ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ネットワーク・コンピューティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ネットワーク・コンピューティング」に関する情報が集まったページです。

山谷剛史のミライチャイナ:
2020年、中国はITで化ける 世界最大の「IoT大国」に
中国は一気にIoT大国への発展を遂げようとしている。IoTは中国の国家戦略として政府が全面的に支援し、5G通信やAIなど関連技術も巻き込み、中国を超IT大国に押し上げようとしている。現地の事情に詳しい山谷氏のリポート。(2017/5/22)

Computer Weekly製品ガイド
逆に難しい「非Windows」クライアント選び
デスクトップPCの全盛期以降、ITシステムにアクセスするための選択肢は急増した。組織にはバランスが取れた行動が求められる。(2017/4/25)

Stratasys F123シリーズ:
あらゆる試作ニーズに応える新しい3Dプリンタを投入――設計から造形までがよりシームレスに
Stratasysは、米国ロサンゼルスで開催中の「SOLIDWORKS World 2017」において、プロ仕様のラピッドプロトタイピングソリューションとして、FDM方式の3Dプリンタ製品「F123シリーズ」を発表した。コンセプトモデルの作成から設計確認、高度な機能テストまで幅広い用途を想定したもので、造形サイズの異なる3機種がラインアップされている。(2017/2/7)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
クラウドに生まれる新たなレイヤーの形
IoTやビッグデータコンピューティングの圧力により、クラウドには「層化」とも呼べる現象が起こっています。それはアプリケーションデータフローと実際の帯域幅、そしてレイテンシ制約という競合する課題への対応です。(2016/7/25)

今後の有力なVDI端末の選択肢
「Raspberry Pi」の“35ドル”仮想デスクトップ、実機テストで分かった実力とは
「Raspberry Pi」が非常に安価なため、シンクライアントとして活用を検討する企業は少なくない。しかし、進める上で注意するべきポイントがある。(2016/7/7)

Go AbekawaのGo Global!〜Scott McNealy編:
「Network is the computer」の男が思い描く、コンピュータの未来
グローバルを股に掛けたキャリアを築いてきたIT業界の先輩にお話を伺うシリーズ。今回はサン・マイクロシステムズ社共同創立者のScott McNealy氏に、同社創立時の思い出、そして現在取り組んでいること、エンジニアへの思いなどを伺った。※マクネリー氏のメッセージ動画付き(2016/2/15)

NICTオープンハウス2015リポート ネットワーク編:
模型飛行機にP2PにSNS――災害に強い情報通信ネットワークに必要な技術とは
2015年10月22、23日、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が研究成果を一般に発表する「NICTオープンハウス 2015」が開催された。ここではセキュリティ、ネットワークだけでなく、さまざまな分野の最新技術が分かりやすく発表されていた。本記事では、NICTが取り組むネットワーク研究の成果を紹介しよう。(2015/10/30)

法律家が見るサプライチェーンの知財侵害リスク(2):
販売差し止めの実力行使も!? ――サプライチェーンを狙い撃つ米国違法IT規制
法律・知財の専門家が製造業のグローバルサプライチェーンに潜む課題と対策について解説する本連載。第2回では、不正な設計・製造ITに対する米国当局の規制とそれに伴う日系製造業のリスクについて紹介します。(2013/10/21)

ブレーキもハンドルも利かない――自動車ハッキングを実証
米誌Forbesの記者が乗った車の後部座席でセキュリティ研究者がコンピュータを操作すると、走行中に急ブレーキがかかり、パワステも利かなくなった。(2013/7/26)

リバースエンジニアリング入門(最終回):
SQL Slammerのコードを解析せよ!
コンピュータウイルスの解析などに欠かせないリバースエンジニアリング技術ですが、何だか難しそうだな、という印象を抱いている人も多いのではないでしょうか。この連載では、「シェルコード」を例に、実践形式でその基礎を紹介していきます。(編集部)(2012/7/4)

