ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「共用サーバ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「共用サーバ」に関する情報が集まったページです。

PR:「Shall we ダンス?」「がんばっていきまっしょい」「ウォーターボーイズ」――ヒット作を連発する映画プロダクションを支えるクラウドサーバとは?
「Shall we ダンス?」「がんばっていきまっしょい」「ウォーターボーイズ」など、数々の人気映画を生み出してきた映画プロダクション、アルタミラピクチャーズ。同社は専任の情シスを置かず、映画の助監督などを務める堀田弘明氏がサーバ担当者を兼任している。堀田氏は就任当初、映画公式サイトに熱心なファンのアクセスが殺到した時の“サーバ落ち”など、共用サーバの負荷が高まった際のパフォーマンス低下に悩んでいた。そこで社内のITインフラを見直し、GMOクラウドのクラウドサーバ「ALTUS」に切り替えた。このサーバをなぜ選んだのか? 日々の映画製作にどう役立っているのか? 堀田氏の見解を聞いた。(2019/6/11)

バージョンや構成管理が必要
Windows環境のDevOps 実践を助ける3つのツールを紹介
DevOpsはWindows環境でも実践可能だが、アプリケーションやシステムの運用方法を調整することが必要になる。Windows環境にDevOpsを組み込むことを助ける3つのツールを紹介する。(2018/9/10)

Web改ざん攻撃に変化、ランサムウェア配布などの温床に
Webサイト閲覧者をマルウェアに感染させる改ざん攻撃では、攻撃者が使うツールに変化がみられるという。セキュリティ機関ではWebサイト運営者に脆弱性対策などの取り組みを求めている。(2017/2/2)

PR:無償試用の拡大化と超高速共有フラッシュ装置が象徴する、EMCの「次の世界」への本気度
EMCは、2015年5月の「EMC World 2015」で、スケールアウトストレージソフトウエア「EMC ScaleIO」の無償試用の拡大を発表。一方でフラッシュをDRAMの延長として使える外部装置「DSSD」を2015年中に提供開始すると明らかにした。これらは、一般企業のITの、新しい世界への無理ない移行を象徴している。(2015/7/22)

総容量24.4 PB=消費電力9分の1、スペース2分の1:
奈良先端大のハイクラスシステムに学ぶ、先端クラウドストレージ構築術
奈良先端科学技術大学院大学が、急増する研究データの長期保存を目的としたクラウドストレージ環境を整備した。そこでのポイントは、テープ媒体を活用を通じ、消費電力を大幅減を達成したことである。(2015/4/20)

ITエンジニアのための業務でサクッと使える英語Tips(8):
帰るまでが遠足です。華麗な報告で仕事コンプリート!
ピザの納品は英語でなあに? SATOKOとジェレミー先生が「納品報告」フレーズを紹介します(2014/1/15)

ITエンジニアのための業務でサクッと使える英語Tips(4):
オーマイガッ! サーバが落ちちゃった!
サーバに接続できない、緊急で対応をお願いしなくちゃ! そんなときには英語でどういえばよいのでしょうか?(2013/11/13)

PR:そのiPad、もっと業務に生かせます!――Handbookコトハジメ
会社からiPadやAndroidタブレットを支給されたが、どうも使いこなせていない、というのはよくある話。タブレットやスマートフォンの業務利用を便利にする「Handbook」とは? ミナト株式会社の例を見てみよう。(2012/8/30)

異なるIaaS/SaaS事業者、事故責任の所在は
SaaSでデータが消失したら誰の責任? 進むクラウド事業者の多層化問題
利用しているWebアプリケーションが他社のクラウドサービスなどの上で提供されている場合、利用者はクラウドサービスでのデータ消失事故に際して、いずれの業者にどのような責任を追及できるのだろうか。(2012/8/27)

PR:転送量無制限! クラウドサーバ「WebARENA CLOUD9」NTTPCコミュニケーションズから満を持して登場
ホスティングの老舗、NTTPCコミュニケーションズからクラウドサービス「WebARENA CLOUD9」が登場。実際に大規模Webサービスを運営しているエンジニアにもCLOUD9を体験してもらい、サーバ選びの観点からポイントを語ってもらった。(2011/2/22)

セキュリティ、そろそろ本音で語らないか(17):
転居のお知らせ、「仮想サーバへ引っ越しました」
金曜日の夜に発生した障害を機に、これまで使ってきたホスティングサービスからVPSに乗り換えることに。その経緯から得られた教訓とは……?(編集部)(2010/11/1)

