ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「調味料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「調味料」に関する情報が集まったページです。

Uber Eats、卸の“プロ向け食材”を都内へ配達 缶詰や調味料など100種類
Uber Japanが、フードデリバリー「Uber Eats」で、卸売店の食材を届けるサービスを始めた。都内のユーザーを対象に、卸売店「プロの食材エブコ」の商品を注文できるようにした。(2021/1/19)

おみまいされるぞー 大泉洋、なまらおいしそうな料理を作るも安定の“シェフ大泉”降臨
さぁ今日はねぇ、悪魔のぶっかけカルボナーラ飯を作りますよぉ。(2020/12/28)

355万超を回収:
ニトリがアスベスト含有で謝罪、年末年始も相談カウンターは対応
ニトリホールディングス(HD)の似鳥昭雄会長らは12月26日午後、東京都内で会見を開き珪藻土商品に法令の基準を超えるアスベストが含まれていた問題について陳謝。同社は、コースターとバスマット23製品・355万個超を回収するとしている。(2020/12/27)

コースターやバスマット:
ニトリの珪藻土商品、回収対象が355万個へ拡大 店舗に相談カウンター設置
法令の基準を超えるアスベストが含まれていたとして、バスマットなど珪藻土商品の回収を発表したニトリホールディングス(HD)は12月25日、全ての珪藻土商品の検査が終了したと発表。すでに発表した商品と合わせて、回収対象は23製品、355万個超となる。(2020/12/26)

PR:檸檬堂に新味「カミソリレモン」現る。爽快な後味でツマミも引き立つウマさを、ひとり居酒屋でいち早く体感した
ほかの4種類とは一線を画す、抜群にドライなキレ味。(2020/12/18)

食の流行をたどる:
ミシュランの星を獲得したタイの「屋台めし」 70代女性シェフが究極の「顧客体験」を提供できている理由
タイのストリートフード(屋台めし)がミシュランの星を獲得した。筆者は2019年、店舗を実際に訪れたことがある。感動のあまり涙を流してしまった「カスタマーエクスペリエンス」とは。(2020/12/9)

4種の“味変”可能な「ペヤング超超超大盛りやきそばGIGAMAX君なら食べれる」新発売 いや無理っす
商品名が長い。(2020/12/7)

ニコニコのりの狙いとは:
“電車”から着想した「家で作る軍艦巻き」 コロナ禍で3割増の「手巻きずし用のり」に続くか
コロナ禍で在宅時間が増えたことで、ニコニコのりの「手巻きずし用のり」の売り上げは3割増。さらに新しい需要を取り込もうと開発したのが「軍艦巻き用のり」だ。これまで家庭で作らなかった軍艦巻きを提案する狙いとは? ヒントは電車のおもちゃにあった。(2020/12/7)

年末年始の整理整頓に救世主となる新世代ラベルライター! テプラ「PRO MARK SR-MK1」を試す
キングジムの「テプラ」と聞くと、事務機器然としたラベルライター(プリンタ)というイメージを持つ人も少なくないはず。しかし、今回紹介する「『テプラ』PRO MARK SR-MK1」は、スマホとつないで使うプリント機能に特化したことで、おしゃれな見た目を手に入れた。その利便性を、実際に使ってみて体感してみよう。(2020/12/3)

令和の米騒動こと「天穂のサクナヒメ」、累計出荷50万本突破 ガチな稲作パートが人気で一時は品薄も
卵焼きをだし巻きにできる神アプデも到来。(2020/11/25)

雑誌は“冬の時代”:
コンビニの「雑誌棚」と「書籍棚」がコロナ禍で変化 大手3社の戦略は
コンビニにある雑誌・書籍棚。大手3社でその戦略は異なる。雑誌が売れなくなっている時代の位置付けとは。(2020/11/18)

久世福商店&サンクゼールの「2021年福袋」は今年も充実! “だし”や調味料がいっぱいです
エコバッグやワインバッグのついた福袋も。(2020/11/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
SKYACTIV-Xアップデートの2つの意味
SKYACTIV-Xがバージョンアップする。新バージョンの発売は来年初頭とアナウンスされている。さて、となると興味はいくつかに分れるだろう。何がどう良くなるのかと、何で今バージョンアップなのか。おそらくその2つが焦点になる。(2020/11/16)

「ジブリの世界に税金があったら」を妄想 カオナシが手から出した金を拾うのは「贈与」? 「横領」?
なにげなく見ていたシーンにも実は税法が絡んでいた。(2020/11/4)

水曜インタビュー劇場(自宅公演):
売上5.8倍に! ロイホ発の冷凍食品が好調なワケ
ロイヤルホールディングスが展開する「ロイヤルデリ」の売り上げが好調だ。商品は「冷凍食品」のみ。デリバリー需要が伸びている中で、なぜ冷凍商品が売れているのか。同社の担当者に話を聞いたところ……。(2020/11/4)

タイムアウト東京のオススメ:
おしゃれフードコート? 人気店を集めたセントラルキッチンが日本橋に誕生
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/11/4)

