ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SAP Business ByDesign」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SAP Business ByDesign」に関する情報が集まったページです。

導入にかかる時間がどれだけ短縮できるか
SAP、Infor、Microsoft、Oracleを比較――4大ERPの特徴を導入支援と投資対効果で見る
SAP、Infor、Microsoft、OracleといったベンダーのERPシステムを検討している企業向けに、各ERPベンダーが提供する導入戦略によってERPの投資対効果がどうなるか考察する。(2018/12/20)

大企業向けから中小企業向けまで
いまさら聞けないSAPのERP 5大製品の特徴と最新動向をおさらい
SAPが提供する5つの主要な製品である「SAP ERP」「SAP S/4HANA」「SAP S/4HANA Cloud」「SAP Business One」「SAP Business ByDesign」について、北米の最新事情から製品の概要や特徴を紹介する。(2018/12/18)

プライベートクラウド、シングルテナント、オンプレミス……
「S/4HANA Cloud」のマルチテナントとシングルテナントを比べる 名称には戸惑いも
「SAP S/4HANA」のパブリッククラウドオプションは、プライベートクラウドのオプションと融合する部分が多いため、区別が難しい。明確な違いは何だろうか。(2018/11/1)

PR:中堅・中小企業の味方! ビジネスの機動力を高めるには?――SAPの「クラウド型ERP」
(2018/3/16)

製造IT導入事例:
玩具・雑貨メーカーが中小企業向けクラウド型ERPを採用
SAPジャパンは、同社の中堅中小企業向けクラウド型ERP「SAP Business ByDesign」を、キャラクターグッズや雑貨などを製造・販売するレイアップが採用したと発表した。(2018/1/30)

PR:人手不足、事業成長……悩みの尽きない中堅・中小企業が本当に“欲しい”支援とは?
労働生産性は米国の6割強で、先進7カ国中でも最下位……これが今の日本企業の実態である。背景にあるのが、失われた20年の中で一向に進んでこなかった中堅・中小企業での生産性向上だ。この改善を抜きに日本経済の持続的な発展は望めない。とはいえ、中堅・中小企業のビジネス課題は多岐にわたる。今、彼らが本当に必要な支援とは……?(2017/8/24)

新規参入を強力に支援するパートナー施策
中堅・中小企業向けクラウドERPに賭けるSAPジャパンの“本気度”とは
SAPジャパンは中堅・中小企業向け市場における新たなパートナー戦略を打ち出した。同社にとっては、これまでなかなか存在感を示せずにいた領域へのチャレンジとなる。同社が目指すパートナービジネスの姿とは。(2017/6/28)

中堅・中小企業のデジタル変革にもSAPを――営業体制とパートナーを大幅強化
SAPジャパンが、中堅・中小企業をターゲットに、クラウドベースのソリューションを拡販する。小規模な企業にもSAPのERPが有用であることを説き、パートナー企業と共に企業のデジタル化をサポートする。(2017/4/4)

製造ITニュース:
グローバルなアライアンスネットワーク「United VARs」に加盟
NECは、SAPパートナー企業による、グローバルなアライアンスネットワーク「United VARs」への加盟を発表した。今後はパートナー企業と連携し、SAPのクラウド型ERPサービス「SAP Business ByDesign」のグローバル導入を支援するという。(2015/10/7)

アジア3拠点の基幹システム、たった6カ月で同時立ち上げ――サントリーグループ
サントリーグループが、シンガポール、マレーシア、香港の3拠点の基幹システムを6カ月というスピードで同時に立ち上げた。現地の法制度や商習慣にも対応済みだ。(2015/4/24)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ヒト、モノ、世界をつなぐテクノロジーとして重要になるクラウド
グローバルで戦うためのIT戦略としてクラウド活用が注目されている。ITを駆使した新しいビジネスをシステム部門がリードするためには、新たなチャレンジが必要。(2014/5/2)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
グローバルで戦うためのIT戦略には創造的破壊を進める勇気も必要
ITを駆使した新しいビジネスを、システム部門はリードできているのか。多部門の業務にも果敢に挑み、「とりあえずやってみる」という楽観主義も持ちあわせながら、新しい姿に変えていってほしい。(2014/4/23)

