ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ニコラ・サルコジ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ニコラ・サルコジ」に関する情報が集まったページです。

知の賢人・田坂広志が語る仕事術【後編】:
田坂広志が語る「“AI失業”しないために磨くべき能力」――学歴よりも体験歴の時代に
ダボス会議のGlobal Agenda Councilメンバーを務めた田坂広志に聞く「AI時代に活躍するために必要な能力と、その磨き方」――。(2019/8/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
支持率4% フランス大統領も不人気のワケ
フランスのオランド大統領の支持率がかなり低迷している。ル・モンド紙が行った調査によると、支持率は4%。1848年にフランスで初めて大統領が誕生して以降、史上最低の記録だというが、なぜここまで低迷しているのか。その理由は……。(2016/12/1)

伊吹太歩の時事日想:
マンデラ追悼式で浮き彫りになる現代の人種差別
アパルトヘイトと戦ったネルソン・マンデラ元大統領の追悼式典では、さまざまな話題が提供された。いくつかの報道では、いまなお残る人種差別の現実が見え隠れする。(2013/12/19)

伊吹太歩の世界の歩き方:
ネットはマスメディアより強し!? 世界のネット選挙運動はどうだ
2013年夏の参議院選挙から日本でも解禁になったネット選挙運動。ところで、日本の「先輩」にあたる世界各国でのネット選挙運動の現実とは?(2013/7/4)

NTT DATA Innovation Conference 2013リポート:
重要なのは今後のITを予見する力――「New Global」を推進するNTTデータ
1月25日、NTTデータが「NTT DATA Innovation Conference 2013 New Growth, New Global――日本流グローバル戦略の可能性」を都内ホテルで開催。主催者講演にNTTデータ 代表取締役社長、岩本敏男氏が登壇し、「NTTデータが挑む、グローバル経営のInnovation」をテーマに講演した。(2013/3/1)

伊吹太歩の世界の歩き方:
イタリアでパーティ大好き元首相が復活か? 繰り返されるおバカ発言
日本では自民党の安倍総裁が首相に復活した。一方、イタリアでもあのお騒がせ元首相が政権復帰に動いている。あのシルビオ・ベルルスコーニ元首相だ。(2012/12/27)

藤田正美の時事日想:
欧州も“決められない政治”に悩んでいる
日本の課題となっている“決められない政治”。しかし、財政危機を抱える欧州でも、“決められない政治”に悩まされているのは同じであるようだ。(2012/7/9)

伊吹太歩の世界の歩き方:
人権派の人殺し、本当は怖いオバマ大統領
ハーバード大学の法科大学院に学び、法律評論誌の編集長を務め、憲法学の教鞭を執った経歴を持つオバマ大統領。彼は“チェンジ”してしまった。(2012/6/28)

藤田正美の時事日想:
国家を超える国家は作れるか? 欧州を悩ます難問
6月17日にギリシャの再総選挙が実施されたが、結果がどうあれ欧州危機が続くことは間違いない。解決するには、国家を超える国家が作れるかどうかにかかっている。(2012/6/18)

東京の1票の価値は鳥取の4分の1:
「1人1票でないと多数決は保障されない」――1票の格差裁判の升永英俊弁護士に聞く
2011年の最高裁判決で、前回衆議院議員選挙の1票の格差は違憲状態にあると断じられた。しかし、与野党の対立などもあり、いまだ選挙制度改革はなされていない。裁判を主導した升永英俊弁護士に現状をどのように見ているのか聞くと、ただ1票の格差を縮めるだけでは不十分なのだという。(2012/6/15)

中国だけの話じゃない!? 監視社会へようこそ
「テロとの戦い」という名のもとで、監視社会に向けてさまざまな技術が導入されている。それは国民の安全、国家の安全のためと言われるが、実際は誰が、何を監視するためなのだろう。(2012/6/5)

新連載・部屋とディスプレイとわたし:
「中二」という病(やまい)と音楽産業
若者が盗んだバイクで走り出したり、支配から卒業していた時代は遠くに過ぎ去った。いま音楽産業は「中二病」を取り込めていないのではないか。作家・堀田純司さんによる新連載の第1回目。(2012/5/21)

