ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「課題解決」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

組み込み開発ニュース:
マイコン向けの設計リプレースサービス事業を開始
システムトークスは、マイコン向けの「設計リプレースサービス」事業を開始した。半導体不足が続く中での課題解決に向けて、回路基板の修正変更やプログラムの移植などを実施する。(2022/5/20)

ソラコムが月額990円〜のクラウドカメラサービス発表 IoTカメラの課題解決へ
ソラコムが、ネットワークカメラ「ATOM Cam」などのIoT製品を提供しているアトムテックと資本業務提携を締結。その第1弾として、クラウドカメラサービスの「ソラカメ」を同日より提供開始した。アトムテックの「ATOM Cam 2」と、ソラコムのクラウドカメラサービスをセットで提供する。(2022/5/19)

「攻撃者からすれば0.1%でも成功すれば十分」
高度化するサイバー攻撃への切り札になるか EDRのその先「XDR」とは
脅威はさまざまな経路から企業に侵入しようとしている。エンドポイントセキュリティの製品として「EDR」はあるが、通知が多すぎるなど幾つかの課題がある。この課題を解決する「XDR」とは何か。有識者に話を聞いた。(2022/5/13)

テレワーク未実施中小企業の駆け込み寺になるか:
PR:コストも人も足りない中小企業のテレワーク、4大課題の解決策を聞いた
中小企業にとってテレワークは「導入したいけれど、できない」ものになっていないだろうか。人材がいない、セキュリティが不安、労務管理はどうするのか……など悩みは尽きない。今回は、テレワークソリューション「Jasmy Secure PC」を提供するジャスミーの田中氏に、これらの悩みを解決する方法を聞いた。(2022/4/26)

ユーザーファーストの源は「データ」:
PR:医療ITで社会課題を解決するやりがいとチーム開発の醍醐味(だいごみ)とは
ただ作るのではなく、なぜ作るのか、サービスやビジネス全体にどのような影響があるのか考えて物事に取り組む。そしてそれを明確に言語化する。私たちはこのチームで、日々成長しています。(2022/4/25)

製造業DXに向けたITインフラ革新のヒント - 第3回:
PR:「AIは即戦力だ」 人材不足の製造業、“職人の経験”頼りの現場をAIは救えるか 専門知識なしでAI開発する方法とは?
国内製造業を取り巻く環境の厳しさが増す中で、AIの活用が求められている。しかし、AIに関する専門知識を持たない製造業が取り組むには高いハードルが存在している。この課題を解決するのがクロスコンパスのAIモデル開発ツール「MANUFACIA」だ。製造業の現場にAIを即戦力として導入できるMANUFACIAの特長について、事例を基に見ていこう。(2022/4/20)

FM:
竹中工務店とDATAFLUCTが業務提携、FM向けスマートビルのSaaS事業を創出
竹中工務店とデータサイエンスで街の課題を解決するDATAFLUCTは、資本業務提携を締結した。(2022/4/12)

Oracleコスト削減事例
脱OracleとPostgreSQL移行によるコスト削減を阻む壁の突破法
フランスのCarrefourは脱Oracleによるコスト削減に着手した。しかしOracle DatabaseからPostgreSQLへの移行は容易ではなかった。同社はどうやって課題を解決していったのか。(2022/4/11)

トヨタコネクティッドとマイクロソフト、AIとコネクティッドカーを組み合わせたプロジェクト推進
トヨタコネクティッドと日本マイクロソフトはAIやIoT、コネクティッドカーを組み合わせたプロジェクトを進めている。社会課題を解決するプラットフォームの提供を目指す。(2022/4/5)

ドコモが法人向けに「デバイス開発アシスト」提供 通信デバイスの開発や検証をサポート
NTTドコモは、通信デバイスの開発や検証での課題解決をサポートする「デバイス開発アシスト」を法人向けに提供開始。同社が培ってきた5G/LTEデバイス開発のノウハウを通じ、要望に応じた支援を行う。(2022/4/4)

