ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Rimini Street」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Rimini Street」に関する情報が集まったページです。

リミニストリートが開始した第三者保守「Rimini Custom」はベンダー保守と何が違う?
Rimini Streetはこれまで提供してきたSAPやOracle、Salesforceのシステム向けサポートを超えた、新しいカスタムパッケージ「Rimini Custom」を開始している。ベンダーサポートと何が異なるのだろうか。(2024/5/15)

RISE with SAPがもたらした亀裂【後編】
SAPユーザーが陥った「SAP製品の未来が見えない“闇”」の真相
先進的な機能の利用には「RISE with SAP」が必要になる――というSAPの発表が、ユーザー企業の間で波紋を呼んでいる。オンプレミスでSAP製品を利用しているユーザー企業の反応は。(2024/2/9)

コストセンターをプロフィットセンターに:
ERPベンダーにロックインされるな 企業が“最適なシステム構成”を実現する方法
ERPベンダーが言うことが全て自社に最適とは限らない。自社のビジネス成長につながるシステムを見極める方法を聞いた。(2023/12/6)

Oracle Databaseの無視できないコスト【後編】
「Oracle Database」ユーザーへのお願いから読み解くOracleの“本当の狙い”
Oracleは「Oracle Database」の古いバージョンをアップグレードするようユーザー企業に推奨している。背景にはサポート体制の継続以外にも、同社の戦略的な狙いがあるという。それは何か。(2023/11/15)

Oracle Databaseの無視できないコスト【前編】
「Oracle Database」のサポート体系が変更 料金への影響は?
Oracleは2023年6月、「Oracle Database」の「19c」よりも前のバージョンにおけるサポートの種類を変更した。Oracle Databaseを運用中の企業に影響はあるのか。Oracleの狙いとは。(2023/11/8)

クラウド移行させたいERPベンダーに“ノー”と言え Rimini Streetが目指す「ベンダーの言いなりにならない世界」
クラウドERPへの移行をベンダーは進めているが、本当にそれは企業に必要だろうか。時間とコストをかけたオンプレシステムを捨ててよいのだろうか。(2023/10/20)

「クラウドERP移行か死か」というベンダーの言い分を信じても良いのか
多くの企業が企業競争力強化などを目的にERP刷新を急ぐが、ベンダーが「恐怖戦術を使ってクラウドERP移行を無理やり促しているだけだ」という指摘がある。われわれはどちらを信じれば良いのだろうか。(2023/10/18)

「第三者保守は塩漬けではなく先行投資」:
「崖」転落目前 成長のカギはベンダーに振り回されずにどう時間を作るかだ
「2025年の崖」問題までいよいよ残り数年となった。対策を急がなければならない状況だが予算ややるべき施策の優先順位付けに苦慮する企業も多いことだろう。この問題に対して第三者保守で注目された企業が、新たに「コンポーサブルIT(ERP)」を提案しているという。詳細を聞いた。(2023/6/28)

ERP保守の値上げで企業が考えるべきこと【後編】
SAP「ERPの保守サポート値上げ」が“コスト削減”に変わる条件
SAPは保守サポート料金の値上げを実施する。これを受けて、ユーザー企業が対処に迫られる事項が出てくる。企業は何を検討すべきなのか。(2022/11/7)

IT投資成功の鍵はCIOとCFOの関係にあり【後編】
CFOとの連携強化を目指すCIOなら習得して損はない「ビジネスの共通言語」とは
CIOが「CFOとの連携強化」を課題に感じているなら、習得すべき知識とスキルは何か。調査レポートを基に考察する。(2022/3/17)

IT投資成功の鍵はCIOとCFOの関係にあり【中編】
こんなCIOはCFOに見限られる 両者の関係が「緊張状態」になる理由
IT投資が盛んな昨今、CIOとCFOの関係はビジネスの成否に影響する可能性がある。CIOがCFOと付き合う上で避けるべき「関係を悪化させる振る舞い」について解説する。(2022/3/10)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「データベースの保守体制」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/1/14)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「システムの保守」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/12/6)

