ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「セブン銀行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セブン銀行」に関する情報が集まったページです。

スマホ決済Tips:
「Pontaポイントを現金化したい」をスマホ決済サービスで解決するには?
現金が必要だけど手元にない……。そんなときにau PAYから出金できることを知っておくと便利だろう。実はある方法でポイントを現金化できる。(2022/8/5)

スマホ決済Tips:
「現金がいますぐ必要だけど手元にない」をPayPayで解決するには?
現金が必要だけど手元にない……。そんなときにPayPayから出金できることを知っておくと便利だろう。PayPayを使って出金を行う際の注意点と手順をまとめた。(2022/8/4)

楽天Edy、最大2万円分を還元するマイナポイント第2弾を実施
楽天ペイメントと楽天Edyは、総務省が実施する「マイナポイント第2弾」に参加。健康保険証の利用申込と公金受取口座の登録を行うと、各7500円相当のEdyを付与する。(2022/7/29)

マイナポイント第2弾でどの決済サービスを選べばいい? 主要サービスの還元特典まとめ
マイナンバーカードの普及促進、消費の活性化などを目指した「マイナポイント事業」の第2弾が6月30日に始まった。第2弾では対象のキャッシュレス決済を選び、手続きすると合計最大2万円分がもらえる。主要な決済サービス各社による還元内容と、プラスαで還元特典があるかどうかをまとめた。(2022/7/28)

「楽天キャッシュ」のメリットとは? 「楽天Edy」「楽天ポイント」との違いを読み解く
楽天の決済サービスには、楽天ペイ、楽天Edy、楽天キャッシュ、楽天ポイントと複数のサービスが存在している。中でも歴史の長い楽天キャッシュは、オンライン型の電子マネーとして、楽天ペイなどでチャージをして支払える。楽天Edyと楽天キャッシュどちらもチャージして決済に使えるが、明確にターゲットが違うという。(2022/7/27)

楽天キャッシュ、セブン銀行ATMで現金チャージが可能に
オンライン電子マネー「楽天キャッシュ」が、7月25日に「楽天ペイ」アプリを通じてセブン銀行ATMでの現金チャージが可能となった。8月には本機能の導入キャンペーンも実施する予定。(2022/7/26)

スマホ決済Tips:
チャージせずにd払いで支払うには? レジ前で慌てないための手段
事前にチャージした残高から支払えるコード決済サービスd払い。チャージできない、残高不足などの利用により、レジ前で焦ったことはないだろうか? そんな悩みを解決するための手段をご紹介する。(2022/6/28)

楽天経済圏、第2章 ポイントに続く武器、楽天キャッシュとは一体何か?
楽天の最大の強さは楽天経済圏だ。そしてその経済圏を支えるエンジンであり、潤滑油でもあるのが、年間5300億円も発行している楽天ポイントである。しかし、この度そこに新たな武器が加わる。オンライン電子マネーの「楽天キャッシュ」だ。(2022/6/16)

小田急ポイントをPASMOへチャージ 8月1日よりサービス開始
 小田急電鉄は8月1日より、同社のサービスプラットフォーム「ONE」(オーネ)を通じて、小田急ポイントを、全国のセブン銀行ATMにてPASMOにチャージできるサービスを開始すると発表した。(2022/6/16)

PayPay、銀行口座/カードからのチャージ金額を1000円〜に 7月中旬から
PayPayは、7月中旬から1円単位で買い物に利用できる電子マネー「PayPay残高」にチャージ可能な最小金額を変更。銀行口座からのチャージは100円以上から1000円以上になり、ヤフオク!/PayPayフリマは100円以上から1円以上になる。(2022/6/11)

oricon MEの調査:
「満足度の高い銀行カードローン」ランキング 2位「PayPay銀行」、1位は?
oricon ME(東京都港区)が、銀行カードローンについての満足度調査を実施した。(2022/5/31)

ポイントサイト「モッピー」、ポイントから交通系電子マネーへチャージが可能に
 モバイルサービスを展開するセレスは、セブン・ペイメントサービスと連携し、運営するポイントサイト「モッピー」において、セブン銀行ATM受取(電子マネーコース)を利用したポイント交換を開始すると発表した。(2022/5/25)

