ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「自粛」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自粛」に関する情報が集まったページです。

コロナ禍で脆弱さも:
観光客は復帰時の23倍に 波及効果は1兆円、復帰50年データで見る沖縄の観光
沖縄の基幹産業である観光産業は入域観光客数が1000万人を超えるなど目覚ましい発展を遂げた。経済波及効果で見た場合、1兆円にも上るとされる。その一方で課題も……。(2022/5/16)

カクヤス調べ:
五月病やコロナ疲れで「やる気が出ない」「憂鬱」 対処法を調査
GW明けは「なかなかやる気が出ない」というビジネスマンが多い。五月病に加えてコロナ疲れも感じる今、どうやってリフレッシュしているのか。「好きなお酒やおいしいものを食べる」などインドアな回答が多かった。(2022/5/15)

値上がりしたと感じるモノ:
GW前半の個人消費金額は平均1万9125円、昨年はどうだった?
マクロミルは消費者定点観測データを元に、ゴールデンウイーク前半までの消費動向を取りまとめた。その結果(2022/5/11)

GWの国内旅行、去年の2倍に マクロミル調べ
マクロミルは11日、3年ぶりに行動制限のないゴールデンウィークで国内旅行が昨年の2倍になったという調査結果を発表した。(2022/5/11)

原日出子、夫・渡辺裕之さん急逝前日の様子明かす 「ゴルフ番組の収録に向けて、久しぶりに元気に動き回り準備をしていました」
ご冥福をお祈りします。(2022/5/11)

増える「浮き指」の子供、コロナで拍車も AIで改善へ
足の指先が地面に着かない「浮き指」の子供たちが増えている。放置すれば腰痛や歩行障害につながる恐れもあり、大阪では2022年度から、専門家がAIで小学生の姿勢を分析し、浮き指症状の改善に向けた取り組みに乗り出した。(2022/5/11)

YouTubeで卑猥コメント連投、配信者の“誤BAN”相次ぎ話題に VTuberも標的
いたちごっこが続きそうです。(2022/5/10)

動画で会話しネット販売 地方で拡大 ライブコマース、漁港・直売所の臨場感
生産者が動画を通して商品を販売する「ライブコマース」が広まりつつある。利用者はコミュニケーションを取りながら商品を購入できるため安心感があり、新型コロナウイルス禍の新たな直販スタイルとして定着する可能性が高い。(2022/5/10)

五月病で「会社辞めたい」6割が経験 今年は“発症”する人が増えるおそれも
識学(東京都品川区)は、20〜59歳の男女を対象に「五月病に関する調査」を実施。五月病が原因で会社を辞めたいと思ったことがある人は6割に上ることが分かった。(2022/5/10)

動画で会話しネット販売 地方で拡大 ライブコマース、漁港・直売所の臨場感
生産者がオンラインの動画で商品を販売する「ライブコマース」が広まりつつある。(2022/5/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
レクサスLXで分かったGA-Fプラットフォームの構造
レクサスLXとは、要するにトヨタランドクルーザーのレクサス版である。プラットフォームはGA-Fと呼ばれるTNGA世代のラダーフレームであり、ランドクルーザーおよび北米向けのタンドラと共用する。今回のポイントはこのフレームである。(2022/5/9)

金沢「ちょい弁当(焼肉丼)」(864円):
天国と地獄? 北陸新幹線金沢開業からコロナ禍の7年間、老舗駅弁店の8代目はどう見たのか? 金沢駅弁・大友楼
北陸新幹線開業→東京五輪開催の流れで金沢は世界の観光客でも潤う“はず”でした。しかしコロナ禍で……。まるで天国と地獄、金沢の老舗駅弁店は何を感じているのかを聞きました。(2022/5/8)

ニチレイフーズ、ローソンに聞いた:
冷凍食品で「刺身」「冷やし中華」? 開発の背景にはコロナ禍ならではの事情
家庭用冷凍食品の市場拡大を受け、各社が面白い冷凍食品を開発している。「刺身」「馬刺し」「冷やし中華」など、開発の背景には何があるのか。ニチレイフーズ、ローソンの開発担当者に話を聞いた。(2022/5/3)

