ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「価格操作」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「価格操作」に関する情報が集まったページです。

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東海道新幹線「のぞみ」のビジネスパーソン向け「S Work車両」とは何か
JR東海は10月1日より東海道・山陽新幹線「のぞみ」号の7号車を「S Work車両」とし、9月1日より販売を開始した。期間は2022年3月31日まで。ビジネスパーソン向けの指定席として、座席通話、PCの打鍵音などを相互に許容し合う車両となる。ビジネスパーソンへの販促策だが、背景には乗客の多様化がある。(2021/9/3)

Amazonと反トラスト法【後編】
Amazonはなぜ訴えられたのか? 問題視された「最恵国待遇」(MFN)の意味
「GAFA」と呼ばれる巨大IT企業に対する訴訟が続く中、その一社であるAmazon.comが反トラスト法違反の疑いで提訴された。同社の何が問題だったのか。(2021/7/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
定期代が上がる!? 鉄道の“変動運賃制度”が検討開始、利用者負担は
鉄道で「変動運賃制度」の検討が開始された。そもそも、通勤通学定期券によるボリュームディスカウントは必要だったのか。鉄道会社の費用と収益のバランスが、コロナ禍による乗客減少で崩れてしまったいま、改めて考えてみたい。(2021/7/16)

Amazonと反トラスト法【前編】
「GAFA」はなぜ訴えられているのか? 「反トラスト法」違反訴訟が活発化
Amazon.comが反トラスト法違反で提訴された。最近になって、同社を含む「GAFA」と呼ばれる大手IT企業4社が相次いで訴訟に直面している。何が起きているのか。(2021/7/14)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ジオンの国力増強策から我々が学ぶこと
前回に続き、ガンダムの世界に登場するジオン公国とその系譜を題材に「国力」について考察する。まずは、ジオンの資源から見ていこう。(2018/12/19)

1年以内には不況に:
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のベルフォート氏が警告するビットコイン詐欺
映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のモデルとして知られる元株式ブローカーのジョーダン・ベルフォート氏は詐欺により約2年服役していた。そんな彼が、ビットコインにより個人投資家は資産を失うだろうと警告している。(2018/8/28)

市場は過剰反応か:
SEC、計9件のビットコインETF案件を拒否 次は9月末までに判断
米証券取引委員会(SEC)は8月22日、ProSharesやGraniteShares、Direxionなどから申請された計9件のビットコインETF(上場投資信託)案件を拒否すると発表した。(2018/8/24)

2度目の拒否:
SEC、ウィンクルボス兄弟のビットコインETF申請を拒否 ビットコイン価格は7900ドルを下回る
米証券取引委員会(SEC)は7月26日、双子の仮想通貨長者であるタイラー・ウィンクルボス氏とキャメロン・ウィンクルボス氏が創設した米仮想通貨取引所Geminiが提案していたビットコインETF(上場投資信託)申請を拒否した。(2018/7/27)

仮想通貨「Stronghold USD」:
IBM、新たな仮想通貨の開発に着手 米ドルにペッグする安定した仮想通貨を
米IBMと米フィンテック企業Strongholdは7月17日、共同で米ドルにペッグする仮想通貨の開発に乗り出すと発表した。(2018/7/18)

テキサス大学が調査:
ビットコインの下落が止まらない 「昨年のビットコイン急騰は価格操作によるもの」
6月13日、ビットコインは一時6133.31ドルまで値を下げた。先週末から始まった急落の中、さらに5%も下落した形だ。同日に発表されたテキサス大学のビットコインに関する報告書が原因だとみられる。(2018/6/14)

米調査会社が分析:
急落のビットコイン、2000ドルまで下がる可能性も 「すぐに回復基調に戻ると期待しないほうがいい」
ビットコインが7000ドルを下回ったことは仮想通貨が回復基調に戻るのに苦労していることを示唆している――米調査会社Fundstrat Global Advisorsでテクニカルストラテジー長を務めるロバート・スレイマー氏は米CNBCで足元の仮想通貨市況への見解を示した。(2018/6/12)

米司法省はコメント拒否:
仮想通貨市場で価格操作? 米司法省とCFTCが捜査開始か
5月24日は仮想通貨市場の変動が大きい1日となった。Bloombergが米司法省と米商品先物取引委員会(CFTC)が仮想通貨の価格操作について公開捜査を行っているようだと報じたことが影響したとみられる。(2018/5/25)

