ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「TensorFlow」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「TensorFlow」に関する情報が集まったページです。

TensorFlow 2+Keras(tf.keras)入門:
tf.kerasが終了 Keras 3がTensorFlowから独立し、マルチバックエンド復活!
TensorFlow+Kerasの最新情報として、Keras 3.0のリリースに伴い、TensorFlowから独立し、TensorFlow 2.16以降でKeras 3がデフォルトとなったことについて紹介します。また、Keras 3(TensorFlowバックエンド)での書き方や、今後のディープラーニングライブラリの選び方についても私見を示します。(2024/5/22)

仕事に役立つ「AI」資格10選【後編】
「AIの基本から応用」までをマスターできる“学習コース”5選
AI技術関連の認定資格を持っておくと、今後のビジネス開発やキャリア形成に役立つ可能性がある。AI関連の知識とスキルを習得できる学習プログラムを5つ紹介する。(2024/5/21)

Deep Insider's Eye 一色&かわさきの編集後記:
編集後記「どうする? どうなる? 解決!Python」と「何をもってPythonicなのか」
かわさきからは「どうする? どうなる? 解決!Python」というタイトルでPython TIPS連載の今後についてChatGPTに聞いてみて思ったことについて、一色からは「何をもってPythonicなのか」というタイトルで執筆中に感じていた“Pythonic”という説明に対する戸惑いを解消するまでの体験談について書きました。(2024/5/1)

組み込み開発ニュース:
モデルベース開発環境の最新版、衛星通信システム向けツールをアップデート
MathWorksは、モデルベース開発環境「MATLAB」「Simulink」の最新版「Release 2024a(R2024a)」を発表した。衛星通信システム向けの「Satellite Communications Toolbox」をアップデートし、シナリオのモデル化に対応した。(2024/4/30)

2024年夏頃登場予定:
Raspberry PiがAIカメラモジュール発売へ、ソニーのAI処理機能搭載センサー採用
英国Raspberry Piがソニーのインテリジェントビジョンセンサー「IMX500」を搭載したAIカメラモジュールの発売を予定していることが分かった。2024年夏頃の発売を予定しているという。(2024/4/11)

人工知能ニュース:
「マイコンでAI」は画像認識へ、Armが処理性能4TOPSの「Ethos-U85」を発表【訂正あり】
Armは、マイコンなどを用いた組み込み機器でエッジAIを可能にする第3世代NPU「Ethos-U85」を発表。第2世代の「Ethos-U65」と比べて4倍となる最大4TOPSのAI処理性能を実現し、リアルタイムでの画像認識も行えるとする。(2024/4/9)

無償セルフCVEスキャンレポートを提供中:
PR:出荷後の組込Linux製品のセキュリティ不安を解消する支援サービスとは?
組込みLinuxを使用した機器では、膨大な共通脆弱性識別子(CVE)への対応が迫られるなどセキュリティやメンテナンスの課題がある。課題に対処するリソースも問題だ。これらの課題を解決するサービスに大きな注目が集まっている。(2024/4/9)

半導体ベンダーAMDのAI戦略【中編】
「GPU」でも「APU」でも勝負 AMDが目指す“NVIDIAとの違い”
AI技術が台頭する中で一段と注目を集めるようになったのが、GPUを手掛けるプロセッサベンダーの動向だ。AMDはAI分野の動向をどう見ていて、どのようなプロセッサ製品を提供するのか。(2024/3/11)

大規模な生成AIモデルの台頭に対応:
「ONNX Runtime Web」でWebGPUによるブラウザ内機械学習の高速化が可能に
オープンソースでクロスプラットフォームの機械学習(ML)モデルアクセラレータ「ONNX Runtime」の「ONNX Runtime Web」機能において、WebGPUを用いてWebブラウザ内でのMLを高速化できるようになった。(2024/3/6)

「ビッグテックの一部が解体される」という予測も:
AI、Mojo、ブロックチェーン TechTargetが予測する「2024年に起こる5つの変化」とは
TechTargetは、「2024年のテクノロジー予測」に関する記事を公開した。「2024年はブロックチェーン、AI、反競争的活動、新しいプログラミング言語Mojoが見出しを飾ることになる」としている。(2024/2/29)