ICT:
オープンデータを用いた公共施設アセットマネジメント支援システムを開発、鹿島建設ら
鹿島建設は、グループ会社のアバンアソシエイツなどとともに、地方自治体の公共施設アセットマネジメントを支援する分析システム「KCITY-M」を開発した。今後は、KCITY-Mを活用して、公共施設の維持・再編や防災・BCP対策など、地方自治体への支援サービスを展開し、地域社会の課題解決に貢献していく。(2022/4/1)

PR:老舗企業のITチームはなぜDXに失敗してしまうのか〜成功する「CCoE組織の組み方」
DX推進でまず改革すべきなのは旧来のIT調達の考え方やITマネジメント手法を踏襲するIT部門だ。DXの停滞に悩む多くの経営者やCIOが、この課題の解決策を探している。(2022/3/31)

3Dプリンタニュース:
霜降りステーキのような培養肉を3Dバイオプリントで、産学共同で2025年に実現へ
大阪大学大学院工学研究科と島津製作所、シグマクシスは、「培養肉を自動生産する3Dバイオプリント技術」に関する記者説明会を開催した。同技術の開発および普及によって、食糧問題はもちろんのこと、医療や健康、環境などのさまざまな社会課題の解決につなげることを目指す。(2022/3/30)

「働けない」を「働ける」へ、「働き続ける」へ:
PR:雇用を創造し、自らも「はたらいて、笑おう。」を実現
環境の問題で働けない人を事業モデルで働けるようにし、不安や不満で働き続けられない人をデジタルで働き続けられるようにする。私たちの仕事は、雇用にかかわるさまざまな課題を解決することです。(2022/3/29)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「オンライン会議の課題解決」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/3/28)

中堅・中小企業が無料で今すぐできる業務効率化の一手:
PR:Windows 11の無償RPAツールはハイブリッドワーク時代の生産性問題をどう解決するか
「Windows 11」には、Microsoft製のRPAツール「Power Automate for desktop」が標準で搭載された。中堅・中小企業が今すぐ生産性を上げる手段として有効である上に、ハイブリッドワーク時代のパフォーマンス課題を解決する鍵にもなるという。(2022/3/24)

「満足」だけでは不十分?:
PR:顧客満足度調査は「1問」で十分 売り上げに直結するCXの改善方法とは
多くの企業が顧客満足度に関連するCX(顧客体験)の重要性に気付き、調査などを導入している。一方で、顧客が満足しているという結果が出ているにもかかわらず解約をしたりリピートしてくれなかったり、「満足度が売り上げに結び付いていない」点に悩むケースも多い。そうした顧客のCX向上に対する課題を解決する糸口になる、たった「1問」で算出できる指標がNPSだ。(2022/3/28)

クラウド活用の“光と影”、その全体像とは
「クラウドを利用したいけど、セキュリティやコストが不安」 何を知るべき?
クラウドを活用する企業の動きが加速している一方で、セキュリティ対策への不安やコスト増加など、見過ごせない課題が残る。そんなパブリッククラウドの「光と影」に注目し、クラウドの持つ強みと懸念点、そして課題の解決策を紹介する。(2022/3/28)

安心、安全を手軽に実現:
PR:ぼっち情シスの課題「安くて楽で安全なテレワーク環境」はかなうのか
デバイス管理ツールの導入やセキュリティ製品の見直し、配布PCの刷新などテレワーク環境の整備には手間も予算も掛かるのが常識とされてきたが、まったく別のアプローチで課題を解決する方法が提案されている。どんな技術をどう使っているかを取材した。(2022/3/23)

セイコーエプソン社長 小川恭範さん(59) オフィス分散で小型プリンターに期待
5月には、創業80周年を迎える。社会課題の解決に主眼を置き、創業以来培ってきた『省・小・精』の技術をベースに持続可能な社会や心豊かな生活を実現するため、新しい発想で挑戦していく。(2022/3/18)

新工法:
大スパン建築の課題を解決、アルミとスチールのハイブリッド構造
アルコムが、アルミニウムとスチールを組み合わせたハイブリッドな建築システムを開発し、2月引き渡し予定の施工現場で導入した。ユニット化により建造物内部での作業を大幅に軽減、他の構法に比べて工期の短縮が期待できる。(2022/3/11)

