ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オゾン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オゾン」に関する情報が集まったページです。

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(29):
リレー(4) ―― 信頼性と使用上の注意点 〜その1〜
今回はディレーティングやリレーを使う上で設計者が考慮しなければならない注意点について説明します。(2019/3/26)

太陽光:
結晶シリコン太陽電池の高性能化を実現、名古屋大が新材料
名古屋大学が太陽電池への応用に有望な電気的特性を示す酸化チタン極薄膜を開発。結晶シリコン太陽電池のさらなる高性能化につながる成果だという。(2019/1/9)

選択肢豊富な「ストリーミング音楽」 どんなサービスがある?
携帯電話の通信速度が向上するにつれて、ストリーミング音楽配信サービスが充実してきた。この記事では、筆者独自のレビューポイントを交えつつ、主なサービスを紹介していく。【訂正】(2018/12/12)

部屋干しのニオイを抑える扇風機型のオゾン発生器、マクセルが発売
マクセルが部屋干しの洗濯物を低濃度オゾンで除菌する扇風機型のオゾン発生器「部屋干し用オゾネオ」を発売する。湿気がこもりがちな室内やクローゼット、押し入れの除菌と消臭にも利用できる。(2018/9/19)

「恋のマイアヒ」15周年記念に新バージョン&PV公開 ウガンダで響き渡る“のまのまイェイ”
平成最後の年にまさかの復活。(2018/9/13)

スマホをセンサー網に変える:
テルアビブ大、スマホのセンサーで大気予測の精度向上を目指す
自然災害につながる気象パターンを将来、スマートフォンのデータを使って追跡、予測する可能性についての研究をテルアビブ大学の研究者が発表した。(2018/8/28)

研究開発の最前線:
パナソニックがトイレに採用したオゾン水、汚れを抑えるメカニズムとは
パナソニック アプライアンス社は、同社が開発したオゾン水生成技術について説明。2018年4月に発表した全自動トイレ「アラウーノ」の最新モデルに採用しており、今後も水回りを中心に適用製品を広げていく考えだ。(2018/8/3)

TensorFlow入門:
第7回 時系列データの予測を行う深層学習(RNN)を作成してみよう(TensorFlow編)
ディープラーニングの代表的手法「RNN」により時系列データの予測を行う機械学習モデルを構築してみる。RNNによる深層学習がどのようなものか体験しよう。(2018/4/26)

アプリで洗う位置を調節できる「IoT便座」、パナソニックが発売 見守り機能も
パナソニックは、スマートフォン用アプリから便器内の洗浄位置などを自分好みに細かく設定できるIoT温水洗浄便座「アラウーノ L150シリーズ」を発売する。(2018/4/9)

省エネ機器:
パナソニックが目指す次世代のエコな食品流通、カギは「ノンフロン冷凍機×IoT」
パナソニックは、食品流通のさらなる省エネ・環境性能の向上を目指す。食品冷却で重要な役割を果たす冷設機器用冷凍機のノンフロン化と、AI・IoTを活用した店舗用遠隔データサービスによって、ハード・ソフトの両面から顧客に提案を進めている。(2018/2/7)

南極オゾンホール、29年間で最小 上空の気温高く
2017年の南極のオゾンホールが1988年以来の小さな面積であったことを、気象庁が報告した。(2017/12/5)

省エネ機器:
世界の空調・給湯器市場、日系メーカーの存在感が高まる
世界の空調・給湯機器市場は今後も堅調に拡大しそうだ。空調機器では特に、日系メーカーが高いシェアを誇るビル用マルチエアコンが高い伸びを示すことが予想されている。給湯機器では電気温水器などの従来品からエコキュートをはじめとするCO2冷媒製品への移行が進みそうだ。(2017/8/16)

ドローンから医療機器まで:
可能性が広がる無線給電、その課題とは
ワイヤレス給電技術は、その用途が広がりつつある。送電デバイスと給電デバイスの距離やずれ、効率などについては、まだまだ向上する余地があるものの、多くの分野で応用を期待できそうな気配が高まりつつある。(2017/7/20)

印刷でガマンしたくない人に:
PR:仕事で使ってみませんか? 新エコタンク搭載モデルの無料モニター緊急募集
大容量インクタンクの搭載により、1年間インクの追加購入不要で文書も写真もストレスなく印刷できる「EW-M770T」(エプソンダイレクトネットショップ参考価格:6万9980円)は、洗練されたボディーデザインと写真画質の新インクで従来モデルの不満点を解消した新フラッグシップモデル。無料モニターに応募してビジネスに活用してみませんか?(2017/7/25)

