ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「自粛」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自粛」に関する情報が集まったページです。

「自分と砂糖の甘さが原因です」 激痩せのガリガリガリクソン、約20キロのリバウンドを“謝罪文風”に報告
反省してないな!(2019/11/19)

「自らの言動を深く反省」 木下優樹菜が当面の活動自粛を発表
この時期の発表になったのは「本人含め、仕事関係の方々と様々な協議を重ねた結果」とのこと。(2019/11/18)

「映画 すみっコぐらし」をただただ見てほしい その気持ちをここにしたためよう
「映画すみっコぐらし」がなぜここまで話題になっているのか、そしていかに素晴らしいのか、ここに解説しよう。(2019/11/15)

「いだてん」、チュート徳井義実の出演シーン再編集へ 11月3日放送回は43分から42分の放送時間
徳井さんの個人会社が所得の申告漏れを指摘されていたことを受けて。(2019/11/2)

叶姉妹、新作ジョジョコス準備もハロウィーン仮装を自粛 被災者思い「そのような気持ちになれず…」
美香さん「一日も早く穏やかな心で過ごされますよう 姉も私も心から祈っております」。(2019/10/31)

今日のリサーチ:
若者の「ハロウィーン疲れ」が始まっている?――BookLive調べ
令和最初のハロウィーンをどう過ごすのか。総合電子書籍ストア「BookLive!」で過去半年以内にマンガジャンルの作品を購入した20〜30代の男女1099人を対象にした調査です。(2019/10/30)

チュート徳井が芸能活動を自粛へ 銀行預金の差し押さえ、社会保険未加入など“新たな事実”も判明
徳井さん「しっかりと見つめ直していきたい」。(2019/10/26)

渋谷のバーガーキングが「ゾンビ向け店舗」としてリニューアルオープン 10月末までの期間限定
店内は、まるで廃墟。(2019/10/23)

「激辛カレーがナーフされて煮物になりました」 大川ぶくぶ、「ポプテピ」で神戸の事件を風刺(?)する
ネタの速さ。(2019/10/21)

渋谷ドンキがハロウィーン夜間の酒販売を自粛 コンビニ大手も売らない方針
渋谷から酒が消える?(2019/10/21)

かんぽ不正販売、中途半端な民営化に問題あり
かんぽ商品の不適切販売をめぐり、日本郵政グループが揺れている。9月30日に発表した中間報告では、保険業法などの法令や社内規定に違反した契約の実態が次々と明らかになり、コンプライアンスへの意識の低さが露呈した。不正を放置した経営陣の責任も重大だが、不適切販売の原因はもっと根深いのである。(2019/10/15)

台風19号に伴う休業情報、店側がぞくぞく発表 利用者や従業員の安全のため
早めのアナウンスありがたい。(2019/10/11)

プロジェクト:
下水道BCP策定マニュアルに水害への対策を追記、国土交通省
国土交通省は、地震や津波、水害などの災害時に、下水道施設が迅速に復旧できるマニュアルの整備を進めている。(2019/9/12)

実名公表自粛要請、いつまで? 京都アニメーション代理人弁護士に聞いた
事件から早くも1カ月半以上が経過しています。(2019/9/9)

製造マネジメントニュース:
航空機内装大手のジャムコに業務改善命令、不適切事象が新たに判明
ジャムコは2019年8月20日、航空機内装品・機器事業の認定事業所について国土交通省から業務改善命令を受けたと発表した。同社は2019年3月に、同事業において不適切検査があったことを明らかにしていた。今回の業務改善命令は、その後の社内調査で新たに判明した事象が対象となっている。(2019/8/20)

ダイソン、コードレス掃除機用バッテリーパックの火災事故全てが純正品ではないものだったと注意喚起
純正品を使いましょう。(2019/8/11)

モバクソ畑でつかまえて:
作り手は「暴力表現」とどう向き合うべきか 「メギド72」プロデューサーのメッセージに「フィクションの作り手として誠実」と共感集まる
京アニの放火事件を受け、プロデューサーが公開したメッセージがユーザーの間で話題になりました。(2019/8/7)

気鋭の北朝鮮研究者が分析:
北朝鮮ツアーが謎のブーム!? “近くて遠い国”のインバウンド戦略を追う
北朝鮮で今、外国人を呼び込む観光が盛ん。“近くて遠い国”のツアー内容とは? 気鋭の北朝鮮研究者が迫る。(2019/8/1)

「西日本最大なのに認知率10%」 姫路セントラルパーク、プール施設の自虐広告を展開
サイトを見にいくと、いきなり「姫センのプールをほめちぎって」とお願いされます。(2019/8/1)

