ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「TapFlow UI」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「TapFlow UI」に関する情報が集まったページです。

Mobile World Congress 2012:
防水・防塵の小型スマホや「XOOM」最新2モデルなどを展示――Motorola Mobility
Motorola Mobilityブースでは、外出先や水回りでアクティブに使えるスマートフォン「MOTOROLA DEFY MINI」や、ランニングやサイクリングのお供に使える「MOTOACTV」などの展示が目を引いた。(2012/3/1)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
光学式手ブレ補正が素晴らしい「AQUOS PHONE SH-01D」、でも“打率”に不満
シャープのスマートフォン「AQUOS PHONE SH-01D」は、光学式手ブレ補正対応の1210万画素CMOSカメラを備えるほか、裏面照射型CMOSセンサーを採用している。ブレずに高感度の写真を撮れるのか。さっそくチェックした。(2011/12/20)

写真で解説する「AQUOS PHONE IS13SH」
シャープ独自のメモリ液晶で常時時刻や電話・メールの着信が確認できるのが特徴の「AQUOS PHONE IS13SH」は、KDDIの日本向け機能満載スマートフォン「IS03」の後継機となるモデルだ。(2011/11/18)

写真で解説する「AQUOS PHONE SH-01D」
4.5インチHD液晶やデュアルコアCPU、防水性能を備えるなど、Xi非対応を除けば“ほぼ全部入り”ともいえるほどの機能向上を果たした「AQUOS PHONE SH-01D」。外観、省エネ機能、UIを中心にチェックした。(2011/10/21)

写真で見る「AQUOS PHONE 102SH」
ソフトバンク新機種の中でも高いスペックが目を引くシャープ製の「AQUOS PHONE 102SH」。発表会場では実機を操作できなかったので、外観をお伝えする。また、シャープ端末の新しい省エネアプリ「エコ技」の詳細も紹介する。(2011/9/30)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
スタンダードなスマホとしては十二分に使える――「INFOBAR A01」
各社の夏モデルの中でも注目を集めているiidaスマートフォン「INFOBAR A01」。デザインと機能のバランスの取れた同モデルだが、カメラはどうか。INFOBAR A01ならではの機能はあるのか。作例や使い勝手をチェックしていこう。(2011/8/9)

PR:防水スマホ「SH-13C」の“置くだけ充電”でライフスタイルが変わる!
世界初(※)のワイヤレス充電に対応した「AQUOS PHONE f SH-13C」。端末をワイヤレスチャージャーの上に乗せて充電できるSH-13Cは何が便利で、将来的に私たちの生活はどのように変わっていくのだろうか。ワイヤレス充電の仕組みと、その利便性を紹介しよう。(2011/8/5)

「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」の“ここ”が知りたい:
第3回 カメラ機能の実力は? 3Dは楽しめる?――「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」
007SHには1610万画素CCDのカメラが搭載されている。スマートフォン向けカメラとしてはトップクラスのスペックだが、その実力やいかに。また3D撮影はどのように操作するのか。(2011/7/29)

PR:遊びから仕事まで――「AQUOS PHONE IS12SH」の性能を引き出すTips22
シャープのau向け最新スマートフォン「AQUOS PHONE IS12SH」は、3D表示対応の高精細なQHD(540×960ピクセル)液晶やツインカメラなど、最先端の機能が詰め込まれたモデルだ。スペックの高さはもちろん、電話やメールなどスマートフォンとしても優秀。今回はIS12SHをフルに使いこなすためのTipsを集めた。(2011/6/29)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
PR:3D写真と動画が“普通に”撮れる――「AQUOS PHONE SH-12C」だからできる、3D撮影の楽しみ方
ツインカメラを搭載したことで本格的な3D撮影が可能になった、シャープの「AQUOS PHONE SH-12C」。これまでのケータイにはない新しいカメラ機能を楽しめる3D撮影だが、どうすれば立体的な写真を撮れるのか。また、どんな被写体が向いているのか。荻窪氏に「AQUOS PHONE SH-12C」を試してもらった。(2011/5/30)

フィーチャーフォンと需要は同じ:
“AQUOS PHONE”で心機一転、海外展開にも注力――シャープのスマートフォン戦略
2010年度はスマートフォンを200万台出荷し、国内の携帯電話出荷台数が6年連続1位と好調のシャープ。同社は夏モデルでスマートフォンのブランドに「AQUOS PHONE」をかかげ、ハイエンドから新機軸まで、幅広いモデルを展開していく。(2011/5/21)

ドコモ スマートフォン:
ワイヤレス充電「Qi」対応の防水Android――「AQUOS PHONE f SH-13C」
ワイヤレス充電規格「Qi」に準拠しており、充電器に接続することなく、専用の充電パッドに置くだけで簡単に充電ができるAndroidスマートフォンがシャープの「AQUOS PHONE f SH-13C」だ。防水・防塵性能も備える。(2011/5/16)

GALAXY S IIとXperia acroも登場:
Android 2.3、テザリング、Xiルーター、Windows 7ケータイ――ドコモ、2011年夏モデル24機種を発表
ドコモの夏商戦向けモデルが発表された。スマートフォン9機種、iモード端末12機種、データ端末3機種をそろえ、春モデルを含めると、ラインアップの半分をスマートフォンが占める。iモードとWindows 7の環境に両対応したモデルも投入する。(2011/5/16)

5月20日に発売:
ドコモ、Android 2.3+ツインカメラ搭載の「AQUOS PHONE SH-12C」を発表
Android 2.3搭載のシャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE SH-12C」がドコモから登場。5月20日に発売される。(2011/5/11)

シャープ、「IS05」専用のアドレス帳アプリを提供
「IS03」と同じUIを採用したアドレス帳アプリが、「IS05」向けに配信されている。(2011/4/22)

シャープ独自の進化も:
Android 2.2で何が変わる?――バージョンアップした「IS03」を試す
4月14日から、「IS03」のメジャーアップデートが開始された。Android 2.1から2.2へのOSバージョンアップに加え、基本操作や文字入力などでシャープ独自のアップデートも施されている。主な変更点をチェックした。(2011/4/14)

PR:エンタメ、SNS、実用ツール――「IS05」ユーザー必携の優良アプリ20選
スマートフォンは、アプリをダウンロードすることで、より楽しく便利に利用できる。IS05にプリインストールされているアプリから、au one MarketやAndroid マーケットで入手できるアプリまでを厳選して紹介しよう。(2011/3/22)

PR:“スマートフォンデビュー”する人にも最適――「IS05」の魅力を解剖する
シャープ製の「IS05」は、女性でも持ちやすいサイズとカラーが特徴のAndroidスマートフォンだ。コンパクトながらハイスペックで、動作も非常に機敏。赤外線通信やおサイフケータイといったおなじみの機能を搭載し、サイズと機能の絶妙なバランスが魅力となっている。(2011/3/11)

最新ケータイ徹底比較(スマートフォン2010年冬モデル編):
第4回 ホーム画面の操作性に優れたモデルは?――13機種+2アプリを比較
Android端末で必ず使うホーム画面は、各モデルの個性が大きく反映されたポイントの1つ。限りなく素のAndroidに近いものもあれば、メーカー独自のカスタマイズを施したものもある。今回はこのホーム画面の使い勝手を比べてみた。(2011/3/4)

QWERTYキー付きAndroid「GALAPAGOS 005SH」と計15色の「COLOR LIFE 2 002P」、2月25日発売
ソフトバンクのQWERTYキーボード付きAndroidスマートフォン「GALAPAGOS 005SH」と、計15色をラインアップしたエントリーモデル「COLOR LIFE 2 002P」が2月25日から販売される。(2011/2/23)

スマートフォンビュー Weekly Top10:
今、ITmediaスマートフォンビューで読まれている記事(1月31日〜2月6日)
アイティメディアID会員向けサービスとして提供している、スマートフォンのブラウザに最適化した表示ページ「ITmedia スマートフォンビュー」をご存じだろうか。スマートフォンからのみ閲覧できるこのページのアクセスランキングを集計した。(2011/2/7)

荻窪圭のケータイカメラでこう遊べ:
操作性は003SHのTapFlow UIが秀逸、画質はどう?――シャープのAndroid3機種を比較
ドコモ、au、ソフトバンク向けにAndroidスマートフォンを投入しているシャープ。「SH-03C」「IS03」「003SH」はいずれも約960万画素CCDのハイスペックなカメラを備えているが、これら3機種に違いはあるのだろうか。撮影時の操作性と画質をチェックした。(2011/2/4)

小さいだけじゃありません:
写真で解説する「IS05」
「IS05」の見た目は“小型化したIS03”だが、OSやCPU、ユーザーインタフェース、機能などで着実にバージョンアップが図られている。1月14日に開催されたタッチ&トライ会で実機に触れる機会を得たので、主な特徴をリポートしよう。(2011/1/14)

ITmediaスタッフが選ぶ、2010年の“注目ケータイ&トピック”(編集部田中編):
久々に覚えたワクワク感――Android普及の礎を築いた「Xperia」「GALAXY S」「IS03」
筆者の2010年は「スマートフォン一色」と言っても過言ではないほどスマートフォン(Android)に染まった。ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルいずれも魅力的なモデルを発売し、Android普及の礎を築いたといえる。中でも強く印象に残ったのは――。(2010/12/30)

写真で解説する「GALAPAGOS 003SH」(ソフトウェア編)
ソフトバンクのシャープ製Android第1号機として発売された「GALAPAGOS 003SH」は、ホーム画面やカメラ、アドレス帳などに独自のUIを採用している。そのあたりの使い勝手も含めて、中身を見ていこう。(2010/12/27)

ソフトバンク、3D液晶搭載の「GALAPAGOS 003SH」を12月17日に発売
ソフトバンクのシャープ製Android端末「GALAPAGOS 003SH」が12月17日から販売される。電子書籍が閲覧できる「ソフトバンク ブックストア」も同日にオープンする。(2010/12/10)

スマートフォンはデバイスで差別化、コンテンツは“GALAPAGOS”を訴求――シャープ
2010年度の冬春の商戦期に向けて、国内メーカー最多となる5台のスマートフォンを投入するシャープ。同社が目指すスマートフォン事業、そしてコンテンツプラットフォーム「GALAPAGOS」との関係とは。シャープの大畠氏が説明した。(2010/11/15)

3D液晶+9.6M CCDカメラ、日本独自機能も備えたAndroid端末「GALAPAGOS 003SH」
シャープがソフトバンク向けに提供するAndroid端末「GALAPAGOS 003SH」は、ワンセグやおサイフケータイなど、日本メーカーならではの機能を充実させたモデルだ。3D液晶や960万画素CCDカメラなどのハードウェアスペックにもこだわった。(2010/11/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。