ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「誤報」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「誤報」に関する情報が集まったページです。

笠井信輔、フジ時代の後輩・加藤綾子アナの結婚に「もしや『誤報』では?」 6年前の出来事を回顧
加藤さんから結婚報告もあったとのことです。(2021/6/7)

半径300メートルのIT:
横行するディープフェイク 拡散される悪質な“デマ”に企業が対抗する術は
加藤官房長官のディープフェイク映像が注目を集めています。日本でもディープフェイク攻撃元年がとうとうやってきたのかもしれません。悪質なデマに対抗するために企業が取るべき最大の防御策とは何なのでしょうか。(2021/4/20)

Facebook、3万5000人体制のフェイク対策 3カ月で13億の偽アカ削除
3月25日の誤情報に関する公聴会を前に、Facebookがフェイク対策について説明した。モデレーター3万500人体制で取り組んでおり、昨年10〜12月に13億の偽アカウントを削除したとしている。(2021/3/23)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(59):
巧妙な“標的型攻撃メール”を見分ける前にできること
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は「標的型攻撃メール」についてお話しします。(2021/3/19)

福原愛の夫・江宏傑、一連の騒動を“虚偽のゴシップ”と否定 「お互いへの思いは消えません」と夫婦愛を強調
台湾の主要メディア「自由時報(電子版)」が報じています。(2021/3/5)

長瀬智也の“病院送り報道”、『週刊女性』発行元が訂正と謝罪「事実の確認はできませんでした」
1月にもSnow Man・宮舘涼太さんの報道の件で謝罪しています。(2021/3/2)

“いま”が分かるビジネス塾:
「週休3日」は本当に実現できるのか ネット上で評判が悪い理由
新型コロナの感染拡大に対応するため、自民党が 週休3日制を提言する方針であることが明らかになった。賃金がそのままで休みが増えれば、ビジネスパーソンにとって“うれしい”ニュースになるわけだが、ネット上では評判がよくない。なぜかというと……。(2021/1/20)

ボンドガール女優タニヤ・ロバーツが死去 前日に誤報も正式発表、65歳
ドラマ「チャーリーズ・エンジェル」出演。(2021/1/6)

漫画『のんのんびより』、2月27日での最終回が発表されファン悲嘆 「やだああああ」「どう生きていけばいいのん」
2021年1月からアニメ3期が始まるタイミングでの発表。(2020/12/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
RAV4 PHVとHonda e予約打ち切り どうなるバッテリー供給
トヨタRAV4 PHVと、ホンダのHonda eの予約注文が中止になった。両車とも想定以上に売れたことが理由なのだが、トヨタははっきりとバッテリーの供給が間に合わないと説明している。ホンダは予定生産台数の国内配分枠を売り切ったからというのが正式説明だが、まあおそらくは、その予定生産量を決めているのはバッテリーの供給量だと踏んで間違いはあるまい。(2020/10/5)

虚構新聞が謝罪 運動会のリレーで感染症に“2メートルのロングバトン使用”が事実に、長さまで一致
虚構新聞に同情する声が寄せられています。(2020/9/28)

コンテンツが改変されていないことを保証する技術も登場:
Microsoft、ディープフェイク検出技術「Microsoft Video Authenticator」などを発表
Microsoftは、写真や動画が改変されている可能性をパーセントで表示するディープフェイク検出技術「Microsoft Video Authenticator」を発表した。コンテンツが改変されていないことを保証する技術も併せて公開した。(2020/9/11)

Twitter、米大統領選に向けて誤報対策ポリシーを強化「すべての人に平等に適用」
大統領選を2カ月後に控え、Twitterが選挙関連の誤情報を規制するポリシーを強化した。違反するツイートにはラベルを付けるか削除する。「すべての人に平等に適用」する。(2020/9/11)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
TikTokがトランプ政権を訴えた理由
トランプ政権がTikTokを追い詰めるのに用いたツール、TikTok側の反撃、そして過去にTikTokの「悪さ」とされてきた出来事などを検討していく。しかしトランプ政権のやり方は「ずさん」であり、TikTok側に反論、反撃の余地を与えている。さらに、トランプ政権が出した命令には合衆国憲法違反の疑惑も出てきた。TikTokが米国資本に買収されることが、既定路線となっているように報じている記事も見かけるが、それはどうだろう。現時点で先はまだ読めないと筆者は考えている。(2020/8/25)

TikTok、「うわさや誤報に対抗」と新サイトを公開 ユーザーデータの扱いなどについて説明
「米国のユーザーデータを中国政府に提供したことはない」と主張。(2020/8/18)

