ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「委任状」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「委任状」に関する情報が集まったページです。

開催の手前にそびえたつカベ:
コロナ禍で見直し進む株主総会 「密」だけじゃない課題とその解決策とは?
新型コロナの影響で見直しが進む株主総会の在り方。人が密集することから、総会自体をどうオンライン化するかが取り沙汰されることも多いが、特に非上場企業ではもっと「手前」に課題がある。そんな課題を解決するサービスが登場した。(2020/7/9)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
55億円をだまし取られた「地面師事件」が発端 積水ハウスで勃発した“ガバナンス巡る激突”の深層
東京・西五反田の土地に絡んで、積水ハウスが偽の所有者との売買契約を結び、55億円をだまし取られた「地面師事件」――。この事件を発端として和田勇・前会長兼CEOと現経営陣との間で“ガバナンス巡る激突”が繰り広げられている。経営権を争う戦いから浮かび上がる「経営者の条件」とは。(2020/3/11)

月2万9800円から 「クルマのある生活」をLINEで申し込んで月単位で試せるサービスが登場
試せる、ってどういうこと?(2020/2/21)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
それでも日本企業が「内部留保」をため込む理由――「保身」に走る経営者たち
気鋭の「硬派経済ジャーナリスト」が、日本企業が生産性を向上させ、生き残るために必要な施策を提言する。2018年、内部留保の額は過去最大を更新し続け463兆円に達した。その裏には、再投資せずに「保身」続ける経営者の姿がある――。(2019/11/18)

建設業の働き方改革:
建設コンサル向け業務管理システム「Direct R」が、業務改善に有効なワケ
川田テクノシステムは、建設コンサルタント向けに特化した業務管理システム「Direct R」の販売に注力している。働き方改革関連法が施行されたのを機に、社内の業務改善に着手する建設業者は多いが、各部門ごとに抱える業務効率化の壁をどう解消するかは課題となっている。(2019/8/19)

社長は退くべき:
大塚家具はどこへ行くのか
父娘で繰り広げた委任状争奪戦から約3年半。久美子社長の「アンチフォーカス戦略」が大塚家具にもたらしたのは業績悪化と急速な資金繰りの悪化である。今回の矢継ぎ早の提携策には派手さはあっても根本的な経営立て直しにはつながらない。打つべき手は他にある。(2019/3/15)

Over the AI(24)番外編 これがエンジニアの真骨頂だ:
「シュタインズ・ゲート」に「BEATLESS」、アニメのAIの実現性を本気で検証する
前回で最終回を迎えた「Over the AI」ですが、番外編として、私がどうしても、どうしても、書きたかったコラムをお届けすることにしました。SFやアニメに登場するAI(人工知能)の実現性です。今回は、「シュタインズ・ゲート」や「BEATLESS」に登場するAIを取り上げ、エンジニアとして、それらの実現性を本気で検証してみました。(2018/8/20)

アイカーン氏らと和解:
米Xeroxが富士フイルムとの統合合意撤回
Xeroxは富士フイルムホールディングスとの経営統合合意を撤回すると発表。(2018/5/14)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
収束しない現代的CPUの脆弱性と、苦境を脱せないQualcomm
2018年3月のエレクトロニクス/組み込み業界は話題豊富だった。「現代的CPU」の脆弱性は収束の気配を見せず、Qualcommは大統領令で買収の危機を乗り切ったように見えるが、実はまだ苦境から脱していない。(2018/4/9)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
相次ぐエレクトロニクス企業のトップ交代、FPGA業界にも再編の波
2018年1月はCPUの脆弱(ぜいじゃく)性や仮想通貨近隣こそ騒がしかったが、エレ/組み込み企業に驚きを伴う動きはなかった。しかし、FPGA業界は再編の波が迫っているように見える。(2018/2/13)

IC Insights:
半導体業界M&A、2017年の買収金額は大幅減
IC Insightsによると、2017年における半導体業界のM&Aは過去2年に比べて大幅に減少したという。買収額が10億米ドルを超えたものは、東芝メモリとCaviumの2件だけだった。(2018/2/8)

