ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「価格比較」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「価格比較」に関する情報が集まったページです。

不評な顔認証も受け入れられる?
非接触型決済の最後の導入障壁とは
英国の価格比較サイトが行った調査により、非接触型決済に関するさまざまな消費者意識が浮き彫りとなった。非接触型決済が完全に主流となる条件とは? 身体にマイクロチップを埋め込むのは当たり前になるのか。(2018/10/24)

GoogleアシスタントでUberやLyftの配車が可能に(価格比較も可能)
Googleアシスタントに「サンフランシスコ国際空港までの配車をお願い」などと頼むと、複数のサービスの候補車をリストアップし、そこで選べる機能がまずは米国でスタートした。(2018/10/5)

ハイブリッドストレージではダメ?
価格比較の落とし穴 「オールフラッシュとHDDは同じ値段」に隠れた課題とは
フラッシュ技術のコストが安くならないと、利用を制限せざるを得ない場合もある。データセンターにおいてフラッシュシステムはどのように使用されているのか。オールフラッシュを購入すべき理由とは。(2017/7/4)

米Amazon、「実店舗内でのオンラインショップ利用を制御する特許」取得 ネットで価格比較する消費者対策
店舗内に無線ネットワークを設け、ネット利用を制御。(2017/6/19)

ホワイトペーパー:
【比較表】主要ターゲット型バックアップアプライアンス、機能・価格比較
Data Domain、StoreOnce、Quest DR、DXiといった4つの主要なターゲット型バックアップアプライアンス製品の機能と価格を1枚の表にまとめた。(2017/3/29)

アペルザ Aperza:
間接材に特化した価格検索サイトが正式リリース、調達購買の探す手間を大幅軽減
アペルザは、工業用資材の価格検索サイト「Aperza」をβ版サービスから正式サービスへと移行したことを発表した。収録製品数が既に数百万点にまで達しており、今後1年以内に1億点を目指すという。(2016/12/19)

FAニュース:
膨大な数の間接材、“探す手間”大幅削減「Aperza」
製造業向けネットサービスを展開するアペルザが、工業用資材の価格検索サイト「Aperza」を正式オープン。品目や品数が膨大で比較検討・選定が課題となっていた“間接材”の購買や調達をサポートする。(2016/12/12)

SIM通:
データプランは格安SIMの独壇場!キャリアとの価格比較
最近はMNPを見据えた「通話プラン」が注目されがちですが、今回はタブレット利用者や「LINEがあれば十分」という方向けに、データ専用プランに注目して料金を比較します。(2016/7/12)

価格比較サイト「coneco.net」が終了 開設から14年で
2001年オープンの価格比較サイト「coneco.net」が10月末で終了。(2015/10/2)

Mobile Weekly Top10:
Xperia Z4発売 気になるお値段と熱さ/ZやZ1がAndroid 5.0にアップデートできない理由
この夏注目のXperia Z4が3キャリアから発売となった。ランキングでは開封リポート&ファーストインプレッション、そして価格比較がワンツーを飾った。(2015/6/17)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
カカクコムの徹底した「ユーザー本位」、その鍵は情熱ある“オタク社員”にあった
価格比較サイトの先駆けとして90年代末に登場した「価格.com」は、いまや月間8億7000万ページビューという巨大サービスに成長した。その成長の裏側には一体何があったのだろうか。カカクコム・田中社長が語った。(2014/11/20)

「Microsoft Azure」、5月に大幅値下げへ AWSとの価格比較表公開
Microsoftが、AWSが26日に発表した大幅値下げに対抗し、Windows Azure(4月3日にMicrosoft Azureに改称)を値下げすると発表した。同社が作成したAWSとの料金比較表では、Azureの料金はAWSと同等もしくはより安価になっている。(2014/4/1)

「価格.com」で電子書籍の価格比較が可能に 紙の古本含めた最安値を表示
「価格.com」で複数サイトの電子書籍価格を比較できるようになった。中古の紙の書籍も含めた最安値を確認できる。(2014/2/28)

データベース移行事例
英価格比較サイトがMicrosoft SQL ServerからMongoDBに移行した理由
英価格比較サイトのComparethemarket.comは、データベースシステムの移行過程にある。同社がSQL Serverに代わってMongoDBを採用したわけとは?(2013/10/15)

ヤフー、家電の価格比較「コネコネット」運営会社を買収
家電の価格比較サイト「コネコネット」運営会社オセニック(旧ベンチャーリパブリック)をヤフーが買収。(2013/8/2)

Pargo調査:
米国人の1/3が小売店内でスマホを使った価格比較、5ドル以上の差があればAmazonで購入
米国では3人に1人が小売店内でもスマホを使った価格比較を行っており、5ドル以上差があればAmazonで購入するという。(2013/7/26)

ブログ紹介で作品を告知――電子書籍の献本サービス「KENPON」がスタート
電子書籍と紙書籍の価格比較・検索サービス「電子書籍サーチ」で、電子書籍の献本サービス「KENPON」がスタート。ブロガーに献本し、ブログの中で紹介されることにより、作品の認知度や売上の向上を図れる。(2013/5/29)

