ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「日本酒」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!お酒→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でお酒関連の質問をチェック
「日本酒」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

「裸エプロンの漁師」がウルトラレアカード!? 青森県庁が真剣に取り組む「漁師トレカ」とは
地元水産物の知名度向上を目指す「あおもりの肴」企画に取り組む、青森県庁水産振興課を取材しました。(2020/2/26)

国内最大級の日本酒イベント「にいがた酒の陣2020」が開催中止に 新型コロナの影響で
今年は3月14日・15日に行われる予定でした。(2020/2/20)

ITベンチャーがクラフトビール事業参入 元Facebook日本法人代表の思惑
フェイスブックジャパンで代表を務めた長谷川晋氏が立ち上げたITベンチャー「MOON−X」が、蔵元と協業してクラフトビール事業に参入する。コト消費時代に変化しつつある今、日本のものづくりを体現するブランド群を作ろうとしている。(2020/2/17)

ITベンチャー×蔵元、クラフトビールに参入 FB元日本法人代表の構想とは
米フェイスブック(FB)日本法人で代表を務めた長谷川晋氏が立ち上げたITベンチャー「MOON−X」は令和2年1月、老舗の蔵元と協業し、クラフトビール事業に参入すると正式発表した。(2020/2/14)

酒好きさん寄っといで〜♪ いすみ鉄道に利き酒ができる飲んべえ列車「いすみ酒BAR列車」誕生 3月から運行
「おとな」限定。(2020/2/10)

「信者ビジネス」との批判に反論:
堀江貴文が“炎上上等”で「ホリエモン万博」開催に奮闘する理由――知られざる「六本木の衰退」に一石
ホリエモンこと堀江貴文がさまざまなイベントを同時多発的に開催する「ホリエモン万博」を2月1日、2日に東京・六本木で開催する。「赤字続き」だという万博の開催を続ける目的を堀江に問うと、経営者の高齢化などにより古き良き飲食店がなくなりつつあり、一部で衰退の兆しが見える六本木を、大人が楽しめる街として盛り上げることにあるという。堀江自身がその思いを語った。(2020/1/30)

「第4のチョコ」とアピール:
ファミマやネスレを魅了する「ルビーチョコレート」とは? ベルギー大使館の豪華すぎる発表会に行ってきた
ベルギー大使館でファミマや不二家など8社が集まった新商品発表会が開催された。ルビーチョコレートに対して各社は並々ならぬ期待をしている。バレンタイン商戦で台風の目になりそうだ。(2020/1/10)

酒飲みの夢が詰まった「酒ガチャ福袋」がKURANDから発売 高価なヴィンテージものが入ってるかも?
おちょこなどのオリジナルグッズも入っています。(2019/12/19)

「伝統とこだわり」をどう確立したのか:
“辺境の密造酒”スコッチ・ウイスキーが世界を制した訳――「資本主義の酒」の歴史的マーケティング
実は「辺境の密造酒」から始まったスコッチ・ウイスキー。「伝統とこだわり」のブランドを維持しつつどう世界に羽ばたいたか。人気ラノベ作家が歴史から迫る。(2019/12/27)

滋賀県の特産品ECサイト、年間売り上げが40万円で目標の1%未満に 苦戦の理由は
滋賀県が県内の特産品を販売するECサイト「ここ滋賀ショッピングサイト」の売り上げ実績が目標の1%未満だったことが分かった。県は苦戦の理由として認知度不足や商品の不足などを上げている。(2019/12/16)

「商業的成功」が不可欠:
堀江貴文がミュージカル『クリスマスキャロル』で仕掛ける「新時代の舞台ビジネス」
ホリエモンこと堀江貴文が「演劇界の常識破り」に挑戦している。12月11日から15日まで東京キネマ倶楽部で、 12月24日から25日まで大阪市の味園ユニバースで計6日間、ミュージカル『クリスマスキャロル』を公演する。公演実施に際して、堀江が演劇を取り巻く状況をどのように捉え、今回の再演に際してどんな対策をしてきたのかをビジネス的な観点からインタビューした。(2019/12/12)