駅食文化を牽引:
駅弁の「発祥の地」は? JR姫路駅の歴史を振り返る
かつては鉄道の長旅に欠かせなかった「駅弁」。そんな駅弁の「発祥の地」は、今のJR姫路駅なのだという。姫路駅に育まれた姫路発の駅弁文化は今も進化を続けている。(2022/5/2)

古田雄介の週末アキバ速報:
「元通りまでは望みませんが……」――3年ぶりに訪れた“普通”の大型連休
秋葉原は3年ぶりに緊急事態宣言のない大型連休を迎える。特価セールに力を入れるPCパーツショップも多い。(2022/4/29)

行けば何かある:
ローソンの「売り場」「冷凍食品」改革が奏功 どのように?
コンビニ大手のローソンは2020年、竹増貞信社長を委員長とする「ローソングループ大改革実行委員会」を立ち上げた。「ローソンに行けば何かある」と推薦される「レコメンドNo・1」企業を目指す。(2022/4/28)

味、原材料……アイデア入力でAIがレシピ キリン、新商品開発に活用
キリンビバレッジが、商品開発にAIを導入する。熟練開発者の思考パターンを基にした専用ツール「アセスメントAI」の開発に成功し、4月から試験運用を始めた。開発工程のDXで、高いレベルの品質が求められる健康関連商品の開発を加速させる。(2022/4/28)

味、原材料……アイデア入力でAIがレシピ キリンビバ、新商品開発に活用
開発工程のデジタルトランスフォーメーション(DX)で、高いレベルの品質が求められる健康関連商品の開発を加速させる。(2022/4/28)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(2):
定年を自覚したエンジニアがひねり出した“投資のHello Worldアプローチ”
定年がうっすら見えてきたエンジニアが、なりふり構わず「お金/投資」について勉強するシリーズ。今回から、「何でもいいから、1万円で金融商品を一つ買ってみよう」という戦略、名付けて“Hello Worldアプローチ”を実践していきます。(2022/4/28)

PR:GWこそデートしたい!→三脚とスマホを使って、一人でも「彼女と一日デート」を楽しんできた
(2022/4/28)

いざというときに:
「海外旅行に不安」86%、理由のトップは?
これからの海外旅行に、不安を感じている人はどのくらいいるのだろうか。全国の男女に聞いた。(2022/4/27)

客に返金:
コロナ禍で人気高まる知床自然観光 予約キャンセルも
北海道・知床半島沖で観光船が浸水、遭難した事故を受けて、同様のツアーを企画する旅行会社には25日、大型連休で同地域への旅行を予定をしていた客からの問い合わせが相次いだ。(2022/4/26)

オンラインとオフラインの垣根を越えて
ポーラが「OMO」実現のために構築した新しいマーケティングシステムとは
オンラインとオフラインのあらゆる顧客接点を組み合わせ、一人一人の顧客に優れた体験を提供するにはどうすればよいのか。複数の接点ごとに分断された顧客データの一元管理を実現した、化粧品会社ポーラの事例を基に探る。(2022/4/22)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
盛り上げ役がちょっと違う? 熱気が戻った2022年の「スマホ春商戦」
「春商戦」と呼ばれる1〜5月(特に3月と4月)は、携帯電話の契約や端末販売が一番多くなる時期……ですが、ここ2年は新型コロナウイルス感染症の影響でそうでもありませんでした。今年(2022年)は賑わいをある程度取り戻したものの、ちょっと今までとは様子が異なるようです。携帯電話ショップのスタッフから話を聞いてみましょう。(2022/4/25)

「子どもと楽しみたい知育お菓子」ランキング 「手づくりアポロ」を抑えた圧倒的1位は?
ARINAは、日本全国の中学生以下の子どもを持つ親に、「子どもと楽しみたい知育お菓子は?」調査を行った。子どもと楽しみたい知育お菓子1位は、下位に圧倒的大差をつけた「ねるねるねるね」だった。(2022/4/22)

今年のGWは:
GWに出かけたい都道府県ランキング、1位は「北海道」、2位は?
駐車場予約アプリを運営するakippaは、「ゴールデンウイークのおでかけ」に関する調査を実施した。今年のGWにでかけたい都道府県を聞いたところ……。(2022/4/22)