松岡功のThink Management:
ドラッカーやウェルチが説くリーダーシップ
今回は、マネジメントに関連する3冊のベストセラー本から「リーダーシップ」について考察してみたい。(2012/5/10)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
世界経済は回復方向だが
世界の金融関係者が固唾を呑んで見守っていた欧州の債務危機も、ギリシャの「秩序あるデフォルト」で山を越えた。しかし実際には、金融機関の危機は残っている。(2012/3/27)

藤田正美の時事日想:
財政危機を回避するために……政治家に必要なこととは?
日本に限らず、政治の漂流が経済の停滞につながっている事例が世界中で見られる。財政危機を回避するために、政治家がやるべきこととは何なのだろうか。(2012/2/27)

藤田正美の時事日想:
ギリシャ支援で欧州債務問題は解決するのか?
ギリシャのデフォルトを避けるための支援策が、今夜決まることが有力視されている。しかし、ユーロ圏では競争力がある国もない国も同じ為替水準を採用しているため、根本的な問題は解決していないのかもしれない。(2012/2/20)

藤田正美の時事日想:
日本の財務危機、誰がリーダーシップを発揮するのか?
民主党の「社会保障と税の一体改革調査会」が社会保障改革素案に盛り込む内容を公表したが、結局、国民の負担を増やす改革は軒並み先送りになった。その一方、国債を取り巻く環境はどんどん厳しくなっているが、誰がこの状況を打開するのだろうか。(2011/12/19)

欧州各国間で電子書籍の付加価値税率に大きな差:
電子書店はルクセンブルクで開店するのが賢い? 
欧州の出版業界では電子書籍に対する付加価値税(日本でいう消費税)についての議論がヒートアップしている。20%前後の付加価値税を3%に下げるルクセンブルクに注目が集まっている。(2011/12/15)

Googleがパリに仏本社開設 サルコジ大統領も開館式で祝辞
Googleが南欧、中東、アフリカの拠点となるフランス本社をオープンした。雇用創出企業の開館式に、サルコジ大統領も駆け付けた。(2011/12/7)

藤田正美の時事日想:
明るいクリスマスを迎えられるか? EU統一財政案の行方は
今週行われるEUのサミット。そこで提案されるのは現在の統一通貨をさらに一歩進めて、統一財政に近付けようという案である。これがまとまらないと、年末にかけてまた金融市場が混乱するかもしれない。(2011/12/5)

藤田正美の時事日想:
高まるユーロ解体リスク、回避のポイントは3つ
英エコノミスト誌が最新号で懸念しているユーロ圏解体のリスク。それを避けるためには3つのことがポイントになるという。(2011/11/28)

藤田正美の時事日想:
焦点はギリシャからイタリアへ、欧州は債務危機を乗り越えられるか
欧州では国債のデフォルト懸念の焦点がギリシャからイタリアへと移っている。イタリア国債の金利は6%をはるかに超えているが、持続的でない現在の水準から抜け出る方策はまだ見つかっていない。(2011/11/7)

藤田正美の時事日想:
ギリシャがデフォルトを起こせば、どうなる?
欧州が金融不安に陥っている。もともとはギリシャの債務危機に端を発したものだが、それがユーロ圏の危機となり、さらに欧州全体をも巻き込んでいる。もしギリシャがデフォルト(債務不履行)を起こせば、世界経済はどんなダメージを受けるのだろうか。(2011/10/17)

菅首相、サルコジ仏大統領が共同会見 ニコ生で配信
フランスのサルコジ大統領が来日し、菅直人首相と共同会見。その様子をニコニコ生放送で配信する。配信は3月31日17時45分〜。(2011/3/31)

Facebookの創業者のファンページがハッキングの被害に
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOのファンページがハッキングされ、何者かに不正なメッセージを投稿されたもようだ。(2011/1/27)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
日本の借金1000兆円はどう返済すればいいのか?――ジャック・アタリ氏の処方箋
日本が背負っている1000兆円の借金。フランスの知性、ジャック・アタリ氏は「2500年にわたる過去の歴史から、これほどの公的債務を抱えて悲惨な運命をたどらなかった国はない」という。アタリ氏はどのようにして借金を返せばいいと考えているのだろうか。(2011/1/20)