大阪・梅田に“日本酒が出る蛇口” ホワイティうめだに期間限定で登場
週替わりで4銘柄の新潟地酒を蛇口から提供。(2019/12/3)

2020年に100周年を迎える企業は1458社、売上上位は?
2020年に、創業100周年を迎える企業は何社あるのだろうか。東京商工リサーチが調べたところ……。(2019/12/2)

地域ビジネス、ここがカギ:
東大研究者が一本釣り漁師に転身 衰退著しい漁業を盛り上げるブルーツーリズムとは
東大大学院の研究者から転身した漁師、銭本慧さん。長崎県の対馬で会社を立ち上げ、鮮魚を東京のレストランなどに直販する。日本の水産業の衰退を肌で感じ、“資源を守る”漁業を実践。将来的には漁業を核にした観光産業、ブルーツーリズムによる活性化を描く。(2019/11/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
「少しの酒は体にいい」を疑う新常識 安くてすぐ酔える“高アルコール”人気の陰で
間もなく忘年会シーズンが始まる。低価格の高アルコール飲料の人気が高まっていることもあり、酔っぱらう人も増えそうだ。一方、「少量の酒は体にいい」という定説の中に、正しくないものがあるとの指摘がある。正しく理解して酒と付き合うためには……(2019/11/28)

これからの時代に必要な「デザイン経営」:
日本企業のイノベーションを支える気鋭のデザインエンジニアが語る「”BTC型人材”のつくり方」
トヨタ、メルカリ、日経新聞……。日本企業のイノベーションをデザインで支えてきた気鋭のデザインエンジニアTakramの田川欣哉氏が「”BTC型人材”のつくり方」を語る。(2019/11/20)

博物館でちょい飲み! 京博でお酒を飲みながら夕焼けを楽しむイベントが4日間限定で開催されるぞおおお
文化的すぎるちょい飲み……!(2019/11/13)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
飲み食い放題で「上限3000円」の「定楽屋」が増殖中 料理や接客で“手抜き”してないのにもうかるのか?
飲み放題・食い放題で上限3000円(税抜)の「定楽屋」が増殖している。サービスを削らず調理に手間暇をかけてリピーターを獲得している。1人当たり3000円でもうかっているのか?(2019/11/12)

気合が入りまくった運営:
カメラ売り場をどかして酒の試飲カウンターを設置したビックカメラの狙い
ビックカメラの酒売り場に試飲カウンターがじわりと増えている。1日で数百人単位が利用するほどにぎわってる店もある。新宿西口店ではカメラ売り場をどかして酒売り場に変えた。(2019/11/11)

2020年に「ミドリムシ」で飛行機飛ばす! 認知症研究&エコ燃料で
豊富な栄養素を持ち、人間や環境への有効な使途も期待される「ミドリムシ」。ユーグレナの出雲充社長(39)は、創業15周年の2020年にミドリムシから精製したエコな燃料で飛行機を飛ばすと意気込む。(2019/10/23)

10月10日10時オープン:
1杯1180円の重箱ラーメン 味にも内装にもこだわった銀座の“高級”一蘭 オープンの狙いを探る
一蘭が10月10日に「銀座一蘭」をオープンする。限定メニューとして、重箱に入った高級ラーメン「天然とんこつラーメン(銀座重箱)」が提供される。麺やチャーシューだけでなく、内装にもこだわりがある店舗。一蘭では高価格帯のラーメンが登場し始めており、競合もホテルのルームサービスなどを開始している。(2019/10/4)

シャープの新規事業は「蓄冷材」 液晶の技術を応用 スポーツ観戦の暑さ対策にも
シャープは、社内ベンチャー「TEKION LAB」が開発した「蓄冷材」を新規事業として展開する。スポーツや医療、美容などさまざまな分野のトップブランドと協業。2025年までに売上50億円規模の事業に育てる。(2019/9/13)

東大修士の「林業女子」 震災復興の現場で活躍
東北とほとんどかかわりのなかった東京大大学院の修士号をもつ「林業女子」が移住し、町の特産品である杉の残材を利用した木質ペレットによるバイオマスエネルギー事業育成の中核となって活躍している。(2019/9/11)

