ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「大阪大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大阪大学」に関する情報が集まったページです。

旧帝大早慶の2025年卒学生に人気の企業 3位「三井物産」、2位「伊藤忠商事」、1位は?
2025年卒業予定の旧帝大・早慶の大学生や大学院生に人気の就職先はどこか。リーディングマークが発表した、就職人気企業ランキングで1位を獲得したのは前年に引き続き「三菱商事」だった。(2024/5/23)

窓ガラスに設置、街全体を発電所に:
大阪大、赤外光で発電する透明な太陽電池を開発
大阪大学産業科学研究所の坂本雅典教授らによる研究グループは、赤外光を高い効率で化学エネルギーに変換する技術を開発、赤外域の太陽光で発電する透明な太陽電池の開発にも成功した。(2024/5/22)

保険適用拡大で普及:
ロボット支援手術の第一人者に聞く 日本製「ヒノトリ」の可能性
ロボット手術の世界的第一人者、札幌医科大学 消化器・総合、乳腺・内分泌外科学講座の竹政伊知朗教授に、日本製の手術支援ロボットの可能性や今後の展望を聞いた。(2024/5/21)

「難関国立大」現役合格率ランキング 上位の特徴は?
今回は卒業生に占める難関国立大現役合格者の割合を比較した、「難関国立大現役合格率ランク」をお届けする。対象大学は、東大、京大、北海道大、東北大、名古屋大、大阪大、九州大、東京工業大、一橋大の9大学。(2024/5/17)

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(11):
Simulation Governanceの体制カテゴリー「組織的対応」と「組織活性化」の診断結果
連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。引き続き、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。連載第11回では、体制カテゴリーの「組織的対応」と「組織活性化」にフォーカスする。(2024/5/15)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
北大阪急行延伸で「箕面」が激変 あえて“町外れ”に地下鉄を呼び込んだ、これだけの理由
北大阪急行電鉄(以下:北大阪急行)千里中央駅〜箕面萱野駅(約2.5キロ)間が、2024年3月23日に延伸開業した。箕面市に、はじめて地下鉄路線が到達したのだ。この延伸で「箕面」はどう変わるだろうか。(2024/5/11)

「国公立大医学部に強い学校」はどこ? 東海が17年連続で1位
今回は「国公立大医学部に強い学校ランク」をお届けする。合格者数には、一般選抜以外に総合型選抜や学校推薦型選抜の人数も含まれる。(2024/5/10)

今日のリサーチ:
若年層の4人に1人が自分の位置情報を共有する「位置シェアラー」――博報堂とLinQ共同調査
位置情報をシェアすることで生まれる新しいつながり「シン密圏」の実態に関する調査結果です。(2024/5/8)

Innovative Tech:
“サイボーグゴキブリの群れ”をコンピュータで操作 阪大らがナビシステム提案
大阪大学とシンガポールの南洋理工大学に所属する研究者らは、生きている昆虫(マダガスカルオオゴキブリ)に小型の電子制御装置を付けてサイボーグ化し、未知の複雑な地形を移動させるナビゲーションシステムを提案した研究報告を発表した。(2024/4/23)

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(10):
Simulation Governanceの文化カテゴリー「経営層」と「組織文化」の診断結果
連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。引き続き、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。連載第10回では、文化カテゴリーの「経営層」と「組織文化」にフォーカスする。(2024/4/22)

BIM×FMで本格化する建設生産プロセス変革(1):
【BIM×FMの新連載】BIMは建物のデジタル情報の宝庫 なぜFMで活用されていないのか?
JFMA(日本ファシリティマネジメント協会)の専務理事 成田一郎氏の連載を受け継ぎ、新たにBIMとFMのテーマで、筆をとることとなった。本連載では、FMとデジタル情報に軸足を置き、建物/施設の運営や維持管理分野でのデジタル情報の活用について、JFMAの「BIM・FM研究部会」に所属する部会員が交代で執筆していく。(2024/4/12)