アナログ回路設計講座(37):
PR:ADASから自動運転へ ―― レーダーの性能は十分なのか?
先進運転支援システム(ADAS:Advanced Driver Assistance Systems)の導入により、自動車への搭載が進んでいるレーダーシステム。ADASは今後、さらに進化を続け、自動運転システムとなっていく見込みだが、レーダー技術はその進化に対応できるのだろうか? レーダー技術の最新動向を紹介する。(2020/8/13)

日本でも販売してほしい
「スマートな」ホームカメラ「Ranger IQ」のある快適生活
Imouの「Ranger IQ」は魅力的なホームカメラだ。人間を識別して自動追尾し、異常な行動があればアラートを発する。会話もできるのでコミュニケーションにも使える。(2020/6/19)

半径300メートルのIT:
頭の片隅に置いておきたい「あの話、どうなったっけ?」
日々発生するセキュリティインシデントの報道を追っていると、ほんの少し前の情報でも「そういえば、あったなあ」と思ってしまいます。実はこれこそが攻撃者の狙い。正しく備えるためには「あの話、どうなったっけ?」と振り返る時間が不可欠です。(2020/5/26)

E2E暗号化のWhatsApp、新型コロナ関連誤情報拡散対策で転送に制限
Facebook傘下のWhatsAppが、新型コロナ関連の誤情報拡散対策で、5回以上転送されてきたメッセージは1つのグループにしか転送できないよう機能を制限した。WhatsAppのメッセージはエンドツーエンドで暗号化されているため、第三者はチェックできない。(2020/4/8)

東映、撮影所閉鎖は誤報 一部報道を否定
(2020/4/3)

JYJジェジュン、Instagramに「コロナ感染」ウソの投稿 エイプリルフールの注意喚起も、誤報に混乱
(2020/4/1)

Twitter、新型コロナ関連で削除対象とする偽情報ツイート範囲を拡大
新型コロナウイルス関連の誤情報拡散対策に取り組むTwitterが、新たに削除対処とするツイートについて説明した。「子どもは感染しない」「手を洗うのは石けんメーカーの広告だ」などの具体例を挙げている。(2020/3/19)

新型コロナ対策でGoogle、Microsoft、Facebook、Twitter、Redditが共同声明
Facebook、Googleとその傘下のYouTube、Microsoftとその傘下のLinkedIn、Reddit、Twitterが、新型コロナウイルス対策で協力していくという共同声明を発表した。誤情報に共同で対処し、正しい関連情報を迅速に提供するために協力する。(2020/3/18)

ロンブー淳、炎上してない LINE NEWSが謝罪文
ロンブー淳は「誤解なく伝わりPV数を稼ぐ良い見出しを23字以内で答えよ」と呼びかけ。(2020/3/9)

動画の世紀:
映像の加工はどこまで許される? 「グレーゾーン」ディープフェイクの登場
ディープフェイクはどこまで許されるのか、という問題について、小林啓倫さんが考えます。(2020/2/28)

動画の世紀:
YouTubeは分断を促すのか
(2020/1/31)

共同通信社の記事:
批判され続けたセブンが反撃!? 一部報道に猛烈な抗議
セブンが一部報道に猛烈な抗議。共同通信社の記事は事実でないとする。どんな内容なのか。(2019/12/19)

Facebookの不祥事を振り返る【前編】
Cambridge Analytica事件だけではない 「Facebook」の不祥事を振り返る
2018年初頭に選挙コンサルティング企業によるデータ不正利用が発覚して以来、Facebookではセキュリティやプライバシーに関する不祥事が相次いでいる。これまでの不祥事を振り返る。(2019/11/30)

漫画村報道「まるで魔女狩り」 ブロッキング、マイニング疑惑など「漫画村」を巡る議論や報道の問題点を振り返る
ITイベント「CROSS Party 2019」の中で行われた、トークセッション「緊急企画! 漫画村再検証!」を取材しました。(2019/10/8)

LINEで子育て相談、自治体の行政サービス向けに提供開始 モビルス
モビルスは、LINEを活用して自治体と住民とのコミュニケーションを支援する「モビルス×LINE 住民サービス」の提供を開始する。子育て相談や市民広報用の情報配信、道路などの不具合をLINEで通報する機能などを備える。(2019/8/26)

2019年のAmazon Prime Day。AWS上の42万6000台相当のサーバや1900個のデータベースインスタンスなどで乗り切る
Amazonは毎年行っている、プライム会員向けのセールである「Amazon Prime Day」。2019年は7月15日と16日の2日間行われ、世界中の人に利用されました。AWSのチーフエバンジェリストであるJeff Barr氏がブログを更新し、どれだけAWSのコンピューティングリソースが使われたのか紹介しています。(2019/8/20)

「ガールズちゃんねる」ジャニー氏死亡デマで謝罪 今後は確定情報のみ承認する方針
情報元を十分に検証しないまま掲載していました。(2019/7/2)

