罪 今後は確定情報のみ承認する方針
情報元を十分に検証しないまま掲載していました。(2019/7/2)

被災したとき用のLINE向け「無事です」アイコンに注目集まる 大事なスマホの電池を節約するアイデア
地震以外で停電した際などにも使えます。(2019/6/19)

災害時の情報収集にSNS活用、AIが信頼性を評価 LINEや自治体ら「AI防災協議会」設立
LINEなど7社と自治体などが、災害時の情報収集などにAIやSNSなどを活用することを検討する「AI防災協議会」を設立した。(2019/6/19)

アニメに潜むサイバー攻撃:
「笑い男」事件は実現可能か 「攻殻機動隊 S.A.C.」好きの官僚が解説
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さんが対策を解説します。第6回のテーマは「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」です。(2019/5/24)

Instagram、反ワクチンハッシュタグのブロック開始
Facebook傘下のInstagramが、反ワクチン(アンチワクチン)情報拡散防止対策として、反ワクチン関連のハッシュタグのブロックを開始した。(2019/5/10)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
英国工場閉鎖を決めたホンダの狙い
2月19日、ホンダは記者会見を開き、事業運営体制に関する2つの発表、「二輪事業の組み替え」と「英国とトルコの四輪生産工場を閉鎖」を行った。この狙いとは?(2019/2/25)

全作完結済み! 「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい!2019 
虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ! 第96回は、毎年恒例の特別企画。2018年の発表作からUK大おすすめのマンガベスト5を紹介。(2019/2/10)

「嘘が本当のように」「映画関係者ってだれ?」 吉田羊、活動休止&イギリス留学の報道を否定
よかった……。(2018/12/19)

ドコモとauは障害起きていなかったのに……「ダウンディテクター」が誤解広げた?
障害情報サービスとして有名なダウンディテクターだが、情報はあくまで推測ベース。参考程度にとどめたほうがよさそうだ。(2018/12/7)

デマ拡散の「バズプラスニュース」、ニコニコニュースなどで記事配信停止に BTSの「原爆看板」記事を問題視
韓国アイドル「BTS」の「原爆看板」記事をきっかけに、デマ拡散が問題視されていました。(2018/11/26)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(8):
野球「マジック」点灯のバグ(その1:問題編)
終盤を迎えたプロ野球、「マジック」が気になるところ。複雑な印象があるマジック算出を例に、誰かがマジック計算ソフトを開発したとして、そのソフトをテストするためのテストケースを設計してもらいます。(2018/9/10)

「東京医大と間違えないで」東京医科歯科大、怒りの声明 複数メディアが写真取り違え
東京医科歯科大学は8日、東京医科大学の女子受験生減点問題を伝えるメディアの記事の一部で、誤って同大の写真が掲載されていたとし、「強い憤りを覚える」とのコメントを出した。(2018/8/9)

元「スッキリ」レポーターの阿部桃子が入籍&妊娠 白無垢の写真とともに報告
出産後には仕事に復帰したい旨を伝えています。(2018/7/15)

フジテレビ「Mr.サンデー」“独自入手”の爆発映像が物議 「天津爆発事故では」「誤報?」と指摘相次ぐ
フジテレビを取材しました。(2018/7/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
首脳会談決定で高まる、米朝開戦のリスク
史上初の米朝首脳会談が決定したと発表された。この衝撃のニュースをどう理解すべきなのか。会談が本当に実現すれば、もしかしたら米朝開戦に一歩近づくことになるのではないか。なぜなら……。(2018/3/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
仮想通貨の父「サトシ・ナカモト」の正体がバレているのは本当か
仮想通貨の代表格であるビットコインを発明したサトシ・ナカモトとは、何者なのか。数々のメディアが「この人物がナカモトだ」と報じたが、いずれも誤報。真相は闇に……と思われたが、ナカモトの正体を知っている人がいるとの話が出てきた。それは……。(2018/2/22)

ネットで「失礼極まりない」との声:
時事通信、「俳人・金子兜太さん死去」と誤報配信 担当記者に処分の可能性も
時事通信が19日午前、俳人で文化功労者の金子兜太さんが死去したとの誤報記事を配信。約1時間後に記事全文を取り消した。事実関係の確認が不足していたという。時事通信に誤報発生の経緯を聞いた。(2018/2/19)

人工知能で警備レベルが大幅進化 ALSOKが「4K」と「5G」に注目する理由
警備業務におけるIT活用を積極的に進めるALSOK。同社が注目し、準備や導入を進めているのがAI、4K、5Gといった先端技術だ。これらの技術は、警備のあり方を一変させるだけの力を持っているという。(2018/2/5)

これが……生の喜び? 「ハワイへ弾道ミサイル接近」が誤報と分かった途端、ポルノサイトへのアクセスが急増
人間って不思議。(2018/1/20)

「誤解を生む軽々しい行動に深く反省」 豊田瀬里奈、板尾創路との不倫騒動後初のブログ更新
不倫疑惑は誤報だとしています。(2018/1/18)

NHK「北朝鮮がミサイル発射」と誤報
NHKが「北朝鮮ミサイル発射の模様」との誤報。「速報をネット上に配信する装置を誤って操作した」ためという。(2018/1/17)

ハワイで「ミサイル飛来、これは訓練ではない」の緊急警報、人的ミスの誤報
北朝鮮が核ミサイル実験を繰り返す中、米ハワイ州で「弾道ミサイルの脅威がハワイに向かっている。ただちに避難場所を探せ。これは訓練ではない」という緊急警報がスマートフォンに表示された。約10分後に公式ツイートで誤報と発表された。(2018/1/14)

