ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「食べ放題」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「食べ放題」に関する情報が集まったページです。

かっぱ寿司の食べ放題、ランチとディナータイムも解禁 全店舗に拡大
事前のWeb・アプリからの予約が必要です。(2019/6/18)

3つのコースから選ぶ:
かっぱ寿司が食べ放題を全店舗で実施 時間帯も拡大
かっぱ寿司が食べ放題を全店で実施。対象とする時間も平日の午前11時30分〜午後2時と午後5時〜8時に拡大。競合との差別化になるか。(2019/6/18)

いかにして「苦境」を乗り越えてきたか:
絶体絶命のファーウェイ、「伝説の創業者」のDNAに見る“それでも強気な理由”【前編】
米国の制裁に揺れる中国通信機器・端末大手のファーウェイ。絶体絶命の窮地に追い込まれたかに見える一方、創業者の任正非(じん せいひ)を筆頭にファーウェイ関係者は強気な姿勢を崩さない。(2019/5/29)

ご飯食べ放題にするから「授業出ろ」 油そば店の“成績がヤバい大学生向け奨学制度”が何かおかしいけど根は真面目
すでに学業を頑張っている学生ではなく、頑張ってほしい学生向け。(2019/4/24)

期間限定オープン:
「からあげクンBAR」に行ってみた 独自の世界観と創作レシピをビールと一緒に味わう
4月15日から5月6日まで、「からあげクンBAR(バル)」がオープン。限定メニューをビールと一緒に味わえる。誕生してから33周年を迎えたからあげクンの新戦略とは?(2019/4/17)

これが走るファーストクラスかぁぁ…… 新幹線の特別車両「グランクラス」がリニューアル、極上の味とサービスを体験してきた
直前に開催された体験会に参加してきました(2019/4/1)

創業19年のお好み焼き店が「うっかり」廃業しそうになった話 ガスの元栓にひやり→ほっこりする実録漫画
うっかり……!(2019/3/25)

大手チェーンなのに:
本当に同じ店? 外装をどんどん変える「焼肉きんぐ」の狙い
一般的に、大手チェーンの看板や外装は劇的に短期間で変わらない。しかし、業界大手の「焼肉きんぐ」は20年の間に、外装計画を何度も変えている。「同じ店なの?」と思ってしまうほど変化させる理由とは?(2019/3/18)

地方の漁協とタッグ:
復調の兆し見せる「かっぱ寿司」、春商戦で何を仕掛ける?
「かっぱ寿司」運営元のカッパ・クリエイトが2019年春の商品戦略を発表。富山市の漁協と連携し、「白エビ」をネタに使ったすしを期間限定で提供する。サイドメニューやデザートも拡充する。(2019/3/6)

スイパラのいちご食べ放題コースがゴージャス プラス480円でいちごカーニバルが乙女心くすぐる
いちごだから、いくら食べても大丈夫!(2019/2/19)

年間2万円で食べ放題、話題のラーメン凪 AIで「顔パス」注文システムの狙いは
食券を都度購入しなくても、定額の会員登録をすると店頭に備えられたiPadがユーザーを認識し「顔パス」でラーメンを注文できる。こんな施策を始めた「ラーメン凪」を直撃取材した。(2019/2/12)

ITmedia NEWS TV:
ラーメン×AIで実現した手ぶら・定額・食べ放題サービスとは?
(2019/2/9)

ハイタイプが人気:
「こたつ」で乾杯……カフェや展望台に専用席に予約殺到
「こたつ席」を設けたカフェやレストラン、居酒屋などが話題になっている。JR大阪駅(大阪市北区)のビル内のカフェや、あべのハルカス(同市阿倍野区)の展望台に設置したところ、幅広い世代の人気を集め、予約でいっぱいという。席ではイルミネーションや都会の街並みを眺めながら、ホットドリンクや鍋料理が味わえ、「リラックスできる」などと好評だ。かつてはこたつを囲んでの家族だんらんがお茶の間の風物詩だったが、核家族化が進んでこたつそのものの生産も減少傾向にある。果たして、こたつが再び脚光を浴びることはあるか――。(高橋義春)(2019/2/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大阪人は食べていなかった? “串かつ業態”ブームの真相
串かつ居酒屋チェーン「串カツ田中」の業績が好調だ。ライバルの「串かつでんがな」や「串家物語」も店舗数が増えた。串かつ業態がブームとなっている背景とは?(2019/1/22)

西日本豪雨復興応援特集:
駅舎から首がにょきっ! 岡山「亀甲駅」が今にも歩きだしそうな衝撃的な姿
亀ーーーーーーー!!!(2019/1/2)

