ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「水木しげる」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「水木しげる」に関する情報が集まったページです。

なぜ? 閉店、人気のすなば珈琲1号店
「刀折れ、矢玉・金尽き果てて……閉店します」。こんな言葉を残し、鳥取県の喫茶店「すなば珈琲」1号店の鳥取駅前店が、閉店した。「スタバはないが日本一のスナバはある」という鳥取県知事のダジャレをヒントに誕生。鳥取を代表する観光スポットにもなったが突然の撤退となった。(2019/7/1)

狂ってやがる……! ギャツビーのPR漫画『一反もめんが転生したらボディペーパーだったんだが』に「公式が病気」の声
「絵柄も違うし…権利のアレとかでもう会うことはない」(2019/6/22)

モンキー・パンチさん「女性描くのは苦手」で峰不二子誕生
「ルパン三世」で知られる漫画家、モンキー・パンチさん(本名・加藤一彦=かとう・かずひこ)が11日、肺炎のため死去した。81歳だった。晩年も精力的で、深夜までビデオや漫画を見たり、作品を描いていたりしたという。(2019/4/18)

20万冊以上のマンガが常時読み放題だと……! 鳥取・関金温泉のホテルがマンガ好きの天国だった
BL含む女性向けマンガだけでも3万冊!(2019/4/12)

500万円を寄付で調達:
ふるさと納税で「鬼太郎ひろば」整備 妖怪の遊具や「鬼太郎の家」 東京・調布市
東京都調布市は「ゲゲゲの鬼太郎」に登場するキャラクターをモチーフにした遊具などを設置した公園「鬼太郎ひろば(仮称)」を整備すると発表。整備費の一部をふるさと納税制度を活用したクラウドファンディングで調達する。(2018/10/31)

ギャツビー、「鬼太郎」の「ぬりかべ」をスキンケアでイケメンに→少女漫画の世界に放り込む狂気の宣伝
“圧”も強くなってる気がする。(2018/10/26)

水木しげるのフレーム切手セット受注開始 水木しげるの漫画家デビュー60周年記念
妖怪漫画の第一人者。(2018/9/5)

熱きシニアたちの「転機」:
「Amazonとは違う世界を」 古書店に眠る本を“検索”で蘇らせた元リコー社員
定年後を見据えて「攻めの50代」をどう生きるのか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。3回目は古書の検索サイト運営会社を起業した元リコー社員の河野真さん(62)。(2018/8/20)

鳥取県「水木しげるロード」がリニューアルオープン 記念イベントでアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のトークショーも
夜間の影絵投射の演出がまたステキです。(2018/7/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR西日本「山陰キャンペーン」で知る、JRグループの課題
JR西日本は近畿圏の強い輸送需要を抱える半面、沿線人口が減り赤字傾向の山陰地方のてこ入れが課題となっている。7月から始まる「山陰デスティネーションキャンペーン」が大きなチャンスだ。(2018/6/1)

アラレちゃん風アシリパ、あだち充タッチの杉元 『ゴールデンカムイ』を著名漫画家風に描く「イタコマンガ家金カムまつり」盛り上がる
秀逸な作品にヒンナヒンナ。(2018/5/25)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
オール鳥取で地域の研究基盤を支える――とっとりイノベーションファシリティネットワーク(鳥取県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第23回。鳥取県内全域の高等教育機関、研究機関、公設試験場による地域産業の高度化を支援する取り組み「とっとりイノベーションファシリティネットワーク」を紹介する。(2018/5/18)

ビジュアル系の鬼太郎かな? クロちゃん、別人級の“イケメン風メイク”である意味転生してしまう
痩せたらワンチャンありそう。(2018/2/16)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
手間をかけて“心に残る”旅を企画 「鉄旅オブザイヤー」優秀ツアーとは
旅行会社が開催した「鉄道好き企画旅行」のコンテスト「鉄旅オブザイヤー2017」。今回は審査員を務めた筆者が、受賞作品や受賞しなかった優秀作を紹介する。(2018/2/16)