ソニー、Xperia PRO-IとVlog Monitor購入で2万円キャッシュバック
ソニーは、カメラに特化したスマートフォン「Xperia PRO-I(XQ-BE42)」と外部モニター「Vlog Monitor(XQZ-IV01)」の購入でもれなく2万円をキャッシュバックするキャンペーンを開催する。(2022/5/12)

新生活前に最大30%・500%還元の施策を活用すべし スマホ決済3月のキャンペーンまとめ【3月22日最新版】
2022年3月20日〜28日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayはセブン-イレブンアプリで1%〜1000%を還元。au PAYは高速バスチケット購入で最大30〜50%を還元。d払いはローソン・ローソンストア100にて、抽選で最大500%を還元する。(2022/3/20)

ENEOS根岸製油所、AIチャットbotで社内の問い合わせ対応と申請作業を自動化
ENEOS根岸製油所は、AIチャットbotを自社開発し、社内システムの問い合わせ対応と構内車両の修理申請作業を自動化し、業務効率化を図った。開発には、AIチャットbot構築プラットフォーム「KUZEN」を活用した。(2022/3/16)

金融DX:
「プログラム可能な民間デジタル通貨」とは何か 産業界のデジタル変革にどう貢献する?
中国でデジタル人民元の実証実験が進むなど、各国で「デジタル通貨」実用化に向けた試みが続いている。デジタル通貨はこれまでの通貨と何が違うのか。ITジャーナリストがデジタル通貨の本質に迫る。(2022/3/11)

セブン銀行はなぜ証券サービスを始めるのか? 銀行証券連携の新しい形
セブン-イレブン店内に置かれたATMで有名なネット銀行、セブン銀行が、口座保有者向けに証券取引サービスを提供する。銀行が投資信託などを販売することはよくあるが、株式というのはこれまで例がない。なぜ証券サービスを始めるのだろうか。(2022/3/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
やっぱり「セブン」は強かった!? 「そごう・西武」売却騒動で分かったコンビニ事業の底力
セブン&アイ・ホールディングスはそごう・西武の売却を進めている。米国の投資ファンドは、コンビニの潜在的成長率の高さに注目している。日本のコンビニはやっぱり強かったといえそうだ。(2022/3/2)

小学館『幼稚園』付録に「JRの自動改札機」 タッチするとおなじみの音が「ピピッ」と鳴ってドアがオープン
JR東日本メカトロニクスとのコラボ付録。(2022/2/24)

QUICPayの決済でTポイントが貯まる 後払い型決済アプリ「Tポイント×QUICPay」発行開始
 新生銀行グループのアプラス(東京都千代田区)とTマネー(東京都渋谷区)は、2月14日よりTポイントが貯まる後払い型決済アプリ「Tポイント×QUICPay」の発行を開始した。(2022/2/16)

QUICPayでTポイントがたまる Apple Pay向け後払いサービスが登場
Tマネーとアプラスは、TポイントがたまるiPhone向け後払い型決済アプリ「Tポイント×QUICPay」を提供開始。これを記念し、5月31日までに利用開始手続きをすると500ポイントを進呈するキャンペーンを行う。(2022/2/14)

セブン銀行、スマートプラスと組み証券サービス提供
セブン銀行とスマートプラス(東京都千代田区)は2月8日、セブン銀行口座保有者向けに証券取引サービスを共同で提供することを発表した。預金と投資を一体化したサービスを実現するという。2022年度上半期中のサービス開始を目指す。(2022/2/8)

auじぶん銀行、抽選で500人に現金1000円をプレゼントするキャンペーン
auじぶん銀行は「セブン銀行でスマホATMキャンペーン」を実施する。2月7日から3月31日までにセブン銀行ATMで、auじぶん銀行のスマホATMを利用し「入金」か「出金」をしたユーザーの中から、抽選で500人に現金1000円をプレゼントする。特典付与は2022年4月下旬を予定。(2022/2/7)

銀行のクラウド移行に残る課題【前編】
「合併を繰り返した銀行」がクラウドを避けたがる本当の理由
金融機関にはクラウドサービスの導入を妨げる特有の事情がある。金融機関のクラウドサービス活用の状況と、クラウドサービスの導入を妨げる障壁とは。(2022/2/7)

Goldman Sachsの新しい金融クラウドサービスとは【前編】
ゴールドマンが“クラウドベンダー”に? AWSと始めた「金融クラウド」の正体
Goldman SachsはAWSと協力し、新しい金融データ分析クラウドサービスを他の金融機関に向けて提供する。両社の協業は金融サービス業界にどのような価値をもたらすのか。(2022/1/31)