クラウドからエッジまで取り組む「AIコンティニュアム」を推進:
PR:「あらゆる環境でAIを」 インテルの“スケーラブルプロセッサ”は何が違う?
「AI Everywhere」を掲げ、生成AIに代表されるAIの利活用を支援するさまざまなソリューションを展開するのがインテルだ。2023年12月に記者会見を開き、新たに提供を開始した「第5世代インテル Xeonスケーラブルプロセッサ」をはじめとする製品群や、今後のロードマップを明らかにした。(2024/1/22)

米国特許商標庁から学ぶデジタル変革【後編】
数カ月を要した脆弱性対策をたった1日で――「遅い」を払拭した政府機関の改革
政府機関は腰が重い――。そのイメージを、米国特許商標庁(USPTO)はデジタル変革を通じて払拭した。具体的に何を変えたのか。組織面から成功のポイントを考える。(2024/1/19)

敵対的なテキスト操作に対する耐性が向上:
「Gmail」のスパムフィルターを大幅に強化したテキストベクタライザ「RETVec」 何がすごいのか?
Googleは、オープンソースの多言語テキストベクタライザ「RETVec」(Resilient & Efficient Text Vectorizer)を用いて「Gmail」の受信トレイの保護を大幅に強化した。(2023/12/7)

PR:AI開発・運用基盤構築の成功には何が必要か? OSSやハードウェアはどうする? 「Mr.GPU」に聞く
企業でのAI活用が本格化したことで、自社のAI基盤やセキュリティガバナンスをどう構築するかが課題になっている。AI基盤構築未経験の情報システム部門がこれらの環境整備を成功させるには何が必要なのだろうか。「Mr.GPU」に話を聞いた。(2023/11/29)

人工知能ニュース:
ArmがAI開発の促進に向け米国大手テック企業との戦略的パートナーシップを発表
Armは、AIのイノベーション促進とAIベースの体験実現を目指し、AMD、Intel、Meta、Microsoft、NVIDIA、Qualcomm Technologiesなど、テクノロジー業界の大手企業との戦略的パートナーシップを発表した。(2023/11/21)

大手クラウドはクラウド専用チップで戦う時代へ 各社がクラウド基盤に専用SoC、サーバにArm、AI処理に独自プロセッサを相次いで採用
AWS、Microsoft Azure、Google Cloudの3大クラウド事業者は本格的にクラウド専用チップで戦う時代に。各社におけるチップレベルの取り組みをまとめる。(2023/11/20)

メインフレームでもAI活用を効率化 watson.xで IBM
IBMは、IBM Z向けの新たなAI機能を提供すると発表した。同時に、IBM Machine Learning for z/OSや、最新のIBM z/OSによる高度なインテリジェンスと運用の改善についても発表した。(2023/10/11)

Googleエコシステムが生成AIと関連付く意味とは:
Google Cloud Nextカンファレンスから垣間見える「GoogleのAI計画」とは
2023年8月に開催さえたGoogle Cloud Nextでは多様なアップデートが発表された。その中でも注目なのが開発者向け生成AI「Duet AI」だ。(2023/10/3)

人工知能ニュース:
低消費電力のエッジAI向けプロセッサIPを発表、従来比で最大20倍高速化
Cadence Design Systemsは、次世代AI向けIPの「Cadence Neo Neural Processing Units」と、AIソフトウェアツールの「NeuroWeave SDK」を発表した。2023年12月初めに一般提供を開始する予定だ。(2023/9/26)

クラウド環境を動かすためのクレジットや、認定資格受験支援も:
PR:「求められる知識多過ぎ……」 マルチクラウド時代、Google Cloud の「自由に学べるプラットフォーム」のすごみとは
複数のクラウドを使い分けるマルチクラウド環境が広まる中で、エンジニアは複数のパブリック クラウドに関する知識はもちろん、それぞれのマネージド サービスに関する知識を求められる機会が増えつつある。エンジニアはどう学べばよいのか。クラウド初学者からスキルアップし、現在はアイレットでクラウド エンジニアとして活躍する廣山 豊氏に話を聞いた。(2023/9/6)