Weekly Memo:
SAPが語るクラウドサービスレイヤの新解釈
SAPジャパンが先週開いた記者会見で、IaaS、PaaS、SaaSといったクラウドサービスのレイヤについて新解釈を示した。興味深い話だったので取り上げておきたい。(2014/2/10)

ものづくり支援ソフトウェア製品レポート:
製造ITのクラウド化が加速、ベンダー各社が製品を積極投入
エンタープライズITに比べ、クラウド活用があまり進んでいなかった製造現場のITだが、クラウド化が加速してきた。CADなどで設計データを共有するために採用するケースや、海外拠点進出時に早期にシステム提供ができる点などが評価を受けつつある。(2014/2/4)

製造ITニュース:
NECとSAP、海外現地法人への導入を狙い、クラウド型ERPサービスで協業
NECとSAPは、クラウド型ERPサービス「SAP Business ByDesign」におけるビジネスで協業する。(2014/1/9)

NECとSAP、クラウド型ERPサービスでグローバル協業
NECとSAPは、東南アジア6カ国それぞれの法制度や商習慣に対応したクラウド型ERPサービスを展開していく。(2014/1/9)

SAPジャパン、クラウド型ERP「Business ByDesign」国内投入
SAPジャパンがクラウド型ERP「SAP Business ByDesign」を国内投入。オンプレミス型SAP ERPとの機能連携が可能で、国内外で拠点を構える企業のシステム統合を支援するという。(2013/8/27)

Weekly Memo:
自前クラウドにこだわらないSAPの勝算
SAPジャパンが先週、クラウド事業戦略について記者会見を開いた。その中で、自前クラウドにこだわらないパートナー協業の姿勢を打ち出したが、果たして勝算やいかに。(2013/6/10)

企業グループ内展開やサービス化も視野に:
SAPジャパン、SAP HANA Cloud Platformを国内でも展開
データセンター事業者、ユーザー企業などによるサービス提供支援も視野に、SAPジャパンが日本国内での「SAP HANA Enterprise Cloud」を核としたクラウドを本格展開する。(2013/6/6)

専任組織を立ち上げ「クラウドに徹する」 SAPジャパン
今年4月にクラウドファースト事業本部を新設するなど、SAPジャパンはクラウド事業の拡大を図っていく。(2013/6/5)

「2013年はクラウドに火をつける」 SAPジャパンが事業戦略を発表
SAPジャパンの安斎社長は2013年の注力事業について説明した。(2013/1/30)

SAPが2012年業績を発表:
ERPもHANAも二桁成長、13年はクラウドの年に〜SAPジャパン
(2013/1/30)

2013年新春特集 「負けない力」:
世界で通用する日本人を輩出する組織に SAPジャパン・安斎社長
アジア太平洋地域の中で大きな売り上げ貢献を果たしているSAPジャパンだが、さらなる飛躍のためにはグローバル人材の育成が不可欠だという。(2013/1/1)

顧客ニーズに合わせてオンプレミスもクラウドも提案可能に:
SAPに買収されたのはチャンス〜クラウドHCMのSuccessFactors
(2012/10/30)

SuiteWorld 2012 Report:
アップルがお手本、マルチチャネル統合で優れた顧客体験を
現地時間5月15日、サンフランシスコでNetSuiteの「SuiteWorld 2012」が開幕し、「Commerce as a Service」構想と中核サービスである「NetSuite SuiteCommerce」が発表された。ネルソンCEOは、「アップルがお手本。 CaaSでマルチチャネル統合を」と新しいSuiteCommerceを売り込んだ。(2012/5/17)