SuiteWorld 2012 Report:
NCのビジョンが花開く、CaaS構想で大企業市場にも切り込むNetSuite
先週、SuiteWorld 2012でCommerce as a Service構想をぶち上げたNetSuiteのネルソンCEOに話を聞いた。同氏は1990年代半ば、OracleでNetwork Computerのマーケティングを統括していた。「NCのビジョンは素晴らしかった。ただ、15年早かっただけだ」と振り返る。(2012/5/22)

セキュリティ・ダークナイト(9):
知らないほうがいいのかもね? 人の脆弱性にハラハラ
不正アクセス禁止法の改正によって、いわゆるフィッシングサイトの設置や、そこへ誘導するフィッシングメールの送信が禁じられることになった。今回は、そのフィッシングサイトの危険性、ひいてはそれにだまされる「人」というものの脆弱性を、実際にサイトを構築することによって検証してみる。(編集部)(2012/4/10)

Dreamforce 2011 Report:
2人のスティーブの差? それは「能力」だろうね――米Googleのシュミット会長
米国サンフランシスコで開催されたDreamforce 2011(米salesforce.comの年次カンファレンス)では、Googleのエリック・シュミット会長がゲストとして登場。SunとMicrosoftの戦いやAppleの強さ、そして次世代のビジネスリーダーに求められる要素について、マーク・ベニオフ相手に熱弁をふるった。(2011/9/5)

セキュリティ・ダークナイト(7):
メタデータに残る微かなカオリ
「位置情報へのアクセスを許可しない」設定にしていたはずなのに、アップロードした写真のメタデータに情報が残るなんてこと、あるんです。本人が意図せず、把握しないうちにアップロードされる情報とは……(編集部)(2011/5/11)

セキュリティ・ダークナイト(6):
パスワードの定期変更という“不自然なルール”
しばしば「パスワードは○日ごとに変更しましょう」といわれるけれど、それで本当にクラックの危険性は減るの? ペネトレーションテストの現場から検証します(編集部)(2011/2/4)

Windows 7時代のワークグループ・ネットワーク:
第2回 ワークグループ・ネットワークのファイル共有設定
ワークグループネットワークには手軽にファイルを共有する仕組みがある。OSごとに異なるその設定方法を解説。(2010/12/9)

SIerやディストリビューターとのエコシステムを推進:
ジュニパー新社長に元NVIDIA、ハイペリオン社長の細井洋一氏
(2009/11/11)

伴大作の木漏れ日:
クラウドって何だ――流行り言葉に隠された真実
2008年暮れから大ブレーク、現在もますます増殖中のIT用語に「クラウドコンピューティング」がある。この話題について考えを述べてみたい。(2009/6/5)

伴大作の木漏れ日:
コンピュータ業界に新たな秩序――Oracle Buys Sun
OracleはSun Microsystemsを74億ドルで買収すると発表した。わたしが長年主張しているコンピュータ業界におけるパラダイムシフトそのものである。(2009/4/21)

伴大作の木漏れ日:
HPの新製品「ProCurve」発表にみる本気度
日本HPはさる1月29日、次世代データセンター用ネットワークスイッチの新製品「ProCurve」を発表した。Cisco Systemsの製品を意識して発表したようだ。(2009/2/10)

セキュリティ対策の「ある視点」(14):
ASV検査、ペネトレテスターの思考を追う
PCI DSSで定められた脆弱性スキャンテストを行う組織、ASV。彼らの検査手順と考え方をトレースし、セキュリティの意味を再考せよ!(2009/1/22)

伴大作の木漏れ日:
オフィスの通信費削減でリーダーシップを発揮せよ
友人から電話が掛かってきた。「ちょっと、相談があるんだけど時間作れないか」という内容。用件は、経費削減の妙手がないかというものだった。(2008/12/9)

セキュリティ対策の「ある視点」(13):
プレイバックPart.II:シフトした脅威の中で
2004年、ウイルスは新世紀へ。コンピュータウイルスの歴史をひもとく旅、後編は“攻撃者”の狙いが徐々に変化するさまを追います。(2008/10/24)

