「Pixel 8a」の性能をPixel 8と比較しながら検証 目新しさはないが完成度の高さは健在(1/4 ページ)

» 2024年05月30日 06時00分 公開
[金子麟太郎ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 Pixel aシリーズ最新モデルの「Google Pixel 8a」。「Google Pixel 8」「Google Pixel 8 Pro」 と同じく、Gemini、ベストテイク、音声消しゴムマジックなどのAI機能を搭載した1台だ。

 Pixel 8aはストレージが128GBしかないが、Google ストアにおけるPixel 8aの価格は7万2600円(税込み、以下同)。11万2900円のPixel 8より4万300円安く、15万9900円のPixel 8 Proより8万7300円安い(いずれも128GBで比較)。

 この記事ではサイズ感と性能の近いPixel 8と、Pixel 8aの実機を比較し、それぞれどのような人に向くのかを考える。

Pixel8a Google ミッドレンジ 「Google Pixel 8a」と「Google Pixel 8」

Pixel 8aはとにかく持ちやすい

 Pixel 8aを手にして最初に感じたのは、Pixel 8よりもさらに持ちやすいこと。Pixel 8aは丸みを帯びたエッジ、100%リサイクルのアルミフレームを採用しており、Pixel 8よりもさらに手になじむように改良されたことが分かる。特に角の手当たりがよく、ホールド性は増す。

Pixel8a Google ミッドレンジ 手当たりがよく持ちやすい。手に馴染む形状で、カバンや胸ポケットから取り出しやすい
Pixel8a Google ミッドレンジ Pixel 8aもPixel 8も背面から側面にかけてラウンドしている

 一方で、背面の素材はリサイクルプラスチック76%で、マットな質感ではあるが、ガラスではない。素材や質感はケースを装着すれば気にならないが、一見するとすりガラスのような見た目だ。

 ここでPixel 8とPixel 8aのボディーサイズと重量も比較する。Pixel 8aの横幅はPixel 8から1.9mm増し、高さは1.6mm増えたものの、厚さ(カメラの台座を除く)はそのままだ。重量の差は1gしかないため、実機を手にしたくらいではその違いは分からない。

  • Pixel 8a:約72.7(幅)×152.1(高さ)×8.9(厚さ)mm、約188g
  • Pixel 8:約70.8(幅)×150.5(高さ)×8.9(厚さ)mm、約187g
Pixel8a Google ミッドレンジ ディスプレイ面に向かって左側面にはSIMスロットがある
Pixel8a Google ミッドレンジ ディスプレイ面に向かって右側面には電源キーと音量調節キーがある

 どちらも大差はないが、筆者が特に気になったのは幅が増したこと。さらに持ちやすくなった一方で、ベゼルが太くなったため、動画視聴時の没入感は薄れたこともマイナスだと感じた。スマートフォンで調べ物をして、それを動画でチェックするときが多いので、動画をよく見る人はPixel 8の方が向いているだろう。

Pixel8a Google ミッドレンジ 下部にはUSB Type-Cポートやスピーカーがある。各パーツの配置はほぼ同じだが、Pixel 8a(画像=上)の横幅はPixel 8(画像=下)から1.9mm増している
Pixel8a Google ミッドレンジ ベゼルの違いはかなり目立つ。動画視聴などの際に気になる人もいるだろう
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー