ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ステープラー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ステープラー」に関する情報が集まったページです。

リコー、大型タッチパネルを装備したA4モノクロ複合機「RICOH IP 500SF」など3機種
リコーは、10.1型タッチパネルを標準装備したA4モノクロ複合機「RICOH IP 500SF」など計3機種を発表した。(2019/4/3)

「アメリカンドッグ」「ペットボトル」「ホッチキス」は和製英語って知ってた? 通じそうで通じない“英語表現”
海外での言い方、分かります?(2018/12/23)

“デジタル化の波”なんのその:
“アナログ返り”が起きている 大盛り上がりの「文具女子博」で感じた業界の熱
文房具の展示即売会「文具女子博」(12月14日〜16日)がスタート。各社の展示ブースは女性客でにぎわいっており、会計だけで3時間待ちの状態に。“デジタル化の波”が押し寄せているが、業界はまだまだ盛り上がる――と感じさせられた。(2018/12/14)

めちゃ参考になる! 片付けが苦手な友人を手伝った漫画から学ぶ片付けの方法や考え方
几帳面にできない自分を責めるのではなく、おおざっぱな自分でも片付く工夫をすることが必要。(2018/9/26)

映画「アントマン&ワスプ」インタビュー後編:
「私生活でもアリをリスペクト」 映画「アントマン&ワスプ」主演のポール・ラッドが注目ポイントを紹介
「次回作があるとすれば何を大きくしたいですか?」と聞いてみました!(2018/9/8)

映画「アントマン&ワスプ」インタビュー前編:
「スーツはウルトラマン、巨大化はゴジラを意識」 映画「アントマン&ワスプ」のペイトン・リード監督、特撮好き歓喜の撮影秘話語る
特撮好きには絶対に見て欲しい一本です。(2018/8/30)

映画「アントマン&ワスプ」の世界を文房具で表現! ミニチュア写真家・田中達也の作品制作に密着
文房具がビル群に化ける秘密に迫りました。(2018/8/17)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Google Home Miniの“ケーブルまで収まる”壁掛けホルダーを試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は最近サードパーティーから続々登場しつつある、「Google Home Mini」用の壁掛けホルダーを紹介する。(2018/7/11)

池袋の平和を守る!? カエル戦隊「ケロレンジャー」サンシャイン水族館に参上
梅雨時期限定のイベントです。(2018/4/26)

文房具を超リアルにミニチュア化した「文具ガチャ」が誕生 よく使ってたあのアイテムたちに心がワクワク
子どものころに使ってた鉛筆削器が懐かしい。(2018/4/6)

ホッチキスの針で作られているだと……? 中学生の頃に制作していた「銃火器」が可動もする見事な完成度
さまざまな種類の銃をホッチキス針で生産しています。(2018/3/24)

PR:練習ゼロでもマンガ家(風)になれる、意識の超低いデジタルマンガ本の作り方
マンガを描いたことがないのにマンガ風の連載を始めたライターが、独自のマンガの描き方と同人誌を自分で作るまでの方法論を明かします。(2018/3/19)

何がスゴイって、全部! 超広大な東京メトロ東西線「深川車両基地」に潜入、圧巻の「台抜き」
「いや、当たり前のことですよ」。いつもありがとうございます。【写真150枚】(2018/2/24)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「Google Home Mini」の壁掛けホルダーを試して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はGoogle Home Miniを壁面に設置するためのアクセサリーを紹介する。(2018/1/21)

週末珍ゲー紀行:
ディストピアにも程がある QTEに支配されたアメリカで、QTEに順応できず狂人化した人から逃げるメタ実写ゲーム「Press X to Not Die」
ゲーマーの脳内では日常にQTEが表示されている。(2017/10/13)

「シャーロック・ホームズ」全作品を翻訳した英語学習法 TOEICにはオーバースペックな“最強単語帳”の作り方とは?
語彙力こそパワー。(2017/9/28)

Wired, Weird:
悲鳴を上げて壊れたプリンタを修理【組み立て&原因究明編】
「キャー」という悲鳴のような音をたてて壊れたプリンター。前回は、分解を行ったので、今回は、修理し元通りに組み立てつつ、壊れた原因を探ってみる。(2017/9/6)

プロも絶賛:
ラノベ作家になりたい? よろしいならば一太郎だ
「書くこと」にこだわった一太郎2017。人気ライトノベル作家のカミツキレイニー氏に最新版の率直な感想を聞いた。(2017/3/30)

