ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Oslo」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Oslo」に関する情報が集まったページです。

特集:OpenStack超入門(8):
「分かる、できる、本当に使える、OpenStack超入門」セミナーリポート〜ユーザー、ベンダーが本音で語った「できること、変わること」〜
2015年6月16日、編集部が開催した「分かる、できる、本当に使える『OpenStack』超入門」。OpenStackユーザーとソリューションベンダーが全方位的にOpenStackの導入・活用の勘所を掘り下げた。(2015/7/10)

バンガード、カメラバッグ2モデルと双眼鏡エンデバーシリーズの新製品発売
ガードフォースジャパンが、用途の異なるカメラバッグ2モデルと、「Endeavor ED」から新しい双眼鏡「Endeavor ED II」を1月16日、発売する。(2015/1/16)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
日本での個人向け提供も決まった「Office 365」、今後はどう進化するのか?
2014年内に個人向けにも提供されることが明らかになったMicrosoftのクラウド型Officeサービス「Office 365」。そのロードマップが公開されたので、注目の新機能を一足先にチェックしていこう。(2014/7/7)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
「春のヘッドフォン祭」で見つけた注目の新製品
うわさによると、すでに“世界最大のヘッドフォンイベント”といえる規模になっているらしい「ヘッドフォン祭」。今回は、展示機の中から注目の新製品をピックアップしていこう。(2012/5/18)

松田雅央の時事日想:
低炭素社会を目指す、ハンブルクの挑戦を紹介しよう
ドイツ北部に位置するハンブルクが、環境の取り組みと先進的な将来計画が評価され、EU(欧州連合)から「2011年EU環境首都」に選ばれた。ハンブルクはこれまで、どのような取り組みをしてきたのだろうか。今回の時事日想は、都市の環境戦略を紹介しよう。(2011/2/1)

「DESIGNTIDE TOKYO 2010」見どころを一挙公開!
2009年は約7万人を動員した「DESIGNTIDE TOKYO」。2010年はどんなかたちでデザイントレードショーを繰り広げるのか? 今年の押さえるべきデザイナー/ブースは? 注目のエクステンションは? などなど、気になるポイントをダイジェストで紹介。(2010/10/4)

「ファイアウォールで止まる」:
Microsoft、SOA俗説の正体を暴く
Microsoftの開発プラットフォームおよびツール担当上級ディレクター、スティーブン・マーティン氏はSOAに関するさまざまな俗説について語った。「SOAは死んでいない、ファイアウォールで止まることもない」と強調した。(2009/2/6)

モデリング戦略の転換点:
Microsoftと「望まれないモデリング言語」
MicrosoftにとってUMLは「望まれない言語」だという。一方で、サポートし、共存していくべき一連の技術の1つとも見られる。Microsoftは相互運用性をシリアスに考えなければならないのである。(2008/11/14)

MicrosoftがApacheConで相互運用性の取り組みをアピール
Microsoftのオープンソース戦略を率いるサム・ラムジー氏は、Apache Software Foundationの「ApacheCon」カンファレンスで、相互運用性とオープンソースソフトウェア分野における同社の取り組みについて語った。(2008/11/10)

Microsoftのレイ・オジー氏、オープンソースやAzureなどを語る
Microsoftのチーフソフトウェアアーキテクト、レイ・オジー氏は、「Microsoft Professional Developers Conference」においてeWEEKとのインタビューに応じ、オープンソースや相互運用性、ソフトウェアモデリング、Windows Azureクラウドオペレーティングシステムなど、さまざまなテーマについて熱心に語った。(2008/11/6)

「M」言語にフォーカス:
Microsoftが「Oslo」のコンポーネントをリリース
MicrosoftはProfessional Developers Conferenceで、自社のモデリング技術「Oslo」のコンポーネントをリリースした。同社が提供したのは、Osloリポジトリ、新しい宣言型モデリング言語「M」、「Quadrant」と呼ばれる新しいビジュアルモデリングツールの各CTP(コミュニティー技術プレビュー)版である。(2008/10/28)

クラウド祭りとWindows 7:
MicrosoftのPDCのテーマはクラウドコンピューティング
Microsoftの開発者会議の最大のテーマは、クラウドコンピューティングおよびそれをサポートするためのツールとサーバである。そのほかにも「Windows 7」「Visual Studio 2010」そしてMicrosoftの新しいモデリング技術「Oslo」などにスポットライトが当てられる。(2008/10/28)

勝者なき戦い:
Google vs. Microsoft――クラウドコンピューティングの将来をめぐる戦い
GoogleとMicrosoftはそれぞれ、コンシューマーと企業に対して互いに大きく異なるビジネスモデルを開発したが、両社は世界のクラウドコンピューティングインフラが今後10年間でどのように発展するかをめぐって衝突しようとしている。クラウドの覇権をめぐる両社の戦いの行方は不透明だ。(2008/10/16)

Microsoft、.NET 4.0でアプリケーションサーバ「Dublin」を投入へ
Microsoftは「Dublin」のコードネームで呼ばれる新しいアプリケーションサーバ技術を発表した。DublinはWindows Serverでデビューする予定。(2008/10/2)

Visual Basicの指導者がMicrosoftの「Oslo」チームに移籍
Visual Basic(VB)の主席アーキテクトのポール・ビック氏が、Microsoftの広範なソフトウェアモデリング構想である「Oslo」プロジェクトに移籍する。Microsoftにとって、Osloは.NETに匹敵する巨大なプロジェクトになるという見方もある。(2008/10/2)

MSがモデリング戦略を策定――OMGにも参加
Microsoftはモデリング戦略を確立し、Object Management Group(OMG)に参加した。この動きは、同社がUnified Modeling Language(UML)のサポート姿勢を鮮明にしたことを意味する。(2008/9/12)

MSのソフトウェアモデリングプラットフォーム「Oslo」の原点
ノンプログラマーでも分散型アプリケーションを開発できるようにすることを目指したMicrosoftのデータ中心型プラットフォームのルーツは、人々にとって非常になじみ深いアプリケーションにある。(2008/9/10)

MSのポストWindows「Midori」の構想が明らかに
Microsoftが計画している新OS「Midori」は、既存のWindows GUIモデルと決別しようとしているようだ。(2008/7/30)

名付け親に聞く:
課題が多いSOAによるシステム構築――Gartnerの最上級アナリスト
米Gartnerの最上級アナリスト、ロイ・シュルテ氏はSOAは今後広くシステム構築手法に使われるとする一方、現状では技術的な課題も多いとしている。(2008/7/17)

10月にも登場か:
リーダーなき後も前進を続けるMicrosoftの「Oslo」
「Oslo」のキーストラテジストを失ったMicrosoftだが、10月には同技術のプレビューリリースを予定している。(2008/6/5)

ビル・ゲイツ氏、TechEdで最後の基調講演
TechEdの基調講演は、ビル・ゲイツ氏にとっては会長として最後の講演となる。(2008/6/4)

MS、IE 8のβ2の公開時期や新プロジェクト「Velocity」などを発表
MSがIE 8のβ2のリリース時期、IBMとの技術提携、新プロジェクト「Velocity」、Microsoft Sync Frameworkのリリース時期など、複数の重要な発表を行った。(2008/6/4)

Microsoft、新モデリング言語「D」の開発に着手
Microsoftが、同社の広範なモデル駆動開発戦略「Oslo」で中枢的な役割を担う宣言型プログラミング言語を「D」と呼んでいる。(2008/2/6)

MS、「Oslo」を擁してSOA分野の開拓を目指す
Microsoftは、SOAへの参入が遅かったものの、着々と歩みを進めているようだ。(2007/10/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。