PR:銀行はスマホ1台で完結する時代に! 手数料無料などメリットだらけの「NEOBANK」のススメ
しかも使っているだけでポイントやマイルが貯まっちゃいます。(2022/1/31)

スマホ決済のお得な活用術:
追加で1万5000円相当を還元! 「マイナポイント第2弾」で準備すべきこと
「マイナポイント第2弾」がスタート。健康保険証の利用申し込みや公金受取口座の登録についても6月頃開始する予定だ。既に第1弾の特典を受け取った人も、追加で1万5000円相当の特典を受け取れるので、ぜひ手続きをしておきたい。(2022/1/28)

デジタル変革の旗手たち:
デジタルで生命保険の顧客体験を再定義――ライフネット生命 森亮介社長
大抵のモノやサービスはスマホで簡単に、しかも安く買えるようになった今だが、生命保険にネットで加入する人はまだ少数派だ。デジタルで生命保険の顧客体験をデザインし直し、新たな未来を切り開こうとしているライフネット生命の新たな挑戦について、ITmediaエグゼクティブのエグゼクティブプロデューサーである浅井英二が話を聞いた。(2022/1/18)

Kyash、銀行介さぬ法人送金 ギグワーカーの報酬支払いプラットフォームに
Kyashは12月23日、法人向けの送金サービスを開始した。企業が、業務委託先や取引先に報酬などを送るプラットフォームとしての活用を目指す。まずはデリバリーサービスmenuに提供し、menuは配達員への報酬支払いに利用する。(2021/12/23)

世界中で普及するオープンバンキング【前編】
クレカはもう“オワコン” 「オープンバンキング」が決済を変える
「オープンバンキング」による決済が、今後急速に普及する可能性がある。この勢いは「クレジットカード決済の優位性を失わせる」と調査会社は予想する。決済はどう変わろうとしているのか。(2021/12/13)

世界中で普及するオープンバンキング【後編】
クレカを“オワコン”にする「オープンバンキング」にVisa、Mastercardが本気の訳
「クレジットカード決済の優位性を失わせる」との声もあるオープンバンキング決済に、大手クレジットカードブランドVisaやMastercardが注力している。両者の意図とは何なのか。(2021/12/20)

そのベンダー、内製を共創できますか?:
内製開発に必要なのは、エンジニアではなく“Engineer”
ユーザー企業だけでは賄えない部分をベンダーが支援する「共創型内製」が増えてきている。その際のパートナー探しには、アウトソース時とは異なるポイントがあるという。(2021/12/6)

PayPayボーナスに交換できる新「ソフトバンクポイント」が2022年4月にスタート 「Tポイント」の付与は2022年3月で終了
ソフトバンクが、新しい「ソフトバンクポイント」の提供を2022年4月に開始する。PayPayボーナスへの交換ができることが特徴で、従来付与していたTポイントの付与や利用は2022年3月をもって終了となる。(2021/12/1)

情報セキュリティ体制の“格付け”、IT連が開始 初年度は42社が星獲得
日本IT団体連盟が、日経500の銘柄企業を対象に情報セキュリティへの取り組みや情報開示の体制について“格付け”する取り組みを始めた。初年度は500社中42社が「特に優良で他の模範となる」として星を獲得した。(2021/11/30)

PayPay銀行、アプリでATM入出金 ローソン銀行に拡大
PayPay銀行は11月29日、アプリを使ってATMで現金の入出金ができる「カードレスATM」機能を拡大し、セブン銀行に続きローソン銀行でも利用可能にした。(2021/11/29)

Apple Payの「WAON」「nanaco」はどう使う? 注意点は?
10月21日、Apple PayのWAONとSuicaのサービスが始まった。使い始め方と注意点を簡単にまとめた。(2021/10/21)

「nanaco」のApple Pay対応がスタート JCBやMastercardからのチャージも可能に
セブン&アイ・ホールディングスは、同社の子会社が展開する電子マネー「nanaco」がApple Payに対応したと発表した。JCBやMastercard、American Expressブランドのクレジットカードからもチャージ可能。(2021/10/21)