女性客に好評だった:
ファミマ、クックパッドの商品を受け取る宅配ボックスを70店舗に設置 相乗効果見込む
ファミリーマートはクックパッドが展開する生鮮食品EC「クックパッドマート」の商品を受け取る宅配ボックスを東京都と神奈川県の70店舗に設置する。先行導入した店舗で、女性客を中心に好評だった。(2020/10/28)

9年連続2桁成長へ:
過去最高更新を続ける、キリン「本搾り」 “熱いファン”に支えられるブランド戦略
キリンビールの缶チューハイ「本搾り」は、2019年まで8年連続で2桁成長しており、20年も過去最高を更新しそうだ。その背景には、熱いファンの存在がある。果汁とお酒だけという難しい製法を続けているのは、その特徴的な味わいにほれ込む顧客の期待に応えるためだ。(2020/10/28)

レジ待ち渋滞も解消:
“買いすぎ防止”スマホレジを導入したら、客単価が20%上昇 イオン「レジゴー」の秘密に迫る
イオンのレジに革命が起きている。買い物客が貸し出し用のスマートフォンを使い、かごに入れる前に商品をスキャン、専用レジで会計する「レジゴー」だ。スキャンにかかる時間は約1秒。レジでは決済のみを行うため、レジ待ちの渋滞も起きづらい。常に商品の一覧と合計金額が確認でき、利用者にとっては買い過ぎの防止にもなるレジゴーの導入で、客単価が向上したという。その理由を聞いた。(2020/10/22)

GAFAを敵と見るか、パートナーと見るか:
シャープが家電メーカーからソリューションカンパニーへ  「家電のビッグデータ活用」を事業部長に聞く
シャープの調理家電を統括する奥田哲也事業部長に、成長著しい調理家電市場のデータ活用方法についてインタビューした。(2020/10/21)

「時産家電」市場を狙う:
販売台数は前年比3倍! シャープの水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」開発者に聞く――共働き家庭の必需品に
シャープが2015年に発売した水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」がヒットを続けている。派手な宣伝戦略を取っていないにもかかわらず、2020年の4〜6月の販売台数は前年比3倍まで急増した。開発者に舞台裏を聞いた。(2020/10/20)

【料理で事故った体験談】野菜炒めを作っていたら、うっかり着ている服が燃えてしまって……という「着衣着火」のお話
特に冬場は注意したい「着衣着火」。(2020/11/13)

あれもこれも大豆でできてる 大豆から何ができるかをまとめた“豆知識”チャートがかわいくて分かりやすい
大豆ってすごい。(2020/10/15)

イノベーションのレシピ:
くら寿司はなぜ半年で非接触型サービスを導入できたのか
回転ずしチェーンを展開するくら寿司は、池袋サンシャイン60通り店に、入店から退店まで顧客が店員と対面することなく、すしの提供をはじめとするサービス提供が可能となる「非接触型サービス」を導入した。このような非接触型サービスの導入は「大手外食チェーンで初」(同社)だという。(2020/10/15)

政府は運用見直し:
Go To イート、鳥貴族の“錬金術”超えた? 数十円の調味料のみ頼む
飲食業界への政府の支援事業「Go To イート」の“錬金術”問題で、政府は店舗での飲食料金がポイント付与額より低い場合、ポイントを付与しない方向で運用を見直すと明らかにした。(2020/10/11)

直江津駅「海の幸弁」(1100円)〜駅弁屋さんの厨房ですよ!(vol.22「ホテルハイマート」編(6))
(2020/10/10)

「おうち時間」で人気のメニューは定番の「カレー」 手作りを始める男性も増加中?
自分で好きなブレンドを作る「スパイスカレー」も話題になっているよね。(2020/10/6)

食いしん坊ライター&編集が行く! フードテックの世界:
大豆を“肉”にどう変える? 焼肉やステーキはできる? ファミマと不二製油に聞いた
焼き肉やステーキなど、ごちそうに直結する食材である肉。肉に代わる食材として「大豆ミート」が注目を集め、最近はコンビニでも手に入るようになった。大豆ミートはどのように作られ、なぜ注目されているのか――国内でいち早く開発に取り組んできたファミリーマートと不二製油に聞いた。(2020/9/30)

ペヤングからまさかの「アップルパイ味」爆誕 「おやつ感覚でお楽しみいただける商品です」
パッケージはなぜか宇宙。(2020/9/20)

簡単レシピも提供:
社食のランチを宅配、リモートでも「食生活を支えたい」と一念発起 ココネの事例
IT企業・ココネは、「ココネデリ」と呼ぶ社員食堂を設け、専属のシェフが栄養バランスの取れた食事を日々提供。大半の社員がリモートワークに移行している最近では、社員に食事を宅配する「ホームデリ」を始めた。(2020/9/17)

山崎実業の調理用シリコンスプーンが超優秀だった! 無印良品スプーンとの比較&レビュー漫画が参考になる
もっと早く知りたかった……。(2020/9/9)