アンケートフォームが作成できる無料iPadアプリ「アンケート eContact Free」
イー・フュージョンは、アンケートや問い合わせに使えるフォームを作成できるiPadアプリ「アンケート eContact Free(無料版)」の提供を開始した。(2010/10/27)

SMB市場でも普及期:
クラウドの選択はセキュリティ対策がカギに?
バズワードともいわれたクラウドコンピューティングだが、いよいよ本格的な普及期に入りつつある。しかし現状のクラウドサービスに対しセキュリティの不安を抱く企業は少なくない。ビジネスでの利用――特に中堅中小企業は、クラウドコンピューティングをどのような観点から選択していくべきか。(2009/11/4)

中小企業のインフラ導入の切り札 ホスティング利用ガイド【後編】
見どころはどこ? 主要ホスティングサービスを徹底チェック
中堅、中小企業の重要なITインフラとなるホスティングサービス。今回は代表的なサービス内容を解説していく。自社にぴったりなサービスを選ぶ上で、ぜひ参考にしていただきたい。(2009/9/3)

ホスティング基盤を支えるサードウェーブ:
PR:サーバ構築を通じて、ITサービスを作り上げるということ
GMO-HSが運営するアイル「CORE Managed Service」に使われているサーバの大多数において、サードウェーブ製が使用されている。あえて大手メーカーでなくサードウェーブを選んだGMO-HSの考えはどこにあるのか、そしてそのメリットは何なのか、両社の声を聞いた。(2009/8/17)

中小企業のインフラ導入の切り札 ホスティング利用ガイド【前編】
簡単なようで意外と難しい、ホスティングサービスの選び方
ホスティングサービスは中堅・中小企業の重要なITインフラであることは言うまでもない。自社のニーズに合致し、かつ費用対効果に優れたサービスを確実に選ぶには?(2009/8/6)

SMB向けメッセージング基盤の切り札?
「安価で高機能」、Exchange Serverホスティングの実力
企業のメッセージングサービスの中枢を担うようになったMicrosoft Exchange。だが中小企業にとって、そのサーバ構築費用や運用の負荷は決して低くはない。この問題を解決するのがホスティングサービスだ。(2009/6/26)

タカフミくんのレンタルサーバ選び:
PR:コスト? セキュリティ? 初心者でも安心のレンタルサーバとは
「タカフミくん、どうした? 元気なさそうじゃないか」「実は会社のWebサイトを立ち上げることになっちゃって。僕、初心者なんです……」(2009/2/16)

小山博史のJavaを楽しむ(11):
Javaはクラウドのプラットフォームになり得るのか
教育界、技術者コミュニティでJava言語の教育と啓蒙に長年携わってきた筆者が、独自の視点からJavaの面白さを掘り下げていく。(編集部)(2008/10/30)

ホワイトペーパー:
マルチドメイン無制限、月額1500円から使用可能な共用サーバが登場
国内有数のドメイン登録サービス「お名前.com」から、新たなレンタルサーバサービスが登場。これまでの共用サーバサービスと何が違うのか? 最大の魅力とは?(2008/4/1)

マルチドメイン無制限、容量5GB、月額1500円:
PR:共用サーバで“かつてないお得感”実現の裏には
ドメイン登録からWebサイト開設まで。これらを1社のサービスでシームレスに利用できるメリットとは? インターネットで初めてWebサイトを開設する際はもちろん、複数のサイトを運営する場合でも、昨今は省力化が多面的サービス展開の要となっている。そのようなニーズに応えてくれるのが「お名前.com」だ。(2008/4/1)

GMO-HS iSLE Exchangeサービス:
PR:Eメール環境も2.0の時代を迎える新サービス
日本で本格的にインターネットが普及してから、10年を超える年月が経過した。その間、インターネットを巡る環境は激変してきた。(2008/1/15)

PR:メールホスティングの進化形はExchange+スマートフォンにあった
本当のメール・スケジュール管理は、外出先からも作業の続きをすることができるべき。Microsoft ExchangeとOutlook(Windows Mobile)の組み合わせは、PCや携帯、スマートフォンの情報共有の真価を魅せてくれる。(2008/1/15)

GMO-HS、エムフーズ「ゾッカコーヒー」事例:
PR:ゾッカコーヒーWebサイト構築の舞台裏には
ホスティングサービスの選定基準はさまざまだ。しかし、確かなことは信頼できるベンダーが提供していること、Webというメディアの特性上、その情報発信のための迅速さに対応できるサービスであることだ。エムフーズがGMO-HSを選んだ理由は、多くのサイト構築で参考になるものだった。(2007/9/26)