大型案件は東芝メモリとCavium:
半導体業界のM&A、2017年は大幅減少
IC Insightsによると、2017年における半導体業界のM&Aは過去2年に比べて大幅に減少したという。買収額が10億米ドルを超えたものは、東芝メモリとCaviumの2件だけだった。(2018/1/26)

Broadcom、Qualcommの敵対的買収に乗り出す
Qualcommに1株当たり70ドルでの買収を拒否されたBroadcomが、Qualcommの株主総会で選出する取締役の11人の候補をQualcommに通知した。委任状争奪戦で買収に反対する経営陣交代を迫るねらいだ。(2017/12/5)

Imaginationの売却で:
MIPSコアは中国の手に渡るのか
Imagination Technologiesが、同社の売却について、2つの投資ファンドと合意したと発表した。このうち1つは、中国資本の米Canyon Bridge Capital Partnersである。中国メーカーは長年にわたり、MIPSアーキテクチャを使用してきたが、今回の買収によってついに中国がMIPSを手に入れるのだろうか。(2017/9/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
またか。なぜアントニオ猪木にトラブルが多いのか
“燃える闘魂”でマット界や政界を突き進んできたアントニオ猪木氏の周辺で、お家騒動が勃発した。過去にも会社を経営破たんさせたり、巨額の借金を抱えたり、彼はなぜ何度もトラブルを起こすのか。関係者の話によると……。(2017/6/30)

大塚親子は誰と、そして何を闘っているのか
今や完全に別路線を歩もうとしている2人の経営者が率いる別々の「大塚」は、実は競合すらしていない。(2016/7/14)

au SHINJUKUでiPhone/iPadの店頭修理サービスを開始
KDDIは、6月1日にau SHINJUKUの店頭でiPhone/iPadの修理サービスを受付開始した。バッテリー交換は9400円(税別)から即日対応する。(2016/6/2)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第4回 「マイナンバーを持たない」という選択肢を考える
マイナンバー制度は全ての企業、さらにその委託先──例えば税理士の業務にも深く関係する。中小企業のマイナンバー対応は「税理士への委託を考慮した対策」が必要だ。4回目は「マイナンバーを持たない」という選択肢について考察する。(2015/7/15)

あと半年:
迫るマイナンバー開始 企業は何をすればいい?
2016年1月1日に施行される「マイナンバー法」。政府は企業や国民などへの情報発信に努めているが、浸透度合いはいま一つといったところである。そこで本稿では企業のマイナンバー対応について解説する。(2015/7/2)

文藝春秋、米国ミステリー作家ジェフリー・ディーヴァーの最新作を紙と電子で同時発売
ジェフリー・ディーヴァーの最新作『ゴースト・スナイパー』が紙版と電子版で同時発売された。既刊11タイトルの電子版も配信を開始している。(2014/10/30)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書
「人間ちょぼちょぼ主義」人間の能力はそれほど高くはないため、何事かを成し遂げようとしたら他人の力が必要になる。ならば任せないかぎり、大きな成果を上げることはできない。(2014/1/23)

杉山淳一の時事日想:
弘南鉄道大鰐線は存続できるのか――地方に存在する事情
青森県の弘南鉄道の株主総会で、社長が「2017年3月までに大鰐線を廃止する方向で考えている」と語った。経営者として、赤字部門はすぐにでも廃止したいはず。それを3年後という期限で語ったが、そこに民間企業の苦渋が見え隠れする。(2013/7/5)

出版業界ニュースフラッシュ 2012年6月第4週
出版業界で起こったニュースにならない出来事をまとめてお届けする週刊連載。先週は、図書カードの発行高が21年ぶりに600億円台切ったことなどが注目されました。(2012/6/25)

