ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「食べ放題」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「食べ放題」に関する情報が集まったページです。

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大量出店の「やっぱりステーキ」が、今後も“独走”を続けられそうな理由
低価格ステーキチェーンの「やっぱりステーキ」が順調に店舗数を伸ばしている。他の低価格ステーキチェーンが伸びているわけではないのに、なぜ「やっぱり」は好調なのか?(2021/9/22)

工夫こらすオンラインマラソン大会 山梨はフルーツ提供
新型コロナウイルス感染拡大のため、2020年、中止が相次いだマラソン大会。21年はオンラインで開催する大会が相次いでいる。参加者がスマートフォンを携帯してそれぞれ好きなところを走り、その距離をスマホのアプリで記録、送信し完走証明にするというもの。山梨の大会では参加賞にフルーツを用意しリアル大会に近い楽しみを提供するなど、22年以降の大会に向け工夫を凝らしている。(2021/9/1)

タイムアウト東京のオススメ:
ホテル東京ガーデンパレスでステーキ食べ放題イベントを開催中
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/7/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「はま寿司」のデータを欲しがった? 「かっぱ寿司」転落の背景は“伝統の否定”
「かっぱ寿司」の運営会社が不正競争防止法違反の容疑で刑事告訴された。「はま寿司」の日次売り上げデータを受け取っていた。かつてイケイケだったかっぱ寿司はなぜ追い込まれたのか。(2021/7/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
“鉄道観光ビジネス”再起動、失われた2年間をどう取り戻すのか
沖縄県を除く緊急事態宣言解除、新型コロナウイルスワクチン接種の進ちょくを見越して、鉄道旅行ビジネスが活気づいてきた。冷え切った観光需要を「元通り」にするには、「元通り」の商品展開では足りない。そこで「工場夜景ツアー」「観光急行列車」「おみやげ品割引」など、注目の事例を紹介しつつ、今後の新施策に期待したい。(2021/7/2)

「献血すると世界がキラキラ輝いて見える」 ガチ“献血マニア”のプレゼン漫画が「分かる」「行きたい」と話題に
止まらない献血愛。(2021/6/11)

流れてくると思わずハミングしちゃうやさしい音楽 日本初の「発メロ」はどの駅で始まった?
蒲田駅の「蒲田行進曲」、高田馬場駅の「鉄腕アトム」? 実は発メロ採用1番駅は関西です。(2021/5/24)

かっぱ寿司の食べ放題企画「食べホー」が期間限定で復活! 5月13日から19日までの7日間
2017年にスタートしたものの、2020年10月でいったん終了していました。(2021/5/6)

かっぱ寿司、「食べ放題」が復活 5月13日から7日間限定
すしチェーン「かっぱ寿司」が、好評だった食べ放題を期間限定で復活させる(2021/5/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
急増する「焼肉の和民」が「牛角」の脅威に!? コロナ禍の“有望市場”を制するのはどこか
ワタミが展開する「焼肉の和民」が好調だ。2020年10月に1号店をオープンしてから、3大都市圏で23店にまで拡大。同じ立地の「牛角」を脅かす存在になりつつある。(2021/4/27)

【漫画】食べ物の「原価率」に振り回されるギャルとJK 元を取るには何を食べればいいの?
食べたいもん食べるのが一番。(2021/4/14)

攻めの姿勢:
ワタミ渡邉美樹会長が見据える“コロナ後のマーケティング戦略”
外食チェーンのワタミ渡邉美樹会長兼グループCEOが語る“コロナ後のマーケティング戦略”とは?(2021/3/31)

感染リスク低減:
焼肉きんぐ、幸楽苑、ワタミに「配膳ロボット」が続々登場 変わる従業員の働き方
大手外食チェーンで配膳ロボの導入が進んでいる。人手不足解消や、感染リスクの低減が目的。働き方はどう変わるのか。(2021/3/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
スシローとくら寿司が東京で激突! はま寿司とかっぱ寿司は“脱回転” 業界の行方は?
コロナ禍で回転寿司業界に大きな変化が起きている。スシローとくら寿司は、都心部に進出する。はま寿司とかっぱ寿司は、回転レーン上に寿司を流さない傾向を強めている。(2021/3/15)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
パナ技術で加速の「おもてなし」火鍋チェーン海底撈、純利益9割減の衝撃
中国で最も有名な火鍋チェーンで、日本にも出店する「海底撈火鍋」が3月1日、純利益が前年比90%減少という業績予想を開示した。中国では珍しい「至れり尽くせり」のおもてなしで差別化に成功し、火鍋チェーンとして初の上場を果たした海底撈の成長神話が岐路に立たされている。(2021/3/11)

生花も月5回まで:
月額7800円で駅そば・パン食べ放題 小田急電鉄が新サブスクを発表  
小田急電鉄が飲食・生花のサブスクリプションサービス「EMotパスポート」を発売。40店舗以上で利用可能。(2021/3/9)

焼肉ライクの「1ポンド肉×無限ごはん」が再び登場! メガ盛り肉に合うキムチやスープも無限におかわりできるぞ
焼肉ライク無限ごはん編。(2021/2/10)

