ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PlayStation Plus」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PlayStation Plus」に関する情報が集まったページです。

SIE、「PS Plus」リニューアル後の提供タイトルを一部公開
ソニーインタラクティブエンタテインメントは、6月2日にリニューアルするPlayStationユーザー向けサブスクリプションサービス「PlayStation Plus」で提供するタイトルの一部を公開した。(2022/5/17)

売上高10兆円が目前:
ソニーG、営業利益が初の1兆円超え 映画・音楽が好調
ソニーグループは5月10日、2022年3月期通期の連結決算(国際会計基準)を発表。売上高は9兆9215億円(前期比10%増)、本業のもうけを示す営業利益は1兆2023億円(26%増)となり、いずれも過去最高を更新した。(2022/5/10)

PS Plusの定額制ゲームサービス、6月1日から開始へ 月額1300円で数百本のゲームタイトルが遊び放題に
Xbox Game PassのPS版!(2022/4/23)

ソニーと任天堂、英国でオンライン有料サービスの自動継続方法を改善
英競争当局の調査を受け、ソニーと任天堂は同国での有料オンラインサービスの更新方法を改善した。サービスを使わなくなったユーザーがうっかりサブスク料金を払い続けることを回避しやすくなる。(2022/4/14)

「ちいかわ」とファッションセンターしまむらがコラボ! 大量のアイテムでワワワー!
ラインアップが超充実…ってコト…!?(2022/4/1)

ウクライナ首都の呼称を「キエフ」から「キーウ」に変更 ロシア語読みからウクライナ語読みに
首都以外の地名もウクライナ語による読み方に基づく呼称に。(2022/3/31)

サダタローのゆるっと4コマ劇場:
「PlayStation Plus」の新サブスクプラン、レトロゲーム好きマンガ家を悩ませる
「PlayStation Plus」のリニューアルでレトロゲーム好きにはうれしいプランも登場。それでも悩んでしまうポイントとは?(2022/3/31)

集英社がニュースサイト「集英社オンライン」立ち上げ 『こち亀』を毎日無料で読める「毎日こち亀」など配信
これは毎日見ちゃう。(2022/3/31)

「ラストオリジン」の画像を盗用したNFTコインが発行され公式が注意喚起 元関連会社の職員による犯行か
なんと……。(2022/3/31)

スケールアップして帰ってきた秋葉原のマクドナルドに、バーガーキングがまたも縦読み広告で煽る 「店のデカさより大事なこと」
そう来たか……!(2022/3/31)

「券売機じゃない松屋」だと? タッチパネル方式の店舗に注目 なんという“今どき”な松屋……
現在は5店舗が対応。(2022/4/1)

「好きすぎます」「綺麗な音色が聴こえてきそう」 春夏秋冬を“記録”した透明なカセットテープがすてき
春夏秋冬のベストアルバム。(2022/3/31)

スポーツ用品メーカー「ミカサ」がエレンの誕生日をお祝いしTwitterで話題に 違うお前じゃない
エレン「誰?」(2022/3/31)

スーパーマリオが人生ゲームに! コインやスターを獲得し、ミニゲームを制してクッパに挑め!
マリオ、ルイージ、ピーチ姫、ヨッシーを選べます。(2022/3/31)

「PS Plus」が大幅リニューアル PS・PS2・PS3・PSPタイトル含む数百本がプレイし放題になるプランを用意 一生遊べるじゃん……
プランは3種類で、1カ月850円から。(2022/3/30)

「PS Plus」がリニューアル 初代プレステやPS2、PSP、PS3など旧世代機のタイトル最大240本がプレイ可能に
SIEは、6月にサブスクリプションサービス「PlayStation Plus」をリニューアルする。クラウドゲーミングサービス「PlayStation Now」と統合し、新たに3つのプランを設ける。(2022/3/29)

セガ、「バーチャファイター eスポーツ」正式発表! PS4とアーケードで6月1日から順次リリース、PS Plusでフリープレイも
10年待ってた!(2021/5/27)

製造マネジメントニュース:
モビリティとIoTセンシングを新たな成長のカギに、ソニーの経営戦略
ソニーグループは2021年5月26日、経営方針発表会を開催。ソニーグループと直接つながる人を現在の1億6000万人から10億人に拡大する他、「モビリティ」と「IoTセンシング」領域の技術開発を強化し、新たな価値創出を目指す方針を示した。(2021/5/27)