「AI」時代のキャリアとは【第4回】
これからの「AIエンジニア」に求められるスキルとは?
AI活用の中核を担うエンジニアは、コンピュータサイエンスやソフトウェア開発などのスキルを身に付けただけで満足してはいけない。これからのAIエンジニアに求められるスキルとは。(2023/8/31)

AIフレームワークへのハードウェア最適化が容易に:
GoogleとIntelが共同開発、Intel GPUでJAXモデルを高速化するPJRT API登場
GoogleはPJRTの初のプラグインPJRT APIをIntelと共同開発したことを発表した。PJRT APIを実装することでIntel GPU上でのJAXモデルの実行や、XLAアクセラレーションを使用したTensorFlowおよびPyTorchモデルの初期Intel GPUサポートも可能になる。(2023/6/22)

搭載モデルはまもなく登場:
x86初のAIプロセッサ「Ryzen AI」は何がスゴイのかAMDが説明 市場投入第1弾は「Razer Blade 14」
AMDが、Ryzen 7040シリーズのハイエンドに当たる「Ryzen 7040HSシリーズ」の説明会を開催した。同シリーズは全モデルに「Ryzen AI」というAIプロセッサを搭載しているが、どのような特徴を持っているのだろうか。説明会の内容をもとに解説する。(2023/6/15)

ほとんどのプログラムが無料:
生成AIを無料で学べる45分×10コースの入門講座、Google Cloudが公開
Google Cloudはトレーニングサービス「Google Cloud Skills Boost」で、7つの無料コースからなる新しい学習プログラム「生成AIラーニングパス」を追加した。2023年6月7日現在は、10のコースと1つのクエストがラインアップされている。(2023/6/9)

人工知能ニュース:
脳型AI半導体のBrainChipが第2世代IPを投入、エッジ活用に向け本格提案
脳の構造を模倣するニューロモーフィック技術を活用したAI半導体を手掛けるオーストラリアのBrainChipが、第2世代IPとして2023年9月のリリースを計画している「Akida 2.0」について説明した。(2023/6/6)

ひろゆきだけど何か質問ある? 再び(前編):
ChatGPTを使ってプログラミングすることが、当たり前になってくると思うんですよね #技育祭 #ひろゆき
論破王論破せず――ひろゆきは今年も、エンジニアを目指す学生たちの質問に、真摯(しんし)に誠実に答えまくった。(2023/5/22)

MLインフラの断片化を解決する取り組みの一環:
Google、MLハードウェアとフレームワークの統合を簡素化する「PJRT」を発表
Googleは、オープンソースの機械学習(ML)コンパイラエコシステム「OpenXLA」プロジェクトの一部として、「PJRT」をオープンソースとして公開した。PJRTは、MLハードウェアやMLフレームワークに依存しないMLコンパイラインタフェースやMLランタイムインタフェースを提供する。(2023/5/12)

Modularが2つの発表:
Pythonライクで高速な新言語「Mojo」が登場、何が魅力?
Modularは、開発中の次世代AIソフトウェア開発プラットフォームにおける2つの新しい技術的ブレークスルーを発表した。統合推論エンジン「Modular Inference Engine」と、Pythonの使いやすさとC言語のパフォーマンスを併せ持つ新プログラミング言語「Mojo」だ。(2023/5/11)

AI開発に挑戦したい! PC・ワークステーションは何を選ぶべき? 用途や目的別に解説
PCやワークステーションは、AI開発において推論だけでなく学習にも使われる。AIを活用した新たなプロダクトを開発することも可能で、エッジデバイス以上にさまざまな用途に使われる。その中から、特に代表的な製品を紹介する。(2023/5/9)

AWS Summit Tokyo:
「変・身!」 AWSで作った“変身ベルト”、実機で遊んでみた
男子のあこがれ・変身ベルト。AWSの展示会に行ったらなぜかあったので遊んできました。(2023/5/1)

