ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「システムトラブル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ITりてらしぃのすゝめ:
改元でシステム不具合よりも深刻だった“人間の脆弱性”
改元に伴い、心配されていたITシステム関連のトラブルはどうだったのか。何が起こったのかをあらためて振り返ってみる。(2019/5/15)

【追記】日本航空のシステムトラブル 復旧するも遅延・欠航は終日続く見込み
チェックインは空港カウンターで対応中。(2019/5/8)

専門家のイロメガネ:
わたし、定時で帰れるの? 残業を強制できるラインはどこか
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』が話題になる背景には、多くの人にとって定時で帰れず残業が当たり前の状況があります。本来、残業をせずに定時で帰っていいラインとはどこにあるのでしょうか?(2019/5/8)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(13):
「『一回転』でググれ」と言ったら、逮捕されますか?
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第13列車は「不正指令電磁的記録供用罪」です。※このマンガはフィクションです。実際の法解釈や法運用とは異なります(2019/4/23)

【復旧済み】映画予約サービス「KINEZO」がシステムトラブル 手書きのチケットでの対応も
ちょっとレアなチケットがもらえる。※追記あり(2019/3/19)

「うちのバックアップは完璧です」という企業がはまるワナ【第3回】
戻せないバックアップ 問題ないはずの「リストア」で起きた悲劇
バックアップを取得する目的は「何かあったときに元の状態に戻せる」ことだ。だが実際にリストアを試したことがあるIT担当者はどれくらいいるだろうか?(2019/3/14)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(12):
なぜ、パスワードを平文で保存するのですか?【追記あり】
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第12列車は「サービス提供側のセキュリティ」です。(2019/2/8)

安定性とトラブル時の迅速回復が必須条件
中日新聞社が“絶対に止められない新聞製作システム”の基盤にHCIを選んだわけ
システム停止が許されない業界は少なくないが、新聞業界もその一つだ。非常に厳しいスケジュールの中で進められる新聞製作の現場では、トラブルであっても製作システムは止められない。高い安定性を求める中日新聞社が選んだ仮想化基盤とは。(2019/2/4)

問い合わせが「10分の1」に:
チャットbotを導入して、「社内ヘルプデスクの電話対応」をやめてみた結果
社員向けのヘルプデスクは情シスの代表的な業務の1つ。しかし、度重なる同じような質問にうんざりすることも少なくないだろう。そんな中、チャットbotを導入して、ヘルプデスクの電話対応をやめたという会社がある。(2019/1/17)

Mobile Weekly Top10:
「PayPay」祭りの終わり キャッシュバックだけでユーザーは定着するか?
PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」が想像以上に早く終了してしまいました。キャッシュバックに魅力を感じたユーザーは、果たして「定着」するのでしょうか……?(2018/12/18)

日本特有の課題にアプローチするリアル店舗の戦略とは:
PR:ローソンが目指す近未来の“デジタルコンビニ”と顧客体験の全容
アマゾンやアリババはITを活用した店舗の展開に力を入れている。一方、ローソンも他の小売企業と同様にさまざまな分野でデジタル化を推進しているのだが、目指す方向性はアマゾンやアリババとは違うものだという。ローソンが描く“デジタル化されたコンビニ”とは?(2018/11/6)

マイグレーション品質向上の鍵
移行後のトラブルを減らす、マイグレーションプロジェクトの品質を確保する方法
システムのサポート終了に伴い、レガシーマイグレーションに挑む企業が次々と壁にぶつかっている。もつれた糸のようなシステムをどう移行させ、正常稼働にこぎ着けるのか。(2018/10/10)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(10):
イマドキの小学生は「多要素認証」を正しく使いこなすらしい
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第10列車は「多要素認証」です。※秋の特別列車、3両編成です。(2018/10/3)

常見陽平のサラリーマン研究所:
ザ・謝罪社会で、私たちはどのように謝ればいいのか
日本は「ザ・謝罪社会」である。仕事上のちょっとしたミスでも謝罪しなければいけないが、どのように謝れば先方の怒りは静まるのだろうか。筆者の常見陽平氏のよると……。(2018/9/21)

奥華子の大阪イベントで大トラブル 当選者にメールが届いておらず誰も来ず
現在緊急会議中。(2018/7/16)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(8):
ブロックチェーンを導入したら、文書改ざんも上司のキマグレも防止できますか?
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第8列車のテーマは「ブロックチェーン」です。(2018/5/16)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(16):
さらに進化したWindows 10の企業向け展開――Sysprepを代替/補完する「プロビジョニングパッケージ」と「Windows AutoPilot」
Windows 10では、コンピュータやデバイスのための新しい展開技術として「プロビジョニングパッケージ」がサポートされます。Windows 10 バージョン1709(Fall Creators Update)では「Windows AutoPilot」という新機能も追加されました。従来のイメージベースの展開を置き換える、または補完する展開技術を紹介します。(2018/1/24)