受験生と歩んだ70年、あの「赤本」が全面刷新 理由は?
受験生のバイブルと呼ばれる通称「赤本」が創刊70年を迎え、発行する世界思想社教学社がリニューアルした令和7(2025)年版の新デザイン案を公開した。(2024/4/11)

制御効率は従来材料の50倍以上:
大阪大ら、反強磁性体のスピン方向を電圧で制御
大阪大学や名古屋大学、三重大学、関西学院大学および、高輝度光科学研究センターの研究グループは、反強磁性体であるクロム酸化物薄膜を用い、スピンの向きを電圧で制御することに成功した。制御効率は従来の強磁性体に比べ50倍以上も高いことを確認した。(2024/4/11)

医療技術ニュース:
加齢や飽食により肥満となる脳の仕組みを発見
名古屋大学は、ラットを用いて、加齢性肥満の原因となる脳の仕組みを発見した。加齢に伴い、脳の視床下部ニューロンの一次繊毛が退縮し、一次繊毛に局在するMC4Rが減少することで加齢性肥満が生じる。(2024/4/2)

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(9):
Simulation Governanceの活用カテゴリー「管理の仕組み」の診断結果
連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。引き続き、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。連載第9回では、活用カテゴリーの「管理の仕組み」にフォーカスする。(2024/3/27)

脱炭素社会の実現に向け:
天野浩氏が語ったGaNパワーデバイスの展望 「エネルギー効率99%以上を目指す」
Si(シリコン)に代わる新しい材料として、SiC(炭化ケイ素)やGaN(窒化ガリウム)などのWBG(ワイドバンドギャップ)半導体が注目を集めている。名古屋大学教授でノーベル物理学賞受賞者である天野浩氏の講演から、GaN基板/デバイスの研究開発の現状と将来展望を紹介する。(2024/3/26)

キレイに使って正しく掃除 小林製薬が2つの小学校で「トイレ快適プロジェクト」の出前授業を実施
小林製薬は、兵庫県宍粟市の山崎小学校と河東小学校で「正しいトイレ掃除方法」と「キレイにトイレを使う方法」を伝える出前授業「トイレ快適プロジェクト」を2023年11月30日と24年2月28日に実施した。(2024/3/21)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「高賃金化」会社の収益を最大化し、社員の給与をどう上げるか?
「高収益化」と「高賃金化」は、本来相反するものだが、解決する方法はある。(2024/3/21)

「半世紀越しの悲願」北大阪急行が延伸開業 周辺はどうなる?
大阪府北部を走る北大阪急行電鉄の千里中央−箕面萱野間が23日、延伸開業する。大阪メトロ御堂筋線と直結し、大阪市中心部へ30分程度でつながることから新駅周辺での再開発も活発化している。(2024/3/20)

研究開発の最前線:
お椀形状の単一分子から、異なる誘電応答性を示す結晶を作成
東北大学は、単一分子のみを用いて、異なる誘電応答性を示す結晶を作成することに成功した。省プロセスかつ省コストで、物性を制御可能な誘電材料の開発につながることが期待される。(2024/3/15)

医療機器ニュース:
直径0.1mmの光ファイバーからなる極細径レンズレス内視鏡技術を開発
埼玉医科大学は、直径0.1mmの光ファイバー1本からなる、レンズのいらない内視鏡を開発した。これを用いて、臨床で最も重要となる、光ファイバー先端から数〜数十mmの空間領域のイメージングに成功した。(2024/3/11)

医療技術ニュース:
口臭を増強させる特定の口腔細菌の共生を発見
大阪大学とマンダムは、特定の口腔細菌が共生するだけで、強い臭気を発する口臭原因物質であるメチルメルカプタンの産生量が増加する「口臭増強機構」を発見し、そのメカニズムを解明した。(2024/3/5)

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(8):
Simulation Governanceの活用カテゴリー「活用手法」の診断結果
連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。引き続き、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。連載第8回では、活用カテゴリーの「活用手法」に着目する。(2024/3/5)

AIロボットと人間の境界いずれ消える 大阪大大学院・石黒浩教授(ロボット工学)
2025年大阪・関西万博では「いのちを拡(ひろ)げる」をテーマにしたパビリオンを企画している。人間そっくりの姿形をしたアンドロイドロボット、人工知能(AI)を持つロボットを展示の中核にする。(2024/3/4)