セキュリティ対策の「ある視点」(12):
プレイバックPart.I:ウイルスのかたち、脅威のかたち
振り返ることで初めて見える脅威もあります。あなたの知らないコンピュータウイルスの進化の歴史を2回に分けて解説します。(2008/10/14)

セキュリティ対策の「ある視点」(11):
ハニーポットによるウイルス捕獲から見えてくるもの
もうすぐ夏休みも終わり。そこで今回は夏休み特別企画、ネットでできる「ITセキュリティ版昆虫採集」で脅威の今を探ります。(2008/8/22)

セキュリティ対策の「ある視点」(10):
SNMPコミュニティ名、そのデフォルトの価値は
ネットワークシステムを監視し、機器の情報を集めることができるSNMP。今回はその「コミュニティ名」をある言葉に置き換えて考えます。(2008/7/1)

Citrixのアプリケーション・デリバリーは「新・仮想化」
仮想化技術を提供するベンダーは数多く存在する。選択のポイントは、本来考えるべき経営の課題にITがアドレスできるかという視点だ。そうした意味で、「新・仮想化」によるアプリケーション・デリバリーを提供するCitrixは大注目だ。(2008/6/25)

PR:オフィスも家庭も快適にする、松下グループのエコアイディア
オフィスと家庭に浸透しつつある、ネットワークを活用したさまざまなソリューション。これらにいち早く取り組んできた松下グループは、さらに環境に配慮したITソリューションを提案している。(2008/5/26)

セキュリティ対策の「ある視点」(9):
人の造りしもの――“パスワード”の破られ方と守り方
パスワードを破るのも人ならば、それを守るのも人。今回はあなたのパスワードを守るために、「今すぐできること」を解説します。(2008/5/8)

Weekly Memo:
第4のパラダイムシフトの起点――Salesforce for Google Apps
今回は、GoogleとSalesforce.comが4月14日に発表した新サービス「Salesforce for Google Apps」に見たITシステムの利用形態の変化について考えてみたい。SaaSの活用は企業システムでは限定的ととらえられがちだが、着実にその範囲は広がりつつある。それはクラウドコンピューティングへのパラダイムシフトを意味する。(2008/4/21)

セキュリティ対策の「ある視点」(8):
魂、奪われた後――弱いパスワードの罪と罰
ユーザー名が知られることは魂を奪われるのと同義。そしてその魂、管理者権限を奪うと、彼らはパスワードハッシュを丸裸にしていきます。(2008/3/26)

クラウドコンピューティングの明るい未来――ニコラス・カー氏語る
IBMがメインフレームを主軸としたモデルを提唱してから50年を経た今、GoogleやSalesforce.com、Microsoftなどのユーティリティコンピューティングが成功を収めている理由を、「The Big Switch」の著者であるニコラス・カー氏が論じた。(2008/3/19)

Sun Storage Solution Day Report:
PR:サーバ、ネットワークに続きオープン化が進むストレージ
2月26日、サン・マイクロシステムズは「Sun Storage Solution Day」を開催した。広範なストレージ・ポートフォリオを持つ同社では、エコだけでなくオープン化を進めることがストレージ市場において重要だと考えているという。(2008/3/13)

普及の条件は整ったか?
仮想化の普及でシンクライアントも人気再燃
90年代後半、シンクライアントがデスクトップを席巻すると予想されながらも、それが実現しなかった要因を幾つか指摘しておこう。(2008/2/25)

運用管理のコストやリスクを抑える
ITILが日本で必要とされる理由
ITILが誕生した背景から日本で必要とされる理由までを時系列で解き明かす。ITILの導入にはコンサルタントの利用が効果的というが、ITIL実践の目的を真に理解しているかどうかが重要なポイントだという。(2008/2/15)

MSが1月の月例パッチ公開、Windows Vistaの深刻な脆弱性に対処
1月の月例パッチは「緊急」レベル1件と「重要」レベル1件。TCP/IPの脆弱性に対処した(2008/1/9)