「開始3日目で後悔」「性欲はなぜか収まる」 富士山の山小屋でバイトした人の体験談がガチで面白かった
「そこを乗り越えると楽しくなってくる」(2018/12/22)

アツアツふっくら蒸し料理生活の始まりや! 自宅肉まんが捗りそうな一人用卓上フードスチーマーが登場
おひとり様のぜいたく。(2018/12/14)

おいしそうな「すき焼き」……実はケーキ! ケーキで作ったすき焼きがすき焼きすぎて脳がパニックを起こしちゃう
飯テロであることに間違いない(2018/12/9)

ニューヨーク発デジタル新潮流:
日本人がまだよく知らないYextと「DKM」のこと
2018年10月に米国ニューヨークで開催された「ONWARD18」の概要を紹介する。(2018/11/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
幻の鉄道路線「未成線」に秘められた、観光開発の“伸びしろ”
建設途中で放棄され、完成に至らなかった「未成線」。現在でもその残骸は各地に残っている。未成線の活用を語り合う「全国未成線サミット」が福岡県で開催された。未成線に秘められた、観光開発の「伸びしろ」とは?(2018/11/2)

ホテル龍名館で「おせちビュッフェ2019」開催 平成に大流行したあの食材を含むおせち料理が食べ放題
「平成」最後のお正月に「平成」を堪能するおせち誕生。(2018/10/5)

スイパラが期間限定でハロウィーン仕様に! おばけスイーツを1000円で食べ放題
ゾンビの目玉ゼリーやミイラのバナナオムレットが登場。(2018/9/27)

上級者向け:
ライスとらっきょうの量が入れ替わった狂気の「逆転カレー」 岩下食品が「下北沢カレーフェス」で提供
ライス少なっ!(2018/9/27)

「キラキラ☆ウォーカー」運営者を詐欺罪などで逮捕 「ポケコイン2万円分もらえる」と偽キャンペーン展開
詐欺罪のほか、著作権法違反、商標法違反、不正競争防止法違反の容疑も。(2018/9/27)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「もんじゃ屋形船(江戸前汽船)」の取材をレポートする
感想「屋形船 もんじゃを食って 酒を飲む」(2018/9/18)

客層にも大きな変化:
「完全禁煙化」から3カ月で串カツ田中はどうなった? 客数と売り上げに驚きの変化
2018年6月1日からほぼ全店を全席禁煙化した串カツ田中の売り上げや客数にはどのような変化がでたのだろうか。従業員の受動喫煙を防止するとともに、ファミリー層の利用増を狙っていたが……(2018/9/5)

きのこたけのこ総選挙 結果発表は9月11日に
どっちが勝つんだ……。(2018/9/3)

目指すは焼き肉のファストフード:
滞在時間は25分 牛角創業者が仕掛ける「低単価、高回転」の“1人焼き肉”新業態店
牛角の創業者が「低価格、高回転」の新業態店をオープンした。“1人焼き肉”の需要にも対応した店舗設計が特徴で、5年間で国内300店舗の出店を目指す。「焼き肉のファストフード」としてお客の支持を得られるか。(2018/8/28)

「牛角」赤坂店が8月29日に“29円食べ放題”を29組限定で実施 「黒毛和牛上カルビ」含む29種類が対象
31円を握って牛角赤坂店へGO!(2018/8/24)

上半期だけで6社が倒産:
「回転ずし」勝ち負け鮮明に スシローは上方修正、地方では倒産多発
スシローGHDが、通期業績を上方修正すると発表。主力のすしのほか、スイーツ類が好調という。一方、地方では、大手の寡占や原価高騰の影響で倒産する企業が増えている(2018/8/8)

全面禁煙化に続く戦略:
串カツ田中が「食べ放題」を通年化 徐々に進む“ファミレス化”
串カツ田中が「食べ放題」サービスを通年化する。「ほぼ全品食べ放題コース」と「串カツ食べ放題コース」の2種類があり、ファミリー層や若者の顧客を開拓する狙いがある。近年、子ども向けのサービスも強化しており、ますます“ファミレス化”の流れが強まっている。(2018/8/7)

どんなからくりなのか:
値上げをしたのに客数が増えた焼き肉店の謎
牛肉の仕入れ値や人件費の高騰に苦しむ焼き肉店が増えている。あるお店では耐え切れずに値上げをしたところ、客数は減るどころか逆に増えたという。焼き肉店をケースに、失敗する値上げ戦略と成功する値上げ戦略の違いを探っていく。(2018/8/3)