国公立大志願者の状況は? 受験生の安全志向は感じられない
今週は、2024年度の国公立大一般選抜の志願者数をまとめた、国公立大志願者数ランクをお届けする。(2024/3/1)

高賃金化:
「この人の給与をアップしてもいい」 会社がそのように感じる瞬間
給与をアップするにはどうすればいいのか。重要なキーワードは……。(2024/2/29)

高賃金化:
なぜ自分の給与は上がらないのか たった「2つ」のことを理解していない
給与が上がらない原因はどこにあるのか。社員は「2つの問題」によって、給与が上がらない状態をつくっている。それは……。(2024/2/27)

高賃金化:
会社に「成長意欲がない」幹部がいる やっかいである
年功序列や権威にあぐらをかいた、幹部は問題視すべきである。なぜなら……。(2024/2/26)

高賃金化:
「大事なのはお金じゃない」 経営者が考えてはいけないこと
経営者であれば「会社の収益をもっと高めて、社員の給与をもっと上げてあげたい」というマインドを持つべき。しかし……。(2024/2/24)

PR:「生成AIの価値はデータで決まる」 成果につながる「データマネジメント」を“6つのステップ”で解説
(2024/3/1)

高賃金化:
なぜ給与が上がらないのか? 残念な“ハリボテ経営者”に4つの特徴あり
日本の会社で給与がなかなか上がらない大きな原因は何か。「経営者」「幹部層」「社員」という3つの観点で見ると……。(2024/2/22)

未経験のIT人材、「本気度」はここで見極める 採用担当者の本音を聞いた
人材獲得競争の激化に伴い、IT人材において「未経験」の採用ニーズ、転職ニーズが増大している。企業側はどこを見極めているのか。(2024/2/20)

医療技術ニュース:
D-アミノ酸が概日リズムを調整し、関連疾患の発症抑制に寄与
大阪大学は、D-アミノ酸の1種となるD-アラニンが、概日リズムを調整することを発見した。概日リズムの調整を通して、D-アラニンが体内の恒常性維持の一端を担っていることも明らかにした。(2024/2/19)

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(7):
Simulation Governanceの活用カテゴリー「活用場面」の診断結果
連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。引き続き、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。連載第7回では、活用カテゴリーの「活用場面」に着目する。(2024/2/13)

近畿圏主要私大「共通テスト利用入試」志願者数ランキング、1位は?
今週は近畿圏主要私大「共通テスト利用入試」志願者数ランクをお届けする。(2024/2/9)

IIFES 2024:
舞台が宇宙の作品も登場、高校生からベテランまで空飛ぶじゅうたん活用案集結
Beckhoff Automation(ベッコフオートメーション)は「IIFES 2024」の会場内において、「XPlanarアイデアソン2023」の最終発表会を開催し、最優秀賞など各賞を発表した。(2024/2/8)

医療技術ニュース:
1人暮らしの男子大学生は飲酒頻度が高くなることが明らかに
大阪大学は、大学生を対象とした追跡調査により、1人暮らしや寮生活をしている男子大学生は、家族と暮らしている男子大学生と比べて、週4回以上の高頻度の飲酒習慣になるリスクが高いことを明らかにした。(2024/2/7)

Go AbekawaのGo Global!〜日立造船の張さん from 中国(後編):
エンジニアはきっと、皆、同じ夢を見ている
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回も日立造船のIT担当である張 冬堯(チョウ・トウギョウ)さんにお話を伺う。短期留学をきっかけに日本への興味を深め、日本企業への就職を果たした張さんの現在の目標とは。(2024/4/16)

アルカリイオン二次電池の容量増大:
グラフェンの層間にアルカリ金属を高密度に挿入
産業技術総合研究所(産総研)と大阪大学、東京工芸大学、九州大学および、台湾国立清華大学の研究グループは、グラフェンの層間にアルカリ金属を高い密度で挿入する技術を開発した。電極材料としてアルカリ金属を2層に挿入したグラフェンを積層して用いれば、アルカリイオン二次電池の大容量化が可能になるという。(2024/1/30)