別の可能性も検討すべし
S/4HANAへの移行は本当に必要か?
S/4HANAが優れた製品であることは言うまでもないが、S/4HANAへの移行が全ての企業にとってベストとは限らない。「S/4HANA移行」が意味することを改めて検討してみよう。(2021/3/3)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
フジテック、聖域なきDXへの挑戦
難しいといわれる製造業のテレワーク。試行錯誤から得られた気付きやアドバイス、コロナ危機を乗り切るための情シスの役割について、フジテック デジタルイノベーション本部 常務執行役員 デジタルイノベーション本部長の友岡賢二氏が語った。(2020/10/14)

ウシオ電機事例
コスト削減だけじゃない、DXの取り組みに有力な選択肢「第三者保守サービス」
多くの製造業企業がいま直面している「SAP S/4HANAのバージョン問題」。SAP ECC 6.0のメインストリームメンテナンスが2027年に終了するのに伴い、S/4HANAなどへ基幹系システム移行が求められている。だが、今すぐ移行するのではなく、時間をかけて自社のニーズに最適なロードマップと次世代システムを柔軟に選択し、既存の投資を最大化する方法がある。日本リミニストリートの第三者保守サービス導入によってこの問題を早期に乗り切り、DXのためのコストと時間を得る「戦略的な先送り」に成功したウシオ電機での事例を紹介する。(2020/6/11)

特集:日本型デジタルトランスフォーメーション成功への道(9):
Excelを探す旅から始め、物理サーバを探す旅に――フジテック友岡氏が語るリフト&シフトの難しさ
近年、既存システムのクラウド移行を検討する企業が増えている。移行のハードルも下がってきており、「データを外に出せない」「セキュリティが心配」といった不安は着実に解消されつつある。 一方で、クラウドに移行したにもかかわらず、「コストが増えた」「手間が増えた」といった声が聞こえてくるのは、なぜなのか? 自社に最適なサービスを選択し、「コスト削減」「ビジネスへの寄与」を実現するには何から始め、何をすればいいのか? どうすれば移行を成功させ、社内できちんと成果を評価してもらえるのか? フジテックの取り組みから「成果につながるクラウド移行」実現のポイントを探る。(2019/4/24)

Weekly Memo:
お高いソフトウェア保守に“価格破壊”の波 「第三者保守サービス」が企業にもたらすインパクト
エンタープライズソフトの第三者保守サービスをベンダーの半額で手掛ける米Rimini Streetが、日本で事業を順調に伸ばしている。この機に「ソフト保守サービス」について考察したい。(2018/9/18)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
業者にSAP HANAを勧められたら断るべき(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/1/30)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
業者にSAP HANAを勧められたら断るべき(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/1/23)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
SAP HANAにアップグレードする必要はない(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/1/9)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
SAP HANAが必要になることはめったにない(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/1/3)

「HANAが必要になることはめったにない」
無駄なアップグレードを勧めるベンダーとの戦い方
大手ソフトウェア会社の中には、顧客に無駄なアップグレードを勧める例があるという。売り手の口車に乗らず、貴重なIT予算を効率的に使うための交渉術を紹介する。(2015/12/24)

Computer Weekly日本語版
告訴リスクで加速する「企業のOracle離れ」(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2014/11/26)

忌避される複雑なライセンス体系
Oracleによる告訴リスクで加速する「企業のOracle離れ」
Oracleがサポートサービス業者Rimini Streetを知的財産の侵害で告訴した事例は、さまざまな法的リスクの存在を示している。ライセンスの複雑さを嫌う企業は、Oracleら大手プロバイダーの利用を見直し始めている。(2014/10/9)

保守・サポートのアウトソースができなくなる!?
ソフトウェア使用許諾をめぐる訴訟でパンドラの箱を開けたOracle
Oracleがサポートサービス業者Rimini Streetを知的財産の侵害で提訴し、訴えを部分的に認める裁定が下された。企業は、サードパーティーに保守やサポートをアウトソースすると訴えられる可能性が出てきた。(2014/4/30)

Weekly Memo:
ソフトウェア保守サービスは“民主化”に向かうか
グローバル市場でERPなどのソフトウェア保守サービスをベンダーの半額で手掛ける米国企業がこのほど、日本市場に本格参入した。この分野の“民主化”を進めたい考えだ。(2014/3/10)

増える代替サポートの利用が背景か
Oracleがかつてのパートナーに脅し? サポートを巡って訴訟が相次ぐ
OracleがCedarCrestoneに知的財産権を侵害されたとして提訴した。サードパーティーによるメンテナンスを提供させないため、脅しをかける狙いがあると専門家はみる。(2012/10/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。