ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「消しゴム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「消しゴム」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「消しゴムマジック」などの編集機能、ほぼ全ての「Google フォト」ユーザーに解放
Googleは2024年5月15日から、「Magic Eraser(消しゴムマジック)」などの編集機能を全ての「Google フォト」ユーザーに提供する。もともと「Google Pixel」シリーズ限定だった機能が、ほぼ全てのGoogle フォトユーザーに解放される格好だ。ただし、利用条件を満たす必要がある。(2024/4/11)

ほぼすべての「Googleフォト」ユーザー、「消しゴムマジック」などのAI編集が可能に
Googleは、Pixelシリーズの「消しゴムマジック」などのAI採用編集ツールを、ほぼすべての「Googleフォト」ユーザーに無料提供する。被写体の位置やサイズを変更できる「編集マジック」については制限付きだ。(2024/4/11)

シヤチハタの「いろもよう」シリーズ累計100万個の人気 和の色のアート用スタンプ台が生まれたワケ
ペーパークラフトや消しゴムはんこのユーザーから好評。(2024/3/23)

「Copilot in Windows」、3月更新でプラグインなどの新機能 「フォト」に消しゴムマジック的機能も
Microsoftは「Copilot in Windows」の新機能を紹介した。「バッテリーセーバーを有効にして」などと直接頼めるようになるほか、「フォト」や「Clipchamp」のAI編集機能も追加される。(2024/3/1)

サンスター「ネコを育てる」消しゴムの第2弾 ネコ以外も新たに登場
サンスターが、自社の文房具アイデアコンテストで優秀賞に輝いた「ネコゴム」の第2弾を発売する。(2024/1/25)

「消しゴムマジック」はPixelだけではない! GalaxyやXiaomiの“消しゴム”機能と比較してみた
近年Google Pixelシリーズの「消しゴムマジック」がテレビコマーシャルなどで話題となっているが、似たような機能が他社のスマートフォンにもある。今回は他社の同様な機能と「消しゴムマジック」を比較してみることにする。(2024/1/22)

しっぽをスケッチブックにのせたニャンコ、飼い主が消しゴムをかけると…… 自動でカスを掃ってくれる“シッポワイパー”に「チームワークがすばらしい!」【フィリピン】
息がピッタリ!(2024/1/14)

「愛していると言ってくれ」韓国リメイク版、11月27日に配信 「私の頭の中の消しゴム」主演俳優が11年ぶりに恋愛ドラマ復帰
ディズニープラスで配信。(2023/11/17)

石川温のスマホ業界新聞:
シャープが訴える「デジタル市場競争」での問題点――サイドローディングより「AirDrop」と「消しゴムマジック」
政府(内閣官房)の「デジタル市場競争会議」において議論が行われているスマートフォンアプリの「サイドローディング」について、パブリックコメントとして寄せられた意見が公表された。多くのメディアではAppleの意見が注目を集めているが、実はシャープが寄せた意見も結構示唆に富んでいる。(2023/10/29)

更新は最長7年間提供:
「Pixel 8/8 Pro」は10月12日発売 写真で「顔の表情」を後から変更可能に 「消しゴムマジック」は音声にも対応
Googleが新型スマートフォン「Pixel 8」「Pixel 8 Pro」を10月12日に発売する。税込み直販価格は、Pixel 8が11万2900円から、Pixel 8 Proが15万9900円からとなる。新型SoC「Google Tensor G3」による処理能力向上や、カメラ機能の向上など、先代モデルから着実な進化を遂げたことが特徴だ。(2023/10/4)

海外で見つけた「よく消える消しゴム」の翻訳がなんかちょっと違う 直訳すぎて「そういう意味じゃない」「メタファーかも」
見つけると楽しいヘンテコ英訳。(2023/7/5)

夜の交差点から「人だけ」が消えた世界 消しゴムマジックを使った写真が「エモすぎる」と話題
謎の近未来感がある。(2023/5/14)

二次元キャラと旅行可能に! 消しゴムマジックで「アクリルスタンドの線」を消すテクニックが天才的だと話題に
二次元との境目を消しゴムマジックで消してやるのさ!(2023/5/9)

「本仕込食パン」の消しゴムに「ネオバターロール」のマステ フジパン商品をモチーフにした文具シリーズ発売
どれも日常で使いやすそう!(2023/5/1)

