ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「自粛」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自粛」に関する情報が集まったページです。

もしもビデオ通話に幽霊が降臨したら ロックダウン中に撮影された外出自粛ホラー「ズーム/見えない参加者」レビュー
舞台はZoomの画面の中。(2021/1/23)

テレワークで変わる企業意識 さらに求められる“従業員ファースト”
 新型コロナウイルスの猛威は2021年に突入するとさらに増し、緊急事態宣言が東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県に再び発出され、飲食店への時短営業や外出自粛、テレワークの推進などが要請された。さらに13日には大阪、京都の2府と栃木、岐阜、愛知、兵庫の4県も対象に加えられた。コロナ禍で「リモートワーク」や「ハイブリッドワーク」が急速に拡大し、日本人の働き方は今、大きく変わろうとしている。(2021/1/22)

気温低下で需要高まるも:
アパレル上場企業、12月は8割で前年割れ 目立つ「ワークマン」や「西松屋」の強さ
帝国データバンクが、月次売上高を公開しているアパレル上場企業24社について集計したところ、2020年12月の売上高(全店ベース)が、前年同月を下回ったのは19社だったことが分かった。(2021/1/22)

福岡の電光掲示板に現れた「エヴァ風」自粛要請映像がかっこいい 実は福岡県によるPR動画
全国展開してほしいかっこよさ。(2021/1/22)

「思ったよりオタクだった」 ROLAND、秋葉原お忍び観光でラブライブの推しを語りまくる姿に反響
“画伯”ぶりも披露。(2021/1/22)

りんたろー。“本気ボディーメイク”で筋肉美が冴えわたる ファンのバイブスいと上がりけり「大人の男性の色気が…」
完全にお笑いを封印したりんたろー。さん。(2021/1/22)

行動変容の難しさ:
夜の街“優良店”でもクラスター、なぜ
新型コロナウイルスで感染の懸念が高いとされる「夜の街」。国立感染症研究所が行った東京・歌舞伎町のホストクラブなどへの実態調査で、積極的に感染防止対策をしていた店舗でもクラスターが発生していたことが判明した。(2021/1/22)

国会議員と国家公務員の打ち合わせ、今後はオンラインに 与野党が“対面自粛”で合意
国会議員と国家公務員の対面での打ち合わせを自粛することで与野党が合意した。今後は可能な限り、オンラインや電話で行う。(2021/1/21)

ハチミツ二郎、“新型コロナ”で一時危篤だった 公表の裏には「サンド」伊達の思い
YouTubeでは入院中の様子などを語っています。(2021/1/21)

観光ベンチャー、コロナ禍で新事業に挑む 需要回復に期待 
起死回生の期待がかかるのは、自社の人材の能力を生かした新事業の立ち上げやコロナ禍の中でも需要が見込める他社の買収などの一手。(2021/1/21)

不動産市場の「今」を知る――アットホームラボ調査レポート(1):
【新連載】アットホームラボ調査レポ「コロナ禍でどう変わった?2020年の不動産市況を振り返る」
本連載では、不動産に関する各種データや不動産仲介の現場から集めたリアルな声をもとに、アットホームラボの磐前淳子氏が最新の市場動向について解説していきます。(2021/1/21)

昼はネコ、夜は工場夜景 都会のローカル線ワンダーランド「鶴見線」のひみつ10選
日中は1時間に3往復、「密にならない」都会のローカル線を愛でましょう。(2021/1/20)

まだまだPCは伸び続ける――NECPCが考える2021〜22年の市場動向
NECパーソナルコンピュータが、PCやタブレットの2021年春モデルを発表した。発表会では、2020年の振り返りと2021年への展望も語られた。新型コロナウイルスは、PCやタブレットの売れ行きにどのような影響を及ぼしたのだろうか?(2021/1/20)

沖縄県の緊急事態宣言で:
「テレワークできる人がうらやましい」と嘆く居酒屋バイト 観光業は「収入がゼロに」
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、沖縄県独自の緊急事態宣言を出した。県民からは「覚悟はしていた」などと冷静に受け止める一方で、多くが収入減など生活面での不安を訴えた。(2021/1/20)

スシロー、くら寿司はコロナ禍でも加速 都心に出店攻勢
コロナ禍で苦境に立たされる外食産業だが、スシローとくら寿司は売上高が過去最高を記録し好調だ。以前から利益率向上に向け進めていた非接触化、省人化戦略が奏功した。(2021/1/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
サイゼ社長の「ふざけんな」は当然 時短要請と協力金が批判されまくるワケ
当初、東京都は協力金を支払う対象を中小事業者に限定していた。しかし、大手企業から“異論”が相次いだ。不公平な仕組みを見直さなければ、都心店・大型店の崩壊は近い。(2021/1/20)

「人口減少に伴う地域経済停滞の影響が深刻」:
大都市圏とそれ以外の地域でIT支出に大きな差 IDCが国内IT市場の地域別予測を更新
IDC Japanは、2020年9月末時点の新型コロナウイルス感染症による影響を考慮して、国内IT市場の地域別予測を更新した。2021年は経済環境が回復するが、回復のペースは緩やかで、大都市圏とそれ以外の地域でIT支出に大きな差異が生じる見込みだ。(2021/1/20)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(73):
豪雪でも出社しなくちゃいけないの? 地方のテレワーク事情2021
「テレワーク」は都市部の専売特許みたいな印象があります。でも実は地方こそ、テレワークを推進した方がいいのかもしれません。その理由とは?(2021/1/20)

上場4社も厳しく:
ラーメン店の倒産、過去最多 コロナ禍で「ラーメン店離れ」続く
2020年のラーメン店の倒産数は46件となり、19年の36件を上回って過去最多を更新した。倒産が年間40件を超えたのは20年が初めて。(2021/1/19)

今大人気の意外な輸入商品:
「バナナ」の輸入額が過去最高! なぜ?
新型コロナウイルス感染症の影響で、バナナや冷凍庫といった意外な品目の輸入額が令和2年は相次いで過去最高を更新する見通しとなったことが分かった。(2021/1/19)

コロナ禍のバレンタイン商戦 百貨店苦肉の策、各社がオンライン通販に注力
バレンタイン商戦がコロナ禍のもとで幕を開けた。各社力を入れているのがオンライン通販だ。非接触時代を応援するため、箱にメッセージを書いてそのま郵送できる「ニューノーマルショコラ」など、苦肉の策の新機軸が打ち出されている。(2021/1/19)

スピン経済の歩き方:
「ふざけんなよと」怒り爆発 大手外食が“露骨に冷遇”されるワケ
「ランチがどうのこうのと言われました。ふざけんなよと」――。サイゼリヤの社長がキレたわけだが、その気持ちも分からないわけではない。東京都の感染拡大防止協力金(1日6万円)をみると、中小企業や個人事業主には配られるのに、なぜ大手チェーンには支給されないのか。その背景にあるのは……。(2021/1/19)

IDC、国内IT市場の地域別予測を発表 2021年は地域格差が浮き彫りに
IDCは、2020年9月末時点のCOVID-19による影響を考慮して、国内IT市場の地域別予測をアップデートした。2020年は、インバウンドや観光需要の消失、製造業の停滞の影響を大きく受けて地域別で見ても各地域でマイナス成長だった。2021年どう改善されるのだろうか。(2021/1/19)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で参加者を3倍まで増やしたhontoのオンライン読書会「ペアドク」に潜入
2019年にスタートした「ペアドク」は、当初は都内のカフェなどで開催していたものの、コロナ禍以前から検討していたオンラインでの開催に踏み切った。すると20年3月の時点では100人程度だったFacebookコミュニティーの参加者を、11月までに300人程度にまで増やせたという。ペアドクが取り上げた ピョートル氏『パラダイムシフト』の回に潜入した。(2021/1/19)

Mr.マリック、“史上最高の”ハンドパワーを披露→完全にくまだまさしでした
つまりくまださんのネタもハンドパワー……?(2021/1/18)

