ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「徳川家康」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「徳川家康」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

モバクソ畑でつかまえて:
8年半の歴史に幕「戦国コレクション」の思い出と、大傑作だった“アニメ版”を振り返る
アニメ2期はまだですか……?(2019/4/3)

ヤンデレな軍神が情熱に舞う 舞台「イケメン戦国 THE STAGE 〜上杉謙信編〜」ゲネプロ&囲み取材
ゲネプロと囲み取材の様子を動画とともにお届け。(2019/2/21)

【マンガ】“日本で最初に花火を見た人”は徳川家康ではないかもしれない
「“家康説”が定説」とされることもあるようですが……。(2019/2/20)

「大人になる→改名」「出世する→改名」「出家→改名」 昔の人はどうしてコロコロ名前を変えたのか
現代では改名なんて大変なのに。(2019/2/4)

平成のうちに知りたい元号のこと:
改元は凶事の「リセット装置」だった? 意外に知らない元号の話(後編)
意外に知らない「元号」について豆知識を交えて紹介。後編となる今回は「改元」がなぜ行われるのか、改元にはどんな意味があるかを解説します。(2019/1/30)

藤原道長は「ふじわら『の』みちなが」なのに、足利尊氏は「あしかが『の』たかうじ」でないのはなぜか?
「の」って何? という疑問をまるっと解決。(2018/10/31)

なじみが良すぎる! タモリ、今度は“グラサン姿の吉良上野介”で「忠臣蔵」を熱演
違和感がないにもほどがある。(2018/10/30)

違和感どこいった! タモリ、グラサン姿の徳川家康が時代を超越したハマり役
タモリさん「(当時も)こんな人いたんじゃないですかね」。(2018/9/4)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ようやく発表されたトヨタとスズキの提携内容
ここ数年、トヨタはアライアンス戦略に余念がない。自動車メーカーやサプライヤーにとどまらず、IT業界やサービス産業、飲食業など異分野との協業関係を構築している。こうしたトヨタの変化に敏感に反応したのがスズキの鈴木修会長だった。(2018/5/28)

なぜ新潟や石川が「人口日本一」だったのか? 都道府県の人口推移から見る、日本近代化の歴史
地方が今よりずっと元気だった時代は19世紀にありました。(2018/4/22)

同人誌の印刷製本費を助成!? 名古屋市の制度、どんな同人誌が対象なのか市役所に聞いてみた
昭和44年にできた制度でした。(2018/4/4)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
製造業者に新たな事業機会を――ものづくりベンチャーとのマッチング事業(愛知県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第14回。愛知県豊田市の産業振興の取り組み「ものづくりベンチャーとのマッチング事業」を紹介する。(2018/3/8)

なぜ味噌を使ってしまったんだ 日本初の「八丁味噌コーラ」が2月23日発売
なぜ八丁味噌を使ってしまったんだ。(2018/2/21)

歴史における「天下統一」とは何を指しているのか?
何をしたら天下統一なの?(2017/12/20)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
「Made in Mt.Fuji」を世界に売る――ファルマバレープロジェクト(静岡県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第4回。富士山麓に広がる静岡県東部で進めている医療健康産業クラスター「ファルマバレープロジェクト」を紹介する。(2017/12/1)

本能寺の変、目的は室町幕府の再興だった? 明智光秀直筆の書状から分析
信長に追放されていた第15代将軍・足利義昭の帰還計画が書状から明らかに。(2017/9/12)

「おんな城主 直虎」第三十三話で“政次ロス”にかかる人が続出 「引きずってるわ」「軽く寝込んでた」
大河史上最高のラブシーンでした。(2017/8/21)

織田、伊達、徳川、坂本の名刀をモチーフにしたハサミ、支援募集 「鯰尾藤四郎」の独特な切先も再現
岐阜県関市の職人が、戦国武将、幕末の志士の愛刀をハサミに変身!(2017/8/12)

「故人名+死因」で検索すると…… Google先生の秘められた機能が話題に
実は結構前からある機能です。(2017/5/3)

舞台「HATTORI半蔵III」の衣装が「戦国BASARA」「刀剣乱舞」に酷似? 運営が謝罪&DVD化中止を発表
SNSで「他作品の衣装に酷似している疑惑」が持ち上がっていました。(2017/3/11)

刀剣男士が育児!? ミュージカル「『刀剣乱舞』〜三百年(みほとせ)の子守唄〜」が笑える泣ける興奮する!!
舞台写真&レポート、キャストコメントをお届けいたします。(2017/3/6)

“男”城主!? 直虎〜新史料に見る井伊の黒幕と黒歴史(後編)
新説の謎に迫る!(2017/2/24)

やはり猫侍は実在した? 戦国時代の“ミミズク兜”、「実は猫耳がモチーフ」と美術作家が新説提唱
新説が認められれば歴史的な大発見になるかもしれません。(2017/1/22)

こんなノリノリで胃腸の大切さを説かれたことない 養命酒をテーマにしたリズムゲームが謎の中毒性
Yo! May! Shu!(養命酒)(2017/1/4)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
ここまで「真田丸」が人気になった理由
今年の大河ドラマ『真田丸』は視聴率も好調、信州上田のドラマ館は過去最高の来場者数を記録するなど、大きな人気を博しました。ここまでヒットした理由は何だったのでしょうか?(2016/12/10)

「真田丸」振り返り4コマ(11月27日放送分『反撃』)
我らの真田丸があああああああ……!(2016/11/29)

