ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「タモリ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タモリ」に関する情報が集まったページです。

古代日本のチーズ“蘇(そ)”が千年に一度の大ブーム 3時間かけて作ってみたらマジで苦行だった
焼いて、リッツにのせるのがオススメです。(2020/3/12)

エスパー伊東、謎の病で立ち上がれず収入ゼロ “生活保護からの再起”にスポットライトが当たる
大丈夫なのかな……。(2020/2/28)

国土地理院のWeb地図に「自然災害伝承碑」 先人が遺した教訓を生かす
自然災害の多い日本では、その記憶を失わないよう、当時の様子や教訓などを石碑などに遺してきた。そのような先人たちのモニュメントを、国土地理院が6月から「自然災害伝承碑」として地図に掲載する取り組みを始めている。(2019/11/29)

せっかくだから俺は完パケでいくぜ! 「タモリ倶楽部」の空耳コーナー、動画投稿も可能に
テロップや音楽のタイミングを自分で作り込んだ動画を投稿できます。(2019/11/11)

渡辺直美、“世界のナオミ”になる前の「いいとも少女隊」時代ショットを公開 10年の変化に「時の流れ早すぎ」
かわいい!(2019/10/23)

PR:初心者でもわかる『アベンジャーズ/エンドゲーム』の魅力を全力でプレゼンする
これさえ読めば君もアベンジャーズだ。(2019/8/14)

「電気のない生活」をしてきた少年が原始時代にタイムスリップ サバイバル能力で“人類を救う”漫画が新感覚
ジャンプ+で連載中の『アラタプライマル』を紹介します。(2019/5/24)

福山雅治「集団左遷!!」 気になる2つのポイント「中村アンの靴」「笑点メンバーを出す意味」
最近のドラマにしては女性の登場がちょっと少ない。「頑張る」の連発もすごい。(2019/5/5)

サントリー「宇宙人ジョーンズ」CM、平成を回想する一夜限りの特別篇が放送 タモリ「あんたもしつこいねえ」
タモリさん、大杉漣さん、八代亜紀さん、振分親方(元高見盛)など出演。(2019/4/29)

福山雅治の顔芸&アクション炸裂「集団左遷!!」 トム・クルーズばりの熱血コミカル第1回を徹底検証
「平成最後の下剋上」ドラマ、28日今夜が平成最後の75分スペシャル。(2019/4/28)

日曜劇場「集団左遷!!」福山雅治が挑む銀行陰謀ドラマを徹底予習、香川照之を筆頭に顔の濃いおじさんパワーが、いよいよ平成を終わらせる
福山雅治が日曜劇場名物「顔相撲」に参戦、香川照之との対決、きっとあるよね。(2019/4/21)

広告看板にタマちゃん、横断歩道に金さん銀さん 交差点に“平成”を凝縮したイラスト、Twitterで感動呼ぶ
ファストフード店の窓から見下ろす人通りに、(2019/4/6)

近未来の働き方を想像する:
もしも銭形警部が人工知能を使いこなしたら、警察はルパンを逮捕できるのか?
日本では「熱血型上司」が人気だという。しかし、近い将来それと対極にある存在が私たちの上司になるかもしれない。人工知能だ。そのとき、部下の動きはどのように変わっているのだろうか。「ルパン三世」の銭形警部を例に見ていこう。(2019/2/13)

「空耳ソング」の自動生成プログラムが開発中 きっかけは「さくらんぼ」を野球選手名だけで歌う替え歌
現状でも「地上の星」を国名だけで自動生成する試みが、ある程度形になっています。(2019/2/7)

もはや間違い探し 「ニッチェ」江上敬子、美容院ビフォーアフター写真が驚きの変わらなさ
髪切った……?(2019/2/6)

CloseBox:
空耳アワーにWeb投稿してみた
20年くらいあたためていたネタを投稿した。(2019/2/6)

ホラーゲームで見たやつだ 渡辺直美の変装姿が完全に不審者「逆に目立つ」「すぐにわかる」
サイレント・ヒルとかにいそう。(2019/2/4)

内田恭子の「日常で触れたプロフェッショナル」:
ネオ・デジタルネイティブ世代との付き合い方
平成生まれのわが子たちは「デジタルネイティブ世代」だと思っていたら、実はその先を行く「ネオ・デジタルネイティブ世代」だそうです。そんな彼らを日々見ながら、いろいろと感じることがありました。(2019/1/12)