警備や販売では不足感:
アルバイトの人手不足が緩和 コロナ禍で採用が減った業種は……
マイナビの調査によると、アルバイトの人材不足が緩和している。新型コロナウイルスの影響もあり、約9割の業種で人手不足を感じているという回答が減少。一方、エッセンシャルワーカーの人手不足感は依然として高い傾向にある。(2021/1/18)

「お! な! か!!!!」 こじるり、夜中にダイエット宣言 ダラダラ生活で腹筋を失ってしまう
「このあとからやく1年ずっとダラダラ食べて飲んで寝てた」(2021/1/18)

初の週末:
商店街、小売店、レストランはどう? 緊急事態宣言後の大阪市内
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が緊急事態宣言の発令対象に大阪など7府県を追加後、初の週末を16日、迎えた。(2021/1/17)

月刊乗り鉄話題(2021年1月版):
今年はどんなお楽しみがある? 鉄道ガンバレ!! 「2021年注目の鉄道トピック」まとめ
「ひっそり日本一長い駅名更新」「流氷物語号」「ロマンスカーミュージアム開館」「DMVデビュー」……などなど! 「三密を避けたひとり旅」と「対策強化ツアー」で、今年も乗り鉄がんばりましょう!(2021/1/15)

YOSHIKI、コロナ禍で10カ月オールデリバリー生活「作曲はできるけど、料理はできない」 年始に“鬱治療”を告白で心配の声
1人での食事が続くと心にくるかも……。(2021/1/15)

通期見通しは変えず:
ファーストリテイリング 営業利益23%増 巣ごもり需要で部屋着やヒートテック毛布などが好調
ファーストリテイリングは1月14日、2020年9月〜11月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。それによると、売上高にあたる売上収益は6197億円(前年同期比0.6%減)、営業利益は1130億円(23.3%増)と大幅な増益となった。巣ごもり需要などで国内や中華圏でのユニクロ事業やジーユー事業が好調だったことが影響した。(2021/1/15)

映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が再び公開延期に 「緊急事態宣言の発出という事態を重く受け止め」
宇多田ヒカルさんの主題歌もリリース延期に。(2021/1/14)

根本的な問題:
民間病院が「コロナ受け入れ」動かないワケ
政府は新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言の対象を11都府県に拡大した。日本医師会は「医療崩壊から医療壊滅になる」と危機感を示すが、コロナ患者を受け入れる民間病院は依然少ない。なぜ動かないのか。(2021/1/14)

公務員のテレワーク進まず 住民との窓口多く対応に苦慮
政府の緊急事態宣言では、出勤者を7割削減するという目標も盛り込まれた。しかし、自治体の公務員が十分にテレワークができていない実態がある。出勤が不可欠な業務がある一方で、環境整備の遅れや意識の低さを指摘する声もある。(2021/1/14)

飲食店を応援するプログラム、クラウドファンディング「READYFOR」が実施 手数料なしで支援募集可能
ALL-IN形式、サービス手数料無料のクラウドファンディングで飲食店をバックアップ。(2021/1/14)

湯之上隆のナノフォーカス(34):
2050年までの世界半導体市場予測 〜人類の文明が進歩する限り成長は続く
コロナ禍にあっても力強い成長を続ける半導体市場。2050年には、どのくらいの市場規模になっているのだろうか。世界人口の増加と、1人当たりが購入する半導体の金額から予測してみよう。(2021/1/14)

旅行、飲食関連でコロナ禍が影響:
倒産件数が2年ぶり「減少」、支援策が下支え 新型コロナ関連倒産は792件
東京商工リサーチが発表した全国企業倒産状況によると、2020年1〜12月の負債1000万円以上の企業倒産件数は前年比7.2%減の7773件。2年ぶりに前年を下回った。一方、新型コロナ関連の倒産は792件に達し、旅行やアパレル関連などの大型倒産も目立った。(2021/1/13)

Foo SAKE!! 米バンド「フー・ファイターズ」が日本酒プロデュース、楽曲聞かせて醸造した完全オリジナル
史上最高に“ロック”でいただきたい酒が誕生。(2021/1/13)