「実証実験」の結果:
カット1650円の「QBプレミアム」が、過去最高を更新しているワケ
ヘアカット専門店「QBハウス」ではなく、「QBプレミアム」という店ができていることをご存じだろうか。既存店の課題を解決するような店をオープンしたところ、客数は右肩上がり。どんな特徴があるのかというと……。(2022/3/11)

対策は「点」から「面」に:
PR:DX対応、サイバー攻撃激化、セキュリティ人材不足の課題を解決するインフラとは
セキュリティ保護の必要なネットワークエッジが急拡大し、分散型アーキテクチャによる柔軟なセキュリティを実現する構想が注目を集めている。ビジネスの本来の目的達成を迅速に実現するためには古い常識からの転換が必要だ。(2022/3/14)

“働く場所”の今とこれから(2):
増える“転勤拒否族”、揺れる企業のホンネ
共働き世帯が増加し、生活拠点の変更を迫られる転勤が、社員の離職につながる危険性が増している。しかし、「転勤廃止」は全ての企業に現実的な策ではない。揺れる企業のホンネと、迫る課題の解決策とは──?(2022/3/3)

工場ネットワーク:
PR:広がる工場の無線化、配線レスやモビリティ活用などの価値を得るために必要なもの
スマート工場化が加速する中で「工場内ネットワークの無線化」に大きな注目が集まりつつある。さまざまな価値を生む無線化だが、実現するためにはさまざまな安定性や信頼性など課題も存在する。これらの課題を解決する仕組みや考え方について、工場向けネットワークへの取り組み強化を進める日本ヒューレット・パッカード Aruba事業統括本部 ビジネス開発営業本部 本部長の安藤博昭氏と、同第二技術部 部長の天野重敏氏、MONOist編集長の三島一孝が鼎談を行った。(2022/3/2)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
データドリブンな課題解決のため「Tableau」が使われる理由
ビジュアル分析プラットフォーム「Tableau」が人気です。今回はTableauを使ってできることは何か、Tableauを使いこなす人をどう育てるのかについて述べます。(2022/3/3)

製造ITニュース:
PwC、組織間データ流通の課題解決を支援するソリューションを提供開始
PwCコンサルティングは、組織間のデータ流通における課題解決を支援する、データ流通ソリューションの本格提供を開始した。各プレイヤーに必要なソリューションを提供することで、組織間データ流通時に発生していたさまざまな課題に対応する。(2022/3/1)

プロダクト開発における「仮説検証」を支援:
ノーコード開発ツールの手軽さでフルスクラッチ並の「こだわり」を追求 Relicが「セミオーダー型プロトタイピング」を提供
Relicは「セミオーダー型プロトタイピング」の提供を開始する。プロダクト開発におけるノーコード開発ツールとフルスクラッチ開発の課題を解決することで「より速く、より高い確度で事業やプロダクトを開発できる」という。(2022/3/1)

研究開発の最前線:
進まない研究のデジタル化、オリンパスはワークフローにフォーカスする
さまざまな産業でデジタル化の推進が求められている中、最も進展が遅いと指摘されることも多いのが「研究」である。科学機器大手のオリンパスが2021年10月に提供を開始したクラウドサービスの「OLSC」は、ライフサイエンス研究を行う大学や研究所における研究者のワークフローの支援にフォーカスすることで課題解決を目指している。(2022/2/28)

ポストコロナ時代のワークスタイルとは:
「新しい働き方」の課題を解決するマイクロソフトの次世代ソリューション
マイクロソフトはハイブリッドワークという新しい働き方の提唱と、新たなパートナーアライアンスによって企業の生産性向上を支援する。(2022/2/24)