売上高150億円規模を目指す:
ウィズコロナ時代の「ストック需要」に対応 キユーピー新事業展開
キユーピーは、コロナ禍で高まるストック需要や内食需要に対応するため、調味料や、長く保存できる総菜をなどを新事業として展開すると発表。9月16日に1本あたり40%以上の野菜が含まれた調味料を発売する。今後は、色味や風味を保ちながら30日間の保存ができる総菜や、殻をむいたゆで卵などを販売していく。2024年までに売上高150億円規模を目指す。(2020/9/4)

2019年5月に発売:
ファミマが「ポケチキ」をリニューアル 女性客獲得のための戦略商品
ファミマはホットスナックの「ポケチキ」をリニューアルする。ジューシー感を向上させるため、新たに鶏もも肉を配合する。女性客を獲得するための戦略商品を強化する。(2020/9/2)

ルマンドやハッピーターンが靴に転生!? 食べ物のパッケージを再現した「おいしそうなスニーカー」職人に亀田製菓も賛辞
再現度が半端ない。(2020/9/2)

「味覇」に「青い海鮮味覇」登場 エビをベースにアサリ、昆布、オイスターなど使用
青い!(2020/9/1)

スマートリテール:
ID-POSだけでは見えなかった「顧客の考え」、サントリー酒類がAIカメラで実現したいこと
2020年7月3日、トライアルカンパニーが展開するディスカウントストア「スーパーセンタートライアル長沼店」が、AIカメラなどの各種デジタル設備を導入したスマートストアとしてリニューアルオープンを果たした。スマートストア化を実現した背景には、飲料/食品メーカーらによる共同プロジェクト「REAIL」の存在がある。REAILにも参加するサントリー酒類に、メーカーがAIカメラなどを活用するメリットを聞いた。(2020/9/1)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
レシピ競争から脱却! 味の素が「体験」「共感」を発信する意味
コロナ禍で“家での体験”が見直される中、味の素は7月に情報サイト「味の素パーク」をリニューアル。レシピページの閲覧は増えていたが、“食の体験”を打ち出すサイトに変えた。その背景には、ブランドへの共感を生むことに加え、デジタル活用で潜在ニーズを探る狙いがある。(2020/8/28)

新宿駅「復刻鳥めし」(680円)〜戦争と駅弁(3)
ためになる「駅弁」の歴史話第3弾。新宿駅の「復刻鳥めし」とともに、戦時体制の「駅弁、軍弁」の歴史を紹介していきます。(2020/8/22)

「生活感が見えて親近感が湧きました」 スザンヌ、息子と暮らす自宅のルームツアーでありのままの生活見せる
動画の中で、自分がこだわった部分について解説を入れています。(2020/8/20)

飲食店を科学する:
吉祥寺でステーキ戦争勃発 「いきなり!」「やっぱり」「ステーキ屋松」の決定的な違いをプロが分析
沖縄発の「やっぱりステーキ」が東京・吉祥寺に進出。この地には「いきなり!ステーキ」と「ステーキ屋松」がある。プロが3店舗を分析して分かった決定的な違いとは?(2020/8/17)

突っ張り棒の平安伸銅工業から突っ張らない新アイテムが登場 「Move Rod」がさまざまな場所で使えそう
突っ張り棒を再定義→突っ張らないという発想。(2020/8/4)

ねとらぼ読者が「リピート買いしているもの」32選! 「飲む湿布」や「マジで臭わない袋」など
備えあれば憂いなし。(9月4日更新)(2020/8/4)

ねとめし:
「29年間のおにぎり人生でも間違いなくトップの逸材」 38万“いいね”を集めた“極上の焼きおにぎり”の作り方
これは食べすぎてしまうやつ……。(2020/7/31)

【5年前に家電ほぼ捨てちゃった人インタビュー】夫婦での途上国滞在で学んだ「“ない生活”をしてみるメリット」
現在は日本で、「ない生活」ではなく「自分にとっていらないものを持たない生活」を送っているようです。(2020/8/7)

最もコスパのいい牛丼・牛めしを“1キロカロリー当たり何円か”で決める
全部うまいならカロリー当たりの値段で勝負だ。(2020/7/22)

スライムの かまぼこが あらわれた! ドラクエウォークと老舗かまぼこメーカー鈴廣がコラボ
「スライムかまぼこ」は7月23日から11月10日までの期間限定販売。(2020/7/21)

東京駅「江戸甘からあげ弁当」(900円)〜江戸甘味噌を使った唐揚げ駅弁!
江戸甘味噌のたれで和えられた唐揚げはもちろん、普通の唐揚げも入った2種類の唐揚げを楽しめる江戸・東京ならではの唐揚げ駅弁!(2020/7/19)

これぞめんつゆの本領発揮 68品のレシピがわかる新刊『絶品おかずはめんつゆで』で一味違う夏を過ごそう
気軽に使えて奥深い……!(2020/7/7)

「史上最も手元が映らない料理動画」 本田姉妹、タマネギを切るだけの料理動画が見ているだけでおなかいっぱい
こんな料理動画、見たことないよ。(2020/7/3)

東京駅「江戸甘味噌かつ弁当」(850円)〜駅弁はスマホで予約! サクッと受け取り!!
肉厚なロースとんかつにたっぷりとかかったとろーり江戸甘味噌が香ばしい一品です。(2020/7/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。