ビットコインは犯罪の温床?:
「ビットコインは詐欺」 米PayPal元CEOが主張
ビットコインは詐欺だ――米PayPalの元最高経営責任者(CEO)のビル・ハリス氏はrecodeによるインタビューの中で、ビットコインは「史上最高の詐欺」であり「利益を追及した巨大な価格操作スキーム」と酷評した。(2018/4/26)

株価操作が目的?:
AMDプロセッサの“重大な脆弱性”情報、業界から疑問の声
CTS-Labsが行った発表は、セキュリティ企業による誇大宣伝だったのではないかという声が相次いでいる。AMD株の取引にかかわる組織が価格操作を狙ったという説も浮上した。(2018/3/19)

「電子書籍は一過性」という予測は正しかったか?
「電子書籍は一過性」――そんな風にいう人はよくいるが、実際はどうなのだろう。(2015/1/21)

製造マネジメントニュース:
外国企業を狙い撃つ米国当局、製造業への高額課徴金の可能性も――PwC
PwCは「日本企業の海外での訴訟・コンプライアンスリスクへの備えと電子証拠開示への対応」をテーマに、米国の事例を中心に米国当局の規制強化の動きや、その対策について紹介した。(2014/7/30)

いまだに激しい論争の的になる電子書籍の値付け
電子書籍の値付けは、いまだに業界関係者と消費者の双方を惑わせているが、万物は流転するのと考えれば、値付けも変化に適応していく必要があるのではないか。(2013/8/16)

Amazonの利用者、電子書籍関連訴訟の和解により払い戻しを受ける
電子書籍のエージェンシーモデル販売について独禁法違反の疑いが掛けられていたAppleや大手出版社。和解条件の一部として、この動きに直接関与していないAmazonの利用者も該当書籍の払戻金を受けられる。(2012/10/16)

シャープ、Dellなどに159億円支払い 液晶カルテルめぐる訴訟で和解
液晶ディスプレイの価格カルテルをめぐり、シャープがDellなどから損害賠償を求められていた訴訟は、シャープが約159億円を支払うことで和解。(2012/7/9)

Simon & Schuster、電子書籍の集団訴訟で和解
独禁法違反の疑いで米司法省から提訴されたAppleと出版大手5社。消費者から集団訴訟も起こされているが、Simon & Schusterが司法取引で集団訴訟から除外された。(2012/5/21)

電子書籍価格カルテル訴訟を棄却するよう求めたAppleの動議、却下される
電子書籍を巡る価格談合訴訟。Appleが求めていた集団訴訟の棄却が却下された。(2012/5/21)

大手出版社、iBooks経由で購入された電子書籍代金を一部返金
米司法省がAppleと出版大手5社を提訴した件で、和解案に合意しているSimon & Schuster、Harper Collins、Hachetteは返金措置を採る。(2012/4/20)

Barnes & Nobleの電子書籍部門、大手出版社と司法省の和解で苦境に?
米国司法省が電子書籍の価格操作で出版大手5社とAppleを告訴した一件は、Barnes & Nobleにとっても対岸の火事ではない。(2012/4/16)

大手6大出版社、Amazonとの契約を更新しない?
価格操作と反トラスト法違反の疑いでAppleと5大出版社に対して捜査が行われているが、Amazonもまた契約周りで大手6大出版社とこじれている。(2012/4/16)

Appleと大手5大出版社の捜査に複数のキープレーヤーが介入
iBookstoreでの価格設定をめぐる取り決めが独禁法に違反するとして米司法省がAppleと出版大手5社を提訴。MacmillanとPenguin以外は和解案に合意したが、今後どういった動きを見せるのだろうか。(2012/4/13)

欧州委員会、Appleと電子書籍のエージェンシーモデルによる価格操作に対し欧州連合競争法に基づく調査を開始
Appleとのエージェンシーモデルによる電子書籍の販売契約に価格カルテルの疑いがあるとして欧州委員会が出版社5社の調査を開始した。(2011/12/8)

電子書籍の価格操作は業界にとって危険な領域
Appleと5大出版社が、2人の原告とシアトルを拠点とする法律事務所に告訴された一件は、現時点ではまださざ波のようなものだが、問題の構造は業界を変動させる力を秘めている。(2011/9/16)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
チープ
ビジネスにおいて、価格戦略というのは極めて重要です。著者である科学ジャーナリストのエレン・ラッペル・シェルは、ディスカウント業界の興味深い全体図に対する、鋭い見識を本書にまとめています。(2010/11/17)