PR:あの人はどこ?――オフィスのフリーアドレス化で見失う社員の“居場所” 社内交流UPの鍵は可視化と意外性だった
オフィスの在り方が問い直されている今、フリーアドレスに注目が集まっている。フリーアドレスにはオフィスコスト削減やコミュニケーションの活性化といった利点がある。一方で、誰がいつ出社しているか、どこにいるのか分からないという悩みや、感染症対策が難しくなる、いつも同じ席に座る習慣が付くなどの課題も生じる。そこで、これらの課題を解決してフリーアドレスを活用する方法やツールを紹介する。(2022/2/24)

PR:ハイブリッドワークの影で浮上する情シスの過負荷をどうする? 困りごとに寄り添うエプソンダイレクト
世間ではハイブリッドワークが叫ばれているが、実際に全社導入となると、中小企業ではなかなか難しい。そんなときに頼りになるのが、運用課題の解決で豊富な実績を持つエプソンダイレクトだ。そのサービス内容を聞いた。(2022/2/18)

小さな子どもがいてもPC作業できる 米国の図書館に導入された作業ブースに「天才」と賞賛
「小さな子どもを連れた来館者が、大人用閲覧室でPCを使うのが難しい」という課題を解決するために作られました。(2022/2/14)

IX(Industrial Transformation:産業変革)を推進:
住信SBIネット銀行とデジタルホールディングスが「ID広告エコシステム事業」などで提携へ
両社の強みとノウハウを活用し、相互補完し合うことで社会課題を解決する。(2022/2/10)

スマートシティーの実現に貢献:
ソーシャルデジタルツインとは? 富士通が始めるシミュレーションは今までと何が違うのか
富士通と米カーネギーメロン大学は、ソーシャルデジタルツインの共同研究を開始する。行動経済学や行動科学といった人文社会科学と計算機科学を融合し、多様で複雑な社会課題を解決する施策を効率良く導く。(2022/2/9)

計画業務を阻む「属人化」や「複雑な制約条件」:
PR:食品製造業を悩ませる計画業務、AI活用で業務の高度化と全体最適へ
熟練者の勘と経験に依存した部門ごとのばらばらの計画業務からの脱却が急務となっている食品製造業。課題解決策として注目されているのが、AIを活用してあらゆる計画業務を高度化/最適化する統合計画管理システムだ。(2022/2/9)

オフィス内外を結ぶ新しいワークスタイルとは
テレワーク組と出社組を断絶する「コミュニケーション格差」を解消するには
「ハイブリッドワーク」という働き方が定着しつつある。しかしこの働き方には、オフィスの内外にいる従業員にコミュニケーションの格差が生じ、意思決定が困難になるリスクがある。こうした課題を解決し、快適な共同作業を実現するには。(2022/2/4)

小売店舗×DX:
Google Cloudが店舗DXを強化 NCRと戦略的パートナーシップ拡大
Google CloudとNCRは、両社の戦略的パートナーシップを拡大した。小売業者にAIや機械学習ソリューションを含むクラウド機能を提供し、労働力不足やサプライチェーンなどの課題の解決を支援する。(2022/2/4)

量子アニーリングの研究と日々の生活をつなぐ:
PR:リクルートの研究所が社会に価値を提供するまでの道のり
多くの企業が最新技術の研究に取り組んでいるが、潜在的な課題を解決し、サービス実装まで到達することは困難を極める。リクルートのATLにそれを実現するための答えが隠されているかもしれない。(2022/1/27)

生産管理情報基盤:
PR:設計と製造の“分断”を解消する「統合化部品表」が製造業のDXを加速
製造業がDXを推進する上で求められるのが社内共通の情報基盤の構築である。しかし、設計部門と製造部門の“分断”がかねて指摘されるように、製造業において全社共通の情報基盤を構築することは容易ではない。この課題を解決するのが「統合化部品表」を核とするクラステクノロジーの統合生産管理ソリューション「ECObjects」である。(2022/1/25)

SiC採用のための電源回路シミュレーション(1):
SiCパワーMOSFETのデバイスモデル、オン時の容量考慮で精度が大幅向上
スイッチング動作が極めて高速なSiCパワーMOSFETを用いた電源回路設計では、回路シミュレーションの必要性に迫られることになるが、従来のモデリング手法を用いたデバイスモデルでは精度面で課題があった。本連載では、この課題解決に向けた技術や手法について紹介する。(2022/1/24)