マネジャーに贈るこの一冊:
予見力のトレーニングにもなる 〜 『目に見えない資本主義』
すべてを数値化することに綻びが生じ、大きな力が小さな力をコントロールすることに疑問を感じるようになった現在(いま)、『目に見えない資本主義』を題材に、組織のマネジメントが抱える問題について考えてみよう。(2010/1/31)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
金融危機を乗り越えるカギは友愛主義だ――アタリ史観とは?
フランスの知の巨人、ジャック・アタリ氏が来日。記者会見や講演会で、彼の言葉を生で聞く機会を得た。金融危機後の世界でどう生きればいいのか? この難問に対するアタリ氏の答えが「友愛主義」だ。(2009/9/24)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
なぜ東京オリンピック招致は盛り上がらないのか?
10月2日、コペンハーゲンでのIOC総会で決定する2016年夏季オリンピックの開催地。東京も候補地として名乗りを上げているが、筆者は東京の勝ち目は薄く、リオデジャネイロが有力と予想する。その理由とは?(2009/9/10)

藤沢烈の3秒で読めるブックレビュー:
『21世紀の歴史』――パクス・アメリカーナ後に押し寄せる“三つの波”
サルコジ政権でフランス変革のための政策提言をしているジャック・アタリ。彼の著書『21世紀の歴史』で予想している“三つの波”とは何か。(2009/7/24)

違法DLでネット切断の「スリーストライク法案」、仏議会で可決
違法ダウンロードユーザーのネット接続を停止する法案が、フランスで間もなく成立する。(2009/5/14)

フランスに行ってみますか?:
“引くも地獄、引かぬも地獄”――保護主義が強まる西欧諸国
「バイアメリカ条項」を掲げた米国に対し、保護主義だと批判する声は多い。実は保護主義への傾斜は西欧諸国でも見られる。西欧が東欧を助けながら経済発展を遂げてきたEUが今、危機的状況に立たされている。そのとき、サルコジは……?(2009/4/17)

フランスに行ってみますか?:
サルコジのしたたかさは暗黙知
EU議長国であるフランスの指導者として金融危機にいち早く対処したサルコジ大統領。欧州経済の連合政府を提案するなど積極的な取り組みが目立つ。ドイツをはじめとするEU諸国はサルコジの“腹の底”をよく理解しているが故に、距離を保ちつつ落としどころを探っている。(2008/11/21)

地球温暖化が変える企業経営:
世界のマネーもグリーンに左右される
世界を取り巻く政治状況、そしてマネーも環境問題に大きく影響される。(2008/11/12)

仏大統領の銀行情報が盗まれる――なりすまし被害か
サルコジ大統領の個人口座がインターネットバンキング詐欺に遭い、現金を引き出されたという。(2008/10/21)

藤田正美の時事日想:
「株価暴落」「銀行国有化」――金融不安は資本主義の崩壊を意味するか?
米国で金融安定化法が成立しても、世界的な株価下落の動きは止まらない。また、国によっては銀行を国有化したり、預金を全額保護する動きも出ている。今回の金融不安は資本主義の崩壊を意味しているのだろうか。(2008/10/20)

デジタル音楽販売額、音楽販売全体の15%に
2007年のデジタル音楽販売額は、29億ドル規模に達した。非合法のダウンロード件数と合法ダウンロード販売の比率は20対1程度とみられる。(2008/1/25)

YouTube創業者、初めてアップしたのは「猫動画」
YouTube創業者でCTOのスティーブ・チェンさんが来日し、パートナー企業やユーザーを招いたパーティー「YouTube Mix」を開いた。チェンさんが初めてアップしたのは「猫が眠る様子を映した動画」だったという。(2007/10/26)

藤田正美の時事日想:
米国が最近、温暖化問題に熱心な理由
2001年に京都議定書から離脱するなど、地球温暖化問題に対して消極的だったブッシュ政権。しかし、今年の1月にガソリン消費量削減の目標値を発表するなど、最近は事情が変わりつつある。なぜ米国は突然温暖化問題に積極的になったのか? その理由は――。(2007/7/2)

藤田正美の時事日想:
クーデター勃発か――トルコの大統領選
トルコの大統領選が慌ただしくなってきた。与党のギュル候補に対し軍が声明を出すなど、「クーデター」の危険性が高まってきた。(2007/5/14)

藤田正美の時事日想:
フランスの大統領選、勝っても問題山積み
サルコジ候補の優勢が伝えられているフランス大統領選。最大の課題――経済の活性化を実現できるのか、注目が集まる。(2007/5/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。