PS用ソフトが最大80%OFFの「Days of Play」セール開始 「ドラクエ11S」35%OFF、「Ghost of Tsushima」50%OFFなど
今回はヨドバシやAmazonなどのECサイトや店頭販売も対象に。(2021/5/27)

本田雅一の時事想々:
最高益1兆円のソニーにも、忍び寄る半導体不足の影 インテル“再参入”で状況は変わるか
純利益が1兆円を突破したソニー。PS5が好調だが、半導体不足が影を落としそうだ。最先端の半導体生産は台湾TSMCの独壇場。世界中のハイテク企業が頼らざるを得ない状況だ。インテルがファウンダリに復帰することで、状況は変わるのか。(2021/5/2)

製造マネジメントニュース:
ソニーは最終利益1兆円超えでも慎重に、2021年度は減益見通し
ソニーは2021年4月28日、2021年3月期(2020年度)の業績を発表。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を逆に追い風とし、売上高、営業利益、純利益などの主要指標で過去最高を達成する好業績となった。(2021/4/30)

超太っ腹! SIE、ステイホーム支援で「Horizon Zero Dawn」や「The Witness」など10タイトル無料配布へ
人類はパズルから逃げられない。(2021/3/18)

PlayStation Plusのフリープレイに「FF7 REMAKE」登場!
(2021/2/26)

【寄稿】狂気のパズルゲーム「The Witness」をクリアして、文字通り“世界の見え方”が変わる体験をした話
ねとらぼ副編集長・池谷による勝手に寄稿(転載)シリーズ。2本目は、これまた現在(12月25日時点)セール中の傑作パズルゲーム「The Witness」をオススメする記事です。(2020/12/25)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「Fall Guys」のプレイをレポートする
感想「このゲームやっぱり出るわ脳汁が」(2020/12/24)

サダタローのシェアさせていただきますR:
「PS5」ゲームの設定に目を丸くした漫画家、つい「〇」ボタンを押してしまう
一般の家庭に近い環境でじっくりとPS5をプレイし、ゲーマー目線の感想を漫画にしてほしいと依頼を受けた漫画家のサダタローさん。6畳間の4Kテレビでプレイして一体何を思ったのでしょうか。え、専用用語が分からない?(2020/11/22)

PS5で「PS Plus」に入るとPS4の代表的なゲーム20タイトルを追加料金なしで遊べる
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは10月29日、PlayStationの定額制オンラインサービス「PlayStation Plus」(月額850円)でPS5向けに11月12日から提供するサービスの内容を発表した。(2020/10/29)

PS5のシステム機能を公式が公開 自動でネタバレに警告してくれる「ネタバレ防止機能」も
動作がキビキビしていて快適に遊べそう。(2020/10/16)

「PS5では99%以上のPS4ゲームをプレイできる」 ソニーが後方互換性について説明
PS4のみでプレイ可能なタイトルのリストも公開。(2020/10/10)

「プレイステーション5」が11月12日に発売 通常モデルは4万9980円、デジタル・エディションは3万9980円
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、「プレイステーション 5」を11月12日に発売する。(2020/9/17)

PS5に「FF XVI」「デビル メイ クライ 5」など 開発中タイトルは33に 
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは9月17日、次世代ゲーム機「PlayStation 5」の発売日や価格とともに、5つの開発中タイトルを発表した。スクウェア・エニックスの「FINAL FANTASY XVI」などが含まれる。(2020/9/17)

PS5は4万9980円 11月12日発売 デジタル・エディションは3万9980円
PS4の人気タイトルをPS5でダウンロードして遊べる「PlayStation Plusコレクション」も発表。(2020/9/17)

朗報ですわよ! 「ストリートファイターV」「PUBG」がPS Plus 9月のフリープレイに 「Fall Guys」はまもなく終了
大型対戦ゲームが無料に。(2020/8/27)

すい星のごとく現れた覇権バトロワゲー「Fall Guys」はなぜここまで流行したのか?
ポイントは「分かりやすさ」と「勝てそう感」。(2020/8/20)