「効率化で非正規切り」は本当か:
焼き肉業態で「非正規差別」? 批判記事を巡り、ワタミが抗議した「論拠」とは
コロナ禍で焼き肉業態へ業態転換を進めるワタミだが、近頃「非正規差別」をしているとの批判記事が公開された。これを受けてワタミ側は抗議文書を発表したが、その根拠は? 取材で見えてきた事実とは。(2021/1/28)

幸楽苑が“食べ放題セット”を全国に拡大! “学割セット”もバージョンアップ
いっぱい食べたい。(2021/1/27)

直営の居酒屋83店を休業:
2021年の飲食業は倒産ラッシュ ワタミ渡邉美樹会長が示す「売り上げが2019年比55%」でも生き残れる経営
外食チェーンのワタミは緊急事態宣言を受け、1都3県で営業している直営店全100店のうち83店舗を休業している。渡邉美樹会長兼グループCEOは「このままでは飲食業界は崩壊すると危惧している」と記者発表で述べた。その上で「2021年は19年比で売り上げの55%に目標を設定し直した。黒字になるようにしていきたい」と意気込む。(2021/1/15)

飲食店を科学する:
コロナ禍でも絶好調の「焼肉きんぐ」 強さを支える「カルビ」と「包み込み戦略」とは
コロナ禍で飲食店が苦戦している。一方、「焼肉きんぐ」の既存店売上高は前年対比123.3%と好調。強さの秘密を分析した結果は?(2020/12/25)

ロボット配膳「焼肉の和民」、“非接触”セルフレジのくら寿司 コロナ禍の飲食店、勝機はIT&ロボット活用にあり
「和民」ブランドから「焼肉の和民」へ全面転換したワタミ。配膳ロボットなどを活用してコロナ禍の難局を乗り越えようとしている。今回はワタミを始めとする各社への取材を通じ、テクノロジーとビジネスアイデアで飲食業がどう時代を生き抜いていこうとしているのかを紹介したい。(2020/12/1)

「蜀って国の王様やってます」 三國志の劉備(大泉洋)、YouTuberデビューで“令和の民”とたわむれる
某番組がよぎる。(2020/11/28)

「ゼネラル・オイスター」の旬の牡蠣が食べ放題! 生牡蠣はもちろん、素焼きやカキフライも食べられます
アレンジメニューもおいしそう。(2020/11/27)

「築地銀だこ」で初の「食べ放題」開催 980円で心ゆくまでたこ焼きを食べられます
たこやき祭りだ!(2020/11/24)

旬のいちごをお腹いっぱい楽しめる! スイーツパラダイスで「国産いちご食べ放題」がスタート
いちごだけでなく、いちごを使ったスイーツも食べ放題です!(2020/11/17)

幸楽苑でラーメンが食べ放題ってマジ!? 餃子やチャーハンも食べられる初の「食べ放題プラン」がスタート
餃子やライスも食べ放題だぞ!(2020/11/13)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
ワタミ清水邦晃社長「居酒屋市場に淘汰が起こる」――ニューノーマル時代をいかにして生き残るか
ワタミの清水邦晃社長がITmedia ビジネスオンラインの単独インタビューに応じた。密になりがちな居酒屋からの業態変更を発表した同社がニューノーマルと呼ばれる状況下で、いかなる戦略を取っていくのか、一問一答の形でお届けする。(2020/11/13)

ねとめし:
3つの材料でできる「いくら食べ放題」レシピが話題に 実際に作ってみたら本当においしかった
無限いくらできちゃう神レシピが11万“いいね”の話題を呼んでいます。(2020/11/13)

居酒屋市場は7割まで縮小か:
焼肉への業態転換を図るワタミ 清水邦晃社長が語るアフターコロナでの勝算
ワタミが居酒屋から焼肉業態へと転換するのは経営にあえぐ飲食業界を象徴する出来事だった。そんな中「ミライザカ」「三代目 鳥メロ」では新メニューの提供を開始した。戦略の変化にはどんな思惑があるのか。同社の清水邦晃社長が語った。(2020/11/4)

「陳麻婆豆腐」の坦々麺が1年間無料で食べ放題に 1350円の「年パス」で、担々麺を食べまくれ!
毎日食べると16万4250円お得になるぞ。(2020/10/28)

おいでよヘルヘイムの森 「THE 鎧武祭り」特設サイトにクラック出現→大勢が迷い込みクラッシュ→呉島主任が借り出される珍事となる
公式やってくれる。(2020/10/26)

かわいいけど打ちにくそうな「食べ物キーボード」がすごい ピザやレモンのキーを手作りしたこだわりの仕上がり
ファンシーですてきな世界観。(2020/10/17)

和食さと、しゃぶしゃぶ食べ放題に「北海道産牛ロースの炙り寿司(ずし)」を追加 狙いは?
「和食さと」は、しゃぶしゃぶ食べ放題「さとしゃぶ」に、国産牛も食べ放題の新メニュー「北海道産国産牛スペシャルコース」(3690円、税別)を追加した。同日から食べ放題以外にもランチメニューやグランドメニュー、そしてテークアウト商品の新メニューも開始。その狙いを担当者に聞いた。(2020/10/12)

居酒屋業態での限界:
ワタミ、120店を「焼肉の和民」に転換 料理配膳ロボット、特急レーンを使用した“非接触型”店舗に
ワタミは主幹事業を居酒屋業態から焼肉業態「焼肉の和民」へ転換すると発表した。同社のメインブランドである「和民」全店をはじめ、「ミライザカ」や「三代目 鳥メロ」などを含む居酒屋業態の店舗を順次「焼肉の和民」に転換していく。(2020/10/5)

小売・流通アナリストの視点:
「先送り」したいきなり!ステーキと「先手」を打った鳥貴族 コロナ禍で明暗分かれた「見通し」の差とは?
コロナ禍の傷がまだ癒えない外食産業だが、「勝ち組」と目されていた企業間でも明暗が分かれた。今回は、いきなり!ステーキと鳥貴族を例に、小売・流通アナリストの中井彰人氏が解説していく。(2020/10/1)

“肉の壁”がおかわり自由! バーガーキングで6年ぶり「食べ放題イベント」開催へ
人気の「マキシマム超ワンパウンドビーフバーガー」が45分間食べ放題!(2020/9/15)

今度は対象2000人! 駅ナカの自販機サブスク「every pass」が会員募集第2弾開始
1日1本ドリンク入手。受け付けは2020年9月21日までー。(2020/9/9)

感染防止:
牛角が食べ放題の「早割」を1980円で提供 来店時間の分散を狙う
牛角が平日限定で「早割食べ放題」をスタート。平日の午後6時までに来店すると食べ放題が1人1980円(税別)になる。感染防止のため、来店時間の分散を狙う。(2020/9/3)

実は親和性の高いトランプ氏とGAFA〜リベラルとは程遠いシリコンバレーの実情
シリコンバレーで何が起きているのか、佐々木俊尚氏が解説。(2020/8/22)

月刊乗り鉄話題(2020年8月版):
飛行機、トロッコ、SLも!? 富士山から秘境駅まで「静岡名所」を巡る夢の乗り物コラボツアーが楽しすぎた
「日帰り」なのに超濃厚! FDA、富士山静岡空港、大井川鐵道がコラボすると、こんな楽しすぎる旅になりました。(2020/8/18)

飲食店を科学する:
吉祥寺でステーキ戦争勃発 「いきなり!」「やっぱり」「ステーキ屋松」の決定的な違いをプロが分析
沖縄発の「やっぱりステーキ」が東京・吉祥寺に進出。この地には「いきなり!ステーキ」と「ステーキ屋松」がある。プロが3店舗を分析して分かった決定的な違いとは?(2020/8/17)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
コロナ対策にもなるとは…… びっくりドンキーの新コンセプト店がもたらした“まさか”の効果
びっくりドンキーの新コンセプト店「ディッシャーズ」がオープンした。当初は女性客の獲得と生産性向上が狙いだった。しかし、結果的にコロナ対策にも役立った。(2020/7/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
見通しが甘かった大戸屋、買収どころではないコロワイド 「大戸屋紛争2.0」を読み解く
コロワイドが大戸屋に“超攻撃的買収”を仕掛けている。敵対的な買収はそもそも成功するのか。買収された後、大戸屋にはどんな運命が待ち受けているのか。(2020/7/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「感染リスクが高い」と指摘されても「バイキング」を続々再開 その執念と感染予防策に迫る
コロナ禍で自粛していた「バイキング」が続々と再開されている。一方で「感染リスクが高い」という声もある。各社は悩みながらも徹底した対策をしている。(2020/7/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
没収相次ぐ? 1万円の納豆生涯無料パスポート、適正価格は何円?
1万円で納豆定食が生涯無料で食べられるパスポート。しかし「無料パスが没収された」という苦情によりSNS上で炎上している。意図はともかく、金額設定がおかしく、利回り計算するとあまりに無謀だった。では、適正な価格はいったいいくらなのだろうか?(2020/6/19)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「ごはんおかわりロボ」「八百屋併設」 コロナ対策に知恵を絞る外食チェーンの取り組み続々
大手外食チェーンが本格的に営業を再開した。一方で、新型コロナの対策にも知恵を絞っている。各社はどんな取り組みをしているのか。(2020/6/16)

コロナ禍に対応:
特急レーンで牛肉をテーブルに ワタミが焼き肉食べ放題の「上村牧場」を本格展開
ワタミが焼き肉食べ放題の「上村牧場」を強化する。新型コロナの感染予防のため、店内には回転寿司チェーンのような特急レーンがある。居酒屋で成長してきたワタミの新たな戦略とは。(2020/6/12)

毎日が“戦場のような忙しさ” パン屋で働いていたときの大変さを描いた漫画に反響あつまる
「おいしい」の裏の戦場。(2020/5/29)

タイムアウト東京のオススメ:
西葛西、プチインド旅行ガイド
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/3/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。