GMOインターネット「レンサバ.com」:
PR:10周年のレンタルサーバサービスが一新――ニーズに応えたその理由
レンタルサーバといえば、何を基準に選べばよいのか分からない。そんな疑問を持つ人は多いだろう。多くの企業では利用料の安さだけで選んでいないのが実情。その理由には、昨今、事業の中核にWebサイトが入り込んでいるからだ。新ブランド「レンサバ.com」は、現代のサイト運用に根付いたニーズに応えるサービス内容を用意した。(2007/9/19)

PR:プラン移行が柔軟に――盲点を解消する@YMCのホスティング
Webサーバの仕様を変更する。意外と容易なことだと感じるかもしれないが、これが意外と難しい。一般的には環境がサーバに依存しており、変更するには多大な作業をともなうからだ。それを解消したのが@YMCのホスティングサービスである。(2007/9/18)

アイル 読売・日本テレビ文化センター事例:
PR:コンテンツ充実の秘けつは“運用のアウトソース”に
情報提供で強力なツールとなるWebサイトの運用。膨大な情報を扱いつつ、ユーザーニーズに応えた検索性を実現。読売・日本テレビ文化センターは、1万を超えるカルチャースクール情報を扱うサイトを持つ。限られた運用体制の中で膨大な情報をどのように整理していくべきか? 同社の試みはホスティングが強力なツールとなることを裏付けてくれる。(2007/8/23)

まるごとserver VPS(仮想専用サーバ)「VPLシリーズ」:
PR:root代行の新ホスティング、GMOがサービス化――高い拡張性はそのままに、サーバの運用負荷を大幅軽減
動的なWebサービスを展開したい場合、拡張性能にすぐれたVPS(仮想専用サーバ)や専用サーバが魅力的だ。しかし、自由度が増えるほどサーバの運用負荷も増大する。それがこれまでの常識だった。しかし、高拡張性はそのままにサーバ設定・運用・管理を任せられるという新サービスがGMOインターネットから発表された。(2007/8/2)

システム管理の“ここがヘンだよ”:
無線LAN禁止、VPN禁止、FTP禁止……は管理者の怠慢か
社内ネットワークは危険がいっぱい。しかし、実は禁止事項が多いオフィスほど、しっかりとセキュリティ対策を講じていない証拠だと言われる。あなたの会社は大丈夫ですか?(2007/7/27)

@YMC、Xen搭載でセキュリティ強化のVPSサービス開始
共用サーバでありながら専用サーバのような可用性を。@YMCはXen採用でセキュリティにも注力したサービスを提供開始した。(2007/7/2)

NEWS
NTTPC、VPSサービス「WebARENA SuitePRO」を大幅に機能拡張
料金据え置きでディスク容量を3.3倍の20Gバイトに拡張(2007/6/22)

グローバルサイン、バーチャルホストのSSL発行サービスを開始
ネームベースのバーチャルホスト運用を行っているWebサイトでも、SSLサーバ証明書が利用できるよう、グローバルサインがサービス提供を開始した。(2007/6/13)

GMO-HS、ASPのカレンダー表示予約システム「SmartReserve」を販売
Webサイトに実装可能なカレンダー表示で一覧性のある予約システム。GMOホスティング&セキュリティがASPとしてサービス開始した。(2007/6/7)

ものになるモノ、ならないモノ(17):
次々と中小企業がネットビジネスから脱落する理由
無料各種サービスが豊富だが、中小企業が置いてきぼりを食うのがWeb2.0の実態だとするホスティング業者の老舗、GMOの指摘とは?(2007/3/19)

PR:Webサイトの影響力は配信形態で決まる時代に――@YMCに見る専用サーバ基準
専用サーバは、高度なコンテンツ配信を行いたいときのもの。そんな時代は終わった。@YMCが提供するのは、バランスを整えた運用形態プランと堅固さ、セキュリティ保証、そして豊富なアプリケーションサポートなど多岐に渡っている。(2007/2/21)