京都アニメーション、あらためて取材自粛をお願い 実名報道の自粛も書面で要請
「少なくともお弔いが終えられるまでの間は、弊社より公表する予定はございません」。(2019/7/25)

ドラマ「監察医 朝顔」、京アニの放火事件を受け第3話を延期に 22日は1話&2話のダイジェスト
第3話は、編集し演出を変えた上で7月29日に放送予定。(2019/7/21)

「声優ラジオに心を救われた」「握手会にはあえて行かない」 オタクが語る“アイドル声優”の熾烈な世界
「声で人を好きになる」。(2019/7/27)

中日ドラゴンズ応援団、「サウスポー」自粛へ 球団側「選手を“お前”と呼ぶべきではないとの意見があった」
ピンクレディーの名曲。(2019/7/1)

「ウイルス罪」めぐる事件、セキュリティ事業者に余波 「活動の萎縮につながる」「指針が必要」
セキュリティに関する情報を公表したり、交換したりすると、「ウイルス罪」に問われるのではないか――そんな懸念が、セキュリティ解析や知見の共有に取り組むエンジニアの間で広がっている。(2019/6/28)

「撮影に支障がでております」 福山雅治、公式サイトがファンの“マナー違反”に注意喚起
迷惑掛けたらダメ。(2019/6/10)

カッコクシュノウ……ライハン…… 大阪府警のG20サミット動画が「シュールすぎる」「AC部かと思った」と話題
???(2019/6/1)

アラートループで書類送検の男性2人、起訴猶予に 「嫌疑なしにすべきだった」担当弁護士が異例の声明、検察を批判
ポップアップが繰り返し表示されるサイトのURLを掲示板に書き込んだとして、不正指令電磁的記録供用未遂の疑いで神戸地検に書類送検された男性2人が起訴猶予処分に。弁護士は「『嫌疑なし』の判断をすべきだった」と検察を批判している。(2019/5/30)

スピン経済の歩き方:
復活の兆しがある「社内運動会」は、本当に組織を活性化するのか
社内運動会を開催しているところが増えているという。「社内運動会=昭和」のイメージがあるが、どういった目的で開催しているのか。「組織を活性化するために」といった声が多いが、本当にそんなこと……。(2019/5/28)

「JUDGE EYES:死神の遺言」初版は差し替えなし ピエール瀧の羽村京平のまま遊べる
出演者のピエール瀧氏の逮捕を受け、販売が自粛されていた「JUDGE EYES:死神の遺言」。このほど、ピエール瀧氏の出演部分を差し替えた「新価格版」の発売が発表されたが。あわせて、初版の交換やパッチ対応は行われないことが明かされた。(2019/5/22)

ピエール瀧逮捕で販売中止の「JUDGE EYES:死神の遺言」、モデル差し替えで再発売
ピエール瀧氏が逮捕されたことを受けて3月から販売を自粛していた「JUDGE EYES:死神の遺言」が7月18日に「新価格版」として4540円(税別)で再発売。瀧氏が演じていたキャラクター「羽村京平」は、田中美央さんが演じたモデルに差し替えた。(2019/5/21)

「保育園の散歩は大事なコト」 過度の自粛を懸念したエッセイ漫画で知る、たかが散歩 されど散歩
子ども心身の成長に大きくかかわる「お散歩」。(2019/5/11)

つるの剛士、園児死亡事故の記者会見に言及 現役保育士から感謝の声「すごい救われます」
つらい記者会見だった。(2019/5/9)

経産省、米Fisher-Priceのベビーベッド使用中止呼びかけ
乳幼児が寝返りをした場合、30人以上死亡しているとして。(2019/4/16)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2019年3月版:
「JavaScript」と「警察」は相性が悪いのか?
2019年3月のセキュリティクラスタでは、「JavaScriptを使った無限アラートサイトへのリンクで中学生が補導された事件」に対する意見が殺到しました。「コインハイブ事件の判決」でもJavaScriptと警察の対応が話題の中心になりました。この他、「破産者マップ」についても多数のツイートが飛び交いました。(2019/4/15)

ITりてらしぃのすゝめ:
「エイプリルフール」がいろんな意味で笑えない理由
毎年やってくるエイプリルフール。個人で楽しむ分にはいいと思うのですが、SNSの普及で段々と“笑えない”ことになってきている印象も。(2019/4/10)

構想10年、紆余曲折経て映画「麻雀放浪記2020」公開に斎藤工、白石監督らが思いを吐露 ピエール瀧へも言及
「初日を迎えることができて、心から幸せに思っております」と斎藤さん。(2019/4/6)