「世界一高い」総額約811万円の講談社電子コミックセットが1人限定発売 購入者が漫画化されるなど特典も豪華
購入すると、漫画の登録が済んだiPad mini4が届きます。(2018/2/2)

「ゲゲゲの鬼太郎」アニメ6期が4月から放送決定 元鬼太郎の野沢雅子、目玉おやじに
鬼太郎は沢城みゆきさん。またねこ娘がかわいくなってる!(2018/1/19)

鳥取県、日本最古の円形校舎をフィギュア博物館に 海洋堂、米子ガイナックス協力のクラウドファンディング実施中
既に目標額の半分を達成。(2017/12/28)

上白石萌音&千葉雄大が「映画 妖怪ウォッチ」声優に決定! 上白石演じる新主人公はケータの娘
“チバVSジバ”の戦闘シーンも。(2017/10/18)

大先輩来ちゃった 「映画 妖怪ウォッチ」に鬼太郎登場でジバニャン「えええーーーっ!」
ジバニャン×鬼太郎のコラボも。(2017/9/13)

水木しげる×すみだ水族館 背筋も凍る夏イベント「水の妖怪トンネル」 7月15日から開催
クラゲのトンネルがお化け屋敷に変わります。(2017/6/29)

「真贋鑑定は行ってない」 オークションに出回る「水木しげる直筆サイン」に水木プロダクションが注意喚起
ご注意を。(2017/4/19)

さかなクン本人をスキャンしたフィギュアが出現! どんな姿勢でもハコフグの帽子は絶対に取らないスタイル
さすが、さかなクン。(2016/12/5)

おそ松風のユーリ、水木しげる風のヴィクトル 「ユーリ!!!」を著名マンガ家風に描くハッシュタグ「イタコマンガ家ユーリ祭り」勃発
原案の久保ミツロウ先生も戸惑い気味。(2016/11/3)

若本ボイスがイケボ全否定される動画「スーパー桃太郎」がいろいろおかしい
小野大輔(イケボ)、緑川光(イケボ)、若本規夫(イケボじゃない)。(2016/10/4)

目玉おやじが居酒屋をプロデュース? ゲゲゲキャラとのコラボメニューが全国に登場!
「目玉の軍艦」ってすごい。(2016/6/1)

完走したい! 東映アニメーション、創立60周年記念で29時間マラソン特番
栄光の60年を完走できるか。(2016/6/1)

水木しげるを偲ぶ会、故郷の鳥取・境港で開催 京極夏彦と次女の座談会、妻・武良布枝からのお言葉も
米子鬼太郎空港で「ゲゲゲの鬼太郎」のステンドグラスが公開されるなど、当日は関連イベントもいっぱい。(2016/2/26)

「原爆」「特攻」など、6つの視点から戦争マンガを読み解く「マンガと戦争展」 米沢嘉博記念図書館で開催
こうの史代さん、おざわゆきさん、今日マチ子さん、西島大介さんの原画展示も。(2016/2/8)

アニメ映画「カッパの三平」が初のDVD化、水木しげる追悼で 水木プロ監修のもとリマスター作業も
水木先生の「河童の三平」を原作とする1993年公開作品が、20年以上の時を経てDVDに。(2016/2/5)

水木しげるさんお別れの会に「妖怪ポスト」設置 メッセージ受け付け
水木しげるさんをファンとともにしのぶ「お別れの会」が1月31日に都内で行われる。(2016/1/20)

荒俣宏さんや京極夏彦さんが発起人となる「水木しげるサン お別れの会」開催へ
水木先生へお別れを。(2016/1/9)

「ゲゲゲの女房」総集編の再放送決定、水木しげるさん偲んで 松下奈緒さんもブログで生前の交流振り返る
12月の日曜、3週に渡って3回放送。(2015/12/2)

荻上チキのラジオ番組で水木しげるの追悼特集 ゲストにつげ義春ら、荒俣宏からのコメントも
放送は12月1日22時から。(2015/12/1)

