ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ペンパイナッポーアッポーペン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ペンパイナッポーアッポーペン」に関する情報が集まったページです。

ピコ太郎、日立の“PPAP全面禁止”に乗っかって悪ノリ 対抗しての「日立の樹」替え歌がもはやホラー
画にすると結構怖い。(2021/1/22)

金融庁が抱える課題とは:
金融庁、DX人材を公募 「人間の力だけでは不正を見抜けない、金融庁も高度化する」
「金融DX」の推進を掲げている金融庁だが、金融庁がつかさどる行政手続きのうち、オンラインで対応可能な手続き種類は8.8%にとどまっている。金融機関との行政手続きの完全電子化を推進するため、DXに取り組む専門人材の公募を実施する。金融庁が抱える課題と、どのようにDXを進めていこうとしているのかについて、金融庁総合政策局の稲田拓司氏に伺った。(2021/1/14)

エイベックス、中国bilibiliとライセンス契約 J-POPのMVを提供 日本の大手レーベルで初
エイベックスが中国の動画配信サイト「bilibili」を運営する上海寛娯数碼科技有限公司とミュージックビデオ(MV)のライセンス契約を締結した。(2021/1/13)

大混乱から未来志向の2021年へ:
DXとセキュリティ、インシデントに対峙するトップの姿……コロナ禍だけではなかった2020年を振り返る
年末は一年を振り返って「いろいろなことがあった」と感慨深くなりがちですが、こと2020年は日本企業のIT担当の皆さんにとっては劇的に環境が変わった一年だったのではないでしょうか。今年の人気記事ランキングを集計してみたところ、「本当にいろいろあった」ことが分かりました。(2020/12/30)

キャリアニュース:
「社内に非効率な商習慣が存在する」と8割が回答、PPAPも8割が受信
アドビが「社内ルールや商習慣に関する実態調査」の結果を発表した。「社内に非効率な商習慣が存在する」と80.6%が回答し、セキュリティの面から廃止の動きがあるパスワード付き添付ファイルを82.0%が受信していた。(2020/12/24)

パスワード付ZIPメール:
「Pマーク取得に必要だから」は都市伝説? “PPAP”をめぐる謎を、名付け親に聞いた
霞が関で廃止の方針が固まった「PPAP」。多くの企業で「プライバシーマークの取得やISMS認証に必要だから」といった理由から横行してきた、といわれていますが、なぜPPAPは筋がよくないのか。名付け親に聞きました。(2020/12/17)

PPAP問題:
「問題は出ていない」 パスワード付きZipを“受信拒否”したfreee、決断の理由
メールでパスワード付きZipファイルを送信し、追ってパスワードを送る「PPAP」を見直す動きが出ている。freeeは12月から、パスワード付きZipファイルを受信しないようにした。(2020/12/8)

デジタル化へ問われる具体策 アイデア4000件、実現にハードルも
国民の意見を取り入れるため、政府が開設した「デジタル改革アイデアボックス」にはすでに4000件を超える意見が寄せられており、政府も前向きに取り組んでいく方針だ。ただ、ネット投票など実現に向けてはハードルが高いものもあり、政権の本気度が問われそうだ。(2020/11/30)

内閣府と内閣官房で脱“パスワード付きZIP”運用を開始 ファイル送信は内閣府のストレージサービス活用
内閣府と内閣官房がパスワード付きZIPファイル送信時の新ルールの運用を開始。今後、外部へのファイル送信には主に共有ストレージを活用する。(2020/11/26)

ピコ太郎? パスワード付きZIPメール、なぜ「PPAP」と呼ばれるの?
ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン」(PPAP)は4年前に流行した。今、廃止が取り沙汰されているパスワード付きZIPメールの“セキュリティしぐさ”もPPAPと呼ばれる。なぜそのような呼称がついたのだろうか。(2020/11/24)

パスワード付きzip、内閣府と内閣官房で26日から廃止へ 外部ストレージサービス活用 平井デジタル相
平井卓也デジタル改革担当相がメールでパスワード付きファイルを送り、パスワードを別送する方法(いわゆるPPAP)について、11月26日から内閣府、内閣官房で廃止すると発表した。今後、外部ストレージサービスなどを活用し、ファイルを外部と共有する。(2020/11/24)

半径300メートルのIT:
「ZIPで送ります。パスワードはあとで送ります」は、一体なぜダメなのか
政府や企業が相次いで、メール送信時における「パスワード付きZIPファイルの添付」の廃止を検討しています。パスワード付きZIPファイルの添付をなんとなく「悪いこと」とは理解しつつも、厳密に「何が悪いのか」が分からない方に向け、理由を説明します。(2020/11/24)

“PPAP”の代替手段は「アイデアボックス」で募集へ 平井デジタル相
平井卓也デジタル改革担当相がメールでパスワード付きファイルを送り、パスワードを別送する方法(いわゆるPPAP)の代替手段について、政府の意見募集サイト「デジタル改革アイデアボックス」で募集する方針を示した。(2020/11/20)