電子化されたら教えます 「電子書籍サーチ」にアラートメール機能
紙の書籍と電子書籍の価格比較ができるWebサービス「電子書籍サーチ」に新機能。ISBNに加え書籍名での検索が可能になり、気になる書籍の電子版情報が追加された際にメールで知らせる「アラートメール機能」も備わった。(2012/9/24)

Kindle Fireユーザーの半数以上がiPad 3への買い替えを検討中
家電価格比較ポータルサイトTechBargains.comのアンケート調査結果によると、Kindle Fireユーザーの58%が、Appleがまもなく発表予定の「iPad 3」への買い替えを検討しているという。(2012/2/22)

Amazon、価格比較アプリで1日限定割引プレゼント “リアル価格報告”機能も
米国ユーザーは、iPhoneおよびAndroidアプリ「Price Check」経由で12月10日にAmazonで買い物をすると、5%割引を受けられる。(2011/12/7)

教科書の購入・売却を有利に:
Amazon、新学期向けに「Amazon Student」iPhoneアプリをリリース
Amazonは、教科書の価格比較や不要になった教科書を買い取ってくれるiPhone/ iPod touch用アプリ「Amazon Student」をリリースした。(2011/8/16)

バーコードから最安値検索――「ショッピッ!」にAndroid版登場
商品のバーコードを読み取ると、最大25のECサイトで価格比較や購入ができる買い物サポートアプリ「ショッピッ!」のAndroid版が登場。Androidマーケットから無料でダウンロードできる。(2011/7/28)

価格比較:
ミドルクラス デジタル一眼、価格比較 2010冬
実売10万円を越えるミドルクラス製品は単純に価格だけをみれば決して安価とは言えないが、充実した機能を持つ製品が多く、実質的には一番のお買い得モデルがそろうクラスかもしれない。(2010/12/17)

価格比較:
エントリークラス デジタル一眼、価格比較 2010冬
ミラーレスタイプに注目が集まる昨今だが、充実した基本性能を持つデジタル一眼レフも引き続き、高い人気を誇っている。各社主要エントリークラス製品、特に人気のダブルズームキットについて、価格を比較する。(2010/12/16)

価格比較:
買い時は今?ミラーレス一眼、価格比較 2010冬
今年のデジカメ事情を語る際に忘れてならないのがミラーレス一眼の躍進だ。登場から時間が経過したために市場には多くの製品が出回り、また、年末商戦も近づき価格低下も見られるため、今が買い時といえる。(2010/12/10)

価格比較「Googleショッピング」公開
ECサイトを横断検索し、商品の価格比較ができる「Googleショッピング」がβ公開。(2010/10/28)

ハミングヘッズ、検索エンジン「Justy Finder」公開
ハミングヘッズが自社開発の検索エンジン「Justy Finder」を公開。サービス第1弾として家電やPCなどの価格比較検索をリリースした。(2010/9/8)

価格比較:
エコポイント活用、満足度の高い46V/47V型テレビ価格一覧
“価格比較”3回目は、46V型と47V型に注目。液晶テレビではプレミアムモデルの比率が高まり、プラズマテレビも選択肢が増えてくる。画質や機能は欲ばりたいが、出費はなるべく抑えたい――そんな人にぴったりのサイズだ。(2009/6/9)

2008年以降にDVD/HDDレコーダーを買った人は、3つの点を重視
DVD/HDDレコーダーを購入した人は、どのような情報を参考に商品を選んだのだろうか? C-NEWS編集部の調査によると、「小売店の店頭、店員」がトップだったが、最近では「価格比較サイト」などが増加傾向にあるようだ。(2009/2/24)

ネット利用者の10人に1人はミニノートPCユーザー――米PriceGrabber.com調査
米価格比較サイトPriceGrabber.comの人気ノートPC上位25機種のうち約半数がNetbookだった。(2009/1/30)

「2009 逆風に立ち向かう企業」カカクコム:
消費者の買い控え傾向は追い風だ
価格比較サイトを運営するカカクコムは、景気後退により買い控えが鮮明になりつつある消費者の「買い物を失敗したくない」という心理をすくい上げ、右肩上がりの成長を続けている。安田幹広取締役COOは「商品に対する消費者の目は鋭くなる傾向にあるが、これは追い風だ」と言い切る。(2009/1/6)

ひとりで作るネットサービス:
生活に密着すれば使ってもらえる――ガソリン価格比較サイト「gogo.gs」小川さん
ガソリンスタンドを見つけてはボイスレコーダーに価格を吹き込む。休日はそうしてガソリン価格情報を足で稼いだ小川さん。立ち上げたガソリン価格比較サイト「gogo.gs」は価格高騰と同時にアクセスが急増し、サイト管理に徹するため脱サラした。そんな小川さんのフットワークを支えるものとは?(2008/8/26)

ベンチャーリパブリック、初値は公開価格割れ
価格比較サイトなどを運営するベンチャーリパブリックが8月7日、大証ヘラクレスに新規上場し、公募価格(3000円)を6.6%下回る2800円の初値を付けた。(2008/8/8)