隣接権議論は“出版”をどう変えるか――福井弁護士に聞く(前編)
時代に合った著作権とは何か。現在進められている著作権法の改正議論について、その全体像をつかむ本特集。前回の赤松健氏に続き、今回は知財に詳しい福井健策弁護士に話を聞いた。(2012/6/18)

赤松健は隣接権とそれを巡る議論をこう見る
電子書籍の普及に向け著作権法の改正議論が白熱している。議論の争点は出版社にどの程度権利を付与すべきか。ここ数カ月でもめまぐるしい動きを見せるこの問題について、本稿では、漫画家であり絶版コミックの無料配信サイト「Jコミ」を運営する赤松健氏に著作権者の立場から話を聞いた。(2012/5/25)

学歴詐称騒動は終結:
米Yahoo!、新CEOおよび新会長を発表
最大株主Third Pointが指摘したスコット・トンプソンCEOの学歴詐称問題を調査していたYahoo!が、CEO交代、新会長指名、Third Pointとの和解を発表した。Third PointのCEOが取締役に就任する。(2012/5/14)

米Yahoo!、CEO学歴詐称の特別調査委員会を設置
経営に不満を持つ最大株主Third Pointからスコット・トンプソンCEO解任を求められている米Yahoo!が、同氏の学歴詐称に関する調査委員会を設置した。(2012/5/9)

米Yahoo!のCEOに学歴詐称疑惑 大手株主が解雇を要求
米Yahoo!の再建策に不服で委任状争奪戦を展開している最大手株主のThird Pointが、スコット・トンプソンCEOの学歴詐称を指摘し、同氏の解雇を求めた。(2012/5/7)

米Yahoo!、再建に向けて3人の新取締役を指名
米Yahoo!が3人の新取締役を指名したが、これを不服とする最大株主が委任状争奪戦の実施を表明した。(2012/3/26)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
オリンパス元社長に渡したいバレンタインプレゼント
毎週土曜連載でお送りしている『カブ・ジェネレーション』。バレンタインチョコ売り場で何やら思いにふけるあずさ。彼女の悩みとは……。(2012/2/11)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
契約書を読んでいる人、手を挙げて!
現代社会ではさまざまなシーンで、契約書にサインをしたり、はんこを押したりすることが求められるようになっています。しかし、そうした契約内容を本当に理解して、はんこを押している人はどれだけいるのだろうかと、ちきりんさんは問いかけます。(2011/8/8)

“物言う投資家”アイカーン氏、米Yahoo!の取締役を辞任
MicrosoftによるYahoo!買収騒動のさなかにYahoo!取締役に就任したカール・アイカーン氏が、Microsoftとの広告提携を締結した現在のYahoo!には活動家的な取締役は必要なくなったとして辞任を表明した。(2009/10/26)

Yahoo!、アイカーン氏を取締役に
Yahoo!とアイカーン氏が和解。同氏はYahoo!の取締役に就任する。(2008/7/22)

財務で読む気になる数字:
「会社は誰のものか」を世に問うた――村上世彰の功罪とは?
モノ言う株主として過激な意見を連発した村上世彰は、“古い”経営者たちを震わせた。株主を軽視する企業に圧力をかけることで、企業価値を高めることを手法としていた村上は、日本の株式市場にどのような影響を与えたのだろうか?(2008/7/9)

公式声明を発表:
Yahoo!買収でアイカーン氏と手を組んだMicrosoft――その狙いとは
Microsoftはその狙いを明らかにした。億万長者アイカーン氏と手を組んでYahoo!の息の根を止めることだ。同社の新たなプランとは、取締役会のクーデターによってYahoo!の検索事業を手に入れるというものだ。(2008/7/8)

危険な火遊びか:
Yahoo!の検索事業の将来性に疑問を投げ掛けるGoogleとの提携
Yahoo!のネットワーク上でGoogleが広告を掲載できるようにするという提携は、検索ビジネスの成長を目指したYahoo!の戦略にマイナスとなる恐れがある。(2008/6/16)

