ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「リア充」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リア充」に関する情報が集まったページです。

アンドロイドに“感情”を与えたら? マスターとの思い出の荒波で爆発しちゃう漫画がかわいい
リア充爆発した。(2020/12/17)

PR:檸檬堂に新味「カミソリレモン」現る。爽快な後味でツマミも引き立つウマさを、ひとり居酒屋でいち早く体感した
ほかの4種類とは一線を画す、抜群にドライなキレ味。(2020/12/18)

1日限定「爆音コンビニ」オープン 聴覚障害者が抱える「マスクで口の動きを読み取れない」問題を仮想体験
マスクが広まったことで困っている人たちがいる。(2020/11/17)

テレビアニメ「弱キャラ友崎くん」、2021年1月放送開始 いけない、世界が大宮になってしまう
きたぜ、ぬるりと。(2020/9/16)

【アマプラ見放題】ホラー映画ならコレを見ろ! 編集部がオススメする「来る」からピラニア・サメ系ホラーまで
俺たちの夏はこれからだ!!!!!(2020/8/31)

日清カップヌードル、チョベリグでナウい“懐かしワード”パッケージをアゲアゲで発売
約半世紀の流行を、60種のデザインでなんとなくなぞれます。(2020/7/27)

PR:親のレコード、子ども時代の演奏会 懐かし音源をスマホでよみがえらせてみた
今だから聴きたい「あの頃の音源」。(2020/6/24)

ウェイ系の人種はそこまで怖くない「かぐや様は告らせたい?」9話 陰キャ石上の決意
辛いことも多いけど、優しい先輩たちに恵まれています。(2020/6/7)

外出自粛中だけど好きな人の声が聞きたい 口実を作って片思いの相手に電話する女子の漫画がかわいさあふれる
早く会えるようになると良いね。(2020/5/10)

ランプの魔人の力で“理想の彼氏”を手に入れるも後悔 実体化された黒歴史と10年付き合う漫画に「笑った」と「もだえた」の声
若さ故の過ち。(2020/5/2)

背伸びキスシーンを疑似的に生み出す「1人リア充ごっこ」 撮影風景が笑って泣ける
本人いわく三脚とセルフタイマーで撮影したそうです。(2020/2/23)

「テラスハウス東京編」ここに来て噴出する“水回り問題” 必要なのは相互理解ではなく食洗機
テラハ東京編31話でまたも爆発した「水回り」の不満。(2020/1/28)

聖夜にこんなの絶対おかしいよ ニコ生が12月24日に「ベルセルク」「まどマギ」「ゴブリンスレイヤー」を一挙配信
リア充ばかりが楽しいクリスマスを許せない人がドワンゴにいるのか?(2019/12/13)

すみだ・京都水族館、“リア充向け”恋愛ゲーム開発 ネットで話題「恋愛相談の飼育員」が監修
すみだ水族館と京都水族館が、カップル向けの恋愛シミュレーションゲームを12月13日から提供。クリスマスや冬休みシーズンの集客が狙い。(2019/12/5)

辻希美と杉浦太陽夫妻がYouTubeチャンネル開設 2人がイチャイチャするところを眺める恐るべきリア充空間
お幸せそう。(2019/11/22)

ゴートマンはリア充が嫌いだった……? UMAの怪生態110エピソードを収録したムー監修『がんばるUMA事典』発売
ちょっとざんねんなエピソード満載(?)。(2019/10/13)

やったぜ! 屋久ユウキのラノベ『弱キャラ友崎くん』、アニメ化企画進行中であることが明らかに
屋久ユウキ「アニメ化してもエゴサはやめません」。(2019/10/11)

App Storeで不審な「星5レビュー」が大量に投稿される謎現象 わずか1週間で5000件、「星5」でも開発者が恐れる理由とは
レビューの意図は何なのか、被害者に見解を聞きました。(2019/10/10)

よるドラ「だから私は推しました」今夜最終回 ハナのいじめ疑惑真相と花梨の脱退理由にドン引き、ハッピーエンドってある?
サイコパスな部屋に監禁!? 嘘回想シーンにまた騙された。(2019/9/14)

“借りてきた猫”のはずが…… よその家なのに食っちゃ寝する猫が「他の猫のご飯なんが笑う」「つよい」と話題
ハートが強すぎます。(2019/9/3)

起きたら昼過ぎ、何もしないで終わる…… つい休みを無駄にしてしまうあるある漫画に共感集まる
わかる……。(2019/8/31)

NHKよるドラ「だから私は推しました」 札束勝負の投票企画、過酷なギャラ問題……アイドル業界とオタ活の巨大な暗黒面に斬り込む4話
推しの夢のためにエロいバイトをはじめるオタクの気持ちが分かりすぎてつらい。(2019/8/24)

NHKよるドラ「だから私は推しました」リアル友達を切り捨てて、アイドルを推す道を選ぶ3話 この関係は「二人三脚」か「共依存」か?
リア充な友達にオタク・カミングアウト。(2019/8/17)

今期もすごいぞ、NHKよるドラ「だから私は推しました」 アイドルヲタのドラマかと思いきや、まさかのミステリー展開
リアル過ぎるアイドル現場は既視感ありまくり。(2019/8/3)

ねとらぼの中の人インタビュー:
「感動ポルノ」だけじゃなく、「炎上ポルノ」もあるよね―― ねとらぼ編集部員に聞く「お前の原体験はなんだ」 〜たろちん編〜
編集部の中の人にいろんなことを聞く連載。第1回はゲーム実況のパイオニアである「たろちん」さん。(2019/7/7)