被災したとき用のLINE向け「無事です」アイコンに注目集まる 大事なスマホの電池を節約するアイデア
地震以外で停電した際などにも使えます。(2019/6/19)

災害時の情報収集にSNS活用、AIが信頼性を評価 LINEや自治体ら「AI防災協議会」設立
LINEなど7社と自治体などが、災害時の情報収集などにAIやSNSなどを活用することを検討する「AI防災協議会」を設立した。(2019/6/19)

アニメに潜むサイバー攻撃:
「笑い男」事件は実現可能か 「攻殻機動隊 S.A.C.」好きの官僚が解説
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さんが対策を解説します。第6回のテーマは「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」です。(2019/5/24)

Instagram、反ワクチンハッシュタグのブロック開始
Facebook傘下のInstagramが、反ワクチン(アンチワクチン)情報拡散防止対策として、反ワクチン関連のハッシュタグのブロックを開始した。(2019/5/10)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
英国工場閉鎖を決めたホンダの狙い
2月19日、ホンダは記者会見を開き、事業運営体制に関する2つの発表、「二輪事業の組み替え」と「英国とトルコの四輪生産工場を閉鎖」を行った。この狙いとは?(2019/2/25)

全作完結済み! 「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい!2019 
虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ! 第96回は、毎年恒例の特別企画。2018年の発表作からUK大おすすめのマンガベスト5を紹介。(2019/2/10)

「嘘が本当のように」「映画関係者ってだれ?」 吉田羊、活動休止&イギリス留学の報道を否定
よかった……。(2018/12/19)

ドコモとauは障害起きていなかったのに……「ダウンディテクター」が誤解広げた?
障害情報サービスとして有名なダウンディテクターだが、情報はあくまで推測ベース。参考程度にとどめたほうがよさそうだ。(2018/12/7)

デマ拡散の「バズプラスニュース」、ニコニコニュースなどで記事配信停止に BTSの「原爆看板」記事を問題視
韓国アイドル「BTS」の「原爆看板」記事をきっかけに、デマ拡散が問題視されていました。(2018/11/26)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(8):
野球「マジック」点灯のバグ(その1:問題編)
終盤を迎えたプロ野球、「マジック」が気になるところ。複雑な印象があるマジック算出を例に、誰かがマジック計算ソフトを開発したとして、そのソフトをテストするためのテストケースを設計してもらいます。(2018/9/10)

「東京医大と間違えないで」東京医科歯科大、怒りの声明 複数メディアが写真取り違え
東京医科歯科大学は8日、東京医科大学の女子受験生減点問題を伝えるメディアの記事の一部で、誤って同大の写真が掲載されていたとし、「強い憤りを覚える」とのコメントを出した。(2018/8/9)

元「スッキリ」レポーターの阿部桃子が入籍&妊娠 白無垢の写真とともに報告
出産後には仕事に復帰したい旨を伝えています。(2018/7/15)

フジテレビ「Mr.サンデー」“独自入手”の爆発映像が物議 「天津爆発事故では」「誤報?」と指摘相次ぐ
フジテレビを取材しました。(2018/7/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
首脳会談決定で高まる、米朝開戦のリスク
史上初の米朝首脳会談が決定したと発表された。この衝撃のニュースをどう理解すべきなのか。会談が本当に実現すれば、もしかしたら米朝開戦に一歩近づくことになるのではないか。なぜなら……。(2018/3/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
仮想通貨の父「サトシ・ナカモト」の正体がバレているのは本当か
仮想通貨の代表格であるビットコインを発明したサトシ・ナカモトとは、何者なのか。数々のメディアが「この人物がナカモトだ」と報じたが、いずれも誤報。真相は闇に……と思われたが、ナカモトの正体を知っている人がいるとの話が出てきた。それは……。(2018/2/22)

ネットで「失礼極まりない」との声:
時事通信、「俳人・金子兜太さん死去」と誤報配信 担当記者に処分の可能性も
時事通信が19日午前、俳人で文化功労者の金子兜太さんが死去したとの誤報記事を配信。約1時間後に記事全文を取り消した。事実関係の確認が不足していたという。時事通信に誤報発生の経緯を聞いた。(2018/2/19)

人工知能で警備レベルが大幅進化 ALSOKが「4K」と「5G」に注目する理由
警備業務におけるIT活用を積極的に進めるALSOK。同社が注目し、準備や導入を進めているのがAI、4K、5Gといった先端技術だ。これらの技術は、警備のあり方を一変させるだけの力を持っているという。(2018/2/5)

これが……生の喜び? 「ハワイへ弾道ミサイル接近」が誤報と分かった途端、ポルノサイトへのアクセスが急増
人間って不思議。(2018/1/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。