北京で「SAPPHIRE NOW in Beijing」を開幕:
SAP、HANA 2.0でOLAPとOLTPの共存を実現
(2011/11/16)

SAPPHIRE NOW 2011 Orlando Report:
インメモリ技術はビジネスを加速するターボチャージャー
SAPPHIRE NOW 2011 Orlandoは2日目を迎え、創業者のプラットナー氏が基調講演に登場、インメモリ技術を売り込んだ。コルゲートのグリーンCIOは、「インメモリ技術なら詳細のデータをリアルタイムで分析できる。ビジネスを変えるターボチャージャーだ」と話す。(2011/5/19)

SAPPHIRE NOW 2011 Orlando Report:
新たな次元の「リアルタイム」でビジネスを変革、米国先進企業は再び成長軌道に
SAPPHIRE NOW 2011 Orlandoは、共同CEOを務めるマクダーモット氏とスナーベ氏の基調講演が行われ、本格的な開幕を迎えた。ステージでは、「インメモリ技術」による桁違いのスピードと「モバイル」によるリーチの拡大によって競争力を高めている先進企業の事例が紹介された。(2011/5/18)

ERP Now!【第7回】
ERP、次の常識は超高速統合システムか
複数のシステムを組み合わせて稼働させるERPシステムの常識が変わりつつあります。大手ベンダーは複数システムを最適な形で組み合わせた統合製品に注力しています。ERPの将来の姿を考えてみましょう。(2011/5/6)

「SAP Business ByDesign」がiPadに対応 SDKもリリース
SAPのSaaS型ERPスイート「Business ByDesign」がバージョン2.6にアップデートした。iPadとBlackBerryをサポートするようになったほか、拡張機能を構築できるSDKが加わった。(2011/2/9)

ERP NOW!【第2回】
2011年は「クラウドERP」元年になる
2011年は「クラウドERP」の元年になるでしょう。各社が製品を相次ぎ発表し、ユーザー企業の注目を集めています。今回は企業のERP導入に大きな影響を与えつつあるクラウドERPのトレンドを紹介します。(2010/12/21)

SAP、クラウドベースのコラボレーションツール「StreamWork」をGoogle Appsに統合
Google AppsのアカウントでSAPのコラボレーション・意思決定ツールの「StreamWork」を利用できるようになった。BlackBerry向けアプリと、セキュリティを強化したエンタープライズ版も発表。(2010/12/7)

SAP、iPhone向け「Business ByDesign」をリリース
SAPはSaaS型ERPスイート「Business ByDesign」のiPhone版を公開した。今後、Android、BlackBerry、Windows Phone 7版もリリースする計画だ。(2010/10/6)

Oracle OpenWorld 2010 Report:
Sunとの融合がOracleの本格的なクラウドビジネス参入を加速する
「Oracle OpenWorld 2010」4日目は、再びラリー・エリソン氏が登場して、Oracleのクラウドの優位性と、Sun Microsystemsと融合したことによる効果を力説した。(2010/9/24)

Weekly Memo:
SAP・Sybase合併後の戦略会見で感じた意外なポイント
SAPが先週、中国・北京で行ったSybase買収後の事業戦略を説明した会見から、印象に残った意外なポイントを取り上げてみた。(2010/9/6)

SAP、SaaS型ERPスイート「Business ByDesign 2.5」を発売
SAPの中堅企業向けオンデマンドビジネススイート「Business ByDesign 2.5」がようやく発売になった。10ユーザーから利用可能な3種類のスターターパックも提供する。(2010/8/3)

SAP決算、2けた台の増収増益 Sybaseの買収完了を発表
SAPは4〜6月期の業績発表時、Sybaseの買収完了も報告した。(2010/7/28)

識者が語る「ERP製品選択の目」:ガートナー ジャパン 本好宏次氏
外資か国産か、IFRSを見据えたERP選びの鍵は「自社のIT戦略」
70製品以上がひしめき合う国内ERP市場。IT担当者は主要ベンダーの動向を追うだけでも大変だ。IFRS適用を見据えたIT担当者が知るべき主要ERP製品の動向と、選び方のポイントを識者に聞く。(2010/6/7)