金融機関のクラウドサービス利用に関する調査結果
Googleの調査で分かった「金融機関がクラウドを使わない“本当の理由”」
金融業界でハイブリッドクラウドやマルチクラウドなどのIT戦略の採用が進みつつある。ただしクラウドサービスの導入状況は金融機関によってまちまちだ。金融機関がクラウドサービスの導入で抱える課題とは。(2021/10/19)

セブン銀行、後払いサービスを外部事業者に提供 まずは「バンドルカード」に
セブン銀行が、外部事業者向けに後払いサービスを提供する。まずは、カンムの「バンドルカード」でスタート。ユーザーは商品の購入月の翌月末までに、同行のATMの他、コンビニやネット銀行で後払いできる。(2021/9/22)

「推しを応援できる」クレカNudge 「決済収益だけで十分黒字化できる」
Nudgeに特徴は大きく2つある。1つが、スポーツチームやアスリート、アーティストなどとの提携だ。もう1つは、フィンテックスタートアップで一般的なプリペイドカードやデビットカードではなく、敢えてクレジットカードを発行する点だ。黒字化ラインは、ユーザー数25万人。2年後の黒字化を目指すという。(2021/9/2)

旧京王ストアエクスプレス:
セブンと京王ストア 提携1号店を調布駅に出店 2年で40店舗を転換
京王ストアとセブン‐イレブン・ジャパンは、提携第1号店となる、「セブン‐イレブン京王調布駅店」を8月25日にオープンすると発表した。(2021/8/20)

クラウドニュースフラッシュ
LIXILが「AWS」でも「Azure」でもなく「GCP」を選んだ“あの理由”
北國銀行における「Microsoft Azure」導入の事例やLIXILの「Google Cloud Platform」採用など、クラウドに関するニュースを6つ紹介する。(2021/6/30)

クラウドニュースフラッシュ
マネーフォワードがFinTechサービスを「AWS」で動かす理由
時事通信社やマネーフォワードが自社サービスのシステムにクラウドサービスを活用した事例や国内のパブリッククラウド市場調査結果など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2021/4/30)

PayPay銀行スタート アプリATMにも対応で「スマホで日本一使われる銀行目指す」
PayPay銀行が4月5日、ジャパンネット銀行から社名を変更し営業を開始した。PayPayとの連携を強化し、「スマホで日本一使われる銀行を目指す」としている。(2021/4/5)

Tポイントがたまるスマホ銀行「T NEOBANK」開始
Tマネーは、3月31日にT会員向け銀行サービス「T NEOBANK」を提供開始。アプリで預金、振込や借入などが利用できる他、取引に応じてTポイントをためたり、Tポイントを使ってスポーツくじの購入などが行えたりする。(2021/3/31)

CCCが銀行参入、サービス利用でTポイント付与
住信SBIネット銀行と、CCC傘下のTマネーは3月31日、T会員専用の銀行サービス「T NEOBANK」の提供を開始した。預金、決済、融資などの銀行機能を備え、セブン銀行やローソン銀行のATMで入出金が行える。サービスの利用によってTポイントを付与することが特徴。(2021/3/31)

安心して買い物してもらう:
セブン、レジのタッチパネルに抗菌・抗ウイルスシート グループ各社で感染症対策
セブン&アイ・ホールディングスが新しい感染症対策の概要を発表した。全国のセブン-イレブンやイトーヨーカドーで実施する。どんなことをするのか?(2021/3/30)

雑誌「幼稚園」5月号の付録にセルフレジ 東芝テックが協力 「音声は本物と同じ」
小学館の幼児向け学習誌「幼稚園」5月号の付録は「セルフレジ」。POSレジスターなどを手掛ける東芝テックが協力した。(2021/3/3)

みずほ銀行でATM障害 キャッシュカードや通帳が取り込まれた人には「後日返却」
ネットバンキングも一部取引ができない状態に。(2021/2/28)

ソニーのスマートウォッチ「wena 3」を試す 実用性向上も、Bluetooth接続は改善の余地あり
ソニーのバックル型スマートウォッチ「wena 3」。ソニーの社内スタートアップ発の製品として登場したwenaシリーズの新製品だ。アナログ時計と組み合わせて使えるコンセプトはそのままに。第三世代になって連携アプリを一新。ディスプレイを拡大してスマホの通知表示が快適になった。このwena 3を試してみたのでご紹介しよう。(2021/2/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。