横須賀トンネルめぐり1日旅(4):
アニメの聖地になるトンネルってやっぱパワーある! 隧道マニア監修の「横須賀トンネル旅」やってみた【最終回】
横須賀はトンネル天国! アニメ「たまゆら〜hitotose〜」の聖地は、トンネルマニアが認める歴史的レンガ隧道なのだ!(2018/12/29)

月刊乗り鉄話題(2018年12月版):
列車もトークもガンガン加速 “爆速”ローカル鉄道、ほくほく線「鉄分たっぷりツアー」が楽しすぎた
久野さん&南田さんが同行。このお二人、朝からずっとしゃべっておられました。(2018/12/19)

横須賀トンネルめぐり1日旅(3):
トンネル内でスイッチバックとか萌えるー! 隧道マニア監修の「横須賀トンネル旅」を堪能してきた【田浦編】
横須賀はトンネル天国! 昔はトンネル内で鉄道がスイッチバックしてたとこに行くよー。(2018/12/17)

横須賀トンネルめぐり1日旅(2):
「目には見えない見どころ」を探せ! 「横須賀トンネル旅」やってみた【観音崎・久里浜・衣笠編】
横須賀は本当にトンネル天国! 横須賀トンネルめぐり1日旅の第2弾は「軍事要塞トンネル」「計画倒れした鉄道遺構」「お化けトンネル」を巡ります。見えないのに見どころってどういうことやねん。(2018/11/20)

これからのAIの話をしよう(音楽編):
人工知能で「ヒット曲」難しい理由 ”良い音楽”は科学できるのか
人工知能による自動作曲サービスがいくつも登場し、誰もが気軽にAIを使った楽曲の自動生成ができるようになった。今の自動作曲システムの実力や、AIはヒット曲を生み出せるのかなどを、自動作曲システム「Orpheus」の開発者に聞いた。(2018/11/8)

なじみが良すぎる! タモリ、今度は“グラサン姿の吉良上野介”で「忠臣蔵」を熱演
違和感がないにもほどがある。(2018/10/30)

横須賀トンネルめぐり1日旅(1):
最高すぎて完全に恋に落ちた 隧道マニア監修の「横須賀トンネル旅」やってみた【追浜編】
横須賀は本当にトンネル天国だった。明治・大正・昭和がめくるめく横須賀トンネル旅の第1弾は「追浜エリア」です。【写真たくさん46枚】(2018/11/1)

「自分の好きなものをやりたいだけ」 「水曜日のダウンタウン」の企画がヤバいのは演出の藤井健太郎がヤバいから説
「笑える番組って基本的には攻めてるものじゃないですか?」(2018/10/2)

違和感どこいった! タモリ、グラサン姿の徳川家康が時代を超越したハマり役
タモリさん「(当時も)こんな人いたんじゃないですかね」。(2018/9/4)

「テレビ出演共演NGの内村さんと」 笑福亭鶴瓶、内村光良との2ショットにファンざわつく
ファン「裸が原因とか?」→正解。(2018/8/30)

よくしゃべる子が生まれそう! 第1子妊娠の紅蘭、明石家さんまに安産祈願でお笑いパワーを注入される
紅蘭さん「動きが元気いっぱい激しくなってきたのは気のせいかしら」。(2018/8/13)

ぜーんぶ妄想! 鉄道BIG4南田さんの「南田妄想鉄道」をアニメ化するなら? 本人に妄想してもらった
南田鉄道の妄想路線図も見せてもらった!(2018/7/19)

木村拓哉&明石家さんま&タモリ、二度見必至な“そっくりさん”ショットに脳が混乱しそう
本人だったら超豪華!(2018/6/26)

地図クラスタ歓喜 国土地理院、全国の赤色立体地図を公開
ブラタモリでよく見るやつ。(2018/6/7)

ニコニコ超会議2018:
超鉄道ブース「鉄道寄席」にななめ45°、ダーリンハニー、桂梅團治師匠が登場 鉄分特濃、しかも特盛り
「横見式は使わない?」「師匠が秋になると不機嫌になる理由」……。テレビでは見られない鉄分と技を披露。(2018/4/29)

