ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Powerset」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Powerset」に関する情報が集まったページです。

Next Wave:
実用化目前のセマンティック検索とビジネスへのインパクト
検索目的の細分化や多用途化によって従来のキーワード検索では限界が見えてきた。新たな検索技術に求められるのは、利用者のニーズを正確に把握する技術と検索対象の情報の中身を正確に理解する技術。そんな中、セマンティック検索技術が実用段階に入ってきた。(2009/6/25)

Googleよりも賢い(?)ナレッジエンジンが5月に登場
理論物理学者スティーブン・ウルフラム氏の「Wolfram|Alpha」は、「円周率の300けた目は?」といった質問に答えてくれるという。(2009/3/9)

Microsoftのオープンソース戦略――基本姿勢は変わらず
Microsoftはオープンソースコミュニティーとの窓口を担当する責任者としてロバート・ダフナー氏を指名した。ダフナー氏はMicrosoftのプラットフォーム/オープンソースソフトウェア戦略のシニアディレクターという重責を担う。IBMおよびBEA出身の同氏は、独自色を発揮するとみられるが、Microsoftの基本姿勢は変わらないようだ。(2008/12/16)

SearchWikiへの対抗か:
Windows Live Searchの新ブランドは「雲」?
Microsoftが「Kumo.com」というドメインを取得した。新発表するとみられるWindows Live Search機能のブランド名として「Kumo」が採用されるのではないかという憶測が広がっている。(2008/11/25)

MicrosoftがApacheConで相互運用性の取り組みをアピール
Microsoftのオープンソース戦略を率いるサム・ラムジー氏は、Apache Software Foundationの「ApacheCon」カンファレンスで、相互運用性とオープンソースソフトウェア分野における同社の取り組みについて語った。(2008/11/10)

デジタル革命の原動力となる7つの「破壊的トレンド」
Webサービスを変革させる注目技術はどんなものだろうか。次を制するのはGoogleかMicrosoftか、それともSalesforce.comか。(2008/10/24)

セマンティック検索のHakiaがサイトをリニューアル
GoogleやYahoo!、Microsoftといった大手検索エンジンとの差別化を図ることが狙いだというが、実際のところは――。(2008/10/7)

「Live Search+Powerset」はGoogleキラーになれるか?
Powerset技術を組み込んだLive Searchは、一部ブロガーには酷評されている。Googleキラーとは思えないが、Live Searchを改善するにはいい方法だ。(2008/9/19)

MS、Live SearchにPowersetの技術を取り入れ
MicrosoftはPowersetのセマンティック技術などを利用して、Live Searchの検索結果を改善しようとしている。(2008/9/18)

忙しい月:
Microsoftが7月に行った10の良いこと
わたしはMicrosoftに対して寛容になってきたのかもしれないが、Vistaのマーケティングが青息吐息の状態だからといって、Microsoftがいつもヘマをしているわけではない。事実、7月は同社にとって素晴らしい1カ月だった。(2008/8/2)

海外ダイジェスト(7月2日)
Microsoftが自然言語検索のPowersetを買収、iPhone 3Gの米国での発売詳細が発表、ほか。(2008/7/2)

MS、自然言語検索のPowersetを買収
「Googleキラー」の1社と目されるPowersetを、Yahoo!の検索事業買収を断念したMicrosoftが買収する。(2008/7/2)

Powerset、「質問の答え」を見つけてくれる検索エンジンをβ公開
「who is ?」といった平易な文章による質問に答えてくれる検索エンジンが公開された。まずはWikipediaとFreebase上の情報のみを対象とする。(2008/5/13)

次世代検索の行き先:
検索は次なるイノベーションを巻き起こすのか
検索の進化が人々の生活様式を変えたように、検索テクノロジーの進化とイノベーションは隣り合わせにある。次世代検索が示すテクノロジーは次なるイノベーションを巻き起こすのか。(2007/11/26)

Googleキラー始動? 自然言語検索のPowersetが限定公開
自然言語検索のPowersetが、ユーザーのフィードバックを募るためのコミュニティー「Powerset Labs」を招待制で公開した。(2007/9/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。