AIが「対話できるキャラクター」を現実に、“大人の究極のごっこ遊び”の第一歩
顧客やファンのエンゲージメントを高めるチャットbotを提供してきたgooは、チャットbot作成プラットフォーム「goo botmaker」を提供開始した。プロジェクト第1弾の壽屋との取り組みを取材した。(2019/9/11)

タイムアウト東京のオススメ:
昭和レトロとカルチャーを感じる夜にする
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/9/3)

イノベーションのレシピ:
「獺祭」を造るのは杜氏や蔵人ではない!? ピンチをチャンスに変えた旭酒造の経営
「SoftBank World 2019」の特別講演に、旭酒造 会長の桜井博志氏が登壇。伝統にこだわらない手法で世界的に有名な日本酒「獺祭」を醸造する、旭酒造の取り組みを紹介した。(2019/8/27)

豪雨で水没寸前だったサーバをクラウド移行 「獺祭」の旭酒造・桜井社長が語る「テクノロジーとの向き合い方」
日本酒「獺祭」の蔵元である旭酒造は7月から、顧客管理システムを米OracleのIaaSに段階的に移行している。2018年の西日本豪雨で被災し、BCPの重要性を実感したためという。旭酒造の桜井一宏社長に、今後のテクノロジー活用の展望を聞いた。(2019/8/8)

モバイル決済で店舗改革:
PayPayだけで決済比率が45%に 居酒屋「よつやのうさぎ」がキャッシュレス化で変わったこと
店舗のキャッシュレス化は、特に中小規模の店舗や、個店にとっては大きな労力が伴う。では、キャッシュレスを導入すると、どんなメリットがあるのだろうか。今回は、PayPayを導入した居酒屋にお話を聞いた。(2019/8/5)

東日本エリアの駅売店で買える「JR東日本おみやげグランプリ2019」決まる 2019年のグランプリは……?
贈るときの参考に。帰省時、旅行時は要チェックです。(2019/7/29)

「獺祭」の旭酒造、販売管理システムを「Oracle Cloud」に移行 西日本豪雨の教訓でBCP強化
旭酒造が販売管理システム基盤に「Oracle Cloud Infrastructure」を導入。これまで製造・販売に関する全データをオンプレミスで管理していたが、事業継続計画(BCP)の一環でクラウドへの移行を決めた。(2019/7/24)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
明治や江崎グリコも手を出したハンバーガービジネス ロッテリアだけが飛躍した理由
明治や江崎グリコといった名だたる菓子・乳業メーカーがこぞってハンバーガービジネスに参入していた。しかし、現在も大きく繁栄しているのはロッテリアだけだ。どこで差がついたのだろうか。(2019/7/23)

「偽装不倫」宮沢氷魚・谷原章介の美しさを押し出しまくる1話 モテない女の自虐はアラサー女性の救いになるのか
だから、僕と不倫しませんか?(2019/7/17)

「驕れる者は久しからずやで」 初夏に「そうだ 京都、行こう」と誘われたのでアートと地ビールをまったり堪能してきた
あざやか新緑と「モッフモフ」な苔!! 嵐電・嵐山駅名物の駅構内ビアガーデンも始まっていました。【写真46枚】(2019/7/3)

「脱・総合居酒屋」で月商3倍も:
昭和「ワタミ型」、平成「鳥貴族型」 令和で成功する居酒屋の4条件とは?
酒離れや中食業界の台頭などで苦戦続ける居酒屋業界。昭和はワタミのような総合居酒屋、平成は鳥貴族のような専門居酒屋が伸びた。令和の時代に生き残る居酒屋チェーンの条件とは?(2019/6/28)

宇宙開発:
MOMO4号機は宇宙から紙飛行機を飛ばす、ギネス記録保持者が発案
ロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズ(IST)が、観測ロケット「MOMO」4号機の打ち上げについて発表。2019年5月の3号機の打ち上げ成功から間を置くことなく2019年夏に打ち上げを行う計画で、今後のMOMOの量産開発と事業化に向けた実証実験の位置付けになる。(2019/6/27)