AppleとAmazonを米州検事総長が調査 電子書籍の競争阻害の疑い
AppleとAmazonは常に最もいい条件で電子書籍を仕入れる契約を出版社と結んでおり、競争を阻害する恐れがあると、米コネティカット州検事総長は主張している。(2010/8/3)

せかにゅ:
動き出したWindows 8プロジェクト 7月から本格化か
Microsoftの求人広告を見たところ、Microsoftが取り組みの中心をWindows 7からWindows 8に切り替えるのは2010年7月のようだ。(2009/12/4)

「Googleが電子書籍の価格を操作」――ブック検索和解の反対団体が批判
Googleブック検索和解案に反対する団体が、和解は電子書籍の価格操作と独占維持のためだと主張している。(2009/9/10)

日立ディスプレイズ幹部、液晶カルテルで起訴
日立ディスプレイズはカルテルへの関与を認め、3100万ドルの罰金支払いに同意している。(2009/4/1)

日立ディスプレイズ、LCD価格操作で3100万ドルの罰金
日立ディスプレイズが液晶カルテルへの関与を認め、罰金支払いに同意した。(2009/3/11)

Google、独禁法違反で提訴される
原告のTradeComet.comは、Googleが広告オークションの価格を操作して、取引関係を一方的に打ち切ったと訴えている。(2009/2/19)

宣伝もビジュアル化 価格操作スパムが動画を採用
高画質のビデオを使って安値株を宣伝し、購入をそそのかそうとする手口が使われ始めた。(2007/12/25)

Samsung幹部、DRAM価格操作の罪認める
Samsungの幹部役員が、DRAMの価格操作を行っていたことを認めた。禁固8カ月の実刑判決に加え、25万ドルの罰金が課せられた。(2006/9/22)

NY州もメモリメーカーに損害賠償訴訟
DRAM価格操作事件でカリフォルニア州に続きニューヨーク州も、メモリメーカーを相手取って損害賠償を求める訴訟を起こした。(2006/7/15)

DRAM価格操作事件で34州がメモリメーカー7社を提訴
米カリフォルニア州など34州が、エルピーダメモリやNEC Electronics Americaなど7社を独禁法違反で提訴すると表明。訴状では被告に責任が認められた損害額の3倍の支払いを求めている。(2006/7/14)

DRAM価格操作でSamsung幹部3人に禁固刑
米司法省が調べを進めているDRAM価格操作事件で、Samsungの幹部3人が罪を認め、米国での禁固刑と罰金支払いに同意した。(2006/3/23)

仏当局、価格操作でソニーに罰金命令
ソニーと松下電器の仏子会社がフランスで価格操作を行ったとして罰金を言い渡された。ソニーは不服を申し立てる意向。(IDG)(2005/12/9)

Samsung、有罪認めてDRAM価格操作問題を終了
Samsungが有罪を認めて罰金支払いに同意したことで、司法省の独禁法違反調査は終了した。(IDG)(2005/12/1)

Samsung、DRAM価格操作で3億ドルの罰金支払い
Samsungは、1999年から2002年にかけてのDRAM価格操作への加担を認め、独禁法違反の罰金としては米国で史上2番目の額を支払う。(2005/10/14)

Hynix、DRAM価格操作事件で1億8500万ドルの罰金支払い
韓国のDRAMメーカーHynix Semiconductorは、国際的なDRAM価格操作に加担した罪で罰金1億8500万ドルの支払いと調査への協力を命じられた。(2005/4/22)

Rambus、DRAMカルテルの証拠提出命令を勝ち取る
Rambus対Hynixの特許侵害訴訟で、裁判所はHynixに対し、DRAMメーカー各社による秘密のカルテルの詳細を明らかにしているとされる文書の提出を命じた。(IDG)(2005/2/24)

e-biz経営学
ニッチ・オーバーラップ理論
今回のコラムでは、まず、密度依存理論が抱える問題点を考え、それらの問題を解決するなかで生まれたニッチ・オーバーラップ理論について紹介していく。(2004/12/9)

Infineon幹部4人、DRAM価格操作の罪認める
独InfineonがDRAMの価格操作疑惑を認めた。(2004/12/3)

Infineon、DRAM価格操作の罪認める
(2004/9/16)

Motorolaに振替価格操作関連で5億ドルの追徴税
(2004/8/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。