Intel、新vProプロセッサテクノロジーを発表
Intelが高性能、低消費電力でセキュリティ機能を向上した、新vProテクノロジーを発表した。(2007/8/28)

米独立記念日を狙った攻撃が浮上 5901番ポートスキャンも急増
SANSによると、今度は7月4日に狙いを定めたStorm Wormスパムが横行。独立記念日を前に、VNCで使われる5901番ポートのスキャンも急増している。(2007/7/4)

オープンソース化に満足?――Javaの父ゴスリング氏に聞く(後編)
Java言語の優位性、JVMへの課題、次世代の言語には何が必要なのか? ゴスリング氏は、プログラム言語に関するさまざまな見解を、インタビューで語った。 (2007/5/22)

OpenSolarisが導くSunの成長
グローバルセールス組織でシステム製品担当上級副社長も兼務するサン日本法人のミラー会長は、オープンソース化されたSolarisが同社に新たな機会をもたらし、成長をドライブしていると話す。(2006/11/13)

MSの有料セキュリティサービスβ版、日本でも立ち上げへ
Windows Live OneCare新版のβ版がリリースされ、サービスの提供は日本など17カ国に拡大する。(2006/10/11)

次世代ゲーム機は絶対欲しい
「東京ゲームショウ2006」でプレイステーション 3の値下げが突然発表されたが、この記事がやはりトップを飾った。価格が下がったからではないが、次世代ゲーム機は絶対に欲しいと思う。(2006/9/27)

東京ゲームショウ2006:
これまでより、これからの10年のほうが刺激的――久夛良木氏基調講演
東京ゲームショウ2006の基調講演にソニー・コンピュータエンタテインメント社長兼グループCEOの久夛良木健氏が登場。プレイステーション 3で実現されるネットワークコンピューティングについて語った。(2006/9/22)

プレイステーション 3 20GBモデルにもHDMIを搭載。5万円を切る価格で発売――久夛良木氏
9月22日から開催されている東京ゲームショウ2006の基調講演終了後のトークセッションで、ソニー・コンピュータエンタテインメント社長兼グループCEOの久夛良木健氏は、プレイステーション 3 20GバイトモデルにもHDMIを搭載することを発表した。(2006/9/22)

恥をかかないための ネットワーク・スキルアップ講座:
Windowsネットワーク編(その1)
今回は、社内ネットワークの大多数を占めるWindows 独自のネットワーク機能を中心に出題する。普段何げなく管理している項目だが、あらためて勉強し直してみるきっかけにしてほしい。(2006/7/6)

IT変革力【第5回】
ビル・ゲイツはなぜ引退するのか!?
日本では、Web2.0の騒ぎはインターネットの世界の話で、企業のIT部門には直接関係ないと見る向きが圧倒的多数です。しかし、マイクロソフトのビル・ゲイツ社長は、Web2.0に対してジハード(聖戦)であると激を飛ばし、「サービス化の波に備えよ」と言っています。それはどういうことなのでしょうか……。(2006/6/28)

サンキュー、グッバイ、マクニーリー
会長にとどまるのだから、本当に去ってしまうわけではないと言う人もいるだろう。だがわたしには、マクニーリーが馬にまたがって、夕日に向かって去っていくさまが見える。(2006/4/26)

6月4日〜6月10日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
メーカー別端末シェアで、NECが首位に返り咲いた。5月の携帯契約者数では、5カ月ぶりにKDDIがトップになっている。また、新端末が数多く発売になった。(2005/6/10)

Sun、StorageTekを41億ドルで買収
Sunはストレージ企業のStorageTekを買収した。両者の製品を組み合わせ、包括的な情報ライフサイクル管理システムの提供を目指す。(2005/6/3)

Solaris 10はLinux攻勢の切り札となるか――後編
Solaris 10は従来比で600項目にも上る改良を行った。「OS選択の新常識」Solaris特集の後編では、ミッションクリティカルに欠かせないN1 Gridコンテナ、セキュリティへの対処、DTrace、自動修復について触れていく。(2005/3/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。