「クリテオがサービス終了」は誤報
Web広告配信のクリテオが、サービスを終了する――こんな誤解が21日朝、Web関係者の間で広がった。(2017/12/21)

ET2017開催直前情報:
これを見逃すな!「ET/IoTアワード」受賞社決定
優れた組み込み技術/IoT技術や製品、ソリューション、サービスに対して表彰する「ET/IoT Technologyアワード」の受賞社を組込みシステム技術協会が発表。受賞2017年11月15日から開催される「Embedded Technology 2017/IoT Technology 2017」の各出展社ブースで展示される。(2017/11/13)

山市良のうぃんどうず日記(109:特別編):
Windows 10 Fall Creators Updateがやってきた! 急いでアップグレードするその前に……
Windows 10の最新バージョン「Windows 10 Fall Creators Update バージョン1709(ビルド16299)」がリリースされました。「出勤しようとしたら、突然、アップグレードが始まって困った」「早く帰りたいのにPCの電源を落とせない」なんてことにならないよう、まだ準備ができていない、そして、まだWindows Updateで検出されないのであれば、今が備えるチャンスですよ。(2017/10/20)

Facebook、「災害支援ハブ」のラスベガス銃撃事件のページに虚偽情報掲載(削除済み)
虚偽ニュース撲滅に取り組むFacebookとGoogleのサービス上に、10月2日のラスベガス銃撃事件に関する誤情報が掲載された。(2017/10/3)

エヴァ声優の宮村優子、元SKE48若林倫香と期間限定ユニット結成で「私は合いの手だけいれる係になりたい」
なお作曲は三善雅己さんです(重要)。(2017/9/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタはEV開発に出遅れたのか?
「世界はEV(電気自動車)に向かっている」というご意見が花盛りである。併せて「内燃機関終了」や「日本のガラパゴス化」といった声をよく耳にする。果たしてそうなのだろうか。(2017/8/28)

東大生が新元号をガチ予想してみた
本気で考えてみた。(2017/8/23)

Facebook、頻繁にリンクを投稿するユーザーの投稿表示優先度を下げるアルゴリズム変更
Facebookは、1日に50回以上公開設定でリンクを投稿するユーザーはスパマーである可能性があるとして、そうしたユーザーからのリンク付き投稿の表示優先度を下げる。(2017/7/3)

我々はファクトチェック団体にはならない:
これ以上、“偽ニュース”を野放しにするわけにはいかない――メディアの信頼性向上を目指し任意団体が発足
国内で、ファクトチェック(事実確認)の推進・普及に向けた任意団体が発足した。(2017/6/22)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ニュースリリース(NR)が白状する企業の本質――良いNRはその在り方を表す
ニュースリリース作成力強化は、広報力のみならず、経営力強化にもつながる。(2017/6/15)

松本人志「今後こういうことがあったら番組降りる」 フジ「ワイドナショー」、宮崎駿引退宣言の誤報に再度謝罪
スタジオからは「ええっ」「そこまで……?」と驚く声も。(2017/6/4)

「何も決まってないのに、決まったと断定した記事」 矢口真里、6月再婚報道を否定
この記事は全くありがたくなかったもよう。(2017/5/26)

宮城県大崎市で一時「ミサイル着弾」の誤放流れる ネットでは「本気で怖かった」の声も
「J-ALERT機器設備試験中の誤報でございました」と謝罪。(2017/4/19)

まとめサイトが「セキュリティ問題で第三者に皿を洗われる危険性」と事実誤認 メーカーは「食器洗い機での不具合は未発見」と否定
(追記)「業務用全自動食洗器」のセキュリティ問題が報じられていました。(2017/4/10)

虚構新聞「日本人の謙虚、海外アピール」記事で謝罪 “謙虚さを積極的に紹介する矛盾”が現実化した形
経産省が発表した「世界が驚くニッポン!」により誤報に。(2017/4/7)

「シン・ゴジラ」の続編決定のうわさをカラーが否定 Twitterを発端にまとめサイトが拡散
「庵野秀明が『シン・ゴジラ』の続編を手掛けているということではない」(2017/3/23)

インサイト、「はちま起稿」を譲渡
譲渡先は明らかにしていない。(2017/3/21)

Wired, Weird:
技能検定3級シーケンス制御作業にチャレンジ【前編】
筆者は、知り合いからの依頼で「国家技能検定3級(シーケンス制御作業)」の受験対策指導を行った。実技試験対策として実際に使われる試験盤などの治具を手に入れようとしたが、思いの外、高価だったので自作することにした。今回は、自作した簡易版試験治具を中心に紹介していこう。(2017/3/9)

「AAA」のSKY-HIが「ファンの、ファンによる、ファンのためのTwitterアカウント」開設 IDとパスを公開して任せる実験
すでにメルマガからパスワードが公開されファンによる運営が開始しています。(2017/3/5)

専門分野の翻訳、特許、製造、医療、金融、農業……:
PR:あらゆるビジネスで人工知能/Deep Learningが生きる未来は、すぐそこに。“実用”のためのインフラ要件とコンピュータスペックとは
ディープラーニング技術の登場と発展は、第三次「人工知能」(AI)ブームを引き起こした。既にさまざまな分野での活用が実現しつつあり、具体的なサービスや製品が目の前に登場している。今後、より多くの企業がさまざまな「ディープラーニングビジネス」にチャレンジすることだろう。この波に乗り遅れず、自社のビジネスへ取り込むためには、どのようなITインフラ/コンピュータが必要なのだろうか。(2017/2/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。