「最期は神様が決めることに従ったらええ」 水木しげるさん死去に家族がメッセージを公開 記念館も献花台設置
心筋梗塞に倒れてからは1キロ歩けるまでに回復していたとのこと。(2015/12/1)

探偵!ナイトスクープで「ゲゲゲの鬼太郎ファンの子ども2人が友達になるロケ」の最中に水木しげるさんの訃報 子どもたちは涙
これが「めぐり合わせ」なのかも。(2015/12/1)

「『何かうまいものはないの?』が口ぐせでした」 水木しげるさん死去、家族がコメント
「『お父ちゃんが亡くなる』 信じられないことでした」――30日に亡くなった水木しげるさんの家族がコメントを発表した。(2015/12/1)

水木しげるさん訃報に漫画家ら著名人が追悼ツイート 睡眠も大切にする姿勢が「数多くの漫画家の命を救った」
手塚・石ノ森両氏に「睡眠をバカにしちゃあいけませんョ」と主張した水木さん。(2015/11/30)

漫画家・水木しげるさん死去 93歳、「ゲゲゲの鬼太郎」など
また1つ巨星堕つ。(2015/11/30)

戦後70年:
京都で「マンガと戦争展」、24作品の複製パネルや今日マチ子らの原画展示
作品は、評論家・呉智英さんとマンガ研究者・吉村和真さんが「原爆」「特攻」「満州」「沖縄」「戦中派の声」「マンガの役割」という6つの視点から選んだ。(2015/5/19)

劇画黎明期の貸本漫画専門誌『探偵ブック 影』、eBookJapanで配信
配信を記念し、貸本漫画の特集ページが公開されている。3号以降は底本を入手でき次第順次電子化していくという。(2015/2/10)

雑誌「Pen」が「ムーミン完全読本。」特集号を発売 「ムーミン谷の地図」や原作の誕生秘話など収録
「ムーミン」作品の誕生から映画の「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」の見どころまで解説。江川達也さん、高山みなみさんへのインタビューも。(2015/2/2)

ちばてつやさん、平成26年度文化功労者に ブログで感謝のメッセージ
57年間マンガ人生を共にした右手の写真も載せています。(2014/10/24)

教えて! 絵師さん:
独学の日本画で描く妖怪の世界――アマヤギ堂さん
妖怪や動物の妖しげな世界を描いた日本画で、独特の存在感を放つアマヤギ堂さん。お気に入りの作品は「特にないです」と話す理由は……?(2014/10/6)

まだ見ぬお宝を求めて:
それいけ! デジコレ探索部「第7回 真夏の妖怪画特集」
日本の貴重なデジタル化資料を公開している国立国会図書館デジタルコレクション(デジコレ)。本連載では、デジコレで見ることができるデジタル化資料の中からコレは! というものを探し出し、紹介していきます。(2014/8/8)

マンガNO.1の電子書店:
PR:マンガ10万冊突破 なぜeBookJapanだけがそれを実現できたのか
(2014/7/25)

話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:
「書楼弔堂 破暁」著者 京極夏彦さん
明治時代の中ごろは、庶民にとって本は買うものではなくて借りるもの。ふらっと立ち寄った書店で面白そうな本を買うなんてことはなかった。(2014/5/16)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/1/27)

本屋探訪記:東京吉祥寺にあるサブカル好きには堪らない古本屋「バサラブックス」
BOOKSHOP LOVER=本屋好きがお届けする詳細な本屋レポ。本屋が好きならここに行け! 今回は吉祥寺といえばこの本屋、「バサラブックス」を紹介する。(2014/1/10)

91歳の挑戦:
水木しげる、「ビッグコミック」で新連載
12月10日発売の「ビッグコミック」で、次号から水木しげるの新連載『わたしの日々』が開始されることが明らかになった。91歳にして開始される連載の中身とは。(2013/12/11)

講談社の「月刊少年ライバル」休刊 新たな少年漫画誌刊行へ
2014年6月4日発売号で休刊となる。(2013/12/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。