“消しゴムマジックでなんでも消すフワちゃん”が突然の話題 本人「なにが起こってるんですか!?!?」
だいたいのものは消しゴムマジックで消せそう。(2023/4/7)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
iPhoneでPixelの「消しゴムマジック」を試す 実は有料だけど使う価値はある?
Androidだけでなく、iPhoneユーザーにも2月に「Google フォト」が公開された。この内部機能の内の1つ「消しゴムマジック」を実際に使ってみよう。「Google One」ユーザー限定の機能となるが、不要なものを消去するのにはぴったりな機能だ。(2023/3/16)

Pixelの「消しゴムマジック」、iPhoneでも利用可能に 「Google One」ユーザーなら
Googleは、クラウドストレージ「Google One」の特権機能を追加する。これまで一部のPixel向けだった写真編集機能の「消しゴムマジック」などを、Pixel以外のスマートフォンでも利用可能にする。Androidだけでなく、iPhoneでも使えるようになる。(2023/2/24)

“猫は液体”を消しゴムで表現!? 消しながら好きな形にできる「ネコゴム」発売
筆箱あけたら「にゃー」がいる生活よき。(2022/12/1)

ルーズリーフ派が増加中:
「あとが残る」「シワになる」を解決 コクヨ、「きれいに消えてなめらかに書けるルーズリーフ」発売
コクヨは、消しゴムで消した際の芯あとが残りにくく、なめらかな書き心地の「きれいに消えてなめらかに書けるルーズリーフ」(350円)を11月9日から発売する。(2022/11/8)

「愛していると言ってくれ」「アンナチュラル」が韓国でリメイク! 榊役は「私の頭の中の消しゴム」チョン・ウソン
日本版のプロデューサー・貴島誠一郎さんと新井順子さんがコメントを出しています。(2022/10/7)

1分間に2万6500回転する電動消しゴムが爆速過ぎる あっという間に磨り減る儚さ
大事なモノを犠牲にして力を得た主人公(消しゴム)。(2022/9/24)

ローソン「からあげクン」のぬいぐるみポーチがかわいい チーズ味の見た目そのままポーチも登場
からあげの消しゴム入れたい。(2022/9/15)

「パレットの絵の具汚れは消しゴムで消せる」 サクラクレパス公式の豆知識に「小学生の時に知りたかった!」の声
汚れが染みつく原因の傷を付けずにパレットをきれいに。(2022/7/25)

フラットロングイレイサー:
広い面から細かい面まで 「フラット形状消しゴム」が登場
サンスター文具は7月下旬に、広い面から細かい面までさまざまな字消し範囲に対応できる、フラット形状の消しゴム「フラットロングイレイサー」発売する。(2022/7/21)

200人に聞いた:
男の子がお気に入りの文房具 3位「システム筆箱」、2位「アニメやキャラクターの消しゴム」、1位は?
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、子ども(男児)がお気に入りの文房具に関する調査を実施した。(2022/6/26)

「学校の謎ルール、パソコン室で消しゴム使用禁止、なぜできた?」 寄せられた声から導き出された答えとは……?
形骸化したルールには、過去に起きたなんらかの要因があるのです。(2022/6/4)

週末に「へえ」な話:
累計270万個を突破! 消しカスを集める「マ磁ケシ」の開発秘話を聞いた
消しゴムのカスを磁石で集めることができる「マ磁ケシ」が売れている。2021年10月に販売したところ、ネット上で話題になって、「文房具屋さん大賞」の機能賞も受賞した。それにしても、ちょっと変わったこの消しゴムは、どのようにして開発したのだろうか。(2022/4/9)

消しカスがおろし生姜にしか見えない リアルな生姜の消しゴム「しょうがなイレイザー」がカプセルトイで発売
生姜をすりおろすみたいに文字を消せる新感覚消しゴム。(2022/2/12)

“ずっとカドで消せる”多角消しゴム「ZIGZAG」がカプセルトイに ミニサイズでも実用性バッチリ
メインの消しゴムとは別に持っておきたい。(2022/2/11)

この世の全てを海苔巻きにする、リアルな「海苔」柄のマスキングテープ登場 巻くだけで何でも海苔巻きに
巻かれた消しゴムがおいしそうに見えてくるから困る。(2022/1/22)

MONO消しゴムがそのまま大容量カードケースに! ムック本「MONO文具BOOK Vol.2」の付録がインパクト大
カードが30枚入る収納力!(2022/1/24)

宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に
公式アカウント同士のやり取りにほっこり。(2022/1/15)

3分インタビュー:
2週間で売り切れ コンバース「オールスター」のミニ消しゴムが4年ぶりに復活したワケ
コンバース「オールスター」のミニ消しゴムが4年ぶりに再販され、あっという間に売り切れてしまった。なぜこのタイミングで復活したのか? なぜアディダスやナイキではなくコンバースだったのか? 理解されない「こだわり」は? 気になる疑問を担当者に聞いた。(2021/9/21)

レトロかわいい雑貨シリーズ「喫茶ブルーエ」に新作 トースト風消しゴム&クリームソーダのクリップケースで机の上を純喫茶に
おいしそうな文具たち。(2021/8/6)

「とにかくプリントを死守」「ノート鉛筆消しゴムは常にストック」 新1年生の親に伝えたいライフハック漫画に「助かる」の声
メモしておきたい!(2021/5/11)

「消しゴムどっか行った」→本当に自分の足でどっか行ってた 意思を持つ文具の漫画がメルヘンチックでかわいい
活動的すぎてちょっと困るけど、けなげでかわいいやつ。(2020/12/14)

新発想 手書きメモが書けるiPhone 12ケース コスモテックから
コスモテック(東京都立川市)は油性ペンなどで手書きのメモが書けるiPhone 12用のスマホケースを発売した。シリコン素材に独自のコーティングを施すことで、油性ボールペンでメモを取ることができ、消しゴムや指で消せる。水に濡れても消えない。(2020/12/10)

スマホケースがメモ帳に iPhone 12/12 Pro向けウェアラブルメモ「wemo」
コスモテックとkenmaは、ウェアラブルメモ「wemo(ウェモ)」シリーズからiPhone 12/12 Pro用ケースを発売。油性ボールペンで書いた文字などを消しゴムや指で消すことが可能で、繰り返し使用できる。(2020/12/9)

カドが45個もある消しゴム「ZIGZAG」登場 折り紙の応用で“カドで消したあとにカドが出る”形を実現
メーカーのサンスター文具いわく、「業界最多カド数」。(2020/9/17)

あの「MONO消しゴム」がポーチになった! ムック本『MONO文具BOOK』が8月31日発売
MONO消しゴムがそのまま大きくなったような見た目のポーチです。(2020/8/24)

またまた超ハイスペック家電がふろくに!「ちゃお」6月号ふろくはセンサー付きルンバ風「おそうじロボ」
消しゴムのカスをハイテクおそうじロボで掃除する時代。(2020/5/4)

消しゴムそっくりのキュートな「かかとケア」!? レトロな青いケースの「レーダー」消しゴムが角質ケアアイテムになりました
夏にはつるつるのかかとでサンダルを履きたい。(2020/4/9)

子どもたちからのファンレターにホルモン・ナヲ感涙 「りょうくんへ 早くげんきになってね」「ぼくもドラムをならいたい」
病気療養中の亮君へのスーパーマリオ自作消しゴムのプレゼントも。(2020/1/9)

使い続けると富士山が現れる「富士山消しゴム」定番化 海外へのお土産や新年のプレゼントにも
人気の「青富士」が定番商品に。(2019/12/3)

“消し圧”が強いユーザーに朗報 強度が約8倍で折れにくいMONO消しゴム「モノタフ」発売
ついつい強く消しちゃう方に。(2019/11/22)

消しゴムはんこ画家による「浴衣と朝顔」がプロの技 浮世絵版画のような制作過程にワクワクが止まらない
完成画がまた美しい……。(2019/9/23)

PR:あなたを勉強道具に例えると!? 性格診断からわかるおすすめの勉強法で夏を勝ち取れ! 学研プライムゼミ「性格診断」投稿キャンペーン実施中!
すぐ忘れてしまう「消しゴム」タイプでは辛すぎる!?(2019/7/16)

使うとだんだん雪化粧の富士山になる新発想の消しゴムが登場 消しゴムかけが楽しくなりそう
普段消しゴム使わないけど買いたくなってしまった。(2019/6/27)

繊細で色鮮やか! 手鞠と花の消しゴムはんこ画が美しい
消しゴムはんこって、ここまで細やかな表現ができるんですね。(2019/2/2)

華やかで目を奪われる 鳥や植物を多色刷りで表現した消しゴム版画がすごい
鳥の表現に愛を感じる。(2018/11/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。