悩ましい3大課題を解決:
PR:AIとセンサーを組み合わせた予測サービスなどを備えるインフラ基盤は「ビジネスに寄与する」運用管理者の精神的な負担をどうやって減らすのか
近年、ビジネスとITの距離が急速に縮まり、ビジネスにおいてITが担う役割はさらに重要度を増しつつある。これに伴い、運用管理者に対しても、今までのように単にシステムを安定して運用するだけではなく、ビジネスに寄与することが求められてきている。そして今、運用管理者を悩ませている課題は大きく3つある。どうすれば解決できるのだろうか。(2018/1/16)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(6):
ソースをパクる悪者を懲らしめる簡単な方法
悪者を懲らしめてやりましょうぞ!――情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第6列車は「パクり業者撃退法」です。良い子はマネをしないでね。(2017/12/21)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(5):
パスワードを忘れたMacにログインする簡単な方法
「るーと」って便利だねえ♪――情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第5列車は「パスワードなしでMacBookにログインする方法」です。(2017/11/30)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2017(1):
クルマも機械も面白いよね! 女性リーダーも活躍する学生フォーミュラ
車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタントから見た「全日本学生フォーミュラ大会」とは。2017年も楽しくレポートします! さて第1回はどの大学が登場するでしょうか。(2017/11/2)

PR:5000通のアラート通知メールが3通に? クラウド運用管理の疲弊が招く「ビジネスリスク」を回避する方法
変化への素早い対応が求められるビジネスシーンで、今やなくてはならない存在になりつつあるクラウド。しかし、マルチクラウド環境が当たり前になりつつある今、運用管理は複雑化し、手に負えない状況になっている企業も少なくない。放っておくとビジネスリスクにつながりかねないこの状況を改善する方法とは。(2017/10/23)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(4):
えらい立派なパスワードどすなぁ、再び
“yoikanjinopasuwa-dodekimashita”――情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第4列車は、今度こそ「絶対に(?)乗っ取られないパスワードの作り方」です。(2017/11/1)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(3):
えらい立派なパスワードどすなぁ
「0番」のサングラススパムに乗っ取られない方法、教えます――情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第3列車は、絶対に(?)乗っ取られないパスワードの作り方です。(2017/10/26)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
国内100GBプランが“サンキュッパ”――夢のセカイルーター「GWiFi」の現実に迫る
BroadLineが「GWiFi」というモバイルWi-Fiルーターのサービスを開始しました。「クラウドSIM」を活用することで、国内のみならず海外でも使えることが特徴ですが、あえて“国内”で使ってみると、いろいろな現実が見えてきました。(2017/8/31)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(1):
これはランサムウェアですか?
長く使われた物には魂が宿ると言いますが、このシステムに宿っていたのはゴミでした――情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」が、この夏「@IT」に降臨! うわーん、アカネちゃーん。何とかしてー!(2017/8/3)

技術者が知っておきたい失敗しない転職活動のコツ(1):
「転職の目的」を見失うと失敗する典型的な2つのケース
あなたにとって「転職の成功」とは何か? その目的を明確にし、ぶれずに活動できるかが転職の明暗を分ける。連載第1回では、転職の目的を見失ってしまった残念な2つのエピソードから失敗しない転職活動のポイントを学ぶ。(2017/8/2)

Amazon“デリバリープロバイダ”問題、ヤマト撤退で現場は破綻寸前 「遅延が出て当たり前」「8時に出勤して終業は28時」
実際に現場の声を取材しました。(2017/7/16)

振替輸送で改札にタッチすると「とてつもない金額」が引かれる? 看板の真意をJRに聞いた
振替輸送のときは有人改札を使って。(2017/7/7)

ディルバート(497):
もう帰るところだったのに……
帰ろうとすると、なぜかシステムトラブルが発生したり、誰かにヘルプを頼まれたり――エンジニアあるあるですよね(?)。(2017/4/20)

手作業による運用管理からの解放
DevOpsでビジネスにスピードと信頼性を、運用自動化のベストプラクティスは
ビジネスのスピードを上げるには、開発と運用が連携してシステム開発を進める「DevOps」の実践が大きな鍵となる。その実現には運用自動化ツールが欠かせない。(2017/2/22)

0.5歩先の未来を作る医療IT
医療現場にITが浸透しない理由――新しいシステムへの恐怖はなぜ生まれるのか?
医療現場でIT製品の導入を進めようとすると、スタッフから否定的な意見が上がることが少なくない。この「IT化への恐怖」の根源は何だろうか。(2016/11/28)

貴社は大丈夫?:
PR:なぜあのサービスは一向にパフォーマンス改善されないのか?
ECなどのWebサービスを利用する際、サイトが重くて離脱してしまった経験はないだろうか? サービス事業者側から見ると、これは大きなビジネス機会の損失になっているのは火を見るよりも明らかだ。そうした事態を招かないためにすべきこととは……。(2016/11/16)

運用チーム主導のIT改革
システム障害の原因究明を迅速化――アコムが臨む“攻め”の運用管理術
システムを常時監視し、障害をいち早く検知できても、業務への影響範囲を特定できなければ迅速な復旧は図れない。消費者金融大手のアコムは、この仕組みを自動化し、事前対策を可能にする運用を目指している。(2016/12/14)