懐かしいぃぃぃ! 香取慎吾が“笑っていいとも!”の聖地に出現、「いいとも!!」の嵐が巻き起こる
ここ待ち合わせ場所にしてた!(2018/4/12)

視力が落ちた時期は……:
大人の視力、平均値は「0.5」 「メガネ男子・女子」好きは3割超
大人の裸眼視力、平均は「0.5」──調査会社のマクロミルが20〜69歳の男女を対象にアンケート調査した結果、こんな結果が出た。(2018/4/5)

欅坂46平手友梨奈がデビュー2周年ライブ欠席へ Mステでは上着のみ登場のスペシャル演出
2周年ライブの当選発表日に欠席発表。(2018/3/9)

「めちゃめちゃありがとうございました」 岡村隆史と石橋貴明、貴重な2ショットにファン大興奮
「とんねるずのみなさんのおかげでした」「めちゃ×2イケてるッ!」はともに3月末で終了。(2018/3/2)

「乗り心地悪いなぁ」「なくさんといてな」 “乗り心地の悪さ”が心地いい、神戸須磨浦山上遊園「カーレーター」が愛される理由
タモリさんも愛したレア乗り物。(2018/2/23)

プラレールで大阪環状線を全駅再現 忠実さとスケールの大きさに感嘆の声
前面展望動画も大迫力。(2017/12/26)

「生演奏してすいませんでした」 ゴールデンボンバー、期待を裏切らない“生演奏”で業火に焼かれる
観客が一斉に耳ふさぎアピールしてからの神様登場が謎展開過ぎて笑う。(2017/12/22)

安倍首相、Instagram始める 「#安倍晋三 #初投稿 #初心者」
安倍晋三首相がInstagramをスタートした。「#安倍晋三 #初投稿 #初心者 #instagram」とハッシュタグも活用している。(2017/12/18)

悩める君に贈るガツンとくる言葉:
「会社に行きたくない」「異性に振られた」――そんな社会人を“ガツンと”助ける名言集
仕事でもプライベートでも、ビジネスパーソンの苦悩は尽きない。コラムニストの石原壮一郎さんは、著書「悩める君に贈る ガツンとくる言葉」の中で、著名人の名言を交えつつ、読者の相談に丁寧に答えている。(2017/12/11)

「静浜市」って知ってる? お父さんが昔作った架空の「都市計画」の資料に「すごすぎてびっくり」「感動した」の声
製作したお父さんに都市計画について伺いました!(資料提供有り)(2017/12/3)

フジテレビの看板番組「おかげでした」と「めちゃイケ」が来年終了と報道 フジ「現時点で申し上げられることはない」
視聴率の不振が理由とされています。(2017/11/3)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「伊豆大島」の取材をレポートする
感想「ブ○タモリでやってくれないかな、伊豆大島回」(2017/10/27)

これを処分しちゃうのは惜しすぎる……! 亡くなったおじいちゃんが作っていた「鉄道ジオラマ」に感動と称賛の声
おじいちゃんの鉄道模型への思いが感じられる最高の作品です。(2017/10/8)

「文字検索は面倒」も「人前での音声検索は恥ずかしい」が約7割 KDDIの音声操作に対する意識調査
KDDIは「日本人の音声操作に対する意識調査2017」の結果を発表。文字入力による検索は半数近くが「面倒」と回答するも、音声でのインターネット検索を人前で行うのは「恥ずかしい」が7割を超えている。(2017/10/5)

何これ → たーのしー! → 助けて → ありがとう → 返してよ! ニコニコ「けもフレ」1話公開日から激動を振り返る
静寂、賑わい、悲哀、歓喜、旺盛、怒り。あらゆる感情が駆け巡った8カ月間。(2017/9/28)

「けものフレンズ」のMステ再出演でネット上が大騒ぎ! オーイシおにいさん「涙で前が見えねぇえぇ!!!」
9月18日放送の「MUSIC STATION ウルトラFES 2017」に出演しました。(2017/9/18)

あの会社のこの商品:
酒飲みの相棒「ハイサワー」 成功の舞台裏
焼酎を割って飲む場合、かつては水かお湯しかなかった。しかし現在は、飲食店に行けば、焼酎をさまざまな割り材で割ったサワーが当たり前のように置かれるようになった。この新しい飲み方を広めたきっかけの1つが、博水社のハイサワーである。誕生から現在までの軌跡をお伝えする。(2017/9/14)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。