Webで高性能3Dグラフィックスやデータ並列計算を実現:
「Chrome 113」β版で「WebGPU」が利用可能に JavaScriptの負荷軽減、機械学習モデル推論を3倍以上改善
Webブラウザ「Chrome 113」のβ版で、新しいWebグラフィックスAPI「WebGPU」が利用可能になった。(2023/4/12)

AI・機械学習のデータセット辞典:
GLUE:英語用の一般言語理解評価ベンチマーク
データセット「GLUE」について説明。英語で自然言語処理モデルの性能を評価するための標準ベンチマーク。英語文法の正しさ判定などの9つのタスク(CoLA/SST-2/MRPC/STS-B/QQP/MNLI/QNLI/RTE/WNLI)に対応するデータセットのコレクション。(2023/4/5)

embedded world 2023:
Cortex-M85搭載MCUでAI動作実演、23年中にリリース
ルネサス エレクトロニクスはドイツ・ニュルンベルクで開催された組み込み技術の展示会「embedded world 2023」(2023年3月14〜16日)に出展し、Armの「Cortex-M85」搭載マイコンによるAI(人工知能)実装デモを初公開した。(2023/3/23)

AIの開発シーンで生まれる悩みとは:
Googleらが共同開発、AI/機械学習を支援するオープンソース技術「OpenXLA」とは
AI/ML業界の多くの主要企業が共同開発しているオープンソースMLコンパイラエコシステム「OpenXLA」の利用と貢献が可能になった。(2023/3/15)

不便な状況を改善/簡略化:
「AIソフトウェアの標準規格が必要」 専門家らが語る
「AI(人工知能)ソフトウェアとその業界は非常に大きく、複雑になっている。その不便な状況を改善し簡略化するためには、標準規格が必要だ」――。これは米国EE Timesが開催したイベントにおいて、業界の企業幹部らが、発した重要なメッセージだ。(2023/3/9)

独自技術で高効率の推論を実現:
低消費電力MCU向けAIソフト開発キット、Ambiq Micro
Ambiq Microは、AIに焦点を当てた独自SDK(ソフトウェア開発キット)「Neural Spot」を提供する。超低消費電力サブスレッショルド/ニアスレッショルド技術を組み合わせることで、高効率の推論を実現するという。(2023/3/2)

新しいユーザー層を開拓する狙い:
マイコン用エッジAI開発環境、STがクラウド版を発表
STMicroelectronicsは、既存のオフライン版と並行して、機械学習開発環境「STM32Cube.AI」のクラウド版を発表した。同社は、クラウドアクセス可能なテスト用マイコンボードも提供するという。(2023/2/28)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第29回):
ベートーベンの楽曲に「三三七拍子」は入ってる? 音符36万個を学んだAIで調べる「Beethoven Beats」
ベートーベンの楽曲に三三七拍子のリズムは含まれているのか? ピアノソナタ13時間分を学んだAIで調べられるWebアプリ「Beethoven Beats」を使ってみた。(2023/1/27)

スプレッドシートでGoogleのAIが使える、公式の機械学習アドオン公開 欠損値の予測など可能
米Googleは、スプレッドシート上に機械学習を導入できるアドオン「Simple ML for Sheets」を発表した。プログラミングや機械学習の専門知識がない人でも、機械学習によるデータ欠損値の予測などを行えるという。(2022/12/8)

CPUからファウンドリーまでIntelの新構想【第3回】
「GPU」や「Intel Developer Cloud」でIntelは“みんなのIntel”になれるか?
データ量の増大や機械学習の普及といった変化に適応することは、ITの巨人Intelであっても容易ではなかった。こうした変化の中で同社が、ユーザーや開発者を引き付けるために打ち出すものは。(2022/12/6)

組み込み開発ニュース:
宇宙空間でのオンボードAI処理が可能な宇宙グレードSoCの信頼性評価を完了
AMDは、宇宙グレード「Versal」適応型SoCとして、「耐放射線XQR Versal AIコアXQRVC1902」を開発し、米軍仕様MIL-PRF-38535規格のクラスB信頼性評価を完了したと発表した。高帯域幅信号処理とAI推論を可能にする。(2022/11/30)