“Pマーク”認証団体が見解 パスワード付きファイルのメール送信は「以前から推奨していない」
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が、パスワード付きファイルのメール送信について、誤送信した場合に情報の漏えいを防げないなどとして「以前から推奨していない」とする公式見解を発表した。(2020/11/19)

政府の「アイデアボックス」投稿をTwitterで共有 「パスワードZIP全廃」に危機感抱いた個人が開発
デジタル化推進についての意見を国民から募る「デジタル改革アイデアボックス」のアイデアが基でパスワード付きZIPメールの廃止が決まったが、これに危機感を抱く人も。個人開発者の矢野さとるさんは、「重要な政策はもっとオープンに議論すべき」と、アイデアボックスの内容をTwitterに自動投稿するアカウントを始めた。(2020/11/18)

半径300メートルのIT:
あなたのドメインでメール運用を始めたら、終わらせるときのことも考えてみよう
テレワークによりチャットツールやWeb会議システムの導入が進み、メールの廃止を検討する企業も少しずつ増えてきたのではないでしょうか。今回は、そのための障害となる独自ドメインについて考えてみましょう。(2020/11/17)

ナイスパンチ! 前園真聖、やんちゃすぎるイメチェンに反響 「サブちゃん」「ピコ太郎」「鼠先輩お久しぶり」
どうしてこうなった。(2020/10/26)

「怖い」だけでは対処できない新しい潮流:
徳丸氏と振り返る「結局テレワークで何が危なかったのか」インシデントの真因、これからの前提
突然やってきた「強制テレワーク」でセキュリティはどう変わったか。Zoomの安全性はどのくらい「まとも」なのか。テレワークの現状と実際に起こった日本国内でのインデントから何を学べばよいか。セキュリティの専門家、徳丸 浩氏の講演かから、これからのセキュリティの「前提」をアップデートしよう。(2020/10/15)

政府の意見募集サイト「デジタル改革アイデアボックス」盛況 3日で900以上の意見集まる
デジタル化推進についての意見を、政府が国民から募る「デジタル改革アイデアボックス」。3日で1200人以上が登録し、900以上のアイデアと、1300以上のコメントが寄せられるなど、賑わいをみせている。(2020/10/12)

半径300メートルのIT:
猛威を振るう「Emotet」、いま私たちに何ができるのか
活動期と休止期を繰り返すことで知られるマルウェア「Emotet」は現在、日本企業をターゲットに猛攻を仕掛けてきています。2020年夏の活動期には、これまでになかった攻撃のパターンが観測されました。従来の「マクロを仕込んだWordファイル添付」から「パスワード付きzipファイル」に送付手段が変わったのです。日本のビジネスの脆弱性をよく理解した、狡猾な攻撃者がいるようです。(2020/9/8)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(26):
個人情報はどんな場合でも公開しちゃダメよね?
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第26列車は、初秋の特別列車「個人情報とは何か」の第3弾です。(2020/9/3)

古坂大魔王が明かす YouTube登録者数を増やす秘訣
「みんながやっていること」を押さえるのが大切。(2020/8/2)

半径300メートルのIT:
セキュリティ的に意味なし “旧ノーマル”な職場にはびこる習慣、その名も「PPAP」を知っていますか
テレワークやクラウド化が進む昨今、職場や生活の“ニューノーマル”として、今までのIT運用や習慣を見直す動きが出てきています。そこで今回、職場の“セキュリティ対策”とされている習慣のうち「実はそれ、セキュリティ的に意味がないんです。いらないんです」と言いたいものを2つご紹介しましょう。皆さんも、実はよく知っているかも――?(2020/6/23)

いまさら聞けない自動車業界用語(1):
コロナ禍で止まった世界中の自動車生産、改めて考えたい「BCP」
このコラムでは、自動車業界に勤めている人にとっては当たり前だけど、他業界の人からするとさっぱり分からない、自動車業界専門用語を幅広く分かりやすく解説します。用語の意味だけでなく、業界全体の動向を絡めて説明していきたいと思います。記念すべき第1回目は、現在コロナ禍でも非常に重要な役割を果たしている「BCP」です。(2020/6/8)

「自家発電でテンションを上げるのは正直大変!(笑)」  古坂大魔王・作曲家「バグベア」がオンライン対談で「2020年注目の音楽」「リモートワークの本音」を語る
「PPAP」に隠された秘密も明らかに。(2020/6/6)

ピコ太郎の「PPAP」を欅坂46の「サイレントマジョリティー」手掛けた作曲家ユニット「バグベア」がミックス! 文化放送の「音楽で日本をアゲる!」生放送で「PPAP バグベアMix」オンエア
本家よりもアッパーな雰囲気でアゲアゲな「PPAP」に仕上がっています……!(2020/5/15)

みんなと過ごすおうち時間:
「おうち時間のお供にでもなってくれたら」 倖田來未や西島隆弘ら自宅でできる振り付け披露、あゆは自宅公開でTikTok
アーティストとしてできることなどを投稿。(2020/4/19)