東京海上ホールディングス社長 小宮暁さん(61) 脱炭素など社会課題解決力を上げる
不確実な時代だからこそ、改めて原点に戻る必要がある。当社の事業活動である『社会課題解決』の力をもう一段高いレベルに引き上げたい(2022/1/21)

NECと日本IBMが老朽インフラ保全ソリューション開発に向けて協業 AIやローカル5Gを活用
NECと日本IBMは、新たなインフラ保全ソリューションの開発に向けた協業を開始する。老朽化するインフラの保全業務における課題解決を図る。(2022/1/19)

清田徳明・TOTO社長 社会課題解決へ付加価値
令和3年は国内、海外ともに需要が好調で、9月中間決算は売上高、最終利益ともに過去最高の業績を記録することができた。(2022/1/14)

グリーンDX:
PR:サステナブルでレジリエントな物流が、コロナ禍を支え社会課題を解決する
コロナ禍とECの普及によって発生した需要の急増と人材不足の板挟みによって厳しい状況にある物流業界。さらに今後は、脱炭素への対応も求められるようになる。富士通のオンラインイベント「Fujitsu ActivateNow 2021」では、サステナブルでレジリエントな物流の実現に向けたデジタル技術を活用した取り組みについて、富士通とDHL、Autofleetの3社が講演を行った。(2022/1/14)

アナログ・デバイセズ 代表取締役社長 中村勝史氏:
PR:半導体不足の中でも強みを発揮するアナログ・デバイセズ、課題解決力を高めて結果を出す
「2021年はわれわれの強みを発揮することができ、あらゆる面で記録的な結果を残すことのできた1年だった」と語るのは、アナログ・デバイセズ日本法人代表取締役社長の中村勝史氏だ。幅広い製品ポートフォリオや早期から積極投資を行ってきた生産/供給体制などの特長を生かし記録的な業績を残したアナログ・デバイセズ。「2022年は顧客が抱える問題を解決するソリューション提供で結果を出す」と語る中村氏に2022年の事業戦略などについて聞いた。(2022/1/13)

越智岳人の注目スタートアップ(2):
安価で高品質な義足を途上国へ、3Dプリンタ×AIの生産技術で社会課題を解決
数多くのハードウェアスタートアップやメイカースペース事業者などを取材してきた越智岳人氏が、今注目のスタートアップを紹介する連載。今回は、3Dプリンタをはじめとする3D技術を活用し、製造コストを従来の10分の1に抑えた義足を提供するInstalimb(インスタリム)にフォーカスし、開発のきっかけやこれまでの取り組み、今後の展望などについて、同社 代表取締役CEOの徳島泰氏に話を聞いた。(2022/1/11)

読者アンケートを実施中!!:
【終了しました】「建設業のコロナ禍での景況感とテクノロジーへの期待」に関する読者調査、〆切迫る!
BUILT編集部では、建設業の課題解決となるメディア作りのため、毎年恒例の「読者アンケート」を2022年1月末まで実施しています。アンケートは10分ほどで終わる内容です。いただいたご意見は、これからのメディア運営に活用させていただきます。※本アンケートは終了しました。(2022/1/7)

「起業後進国」払拭 脱炭素関連、独自技術で存在感
事業活動を通じて社会課題の解決を目指す「社会貢献型ベンチャー企業が存在感を増している。社会課題に挑むことにやりがいを見いだす起業家が出てきたことに加え、その熱意に共感する支援企業が増えたことなどが大きい。(2022/1/5)

SDGsに貢献するクラウド活用例:
PR:セキュアなクラウドとIoTで実現する「島の生活を支えるシステム」
企業の課題を解決するため、クラウドやIoTといった技術の活用が進んでいる。活用方法はさまざまで課題によって最適な組み合わせも異なる。本稿は「離島」のエネルギー問題を解決するシステムをクラウドとIoTで構築した事例を紹介する。(2021/12/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。