つば九郎、連続2000試合出場の達成目前断念で「なさけない、ごめんなさい」 濃厚接触者疑いで3試合出演中止に
「ペンギンも濃厚接触者扱いになるのか」と驚く声も。(2022/4/21)

PETOKOTO調べ:
愛犬との旅行 宿泊先や行動の制限が課題
ペットライフメディア「PETOKOTO MEDIA」などを展開するPETOKOTO(東京都新宿区)は、愛犬との旅行に関する調査を実施した。愛犬との外出について、「お出かけ・旅行への意欲は増しているが、頻度は増えていない」が57%を占め、最多となった。(2022/4/21)

2022年のGW、42.1%が「今年は外出したい」 去年は「我慢したから」
今年は「ちゃんと気を付けながら、やっぱり出掛けたい」人が増えたようです。(2022/4/21)

Vtuberのローレン・イロアスさんが活動再開を発表 違法ダウンロード問題で3月2日から自粛
ファイルの著作権者に直接謝罪し、和解したそうです。(2022/4/20)

アクセンチュア、「生娘をシャブ漬け戦略」発言の吉野家元常務との顧問契約解除 「誠に遺憾」
アクセンチュアは、不適切発言したとして吉野家の常務取締役を解任された、伊東正明氏との契約を解除したと発表した。同社は2021年7月から伊東氏をマーケティング分野の社外アドバイザー(顧問)に起用していた。(2022/4/20)

食べ物に人気集まる:
ふるさと納税の返礼品 「魚介」や「米」を抜く人気1位は? コロナ禍で利用増
カリーグズは、2020〜21年に「ふるさと納税」を行い返礼品をすでに受け取った人に、「ふるさと納税でもらってよかった返礼品 人気ランキング」調査を行った。1位は「肉類」が選ばれた。(2022/4/20)

吉野家常務の「生娘をシャブ漬け戦略」発言 講座主催者の早稲田大も謝罪 「再発防止に努める」
吉野家の伊東正明常務が早稲田大学の社会人向け講座で若手女性向けの自社戦略を「生娘をシャブ漬け戦略」と表現した問題で、早稲田大が「講座主催者として深くお詫び申し上げます」と謝罪した。同大は「再発防止に努める」としている。(2022/4/19)

吉野家、開発期間10年の「親子丼」発売 幹部の「生娘をシャブ漬け戦略」発言でPR自粛
吉野家が「親子丼」の販売を全国の店舗で始めた。2012年に販売していた商品を、10年の開発期間をかけて復活させた。ただ、伊東正明常務の外部講演会での不適切発言を受け、広報活動を自粛。同日に予定していた発表会も中止した。(2022/4/19)

気象庁「熱中症警戒アラート」27日から運用 去年は延べ613回
気象庁と環境省は19日、「熱中症警戒アラート」の運用を4月27日から始めると発表した。(2022/4/19)

GWのおうち需要に応える:
イオン、夏の節分に向けて「ローストビーフ」「玉子焼き」を使用した恵方巻を販売 狙いは?
イオンは中国・四国地区限定で夏の恵方巻を販売する。「肉」「玉子焼き」を使用した、子ども向けの商品を販売する。外出自粛が続くなかで、GWのおうち需要に応えていく。(2022/4/15)

ロンブー淳、渦中の「天竺鼠」瀬下豊を危惧 中絶強要報道からの“引退発言”には「短絡的な答えは出さない方がいい」
瀬下さんは現在、芸能活動を自粛中。(2022/4/15)

続く外出自粛:
来るゴールデンウイーク 約6割は自宅で過ごす派
セレス(東京都世田谷区)が行った今年のゴールデンウイークの過ごし方についての調査によると、60.3%が外出を自粛すると答えた。(2022/4/13)

郊外への移住は微増:
コロナ禍の“テレワーク移住”はわずか3.5%、ソニー損保調べ
ソニー損害保険は「コロナ禍の引っ越し事情」に関する調査を実施。その結果、リモートワークなどのしやすさを理由にした引っ越しは全体の3.5%にとどまることが分かった。(2022/4/13)