日本語によるネットの「サポート詐欺」、5月から増加傾向に
海外では2012年頃から継続的に発生しているが、日本語による手口が最近になって増え得ている。(2016/10/31)

ハードウェア交換で起きる認証問題も対応
誰もが一度はイライラする“Windowsライセンス認証”、「Windows 10」では起きない?
Microsoftは、「Windows 10 Anniversary Edition」にライセンス認証のトラブルシューティング機能を追加した。どのような場面で、役に立つのか紹介する。(2016/10/21)

Weekly Memo:
この5つを点検せよ! 企業のマイナンバー対策、最終チェック
マイナンバーの本格的な運用が目前に迫る今、企業におけるマイナンバーへの対応は着実に進んでいるのか。最新の調査では、安全管理が形骸化する恐れがあるとの指摘も。その調査内容から、企業における今後のマイナンバー対策について考察してみたい。(2016/9/26)

ストレージ管理者が学べることとは
危険水位を超えつつある「Pokemon GO」運営サーバの現状
ストレージ管理者にとって、Pokemon GOのブームは多くの教訓を含んでいる。サーバクラッシュや不正アクセス対策がその最たるものだ。予想外の負荷にPokemon GOの運用サーバは今どのような状況にあるのか(2016/8/17)

諸悪の根源は必ずいる
社内LANからクラウド──複雑怪奇なネットワークに潜むトラブルを「退治」する
スマートフォンをかざせば見えないモンスターが現れてゲットできるのは“なんとかGO”の世界。ネットワークのトラブル解決もそんな感じで解決できればいいのだが。(2016/7/25)

技術面から見た「みずほクラウド」の革新性:
PR:ミッションクリティカルシステムをクラウドに移行できた3つの技術的背景
金融大手みずほフィナンシャルグループが、プライベートクラウド基盤を本格稼働。リスク計測システムを含むミッションクリティカルシステムでもクラウド運用を実現した背景にある技術を探った。(2016/7/21)

all engineer.jpがアンケート調査:
「新入社員の失敗」に対する先輩社員の声、「恐れず挑戦してほしい」が多数
all engineer.jpは、「新入社員の失敗」についてアンケート調査を実施した。その結果、「失敗を一切許さない」という意見はごく少数で、「失敗を恐れず挑戦してほしい」と考えている先輩社員が多いことが分かった。(2016/6/7)

成迫剛志の『ICT幸福論』:
“攻めのIT”ができる情シスになるために(4)
「うちの情シス、ダメで……」という話を耳にした著者が、その処方箋として「デジタルビジネス時代に対応する“攻めのIT”ができる情報システム部門への改革」を考察。第4回は、「情報システム部門と所属している人材の評価軸」と「技術・商品・サービスの選定ポリシー」について考える。(2016/6/7)

SQL Serverトラブルシューティング(1):
それでは“ダメ”な「トラブル対応例」
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、「SQL Serverで起こりがちなトラブル」を厳選して、具体的な対処方法を紹介していきます。第1回目は「トラブルを適切に対処するための考え方」を解説します。(2016/6/7)

市区町村の情報セキュリティ(1):
市区町村のセキュリティ対策「4要件」とは
2015年に総務省の「自治体情報セキュリティ対策検討チーム」が公開した報告資料をベースに、市区町村のセキュリティ対策について考えます。(2016/6/6)

マイナンバーの“お漏らし第一号”になったら?
マイナンバー、お漏らししちゃったらどうなる? 発覚したらどんな対策をすればいい? そんな疑問を持っている人は要チェック!(2016/4/22)

ANA、システムトラブルで欠航や遅延
ANAの国内線システムにトラブルが発生し、遅延や欠航が生じている。(2016/3/22)

暗号化ストレージの復旧も短時間で
隠れたお荷物「ストレージセキュリティ」からIT管理者を解放する
セキュリティリスクでネットワークと共に問題になるのがデータストレージだ。対策手段は早くからあるものの、運用は難しくユーザーの使い方も完全でない。そのため、今なお「危険な存在」であり続けている。(2016/3/8)

ケアレスミスほど解決が難しい
見くびっていると超難問、無線LANとWindowsの単純トラブル処方薬
IT機器管理者は多くの複雑な問題に遭遇する。しかし、無線LANに接続できないなど、基本的な問題を解決することもスムーズな運用には不可欠だ。(2016/2/26)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第38回 外出しづらい日本の情シス、外出できる欧米の情シス その事情とは?
IT担当たる者、最新の技術やその動向には常に触れておきたいものではないでしょうか。ところが欧米の情シスと違って、日本ではなかなかできない事情があります。それは――。(2016/2/19)

データベース運用管理をクラウド化する方法(3):
PR:Oracle DBアップグレード時のSQLテストの手法を知る
データベースアップグレードでは、旧環境のSQLが新環境で期待通りに動作するか、また性能が劣化しないかをテストする作業に多くの工数が掛かる。これをアップグレードプロジェクトの最大の関門と考える読者も多いだろう。実は、この作業を大幅に早く、簡単に行えるツールがある。[プライベートクラウド/データベース統合][Oracle Database 12c][Oracle Multitenant](2015/12/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。