自然エネルギー:
100℃以下の温泉水で地熱発電、温泉の町がCO2フリーの電力を地産地消
火山地帯の北海道・洞爺湖町で地熱発電が始まった。温泉組合と町が事業者になって、100℃以下の温泉水を利用できるバイナリー方式の発電設備を稼働させた。CO2を排出しない電力を生み出して、周辺のホテルや旅館まで温泉水を配湯する。環境を重視する温泉町の魅力で観光客を増やす狙いだ。(2017/3/15)

プリントの楽しさを再発見:
1年間インクの追加購入不要! 新エコタンク搭載モデル「EW-M770T」の進化ポイントまとめ
大容量インクタンクを採用して話題を呼んだエコタンク搭載モデルに新たなフラッグシップモデルが加わった。日本のニーズに最適化したという「EW-M770T」はどこが変わったのか。(2017/2/8)

エプソン、エコタンクに新フラッグシップモデル「EW-M770T」登場 5色インクで写真印刷も
エプソン販売は、大容量インクタンクを採用したエコタンクシリーズの新モデルとして、染料/顔料の2種類のブラックを含む5色のインクを搭載したA4インクジェット複合機「EW-M770T」を発表した。(2017/2/8)

“加齢臭”を減らせばダニも減る!? 枕をまるごと脱臭する「レイコップRX」登場
レイコップ・ジャパンが、ふとんクリーナーの最上位モデル「レイコップRX」を2月下旬に発売する。「ドライエアブロー」と独自の「ホメスタイオン」を組み合わせ、まくらの除菌と消臭が可能になった。これでダニが寄りつかない?(2017/2/7)

自然エネルギー:
農業や林業に悪影響、石炭火力
石炭火力発電所に対する環境規制が、作物の収量を改善することが分かった。石炭火力発電所などが排出する窒素酸化物がオゾンを生み出し、作物や樹木にも悪影響を与えるからだ。地球温暖化対策や大気汚染防止策が、農業にもよい影響を与える。(2017/1/17)

ニオイを抑える“くつ乾燥機”、アイリスオーヤマから
アイリスオーヤマが「脱臭くつ乾燥機 カラリエ」を発表。温風で靴を乾かすという本来の機能に加え、くつのニオイを抑えるオゾン脱臭機能を搭載している。(2016/12/19)

ペットと一緒に乗れる「ペットタクシー」ってなに? 利用者を追跡取材してみた
病院に連れていってくれる「ペット119番」も。(2016/10/16)

三和交通がペットと一緒に乗車できる「ペットタクシー」をスタート 急病時に病院まで送る「ペット119番」にも対応
大型犬も乗れる専用タクシー!(2016/9/27)

水曜インタビュー劇場(流れ星公演):
「人工流れ星」を流すことで、どんなことが分かってくるのか
2018年、「人工流れ星」を流す計画がある。流れ星は上空60〜80キロメートルを飛ぶ予定だが、実現すればどんなことが分かってくるのか。企画をしているALEの岡島CEOに話を聞いた。(2016/4/13)

高効率太陽電池:
シリコンを用いた高効率太陽電池、「限界」を突破するには
安価な部材を使い、製造しやすく、高効率な太陽電池を作りたい。米NRELとスイスCSEMが2016年1月に発表した手法では、シリコン技術をベースに異種の半導体を組み合わせた。2層を上下に並べて機械的に接続し、29.8%という高い変換効率を得た。どのような特徴がある技術なのか、NRELのDavid Young氏に開発ポイントを聞いた。(2016/3/28)

法制度・規制:
いまさら聞けない「フロン排出抑制法」、ついに始まる「漏えい量」の報告義務
「フロン排出抑制法」が2015年4月1日に施行されてから間もなく1年が経過する。今回の改正では業務用のエアコン・冷凍冷蔵機器の管理者には機器およびフロン類の適切な管理が義務付けられた他、一定の量フロンが漏えいした場合には国への報告が必要になった。環境省はこのほどこのフロン排出抑制法に関するセミナーを開催し、あらためて改正のポイントを説明するとともに、イオン、ローソンなどの企業が自社の対策状況について語った。(2016/3/24)

蓄電・発電機器:
薄くて曲がる太陽電池に新素材、電極の層を減らして製造工程を短縮
東京大学の研究チームが有機薄膜による太陽電池の新しい製造方法を開発した。薄くて透明な太陽電池を構成する電極の層を減らして製造工程を簡略化できる。電極の素材に従来のインジウムに代わってニオブを採用した。レアメタルの中でも生産量が多くて価格と供給量が安定している。(2016/1/28)

建物の壁面や窓ガラスにも設置が可能に:
酸化チタンを透明電極に用いた有機薄膜太陽電池
東京大学の特任教授を務める松尾豊氏らの研究グループは、酸化チタンを透明電極に用いた有機薄膜太陽電池を開発した。少量のニオブを混ぜた酸化チタン薄膜とすることで、電子のみを選択的に捕集することに成功した。(2016/1/27)

蓄電・発電機器:
来るか水素社会、見えない炎を捉えるパナソニック
パナソニックは「エコプロダクツ2015」で水素ステーション用の炎検知センサーなど、水素社会の実現に向けた同社の水素関連製品を複数展示した。純水素燃料電池のコンセプトモデルや水素メーターなど、水素が本格的に普及した将来を見据えた製品のコンセプトも披露している。(2015/12/16)

法制度・規制:
日本の温室効果ガス排出量が3%減る、電力の削減効果が大きく
2014年度に国全体で排出した温室効果ガスは前年度と比べて3.0%少なくなった。特に電力消費量の減少と発電設備の改善によるCO2の削減効果が大きかった。原子力発電所が運転できない状態でも、石油火力の減少と再生可能エネルギーの増加でCO2排出量は減らせる。(2015/11/27)

福田昭のデバイス通信 IEDM 2015プレビュー(6):
ナノワイヤと非シリコン材料で「ムーアの限界」を突破
今回はセッション13〜15の概要を取り上げたい。セッション15では、「モア・ムーア(More Moore)」と「モアザン・ムーア(More Than Moore)」の両方に関する研究成果が発表される。「モアザン」については、フランスの研究チームが折り曲げ可能なCMOS回路を紹介する。(2015/11/13)

SiC、GaNを追う、第3の次世代パワー半導体:
酸化ガリウムエピウエハー開発成功、事業化へ
情報通信研究機構、東京農工大学、タムラ製作所らの研究チームは、次世代パワーデバイス材料として有望な酸化ガリウムエピウエハーの開発に成功したと発表した。(2015/10/22)

知財ニュース:
ダイキンが新冷媒の特許を無償開放、HFC-32採用空調機器の市場拡大へ
ダイキン工業は、新冷媒として注目されている「HFC-32を用いた空調機」に関する特許を無償開放する。新冷媒採用空調機器の市場拡大を促す。(2015/9/11)

法制度・規制:
環境負荷の少ない次世代冷媒、ダイキンが特許を無償開放
空調機などにおいて熱を運ぶ役割を担う冷媒は、一部の種類がオゾン層の破壊や地球温暖化につながるとして世界的に規制の強化が進んでいる。そこでダイキン工業は地球温暖化影響の少ないとされる「HFC−32」冷媒を用いた空調機の製造や販売に関する93の特許を、全世界に無償開放する。(2015/9/11)

空気で除菌・脱臭:
PR:悩める男女の救世主になるか?――衣類エアウォッシャー「ラクーン」を社内に置いてみた結果
夏場、とくに気になる臭い。もし自分から嫌な臭いがしていたら……それを“なかったこと”にしてくれるのが、AQUAから登場した「ラクーン」です。そんな便利アイテムがITmediaのオフィスにやってきました。(2015/8/7)

Googleストリートビューカー、大気品質測定センサー搭載へ
Googleがマップ作成用に走らせているストリートビューカーに大気中のオゾンや有機化合物などを測定できるセンサーを搭載する実験を開始した。大気品質マップ作成の土台になるという。(2015/8/3)

PR:ユーザーに管理義務、こうすれば解決「フロン対策」
東京都内で開催されたフロン排出抑制法対策セミナー「いまからはじめる!フロン排出抑制法対策〜空調機器の点検義務化に賢く対応するポイント〜」では環境省の担当者の他、ダイキン工業とダイキンエアテクノが講演。フロン排出抑制法に従う効率的な手法を紹介した。(2015/7/23)

法制度・規制:
「オゾン層」と「地球温暖化」、地球を守る2つの基準で進むフロン類の規制
フロン類の排出規制が広がりを見せている。世界的な規制強化の動きに合わせて日本でも2015年4月から「フロン排出抑制法」が施行。幅広い用途で利用されている冷媒の在り方に注目が集まっている。(2015/6/30)

PR:ユーザーに課せられた「フロン排出抑制法」の義務、心地よさを提供するダイキンエアテクノが解消
2015年4月1日に施行されたフロン排出抑制法により、メーカーのみならずユーザーにも義務が課せられた。病院や学校などの施設では、専任者がいないため、どのように対応したらよいのか、不安が広がっている。3つの強みを生かしたダイキンエアテクノのサービスが役立つ。(2015/6/11)