「人類には早すぎた」 人工生命観察プロジェクト「ARTILIFE」が私たちに問いかけるもの
ドワンゴの人工生命観察プロジェクト「ARTILIFE」をプレイして記者が感じたことをまとめてみた。(2019/5/17)

モズの「はやにえ」の機能が解明される エサを食べる→歌がうまくなる→メスにもてるというリア充ルートが待っていた
モズの世界も厳しかった。(2019/5/15)

コナリミサト×高野ひと深:
テラスハウス出演者に「テレビ用」と言ってしまう心理とは? 人気漫画家が分析する“コンテンツに描かれた人間”の見方
『凪のお暇』×『私の少年』。“飲酒対談”でいろいろ本音を語りました(完)。(2019/5/14)

Vtuberにテクノ法要にシウマイ弁当にミニ四駆の本気! 平成最後の「ニコニコ超会議2019」はやっぱりカオスだった
ホール間の移動すら楽しいイベント。(2019/4/30)

「店員さんが来ると黙るカラオケ」「謎に年の離れた友達」オタクの楽しさあるあるとは? 『トクサツガガガ』丹羽庭×劇団雌猫対談
オタクって、楽しい……!(2019/4/10)

「器用すぎるでしょ!」「ヨガの達人みたい」 菊地亜美、ラブラブ夫婦に見せかけた“詐欺ショット”で衝撃の姿をさらす
ラブラブは作れる。(2019/4/6)

【インタビュー】「賞味期限の切れた缶スープをトイレに捨てる」異色のグルメ漫画『鬱ごはん』 連載開始から9年、31歳になった鬱野くんはどう変わったか
『鬱ごはん』3巻発売を記念して、作者の施川ユウキ先生にインタビューしました。(2019/3/28)

PR:Renta!でマンガ全巻が無料でもらえるチャンス! ねとらぼ編集部が選ぶ「イッキ読みしたい漫画」13選
全部マジで面白いやつです。(2019/3/20)

あの“貞子”もTikTokやってる時代だと……? 「見たら死ぬ」から「撮ったら死ぬ」呪いふりまく姿がどう見てもリア充
“無言”のまま脳内に語りかけてくるスタイルで取材対応。(2019/2/19)

女の子がリンスを変えたのに気づくのってきもいですか? 「かぐや様は告らせたい」6話
女の子の容姿を褒めるのってどこまでがセクハラなんだろう。(2019/2/17)

LINEに「バレンタイン」特別演出を見られる期間限定機能が実装 隠しでぼっち向け演出も
チョコをねだると……?(2019/2/4)

「看板娘になっちゃうかも」 イモトアヤコ、リボンきらめく“白洲美加ファッション”で新ドラマへ気合入れる
テーコー不動産を退社し夜の蝶へ。(2019/1/7)

Googleさん:
Pixel 3「夜景モード」の間違った使い方
Pixel 3を使うようになって約3週間。JKも注目する布製ケースや、下手でもきれいに撮影できるAIカメラ機能についてまとめてみました。(2018/11/25)

オタクは冬生まれが多い? 「冬生まれは身体能力が不利→モテない」と考察する漫画に反応さまざま
君のような勘のいいガキは嫌いだよ……。(2018/11/26)

ナンバガ、ゆら帝、フジファブ……日本のオルタナ全推しな『ロッキンユー!!!』は「99%に無視されて1人に刺さる」ロック漫画だ
邦オルタナ好き、問答無用で読むべし。(2018/11/2)

実はハイテク? 若者に人気の動画アプリ「TikTok」は何がすごいのか
若者を中心に人気の口パク動画アプリ「TikTok」は他の動画アプリと何が違うのか。(2018/10/27)

「みんな愛してるぜ」 山田孝之、35歳の誕生会にムロツヨシ、新田真剣佑、綾野剛、松田龍平ら豪華メンバーが集結
人脈が広すぎる。(2018/10/21)

電車に本物の“魔王”が乗ってきた→高校生らが眠りし中二病をこじらせていく漫画がすがすがしい
こいつら、最高に輝いてる……!(2018/9/28)

コラムニスト同士の結婚もありました:
「10」にちなんだコラムや小説で「エンジニアライフ」の10周年を振り返る
2018年9月10日に10周年を迎えた「エンジニアライフ」を、コラムニストたちがあの手この手で振り返ります。(2018/9/21)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
言葉の使い方次第で儲かったり損をしたり
相手を いかに悩ませず、余計な負担をかけずにコミュニケーションをするかに心を砕けるか。(2018/9/20)

とんでもない才能が開花してしまった 「あそびあそばせ」華子役の木野日菜の演技力が「人間じゃない」領域に
絶対声帯4つぐらいある。(2018/9/10)

「安易な萌えキャラでオタク釣るな」と言われ:
じぶん銀行が「ガチで萌える」2次元美少女の行員を作りこむ深い訳
じぶん銀行がカードローンPRのため2次元美少女行員「小鳥遊つぐみ」を起用。Twitterでつぶやく「中の人」も若手女子行員にしてリアルさを追求。マスCMでなく若い男性層に特に刺さる戦略を取る。(2018/9/7)

平等か公正か――漫画『私の少年』作者が語る「バーフバリ」との意外すぎる共通点
突然のバーフバリ。(2018/8/18)

賛否両論「女が女に怒る夜」で輝いた、田中みな実の「1周回って最高の女」感
「かわいい」のプロフェッショナル。(2018/8/8)

おい、話が違う きれいな皮をかぶった夏アニメ「あそびあそばせ」が蓋を開けたら“汚いきんいろモザイク”だった
45秒で脱ぎ捨てる化けの皮。(2018/7/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。