「エイプリルフールやりません」日産が異例の表明 その理由は
4月1日、各社が渾身のジョークネタを投稿する中、日産自動車が公式Twitterであえて「エイプリルフールのジョークは投稿しません」と表明したことが注目を集めている。過去のエイプリルフールで日産のなりすましアカウントが出現したほか、今年は新元号発表の日に当たることもあり「混乱を避ける」ためとしている。(2019/4/1)

「依存症に厳しすぎる制裁」 ピエール瀧出演作の自粛撤回、依存症支援団体が要望
ピエール瀧氏が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、出演作品の撮り直しや販売停止など自粛が相次いでいる問題で、依存症関連の市民団体や治療者らで結成する団体が、自粛を撤回するよう求める要望書を、NHKなど5社・団体に送付したと発表した。(2019/3/28)

ネットに広まる「魔女っ子は放送禁止用語」説 調査して分かった「放送で扱いにくい理由」と「一般人が納得できない理由」
芸人さんのツイートが話題に。まとめサイトなどで記事化され、情報が拡散しています。(2019/3/27)

ピエール瀧容疑者出演のPS4「ジャッジアイズ」、欧米版ではキャラクターを差し替えて発売へ
日本版の出荷再開時期などについてはいまだ不明です。(2019/3/23)

ピエール瀧容疑者逮捕で販売自粛のPS4「ジャッジアイズ」 ゲオの中古ソフト週間売上で前週14位から1位に
新品の出荷とDL販売はセガが自粛中。(2019/3/20)

ピエール瀧容疑者逮捕、波紋はゲーム業界にも 前例なき「出荷自粛」「声優交代」の決断はどのように下されたのか
両メーカーにコメントを求めました。(2019/3/22)

「麻雀放浪記2020」:
批判覚悟の「ピエール瀧出演作」公開を好感? 東映の株価、社長の心配に反し上昇
3月20日の東京株式市場で東映の株価が上昇した。東映は同日、麻薬取締法違反で逮捕されたピエール瀧氏が出演する映画「麻雀放浪記2020」を予定通り4月5日に公開する旨を発表。東映の多田憲之社長は「少々株価が落ちるかな」と危惧していたが、市場には好感されたようだ。(2019/3/20)

「シン・ゴジラ」爆音上映中止せず ピエール瀧出演も「誰もが楽しめるエンターテイメント」
3月29日に109シネマズ名古屋で開幕する「爆音映画祭」で上映予定の「シン・ゴジラ」は予定通り上映。麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたピエール瀧容疑者が出演しているが、「作品自体は誰もが楽しめるエンターテイメント作品であることから予定通り上映することにした」という。(2019/3/20)

白石監督「ホッとしている」:
東映、ピエール瀧出演「麻雀放浪記2020」ノーカットで公開へ 「作品無罪」で自粛ムードに屈さず
東映が、麻薬取締法違反(コカイン摂取)の疑いで逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧氏が出演する映画「麻雀放浪記2020」を予定通り4月5日に公開すると発表。「ファンのためにならない」「作品に罪はない」という考えに基づいたという。東映の多田憲之社長、同作品の白石和彌監督が会見を開き、経緯や心境を語った。(2019/3/20)

不祥事でドラマやCD自粛、「慎重な対応を」 芸能人の権利保護団体が声明
ピエール瀧容疑者の逮捕で、出演作品の放送や配信が中止されたり、CD販売が自粛される中、芸能人の権利を守る団体・日本エンターテイナーライツ協会が、自粛について「冷静かつ慎重な対応を求める」との声明を発表した。(2019/3/20)

芸能人の不祥事によるコンテンツ自粛に権利擁護団体が警鐘 「冷静かつ慎重な対応を」
ピエール瀧容疑者の逮捕に伴い、出演作品の自粛が相次ぐなかで、日本エンターテイナーライツ協会が声明を公表しました。(2019/3/19)

スピン経済の歩き方:
タレントの薬物問題に、企業はどう対応すべきか
ピエール瀧さんの逮捕を受け、多種多様な企業がその対応に追われている。CMや広告はすべてお蔵入りになったわけだが、役者やアーティストとして関わっている作品まで自粛すべきなのか。この問題に対して、筆者の窪田氏は……。(2019/3/19)

ゲーム「キングダム ハーツIII」オラフ役の声優交代 ピエール瀧容疑者逮捕で
ゲーム本編のアップデートを配信する予定。(2019/3/14)

欲しいものは“物理メディア”で買うべき? ピエール瀧容疑者逮捕で考える「デジタル時代の購入と所有」
ピエール瀧容疑者が逮捕され、過去の音楽作品や映像作品も“自粛”の影響を受けている。デジタルコンテンツの場合は、定額配信サービスなどにも影響は及ぶのか。デジタル時代に「所有すること」について考えたい。(2019/3/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。