水曜インタビュー劇場(収入源公演):
飲食店の課題を解決するかもしれない、この“仕組み”が面白い
「ReDINE(リダイン)」というサービスをご存じだろうか。飲食店のマーケティング支援などを手掛けているfavyが2018年3月に展開したところ、飲食店を中心にジワジワ広がりを見せている。飲食店の課題を解決するかもしれないこのサービス、どういった特徴があるのかというと……。(2018/8/1)

え!? こんな安いの? 船乗りが説く「フライ&クルーズ」で楽しむ新・船旅のススメ
実は「海外ツアー通販価格くらい」で楽しめちゃいます。「船旅は超高い」は誤解なのですよー。【写真85枚】(2018/7/27)

「銀魂」の力で佐賀県のイメージ向上を(1カ月以内に)――県知事が万事屋にコラボ企画を無茶振り
県産品の購入増加と伝統工芸品の価値向上と移住促進と観光誘致も。(2018/7/25)

ケンタッキーフライドチキンが7月20日から食べ放題を開催 45分間オリジナルチキンやポテトを好きなだけ
事前予約が必須です。(2018/7/13)

美咲が教える スマホ時代の歩き方:
ファッションアイテムは「借りて試す」がOKの時代へ 新しい定額制サービスの形
スマートフォンで流行しているサービスや使い方を解説する連載。今回はサブスクリプションサービスについて紹介します。ファッションアイテムを低額でレンタルできるサービスがあるのをご存じですか?(2018/7/5)

みゅみゅさんと松井社長が降臨! 「NEWS TV」のバーチャルキャスト放送で俺たちの未来を聞いた
(2018/6/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftが75億ドルで買収したGitHubとはどんな企業? 米国オフィスを訪ねて
Microsoftが膨大な資金を使って買収するGitHubとはどんな企業なのか。その歴史を振り返りつつ、米国オフィスを訪問したレポートをお届けする。(2018/6/19)

スイパラで期間限定「さくらんぼ食べ放題」! 佐藤錦やさくらんぼスイーツを堪能
新宿東口店、ららぽーとTOKYO-BAY店、名古屋スパイラルタワーズ店、仙台パルコ店で開催。(2018/6/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
顧客の若返りに成功 「和食さと」が好調を維持できるワケ
店舗数で和食ファミリーレストラン最大手の「和食さと」。外食産業全体が縮小する中でも成長を続けている。最近ではジュースやお酒が飲み放題のセルフ式ドリンクバーが人気だが、商品開発や仕入れでどのような戦略をとっているのだろうか。(2018/6/5)

プリキュアが結び付けた2人――福原遥×戸松遥の化学反応がすごいコラボ曲はどのように生まれたのか聞いてみた
It’s Show Time!!(2018/5/25)

「食べ放題」攻勢も:
かっぱ寿司、最終黒字 “崖っぷち”のかっぱはよみがえるか
「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトが18年3月期の連結業績を発表。減収なるも最終黒字に転換した。「食べ放題」などの施策はどのような結果を生んだのか。(2018/4/27)

新体制では「スピード感」強化:
かっぱ寿司、「かっぱのハンバーグ」全国展開へ 新たなファン増やす
「かっぱ寿司」が4月27日から、「かっぱのハンバーグ」の全国展開を始める。一部店舗で実施していたテスト販売で好評を博したためという。洋食メニュー「白いスープカレーラーメン」も発売する。(2018/4/26)

1人負けした理由:
スシローの進化についていけなかったかっぱ寿司
かつて業界をリードする立場だったかっぱ寿司が、競合他社に次々と追い抜かれている。逆転を許してしまった背景にはいったい何があるのだろうか。(2018/4/26)

【食べたら更新】朝井麻由美の「ウニ日記」
幸せのオレンジ色を記録していく場所です。(2018/4/15)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「食べ放題」を強化する牛角の“出遅れ感”
「焼肉デート」という言葉を生んだ牛角は、落ち着いて飲み食いができる「居酒屋焼肉」の業態で国内最大手に上り詰めた。しかし、ライバルが食べ放題の業態に次々参戦。キャッチアップはできるのだろうか?(2018/4/10)

リズム感100点! 三三七拍子のリズムに合わせて踊るご機嫌なインコがかわいい
インコ「見て見て!!」(2018/4/2)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「スキー場」の取材をレポートする
感想「たのしい! たのしい!」(2018/3/16)

ケンタッキーのオリジナルチキン食べ放題が復活 45分間・1380円で
一度やってみたかったやつ。(2018/3/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。