ソニー、ゲーム・金融以外で新型コロナ悪影響 21年3月期予想で純利益12%減へ
ソニーの2020年度第1四半期連結決算は、売上高、営業利益ともに前年同期とほぼ同じ結果となった。ゲーム事業が業績に貢献した一方、他事業は新型コロナの影響による業績不振で、通期予想の純利益は前期比12.4%減と見込んでいる。(2020/8/4)

「デス・ストランディング」60%OFF、本体購入でゲーム1本分無料など、「Days of Play 2020」スタート
「PlayStation Plus 12ヶ月利用権」は自動的に4カ月分延長。(2020/6/4)

製造マネジメントニュース:
新型コロナでもソニーの基軸は「人」、イメージング&センシングでNo.1目指す
ソニーは2020年5月19日、2020年度の経営方針説明会を開催した。次世代機PS5の市場投入が期待されるゲーム関連事業に加え、マイクロソフトとの協業を発表したセンシング事業などの説明を行った。(2020/5/21)

PS4「アンチャーテッド コレクション」「風ノ旅ビト」が4月16日から無料配信 SIE公式も「Play At Home(家でプレイステーションしてろ)」
家でプレイステーションしてろ(意訳)。(2020/4/15)

家でプレイステーションします! PS Plusのフリープレイに「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」が追加
引きこもりがはかどる。(2020/4/2)

ソニー、3Dペイントソフト「Tilt Brush」の「PS VR」版を2189円で発売
Googleが開発し、「HTC Vive」や「Oculus」シリーズでは利用できた3Dペイントソフト「Tilt Brush」がソニーの「PlayStation VR」(PS VR)でも利用できるようになった。アプリストアで2189円(税込)で発売された。(2020/3/30)

PS4「モンスターハンター:ワールド」がフリープレイで無料配信 追加ソフト「アイスボーン」も40%引きに
いきなりきた!(2020/3/18)

PS Plusのフリープレイに「ソニックフォース」「ワンダと巨像」 話題作「Dreams Universe」のサントラ&アートブックも
映画の予習をしよう。(2020/2/27)

モバクソ畑でつかまえて:
オン対戦だけが格ゲーじゃない “非格ゲー民”でも楽しめた「グラブル ヴァーサス」RPGモードの新しい可能性
モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人、怪しい隣人さんによるスマホゲームコラム。今回は「グラブル ヴァーサス」のRPGモードが面白かった、という話です。(2020/2/16)

【Amazonプライムデー】PS4 ProやNintendo Switch、PCエンジンminiも! お得なゲーム関連セールまとめ
PCエンジン miniはAmazon限定販売ですよ!(2019/7/15)

ソニー、ゲームの会員制サービス「PS Plus」を値上げ 1カ月利用権は514円→850円に
ソニー・インタラクティブエンタテインメントが、ゲームの有料会員サービス「プレイステーション プラス」(PS Plus)の利用権を値上げすると発表した。(2019/5/31)

PlayStation Plus、8月から料金改定 1カ月利用権は300円以上、3カ月利用権は800円以上の値上げ
12カ月利用権の価格は据え置きとなっています。(2019/5/31)

PlayStation NetworkのID変更機能、11日リリース 初回のID変更は無料
待望の機能。(2019/4/10)

製造マネジメントニュース:
ソニーの3Q決算は“実質”減収減益も、2020年代見据えた攻めの布石
ソニーは2019年3月期(2018年度)第3四半期の決算を発表。第3四半期(単独)の業績は、売上高は前年同期比10%減の2兆4018億円、営業利益は同7%増の3770億円、税引前利益は同1%減の3405億円、四半期純利益は同45%増の4290億円と減収増益となった。(2019/2/4)

PS4向け「PUBG」、海外版を12月7日に配信
人気バトルロイヤルゲーム「PUBG」のプレイステーション 4版が発表。海外向けに12月7日から配信。(2018/11/14)

「プレイステーション クラシック」に内蔵されてほしい残りの“推し15本”を選んでみた
いまのところ判明しているのは「ワイルドアームズ」「JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻」「鉄拳3」「ファイナルファンタジーVII インターナショナル」「R4 RIDGE RACER TYPE 4」の5タイトル。(2018/9/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。