特集:Web2.0をはるかに超える最先端のインターネット活用術:
PR:専用サーバ運用管理の面倒を払しょくする新サービス「セキュアマネージド・シリーズ」登場!
GMOホスティング&セキュリティが提供する法人向けホスティングサービス「アイル」が2006年12月20日から提供を開始した「セキュアマネージド・シリーズ」は、運用をサポートするための機能が豊富に設けられている。これまで自らの企業で専用サーバを運営するのが面倒だと感じている場合でも、新サービスによって専用サーバの難しさを払しょくしてくれるに違いない。その理由を説明しよう。(2007/1/16)

PR:「マネージド」サービスで急成長――エアネットのホスティング戦略とは?
管理業務も含めてアウトソースできるマネージドサービスに特化した専用ホスティングを提供するエアネット。企業のプロモーションサイトなどで高い評価を得ている。今後、もう1本の柱として、社内に持つ開発部隊を活用し、オンラインストレージサービスにも進出していく。(2007/1/15)

バーコードリーダーを接続できる法人向けフルブラウザ登場
アイビスは、バーコードリーダーを接続できるFOMA対応の法人向けフルブラウザの提供を開始した(2007/1/9)

PR:ハウジングが必要? いやホスティングで対応できます──WebARENA Solo
これまでハウジングが当たり前だったシステムが、徐々に専用サーバ・ホスティングでも対応可能になってきている。複数サーバにロードバランサーを加えた構成を、メニュー内で提供しているNTTPCコミュニケーションズに、最新のホスティング事情を聞いた。(2006/11/30)

アイル iCLUSTA「セキュリティ」:
PR:5万ユーザーが選んだ新次元ホスティングセキュリティ
GMOホスティング&セキュリティが運営するホスティングサービスのトップブランド「アイル」。同社の社名からも分かるように、「セキュリティ」に対する取り組みは業界屈指のものだ。2005年5月30日からサービスが開始された「iCLUSTA(アイクラスタ)」は、システム全体を「クラスタ構成」にすることにより、耐障害性とパフォーマンスの向上、そしてここで紹介するセキュリティを兼ねそろえたホスティングサービスになっている。そのセキュリティ基盤はどのようなコンセプトなのか。(2006/4/17)

サイボウズ Office 6 for ASP:
PR:月額5775円でセキュアなグループウェア利用が可能に
GMOホスティング&セキュリティが運営するホスティングサービスのトップブランド「アイル」。その代表的なサービスとして次世代共用サーバの「iCLUSTA」が知られている。そしてiCLUSTAのオプションとして提供されているグループウェアが「サイボウズ Office 6 for ASP」だ。サイボウズ Office 6 for ASPを利用すると、社内の情報を容易に一元化できるだけでなく、iCLUSTAで完備されているセキュリティ面も相乗効果となる。その真価を探ってみよう。(2006/3/20)

SiteBuilder
PR:わずか10分、ブログ感覚で本格的なホームページ作成が可能に
GMOホスティング&セキュリティが運営するホスティングサービスのトップブランド「アイル」が提供する次世代共用サーバ「iCLUSTA」。このオプションとして提供されているホームページ作成ツールが「SiteBuilder」だ。SiteBuilderを利用すると、従来のようにホームページ作成ソフトを使ってHTMLを意識する作成方法はもはや過去のものと実感することができる。そして構築後の真価は「iCLUSTA」だからこそ実現可能なものが多い。(2006/3/6)

インターネットサービスの新基準:
「データベース」は2006年、サイトサービス指向の要に
昨今、Webサイトで扱う情報量は増大の一途をたどっている。2005年、ブログはもちろんコンテンツ管理の根底を支えてきたのは「データベース」システムにほかならない。どのような効果があり、どのような運用ノウハウがあるのだろうか?(2005/12/28)

インターネットサービスの新基準:
トレンドが求めたホスティングサーバの条件
GoogleをはじめとしてトレンドになっているWebアプリ。安定して稼働するためには、基盤となるサーバ選定が重要だ。サーバのリソースに無理はないか? Webアプリが要求する条件を満たしているかを判断する必要がある。(2005/12/14)

やり直し「JSPとTomcat」(1):
JSPの特長を整理する
Javaを途中までかじったが挫折した。やはりJavaプログラマにスキルチェンジしたい!という読者のために、Tomcatの最新バージョンを使いながらJSPを基礎から解説していく。(編集局)(2005/9/23)

RHEL 4の年間サブスクリプションが無料に? ある企業の挑戦
2月にリリースされたRHEL 4。日本での本格的な展開に先立ち、RHELの年間サブスクリプション費用を無償にすることをアナウンスした企業が現れた。年間10万円を超す価格をどのようにして無償としたのか。(2005/4/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。