エッジAIの開発期間を短縮:
画像処理速度を4倍に、モデル圧縮とFPGA実装も自動化
沖電気工業(OKI)とOKIアイディエス、フランスMipsologyは2022年10月17日、AI(人工知能)による画像処理速度を従来比4倍に高速化する技術を発表した。3社は同日に記者説明会を開催し、同技術のデモを披露した。(2022/11/14)

Linuxの商用利用に求められるセキュリティと信頼性に応える:
PR:利用シーンが広がる「Ubuntu」 安心して活用するためのポイントとは
「CentOS」からの移行先、企業の基幹システムやAI、機械学習ソフトウェアの稼働環境として注目される「Ubuntu」。企業が安心してUbuntuを活用するために、セキュリティや運用面においてどういった対応が可能なのだろうか。(2022/11/2)

AI:
AIの画像処理速度を従来の4倍にする技術を開発、OKIとMipsology SAS
沖電気工業は、OKIアイディエスやMipsology SASとともに、OKI独自のAIモデル軽量化技術「PCAS」とMipsology SAS製のAI処理高速化プラットフォーム「Zebra」を連携することで、AIモデルに内在する不必要な演算を自動的に削減し、処理を高速化する技術を開発した。現在、新技術のサービス化を目的に研究開発を進めている。(2022/10/25)

NVIDIA A100をリーズナブルな月額固定で占有可能:
PR:クラウドの「重課金リスク」からユーザーを解放する、新しいGPUサービス
利用シーンの拡大により、需要がますます高まるGPUクラウド。少ない初期投資で、手軽かつ迅速に高性能なGPUを利用できる半面、計算量や利用時間に比例して右肩上がりに膨らんでしまうサービス利用コストは多くのユーザーにとって頭の痛い問題だ。研究・開発計画に大きな影響を及ぼしかねないこのコスト問題、どうすれば解決できるのだろうか。(2022/10/18)

ルネサス RZ/V2MA:
ビジョンAIアクセラレーター搭載MPU
ルネサス エレクトロニクスは、同社独自のビジョンAIアクセラレーター「DRP-AI」を搭載したMPU「RZ/V2MA」を発売した。1TOPS/Wクラスの消費電力でAI処理ができるほか、各種画像処理用にOpenCVアクセラレーターも内蔵する。(2022/10/13)

人工知能ニュース:
RISC-Vを使用した高信頼エッジAIプラットフォームの開発で協業
OTSLとNSITEXE、京都マイクロコンピュータ、アクセルは、エッジデバイス上で消費電力を抑えつつ安全にAI処理ができる「AI推論処理IP向け高信頼エッジAIプラットフォーム」を共同開発する。(2022/9/21)

Graphcore CEOに聞く:
クラウドAI特化のチップで手応え、超高知能AI開発も
2016年に設立された英スタートアップのGraphcoreは、データセンター/クラウドでの機械学習に特化したプロセッサIPU(Intelligence Processing Unit)の開発を手掛ける企業だ。同社のIPUは金融、医療、自動車、消費者向けインターネットサービスなど、さまざまな分野で導入されている。Graphcoreの共同設立者兼CEO(最高経営責任者)のNigel Toon氏に、Graphcoreのビジネスの現状や、次世代IPU、日本での戦略について聞いた。(2022/9/16)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第19回):
プログラミングせずAIをDIY! Webブラウザで動くGoogleの機械学習サービスを試す AIの出来栄えは?
プログラミングせずにAIモデルを作れる機械学習サービス「Teachable Machine」をGoogleが公開している。Webブラウザ上で動作するので、早速試してみた。果たしてAIの出来栄えやいかに?(2022/9/16)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第18回):
“AIが連想する”単語を当てる? 関連性が高いほど高得点 テトリス風の「単語消しゲーム」をプレイした
Googleがテトリス風のブロック消しゲーム「Semantris」を公開している。ブロックに書かれた英単語と関連する語句を入力するとブロックを消せる。関連性はAIが判定するため、“AIの考える”関連性の高い単語を入力する必要がある。(2022/9/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。