Microsoftにささげる打倒Googleの戦略案
MicrosoftがGoogleから検索でシェアを奪うためのアイデアを考えてみた。これまでMicrosoftが出してきたアイデアよりひどい提案は出しようがないが。(2008/5/26)

オルタナブログ通信:
テストが甘かった? ――システムトラブルは防げたのか? ネット社会の落とし穴
三菱東京UFJ銀行のシステム統合でトラブルが発生した。Yahoo! 買収、XP SP3の障害、日本に来ないiPhone、トイレより不潔なキーボード、そして……四川大地震。独自の視点からITにまつわる時事ネタを発信しているのが、オルタナブロガーである。(2008/5/23)

アイカーン氏、MSとの協議再開目指しYahoo!に取締役を推薦
「物言う株主」カール・アイカーン氏が、Yahoo!株式の大量取得に続き、Yahoo!に取締役10人を推薦。Microsoftによる買収提案の再考を促している。(2008/5/16)

MSの買収提案撤回で、Yahoo!株主はどう動く?
Yahoo!の株価下落はそれほどひどいものではなかった。考えられる理由は……。(2008/5/6)

BEA株主、Oracleによる買収を圧倒的多数で承認
米BEAの買収がOracleの技術およびミドルウェア市場にどのような影響を与えるか? という疑問は残されたままだ。(2008/4/8)

Motorola、「アイカーン派」取締役候補2人を支持へ
Motorolaが、大株主カール・アイカーン氏が推す取締役候補2人を支持。アイカーン氏は、同社をめぐる「委任状争奪戦」を取り下げる。(2008/4/8)

Yahoo!、MSの買収提案に改めて「No」
「3週間以内に決断を」と迫るMicrosoftに対してYahoo!は「1株当たり31ドルは過小評価」との見解を強調する書簡を送り、公開した。(2008/4/8)

MS、Yahoo!買収提案に3週間の期限
期限までに合意に至らなかった場合は、直接Yahoo!株主に働きかけざるを得ないとMicrosoftは述べている。(2008/4/7)

Yahoo!、取締役推薦の締め切り延期――MSの買収提案対抗で
Yahoo!が、14日に予定されていた次期取締役候補者の推薦締切日を延期。この「時間稼ぎ」で、引き続き現取締役による戦略検討が可能になるとしている。(2008/3/6)

MSとYahoo!、委任状争奪戦へ突入か?
専門家らによると、Microsoftは株式公開買い付けという手順を省略し、いきなり委任状争奪戦を仕掛ける可能性が高いという。(2008/2/22)

Yahoo!への買収提示価格は「適正」――ゲイツ氏が表明
ビル・ゲイツ氏が、MicrosoftがYahoo!に提示した1株当たり31ドルの買収価格は適正との見解を改めて表明した。買収価格は引き上げない、ということのようだ。(2008/2/20)

アッカ・木村社長、イー・アクセス提案に改めて反対
アッカに対しイー・アクセスが経営陣退任を要求した問題で、アッカの木村社長は「提案は具体的な株主価値向上が見えない」として改めて反対。ドコモとHSDPAのMVNOで提携するなど、ワイヤレスブロードバンド事業を成長させてADSLの落ち込みをカバーする戦略を打ち出す。(2008/2/14)

保田隆明の時事日想:
イオンvs CFSで見えてきたものとは?
イオンとCFSの委任状争奪戦は、イオン側が勝利を収めた。これまで「取引先」=「安定株主」=「経営陣の味方」という構図だったが、今回の争いで構図が“崩れた”格好だ。取引先が株式を保有することはリスクなのか?(2008/1/24)

1年でアッカ株価が上がらなければ派遣役員はクビ──イー・アクセス千本会長が説明
イー・アクセスの千本会長が、アッカ経営陣刷新を提案した経緯について説明。現経営陣では株価回復は見込めず、「ADSLのプロ」による新経営体制が企業価値向上につながると強調。引き金が「MSCB」だったことも明らかに。(2008/1/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。