水曜インタビュー劇場(とじる公演):
ホッチキスの「マックス」が手を広げた秘密
ホッチキスメーカーの「マックス」をご存じだろうか。「毎日のように使っているけれど、メーカー名なんていちいち確認しないよ」という人がいるかもしれないが、この会社……とじて、とじて、とじまくって売り上げを伸ばしてきたのだ。どいうことかというと……。(2017/1/18)

ホッチキスの針は外さなくても良いらしい 「古紙リサイクル時、ホッチキス針は障害にはなりません」
これで膨大な時間を失った人も多いのでは。(2016/12/13)

一枚の紙でつながっているだと!? 超絶技巧の立体切り絵作家・SouMaがスゴイ! 
「切り絵は平面」という概念を覆した作品が絶賛されています。(2016/10/1)

スマホでも遊べる  「ゆめにっき」「獄都事変」など有名フリーゲーム6作品がブラウザ上でプレイできるように
ゲーム配信プラットフォーム「AndApp」にて配信。「青鬼」も登場予定。(2016/7/27)

新連載・結果を出す“下ごしらえ”:
仕事は“コピー取り”でも、なぜあの人は「次のチャンス」を手にするのか
上司から残業を命じられて、昨日は終電で帰ったのに「この書類じゃダメだ。やり直し!」といった経験をしたことがある人もいるのでは。言われた通りにやっているはずなのに、なぜかなかなかOKがでない。こうした人はどこに問題があるのか。(2016/7/8)

ミシンが製本機!? 「印刷・加工DIYブック」は使えるテクニック満載
自分で印刷できるのか!(2016/6/28)

シビルウォーのトレーラーをチープな道具で再現したファンビデオ クオリティがすごすぎ!
段ボールアメリカたちのシビル“再現”ウォーがここにある。(2016/5/15)

「AK100II けいおん!エディション」は限定500台で発売――4月28日の19時に予約開始
アユートは、Astell&Kernブランドのハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤーのアニメコラボレーションモデル「Astell&Kern AK100II けいおん!エディション」を発表した。4月28日の19時から予約受付を開始する。(2016/4/28)

あなたの知らないプリンタの世界:
“DIY女子”の強い味方 デザイン豊富な輸入壁紙が生まれる秘密
ファッション感覚で部屋をカスタマイズできる「壁紙」。色やデザイン豊富な海外の輸入壁紙は“DIY女子”にも人気です。これだけのバリエーションを実現するには、実はこんな技術の進化が――。(2016/3/10)

北欧生まれのおしゃれステープラーの形状がすごい
(2016/1/29)

コスト、性能、機能に迫る:
PR:ビジネスプリンタ革命か!? 「エプソンのスマートチャージ」を導入して分かった本当の実力
レーザー複合機に比べてプリントコストを大幅に削減できるという「エプソンのスマートチャージ」。実際にITmediaで導入して試した結果を現場の声とともにお届けする。(2016/1/5)

仕事上の名刺は誰のもの?:
どう扱うか? 退職者が集めた「名刺」
社員が在職中に受け取った「名刺」について退職時に返却を求める会社は多いが、現実には、その処理方法に悩むもの。個人情報の扱い方も含め、名刺管理の在り方をあらためて考えてみた。(2015/10/15)

Biz.ID Weekly Top10:
ひそかなブーム? ちょこっとクルージングで非日常を味わう
クルージングというと、「お金持ちの遊び」という先入観があったのですが、実は意外と気軽に楽しんでいる人たちがいるということを知りました。参加してみて得られた収穫は……。(2014/10/11)

仕事耕具:
針もなく、穴も開けずに5枚をとじる「ハリナックスプレス」
針なしステープラー「ハリナックス」シリーズの欠点だった「書類に穴が開く」ことを解消した新製品が登場。価格は1100円(税抜)。(2014/10/7)

レバー操作で中とじ製本を半自動化 サンコーが卓上型「製本マシーン」発売
中とじ本を簡単に作れる製本機をサンコーが発売した。同人サークルなどの冊子づくりに役立ちそうだ。(2014/9/22)

レバーを押して戻すと中綴じ製本 「フルオートマチック製本マシーン」サンコーから
紙をセットしてハンドルレバーを押し戻すだけ。(2014/9/21)

気になる商品に近づくと紹介動画が流れ出す――プラス、ショウルームでiBeacon活用
「これは」と思った製品に近づくと、スマホに紹介動画が流れ出す――。オフィスサプライ大手のプラスが、同社のショウルーム「+PLUS」に製品の自動ガイド機能を導入した。(2014/6/11)

女性専用の同人誌コピー本印刷センター「桂馬堂」が西船橋に誕生 これいいかも
進捗ダメだった時にどうぞ。ここなら人目を気にすることないよ!(2014/5/22)