マギー、自宅にレーシングシミュレーター導入で驚きの声 2020年には国内Aライセンス取得の“ガチ勢”ぶり
マギーさん「たくさん学んで自分が辿り着けるところまで極めたい」。(2021/1/13)

2020年の旅行業の倒産は26件 コロナ禍にもかかわらず過去20年間で2番目の低水準
東京商工リサーチが2020年1〜12月の「旅行業の倒産動向」調査を発表。(2021/1/13)

2020年の宿泊業の倒産は118件 前年比1.5倍増で約半数が新型コロナ関連
東京商工リサーチが2020年1〜12月の「宿泊業の倒産動向」調査を発表。100件代は7年ぶり。(2021/1/13)

宣言後の人出、東京駅と渋谷駅で減少度に差 その理由は?
緊急事態宣言後の人出の減少度合いは、渋谷駅より東京駅の方が高かった――そんな調査結果を、ヤフーのビッグデータ解析チームが発表した。その理由は?(2021/1/13)

KADOKAWA流働き方改革【前編】:
社員2000人「7割がリモートワーク」実現 KADOKAWAが“出社前提・紙文化”から脱却できた理由──きっかけは「マンガ」作戦
2020年11月、ところざわサクラタウン内に新オフィス、所沢キャンパスをオープンしたKADOKAWA。所沢キャンパスの稼働時をめどに、ABW(Activity Based Working)を掲げ、場所にとらわれず充実した働き方を目指す改革を約5年かけて進めてきた。出社して紙の原稿を回す文化の大規模出版社が、コロナ禍で社員2000人の7割リモートワークを実現するまで、どのような軌跡があったのか。(2021/1/20)

備えあれば憂いなし:
2度目の緊急事態宣言に”楽観視”は禁物 アパレル企業が今やるべきことは
2回目となる緊急事態宣言が1都3県に出された。都心の百貨店、ファッションビルは1〜2時間の閉店繰り上げを決めた。2回目となる今回の措置に向けてアパレル企業もコロナ対応が試される事になる。そこで、考えられるリスクと乗り越えるためのヒントを著者の磯部氏はこう分析する(2021/1/13)

IT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
「しなやか」な組織体制を持つ企業は半分しかない 事業継続計画のこの現実をどう考えるか
DXを推進する体制を考えるとき、変化に強いしなやかな事業運営は大前提といってもよい要素です。ディスラプターへの対応だけでなく、自然災害や有事の対応でもしなやかな組織作りが重要ですが、実態はどうなっているでしょうか。(2021/1/13)

2020年の飲食業倒産は過去最多の842件 緊急事態宣言の発出で更なる増加の懸念
2020年における負債1000万円以上の飲食業倒産は842件で、前年に比べ5.3%増加した。これは年間最多だった11年の800件を上回る過去最多の記録だ。(2021/1/12)

オリコン調べ:
2度目の緊急事態宣言でコナミやエニタイムの対応に差 通常通り営業を続けるチェーンも
政府が1都3県を対象に再発出した緊急事態宣言。前回の緊急事態宣言では、各スポーツクラブが臨時休業や営業自粛の対応をとったが今回は各社で差が出ているようだ。(2021/1/12)

環境整備の遅れ:
公務員のテレワーク進まず 窓口対応に苦慮
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が東京や埼玉など4都県を対象に出した緊急事態宣言では、テレワークで出勤者を7割削減するという目標も盛り込まれた。多くの企業が出勤自粛を進める見通しだが、自粛を呼びかける側である自治体の公務員が十分にテレワークができていない実態がある。(2021/1/12)

きっかけ食堂、コロナ禍もオンライン交流で東北との縁つなぐ
2020年12月11日、Web会議ツールを使った「きっかけ食堂」が開店した。東日本大震災の被災地や復興を考えるため、東北の食材や地酒を提供する酒場だ。オンライン開催にすることで被災地の生産者らをゲストに招いて親交を深めることもできた。(2021/1/12)

「家でバイトの面接受ける時」→スーツ姿だと思ったら……? 大胆なオンライン面接に「天才」「せめて上は着てw」
発想の勝利。(2021/1/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。