エンタメ・金融事業も回復傾向:
ローソン決算、コロナ前後でコンビニ、成城石井、エンタメなど各セグメントはどう変化した?
ローソンは2022年2月期通期の連結決算を発表した。コロナの影響を受け不調は続くものの、全体的に回復傾向が見られた。国内コンビニの不調は、デリバリー強化や巣ごもり需要への対応で対処していく。(2022/4/12)

外食意向「当分は様子を見て控える」が32.5% 歓迎会の実施率は8.2%
外食の現状や消費者心理調査。コロナ禍前と比べて、現在までの外食頻度の変化を聞いたところ、「当分は様子を見て外食を控える」と答えた人は32.5%だった。(2022/4/8)

「ET-KING」KLUTCH、不起訴理由を明かす 尿検査は陰性、押収物も第三者の物
3月に書類送検されたことが報道されていました。(2022/4/7)

東京商工リサーチ調べ:
旅行業、コロナ前から2兆円の売り上げ消失 6割以上の企業が最終赤字
東京商工リサーチは、国内旅行業1110社の最新期決算調査を発表した。売上高合計は7241億5400万円となり、コロナ前の前々期と比較すると売上高は2兆円の消失となった。同社は長引く移動制限や外出自粛、インバウンド需要の消失などにより、売上減少から赤字経営に直面する旅行業者が増えていると分析する。(2022/4/6)

ミルボンは美容室の解題に取り組む:
「対面重視」の美容業界に訪れた“DXの波” コーセーの「触れない接客」に高評価が付く理由
店頭での接客や体験を重視してきた美容業界。しかし特にコロナ禍以降、企業側にもDXの波が訪れた。ありきの美容業界で進むDXとはどういったものか。(2022/4/5)

デジタルサイネージ広告が回復 コロナ前超えも 外出控えは解消傾向 AI進化も追い風
新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだデジタルサイネージ広告市場が再び注目を集めている。感染症対策と経済活動の両立が進み、外出を極端に控える傾向が解消されるとみられるためだ。2023年にはコロナ前の水準を上回るとの見方もある。(2022/4/4)

世界を「数字」で回してみよう(69)番外編:
「それでもコロナワクチンは怖い」という方と一緒に考えたい、11の臨床課題
EE Times Japanでおなじみの「エバタ・シバタコンビ」が戻ってきました。今回は、「健康上の都合からワクチン接種に対する恐怖心がどうしても消えない」という読者、”K”さんのメールに端を発したものです。そこからシバタ医師が読み取った、コロナ後遺症への対応などを含む、11個のクリニカル・クエスチョン(臨床上の課題)をご紹介します。(2022/4/4)

デジタルサイネージ広告が回復 コロナ前超えも 外出控えは解消傾向 AI進化も追い風
新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだデジタルサイネージ(電子看板)広告市場が再び注目を集めている。感染症対策と経済活動の両立が進み、外出を極端に控える傾向が解消されるとみられるためだ。人工知能(AI)カメラで年齢層や性別を把握し、それに応じた情報発信が可能なデジタルサイネージも登場。こうした進化もあって、回復が加速し来年にはコロナ前の水準を上回るとの見方もある。人が行き交う空港や駅での展開が活発化している。(2022/4/1)

500人に聞いた:
クレジットカードで重視すること 2位は「ポイント還元率」、1位は?
保険マンモスは、クレジットカードを利用している男女を対象に、「クレジットカードに関するアンケート調査」を実施した。クレジットカードを選ぶ時に重視するポイント1位は「年会費の安さ」であることが分かった。(2022/3/31)

1店舗で複数の集客導線を確保:
フードデリバリー戦国時代の今、ローソンが「ゴーストレストラン」に参入するワケ
ローソンは「ゴーストレストラン」の実証実験を強化する方針を発表。店内の調理スペースでさまざまなブランドを展開する。コロナ禍で落ち込んだ売り上げのカバーにつながるか。(2022/3/30)

遺失届のオンライン申請可能に 交番負担軽減も 警視庁
警視庁は落とし物をした際に届け出る遺失届のオンライン申請を開始した。新型コロナウイルス感染拡大防止や、利便性の向上、交番業務の負担軽減などが狙い。警視庁は「ぜひ活用してほしい」と呼びかけている。(2022/3/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。