「ゆるキャン△」リレーだ! 福原遥、“なでしこ”大原優乃からバトンを受けて「手洗いチャレンジ」動画を公開
はい、かわいい。(2020/4/8)

「狂気に満ちてますね」「顔、顔(笑)」 有吉弘行、挙動不審すぎる“手洗い”動画が完全にサスペンス
有吉さんらしい。(2020/4/7)

ピコ太郎、PPAP“手洗いVer.”公開 HandとSoapで「Wash! Wash! Wash!」
ペンパイナッポーアッポーペンじゃないと思いきや……!(2020/4/6)

「コイツみかんにペンぶっ刺してる……?」 あらぬ誤解を招くほどリアルな愛媛みやげ「みかんペン立て」が話題
みかんの感触まで再現。(2020/2/14)

ヤフーが広告用語で“大量の商標出願” 「先取りを防ぐため」「独占の意図はない」と説明
ヤフーがネット広告業界で広く使われている用語の商標登録を相次いで出願。同社は「独占の意図はない」「業界で広く使えるようにする」と説明。(2019/7/8)

お前もSUSHIに変えてやろうか! 古坂大魔王が三重高校ダンス部とコラボしたスシソングの新作MVが妙な中毒感
みんなSUSHIになる。(2019/5/24)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(30):
リレー(5) ―― 使用上の注意点 〜その2〜
今回は、リレーに関して、まだ説明していない注意点や実際に量産工程で使用する場合の保管、導入前の工程監査などについて説明し、接点を持つ部品についてまとめます。(2019/4/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
“片づけ”でアメリカンドリームをつかんだ「こんまり」と、ピコ太郎の共通点
ベストセラー『人生がときめく片づけの魔法』で知られる近藤麻理恵氏が、Netflixで冠番組を開始し、世界で話題になっている。「こんまりメソッド」の盛り上がりを見ると、同じように世界で人気になった「ピコ太郎」との共通点が見えてくる。(2019/1/24)

実はハイテク? 若者に人気の動画アプリ「TikTok」は何がすごいのか
若者を中心に人気の口パク動画アプリ「TikTok」は他の動画アプリと何が違うのか。(2018/10/27)

平愛梨&長友佑都、有名な“塩ファサー”の店で満面の笑み浮かべた夫婦ショット公開 「バンビーノも上機嫌」
長友さんは“塩ファサー”をまねした動画まで撮っていました。(2018/9/1)

まさかのビッグイヤー! トルコの“塩ファサーおじさん”、レアル主将とファサー共演で再び脚光を浴びる
塩ファサードリーム。(2018/5/28)

「塩のかけかた男前やろ」 長友佑都、トルコの有名シェフまねた“塩ファサー”動画が120万再生の大反響
トルコに来たからには、やらざるを得なかった。(2018/5/1)

けしからんギリギリクオリティー! アキラ100%、振り子とのシンクロ率100%超えな新ネタ披露
お盆よさらば。ムチャしやがって……。(2018/3/20)

なぜ台湾人はハム太郎ソングでとっとこ走り回ったのか アニソンDJ界の流行「ハム太郎コール」、ルーツを探る
「ハム太郎とっとこうた」に合わせて台湾人が輪を作って走り回った動画が話題に。あの瞬間が生まれたのは、偶然だけではなかった。(2018/1/1)

「Yahoo!検索大賞2017」先行発表 流行語部門は「忖度」、スペシャル部門はあの棋士と「僕やり」女優
2017年にヤフーの検索数で急上昇した人物や作品を表彰するアワード。(2017/11/27)

「ちーがーうーだーろー!」も:
流行語大賞候補を発表 「うんこ漢字ドリル」など30語
「2017ユーキャン新語・流行語大賞」の候補となる30語がノミネート。「うんこ漢字ドリル」「ちーがーうーだーろー!」などが含まれた。(2017/11/9)

これは名曲の無駄遣い! YOSHIKI×ピコ太郎の「Forever PPAP」が謎のしっとり感
「アポペ〜〜〜ン! パイナポペェェ〜〜〜ン!」。(2017/9/5)

「妖怪惑星クラリス」βテスト当選メール、BCCとToを間違え個人情報が流出 運営はゲームアイテムで謝罪予定
……。(2017/8/24)

「ミュージシャンは食えない」ってホント? 元プロサックス奏者にあれこれ聞いてみた(前編)
憧れだけじゃメシは食えない。(2017/8/15)

古坂大魔王、15歳下のタレント安枝瞳と結婚 ピコ太郎の“愛する妻”も初公開で祝福4ショット
ピコ太郎さんの妻も初公開!(2017/8/4)

謎ランキングにマリリン・モンロー? 情報量ありすぎな高田馬場の名物青果商に話を聞いてみた
通り過ぎるだけでも突っ込みどころが満載。(2017/7/1)

ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催
(2017/6/20)

小池都知事、ノリノリである ピコ太郎さんとコラボした「PPAP」替え歌動画でダンスを披露
東京都のオファーで実現。(2017/5/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。