「読みたい」を「読める」に――「Jコミで印刷できるってよHD」が正式スタート
2013年にβ版でテストされていた「Jコミで印刷できるってよ」が「Jコミで印刷できるってよHD」として正式にスタートする。(2014/5/16)

導入事例:
移動時間にスマホで業務マニュアルを量産するスキャンマン
スキャン代行サービスを提供するスキャンマンは、事業の拡大に向けて新規アルバイトの大量採用を予定する。そこで課題となっていたのが、新人トレーニングの効率化、時間短縮化である。(2014/5/14)

これはすごい! 文房具屋さんが選ぶ「2014年最高の文房具」とは?
今年2年目となる「文房具屋さん大賞」。2014年の受賞作が発表されました。(2014/3/13)

ストレスをためない技術:
心理ストレスで手が止まったら、単純作業に没頭しよう
やらなきゃいけないと思いつつも、雑念が生じて作業効率が落ちてしまう……。そんなときは、作業を変えると「自分の状態」も入れ替えられます。(2014/2/19)

製造マネジメント インタビュー:
「日本企業は本当に新興国市場に合った製品を作れているか」――タタコンサル
海外展開に早期から取り組んできた日本の製造業にとって「グローバル化」は長年取り組んできた課題である。しかし「今求められているグローバル化は過去のものとは異なる」と、タタコンサルタンシーサービシズでエンジニアリング&インダストリアルサービス事業部門副社長兼グローバルヘッドを務めるレグー・アヤスワミー氏は指摘する。(2014/1/7)

ビジネスタブレットのお供に:
スキャンは今どき、PCかまさずスコーンとクラウドアップだろ――書類の山がスイスイ片付くスキャナ「ADS-1500W」
スマホやタブレットが台頭するご時世でも、仕事の中心はまだまだ紙の書類。これを何とか効率よく整理できないか――という人にはPCレスでクラウドアップできるスキャナが心強い味方になる。今回はブラザーの新モデル「ADS-1500W」を発売前に試してみた。(2013/11/1)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
開けたら最後、もう元に戻せない――頑丈・複雑すぎる製品パッケージは何のため?
「安い製品なのにすごく頑丈な箱で信頼できる」だったり「中身が見えるブリスターパックで安心できる」なんて思ったら、すでにメーカーの術中かも……というお話。(2013/10/24)

アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう(1):
お手軽モノづくり体験――「あったらいいな」をArduinoでカタチにしてみよう!
「こんなモノがあったらいいのに……」をArduino(アルドゥイーノ)で実現。電子工作初心者や回路の知識のない人だって大丈夫。筆者と一緒に、頭の中のアイデアをカタチにし、モノづくりの喜びや難しさを体験・体感してみよう! 第1回では、開発環境の準備と電子工作の“Hello World”こと、「エルチカ」に挑戦するぞ!!(2013/7/22)

3分LifeHacking:
折りたたみ、伸縮、合体――ペンケースに入れて持ち運べる30センチ定規3選
折りたたみや伸縮、あるいは合体といった機構を備え、持ち運びや収納に便利なよう工夫された30センチ定規3製品を紹介しよう。(2013/7/8)

3分LifeHacking:
「定規で線を引いたらズレてしまった!」を防ぐ
線を引いている間に定規がずれてしまい、線の終端がゆがんでしまう経験は誰にでもあるもの。定規の裏面に滑り止めのシールを貼る単純な工夫で、こうしたミスを激減できる。(2013/4/30)

最高の文房具を決める「文房具屋さん大賞」が決定
「文房具屋さん大賞」に選ばれた文房具のうち、いくつかをピックアップして紹介します。(2013/3/5)

1/2の力で綴じられる――ライオン事務器、ステイプラー「かるホッチ」を12月10日発売
ステープラーを使うときの力は、軽いほど楽でいいですよね。(2012/11/16)

針なしステープラーの仕組みが見える、スケルトンタイプの「ハリナックス」が登場
コクヨS&Tは、金属製のホチキス針を使わずに紙をとじられるステープラー「ハリナックス」に限定色を追加した。スケルトンタイプやポップなカラーをあしらったものなど計9品番。価格は577〜945円。(2012/9/26)

山陽トランスポート、キーボードデザインの文具セットを発売
山陽トランスポートは「キーボードデザイン文具セット」を発売。キーボードのような見た目のボックスに、クリップホルダー、穴あけパンチ、ホッチキス、キーボードブラシの4つの文具を収納している(2012/8/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。