アナリストに聞く:
「基幹システムのクラウド化」をにらむSAPの戦略
ガートナージャパンのアナリスト、本好宏次氏は、SAPの動きが情報システムについて日本のソフトウェアベンダーやユーザー企業の考え方を変える可能性があると指摘した。(2010/6/1)

日本のSaaS市場、年平均11.7%で成長――ガートナー
ガートナージャパンによると、日本のSaaS市場は年平均11.7%で成長し、2013年には427億円に達する見通しだという。これをけん引するのは、メール/グループウェアとCRMだ。(2010/5/21)

コンシューマー化する企業IT――SAPの共同CEOが講演
SAPは「Sapphire Now」を開催している。従来の同社のイメージとは異なり、コンシューマーITを取り入れた新たな企業ITを提唱している。(2010/5/19)

SAP共同CEOが語るSybase買収の狙い
ドイツ・フランクフルトで開催中の年次イベント「Sapphire Now」の会場で、SAPのジム・ハガマン・スナベ共同CEOに買収の狙いについて聞いた。(2010/5/17)

Weekly Memo:
SAPがみせたクラウド時代のパートナー戦略
SAPと富士通が先週発表したSaaS型情報分析サービスでの提携から、クラウド時代におけるSAPのパートナー戦略を占う。(2010/4/12)

中堅・中小企業の賢いERPパッケージ選び【第1回】
継続して使う「半製品」――多様化するSMB向けERPの今を読み解く
競争力向上や全体最適化は中堅・中小企業でも重要なテーマ。だが、ERPの次の主力市場では大企業にはない独自のニーズや傾向がある。パッケージの選択眼を養うため、まずはSMB向けERP市場のトレンドを追ってみよう。(2009/6/2)

SAPPHIRE 09 Orlando Report:
SAP、大企業向け以外はすべてをオンデマンド対応に
SAPのエグゼクティブボードメンバーのジム・スナベ氏は、大企業向け以外はすべてオンデマンド対応することを明らかにした。(2009/5/18)

SaaSには限界あり:
クラウドコンピューティングに見るERPの将来像
パッケージアプリケーション全体に大きな影響を与えるトピックの中で特にこの2008年後半に大きな動きがあると予測されるのは「SaaS」だ。SaaSには限界もあるため、それをカバーするクラウドコンピューティングやPaaSにも注目が集まる。(2008/9/16)

SAPPHIRE 2008 Berlin:
中堅中小企業を押すSAP、早期導入ユーザーはSaaSに満足
独SAPがドイツ・ベルリンで開催した年次ユーザーカンファレンス「SAPPHIRE 2008 Berlin」では、SMBに大きなスポットが当たった。(2008/5/22)

SAPPHIRE 2008 Berlin:
カガーマンCEO、SOAからビジネスネットワークへ企業の変革を支援する
独SAPは5月19日、本拠地のドイツ・ベルリンで年次カンファレンス「SAPPHIRE 2008 Berlin」を開幕した。欧州ではカガーマン会長兼共同CEOとして最後の講演となる。(2008/5/21)

SAPPHIRE 08 Orlando Report:
SAPはSaaSで出遅れ? カガーマンCEOの答えはノーだ
昨年9月、「Business ByDesign」でSaaS市場に参入したSAPだが、事業の展開が計画より遅れている。この市場では、salesforce.comやNetSuiteなどの新興企業がパイオニアとして存在し、SAPはこのまま後塵を拝するのか?(2008/5/7)

ERPで変える情報化弱体企業の未来:
SaaSの潮流と普及のための条件(後編)
SaaSというサービス提供モデルは、その利点が企業に理解されれば一気に普及期に入るのだろうか。今回は、SaaS普及のための課題および条件について探ってみる。(2008/2/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。