生徒の満足度が高い大学ランクキング 京大抜き「東北大」2位の理由
進学校の進路指導教諭は、どのような大学を評価しているのか、さまざまな視点から見ていこう。最終回は、「入学後、生徒の満足度が高い大学ランク」をお届けする。(2024/1/27)

厚み5μm以下の有機基板に形成:
広帯域光に対応、柔軟なシート型光センサー開発
大阪大学と中央大学の研究グループは、長波長赤外光を含む広帯域光を検出でき、柔軟性も備えた「シート型光センサー」を開発した。(2024/1/26)

医療技術ニュース:
精巣と精巣上体の老化が精子や受精卵の発育に悪影響を及ぼす
東京大学と大阪大学は、マウスを用いた実験により、精子を作る精巣と精子を貯蔵する精巣上体の老化が、精子の受精率や受精卵の発生率の低下を引き起こし、妊よう性低下につながることを発見した。(2024/1/25)

ドローン:
小型ドローンに搭載可能な「軽量ミリ波レーダ」で外壁内部の欠陥を1ミリ秒で検出、阪大とJ商エレ
JFE商事エレクトロ二クスと大阪大学は、小型軽量のミリ波レーダを用いた非接触/非破壊による外壁内部の欠陥を、ドローンの揺らぎよりも短い1ミリ秒での検出に成功した。構造物内部の高速かつ高感度の検査で、新たなドローン活用の可能性が期待される。(2024/1/24)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
神社参拝で幸福度向上 経営者やリーダー層が神社に参拝すべき理由とは
初詣や厄除け、厄払いなど、何かと神社に参拝する機会は多いもの。実はその神社参拝が、幸福度の向上や仕事の成功に結びついているのかも……。社会心理学者の八木龍平氏が、神社参拝で得られる“ご利益”について話す。(2024/1/23)

ゼーベック係数が大幅に増大:
熱電材料の発電能力を大幅向上、AlGaAs/GaAs界面の2DEGを用い 大阪大ら
大阪大学と物質・材料研究機構(NIMS)は、AlGaAs/GaAs界面の二次元電子ガス(2DEG)を用いて、熱電材料の発電能力を大幅に向上させることに成功した。熱電変換出力因子の増大率は、従来の2DEGに比べ4倍となる。(2024/1/19)

研究開発の最前線:
界面マルチフェロイク構造で電圧印加による磁化方向制御の仕組みを解明
東京大学らは、強磁性体と圧電体の2層からなる界面マルチフェロイク構造で、電圧印加による磁化方向制御の仕組みを解明し、磁性層中の元素特有の役割を確認した。(2024/1/18)

デジタルツイン:
インフラ構造物の“全自動3Dモデル化技術“確立へ、国交省補助事業に採択 維持管理を効率化目指す
DataLabs(データラボ)は、コア技術である点群データの自動モデリング技術を活用し、インフラ構造物の維持管理で全自動3Dモデル化の社会実装に乗り出した。2027年度までに3Dモデルの標準化を整備するとともに、3D化システムの外販も視野に入れる。(2024/1/17)

照明光をナノ構造中心からずらす:
シリコンナノ共振器構造で新たな共鳴モード発見
大阪大学は、台湾大学や済南大学との共同研究で、シリコンナノ共振器構造の「ミー共鳴モード」を制御するための新たな方法を発見した。(2024/1/16)

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(6):
Simulation Governanceの技術カテゴリー「ノウハウ活用」の診断結果
連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。引き続き、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。連載第6回では、技術カテゴリーの中で「モデルと計算」とペアになる「ノウハウ活用」に着目する。(2024/1/15)

IIFES 2024:
サステナブルを支えるオートメーションと計測、IIFES2024は約200社が出展へ
日本電機工業会、日本電気制御機器工業会、日本電気計測器工業会は記者会見を開き、「IIFES 2024」の概要を発表した。(2024/1/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。