国産ウイスキーが主流:
取扱量が5年で激増 大黒屋で酒の売買が活発になったワケ
ブランド品やチケットの買い取り・販売をしている大黒屋。ここ5年で酒の買い取りと販売の取扱量が激増している。背景には何があるのか?(2019/6/17)

イスラム教徒向けではない:
世界の要人が食べた「とんこつ不使用ラーメン」の正体 G20財務相会議の歓迎行事で提供
主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が、6月8日から開催された。歓迎レセプションでは「100%とんこつ不使用ラーメン」がふるまわれた。どのようなラーメンなのだろうか。(2019/6/10)

山手線を攻めるキャンペーンも:
スシローが“首都侵攻作戦”を高らかに宣言 激化する東京の寿司戦争
回転寿司チェーンの“王者”スシローが都心進出を強化する。顧客に向けたキャンペーンも打ち出した。東京都内の寿司チェーン間の競争が激化しそうだ。(2019/5/13)

コナリミサト×高野ひと深:
対談取材時の作家と編集者の関係は「ポケモンとトレーナー」? 漫画家が恐れる“呪いをかけてくる”編集者とは
『凪のお暇』作者×『私の少年』作者。飲酒トークで本音を語ります。(2019/5/11)

飲み会の後、“答え合わせ”をする関係――コナリミサト×高野ひと深対談vol.1
お酒を楽しく飲む二人による飲酒対談を実施。全4回でお届けします!(2019/5/6)

やっぱオーラが違う! キングカズ&中田英寿の“レジェンド2ショット”がファンのテンションを爆上げ
これがスター同士のオーラ。(2019/4/24)

割り勘、お布施、災害義援金の支払いまで:
「キャッシュレス大国」中国の実相――“信用経済”の深い影
「買う」「食べる」「移動する」「遊ぶ」――。全てモバイル決済で済ませる「キャッシュレス大国」中国の驚くべき実態に迫る。(2019/4/22)

園田競馬場の入門マンガ、「公式なのに生々しい」と評判 「的確過ぎ」「すごく笑えるしタメになる」
「行き過ぎたのではないかと不安もあるのも正直なところです(笑)」と園田競馬場担当者。(2019/4/9)

危機管理の盲点とは?:
会社の花見で救急車 おじさんだからこそ味わった「飲みすぎ」の代償と注意点
会社の花見でお酒を飲みすぎた38歳の筆者は救急車で病院に搬送された。「おじさん」が倒れると上司や同僚にどんな迷惑をかけるのか。実体験をもとに、ビジネスパーソンとお酒の関係を考える。(2019/4/6)

日本酒好きにおなじみの「杉玉」がBluetoothスピーカーに! 使い込みと共に色が変わる本格派
居酒屋にあったら素敵。(2019/4/4)

“車内販売廃止”の動きに「待った」:
“グランクラス2.0”始動! 「新幹線版ファーストクラス」をリニューアルするJR東の「次の一手」
JR東日本は新幹線版ファーストクラス「グランクラス」の車内サービスを運行後初めて一新する。他社で車内販売が廃止される中、JR東が打った「次の一手」の狙いとは――。(2019/4/3)

これが走るファーストクラスかぁぁ…… 新幹線の特別車両「グランクラス」がリニューアル、極上の味とサービスを体験してきた
直前に開催された体験会に参加してきました(2019/4/1)

イノベーター列伝:
逆境を乗り越えた先にある“楽しみ”とは――ベルーナ安野 清氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。(2019/3/28)

パフェの祭典「PAFES」が静岡で開催! 発表会で王道パフェから変わり種パフェまで堪能してきた
「カレーパフェ」なんてものも……!(2019/3/18)

大阪ベイタワーに温泉テーマパーク「空庭温泉」がグランドオープン 安土桃山時代をコンセプトに天然温泉や食事処を提供
弁天町駅直結の約5000坪の温泉型テーマパークです。(2019/3/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。