ベンチャーリパブリックがヘラクレス上場へ
価格比較サイト「coneco.net」などを運営するベンチャーリパブリックがヘラクレスに上場する。(2008/7/4)

最安値を求めさまよう:
ガソリンの価格比較サイトがダウン、ネットの弱点は変わらず
ガソリン価格の比較サイトにアクセスが集中している。原油高の昨今ドライバーが「最もお得なGSはどこ」と探し回るのも無理はない。(2008/4/5)

カカクコム、価格比較サイト刷新で検索エンジンの導入規模を拡大
ファスト サーチ&トランスファは、価格.comのリニューアルに際して、同社が提供するエンタープライズサーチプラットフォームの導入規模を拡大したと発表した。(2008/2/7)

悩めるCTOの行く年来る年:
システム開発は合宿で短期集中――ECナビ
常に新しいシステムの開発に追われるのはインターネット企業の宿命だ。価格比較サイトのECナビのシステム本部長に2007年を振り返り、2008年の展望を話してもらう。(2007/12/26)

「デジモノ以外でも使って」――価格.comリニューアル
価格.comが、ポップで分かりやすいサイトデザインにリニューアルした。従来のデジモノ好きユーザーだけでなく、女性を含めた幅広いユーザーに使ってもらえる「総合価格比較サイト」を目指す。(2007/10/1)

ニフティ、“価格比較+ブログ口コミ”のショッピングサイト
ニフティは、商品の価格比較と、商品について書かれたブログ一覧を確認できる「@niftyショッピング」を公開した。(2007/7/9)

「お店で価格る」が簡単に──ケータイでバーコード読み取り
携帯電話のカメラ機能でバーコードを読み取れば、商品に関する口コミのチェックや価格比較ができるiアプリ「価格バーコードサーチ」を、カカクコムが提供開始した。(2007/4/18)

ベンチャーリパブリック、iモード向けサイト「価格比較コネコ」をオープン
(2007/2/19)

第1回:レビュー
PR:ドキュメントスキャナの決定版――さらに進化した「ScanSnap S510」
スキャナという言葉から、ガラスの原稿台を持つ小型コピー機のようなフラットベッドスキャナを思い描く人は多いのではないだろうか。しかし、2007年1月現在、ユーザーの口コミレビューや価格比較の最大手サイトで最も人気のあるスキャナは、ドキュメントスキャナと呼ばれるものだ。その人気の理由をPFUの最新モデル「ScanSnap S510」から探ってみる。(2007/2/6)

口コミ&動画重視のSNS型購買支援「conecoクラブ」スタート
価格比較サイト「coneco.net」を運営するベンチャーリパブリックが、質の高い口コミと動画共有機能を重視した会員制コミュニティ「conecoクラブ」をスタート。(2007/2/1)

+D Shopping バイヤーズガイド「特別編」:
ネットで激安を狙うなら+D Shoppingにおまかせ
いまやネットショップあまたあり。全部にアクセスして価格を比べるのは難しい。そこで使うのが価格比較サイト。今回のバイヤーズガイドは記事と連動して価格比較ができる「+D Shopping」の使い方なのだ。(2006/10/20)

ラックマウントサーバ刷新で大幅なTCO削減を実現
サーバ1台あたり最大600万円のコストダウン
23万製品の価格比較情報を月間約842万人が利用するという「価格.com」を運営するカカクコムは、企業の成長に伴って増え続けるサーバ管理コスト、そして設置スペースの増大という問題を抱えていた。同社は、従来機種に比べて消費電力が少なく、2CPUで従来の4CPUモデルと同等のパフォーマンスを発揮する、インテルのデュアルコア(Woodcrest)搭載ラックサーバの導入を決定。設置スペースの削減だけでなく、1台あたりのSQL Serverライセンス料の大幅削減までを実現する見込みだ。(2006/9/19)

米Yahoo!、テクノロジー製品のレビューサイトを立ち上げ
「Yahoo! Tech」ではデジタル製品の価格比較や、専門家によるレビューを見ることができるほか、ユーザーが自分のレビューを登録することもできる。(2006/5/1)

“最適な家電”を推薦してくれるサイト――「教えて! 家電」
「家電量販店のように、最適な家電を選んでくれる」が売りの家電商品選択支援サイト「教えて! 家電」の説明会が11日行われた。価格比較サイトなどがカバーできなかった幅広いユーザーをターゲットにしたこの新Webサービスの仕組みとは?(2005/11/11)

日産「カーウイングス」にガソリン価格検索機能追加
日産のテレマティクスサービス「カーウイングス」向けに、IRI-CTがガソリン価格情報を提供する。携帯サイト「e燃費」のデータを元にした。(2005/10/18)

トランスコスモス、商品検索&価格比較サイトに参入
(2005/10/4)

米Yahoo!、Publisher Networkのβとショッピング用APIを公開
Yahoo!は、中小規模の出版社向けに対象を拡大したPublisher Networkのβと、価格比較ショッピングのデータを利用できるようにするAPI、2つのサービスを公開した。(2005/8/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。