これで仕事帰りの居酒屋も:
ハイアール、オゾンでニオイを消す衣類エアウォッシャー「ラクーン」を発売
ハイアールが、オゾンで衣類を洗う洗浄装置を発売する。スーツやジャケットなど水洗いが難しいものについたニオイを消臭できる。直販価格は8万4240円(税込)。(2015/6/2)

家電業界の孫正義?:
「R2-D2」と登場した業界の革命児 これがハイアールの目指す新時代の家電だ
「新しい価値の提供」を注力するハイアールアジアの伊藤社長が、新製品を発表。映画「スター・ウォーズ」に登場する「R2-D2」型の冷蔵庫もお披露目された。(2015/6/2)

法制度・規制:
自然冷媒でも“冷えて省エネ”は可能か、環境省がコンビニで実証実験
環境省は2015年6月1日から、フロン類を使用せず自然冷媒を使った冷凍冷蔵機器を利用して、従来通りの“冷え”と温室効果ガスの削減を両立できるかどうかを試す、実証実験を行う。(2015/5/27)

いまさら聞けない 電装部品入門(18):
カーエアコンの冷房はなぜ冷えるのか(前編)
夏場のドライブで大活躍するカーエアコンの冷房機能。一体どういう仕組みで冷やすことができるのか前後編に分けて紹介する。前編で説明するのは、冷房機能に必要不可欠な冷媒と、冷媒を使って冷やすための冷凍サイクルの全体像についてだ。(2015/5/7)

材料技術:
代替フロンの代替冷媒に対応するカーエアコン用ホース
横浜ゴムは、カーエアコンの次世代冷媒として欧州で普及が進んでいる「HFO-1234yf」に対応するカーエアコン用ホース「AC6B 11」を開発した。(2015/5/1)

法制度・規制:
温室効果ガス増加、火力発電と代替フロンが要因
環境省と国立環境研究所は、2013年度の日本の温室効果ガス排出量の確定値を発表した。総排出量は14億800万トン(二酸化炭素換算)で前年度比1.2%増加した。また2005年度と比較しても0.8%の増加となっている。(2015/4/22)

匂いや、菌、ウイルスを元から分解!:
マクセル、除菌消臭器の新型「オゾネオ」を追加投入――3倍量の低濃度オゾンとイオン風を発生
日立マクセルは、低濃度オゾン除菌消臭器「オゾネオ」(MXAP-AR200)シリーズを発表した。価格はオープンで、市場想定価格は9980円前後(税別)。(2015/4/15)

センシング技術:
体の熱や動きで駆動するウェアラブル医療モニター、米研究チームが開発に本腰
米国の研究チームは、環境発電(エネルギーハーベスト)を利用するウェアラブル医療モニターの開発を進めている。体温や身体の動きを利用してフレキシブルセンサーを駆動し、生体信号をモニタリングすることを目指すという。(2015/4/15)

工場管理者も注意:
工場の「フロン」管理できていますか? フロン排出抑制法開始
2015年4月1日から「フロン類の使用の合理化および管理の適正化に関する法律」が開始された。従来法と異なり、フロンを使用する機器のユーザーにも管理義務が生じることが特徴だ。(2015/4/6)

法制度・規制:
フロン排出抑制法開始、空調機器管理者が気を付けるべきこと
フロン改修・破壊法が改正され、「フロン類の使用の合理化および管理の適正化に関する法律」が2015年4月1日からスタートした。今回の改正により、地球温暖化とオゾン層破壊の原因となるフロン類の排出抑制のため、業務用のエアコン・冷凍冷蔵機器の管理者には機器およびフロン類の適切な管理が義務付けられた。また一定の量フロンが漏えいした場合にも報告が義務付けられている。(2015/4/1)

FAニュース:
工場排水の再利用を安価に実現、全量リサイクルに道
三菱電機は、東京都内で開催した研究開発成果披露会において、工場排水や下水を安価に再利用できる「気液界面放電による水処理技術」を説明。今後は、1日当たり1000トンの排水処理が可能な装置の開発を進め、2018年度の事業化を目指す。(2015/2/23)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
「コトン」が世界最小の“ハンディー洗濯機”である確かな理由
一見、整髪料の缶にしか見えない「コトン」。ハイアールアジアが発表したユニークなモバイルアイテムは、本当に洗濯機といえる効果があるのだろうか。その仕組みと効果について詳しい話を聞いた。(2015/1/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。