ねっと部:
「刀剣乱舞」に続き「逃げ恥」に便乗 徳川美術館のTwitterが「聞く恥」 “素朴な疑問”大歓迎
徳川美術館の公式Twitterアカウントが「とうらぶ」に続き「逃げ恥」に便乗。(2016/11/21)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
奥さんにしたい真田丸のキャラは……?
大河ドラマ『真田丸』もいよいよ大詰め。今回はドラマに登場したキャラクターの魅力をテーマ別に語ります。(2016/11/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
歴史と経営をハイブリッドに活用し現代の経営やビジネスに生かす
名将とは、優れたリーダー。人それぞれの状況の中で、存続や生き残りをかけて全身全霊を尽くしサバイバルしてきた。彼らの生きざまを現代のビジネスにどう生かすか。(2016/11/17)

家康「ウゥア゛ーッ!(ドガシャア)」 NHK、村上新悟さんによる「直江状朗読完全版」をサイトで公開
「煽り技術検定1級」と話題になったアレがフルバージョンで。(2016/11/13)

スマホ向け乙女ゲー「イケメン戦国」のアニメ化が決定 杉田智和、鳥海浩輔、武内駿輔など11人の声優が出演
時をかける恋……!(照)(2016/11/5)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
豊臣方に学ぶ、だからダメな組織は滅びる
大坂の陣で豊臣方はなぜ負けたのでしょうか。いろいろな理由が考えられるでしょうが、そのうちの1つには組織の問題があったのではないでしょうか。(2016/11/5)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
父・家康とは対照的 側室は一人もいなかった徳川秀忠はマジメ?
偉大な父親、徳川家康の陰であまり目立たない存在だった2代将軍・徳川秀忠。一人の側室も持たず、マジメキャラのイメージがありますが、実際には……?(2016/10/22)

東軍・西軍に分かれて戦うチャンバラ大合戦が関ヶ原で開催 小早川秀秋の裏切りも(多分)あるよ!
10月23日から。(2016/10/17)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
辛い営業マンさながらの板挟みにあった片桐且元の真意は……
豊臣家の事務方として秀吉や秀頼に尽くした片桐且元ですが、最後は徳川方へ奔走してしまいました。且元の真意はいかなるものだったのでしょうか……?(2016/10/15)

故障中のロッカーに「只今戦場に出陣候 暫く帰還しませぬ」 関ケ原の「戦国武将ロッカー」誕生の経緯を聞いた
戦国好きにはたまらない。(2016/9/24)

なんて読む? 日本の珍地名「小県郡」
(2016/9/19)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
“超高速関ヶ原”の裏では何があったのか?
戦国時代のラストを飾る天下分け目の大合戦が「関ヶ原の戦い」です。その関ヶ原を『真田丸』ではたった1分弱で終わらせたことが話題になっています。そのとき一体何があったのでしょうか……?(2016/9/17)

さらに赤くなった! 信繁のヒゲもりりしい「真田丸」大坂の陣編ポスタービジュアル公開 
「諦め」ではない、「覚悟」を決めた信繁の表情。(2016/9/16)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
大酒飲みの福島正則、酒の失態で天下三名槍を失う
加藤清正とともに幼少のころから豊臣秀吉に仕えた福島正則。その豪傑ぶりは時として大きな失敗も引き起こしました。(2016/9/3)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
徳川家臣団に嫌われながらも家康に尽くした本多正信の素顔
徳川家康の幼なじみであり、参謀として知られる本多正信ですが、一度は家康と敵対し、徳川家を離れました。それが正信のその後の人生において大きなターニングポイントとなったのです。(2016/8/27)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
島流しもへっちゃら!? 健康食品を食べて南の島で長生きした宇喜多秀家
関ヶ原の戦いで西軍の主力部隊として奮闘した宇喜多秀家は、後に八丈島へ流されました。そこでの暮らしぶりはどうだったのでしょうか?(2016/8/20)

司馬遼太郎の名作「関ヶ原」 岡田准一、有村架純、役所広司らで映画化決定!
映画作品としては初となる、とある国宝級の歴史的建造物を用いた撮影も!(2016/8/10)

タヌキの家康にカッパなザビエル 日本の歴史で遊んで学ぶ「戦国鳥獣戯画」が10月放送開始
鳥獣戯画ネタもここまできた。(2016/8/9)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
4度も姿を変えた伏見城、最後はバラバラに……
「幻の城」と呼ばれてきた伏見城。豊臣秀吉の隠居用屋敷として建てられて以来、何度も場所や作りを変えた珍しい城です。そして最後はバラバラに解体されるという運命に……。(2016/8/6)

ついに来た! 「刀剣乱舞」テレビ新CMでオリジナル刀剣男士に内野“鬼切り聖陽”と栗原“猫目石吾郎”顕現
聖陽起用するなんてずるいっ!(2016/8/5)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
これぞ武士! 知将・大谷吉継と家臣との感動秘話
豊臣家きっての知将だった大谷吉継。関ヶ原の戦いで命を落としてしまうのですが、吉継には感動的な逸話がたくさんあります。(2016/7/30)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
人気うなぎ登り! 石田三成は豊臣家の学級委員長キャラ
滋賀県とのコラボCMや三成タクシーなど、今ブームが巻き起こっている戦国武将が石田三成です。これまで長らく虐げられていた三成でしたが、実に優秀な人物でした。(2016/7/23)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
汚名返上を願う! 豊臣秀次は地元に愛される名君だった
豊臣秀吉の怒りを買い、28歳の若さで亡くなった豊臣秀次。“殺生関白”というあだ名が付けられるなど、これまで悪名高いイメージがありましたが、実は地元・近江の人々からは今なお慕われている名君なのです。(2016/7/16)

あなたの知らないプリンタの世界:
日本人の“常識”が変わった? 人が行き交う駅の床に貼られた「フロア広告」の秘密
駅やショッピングモールで見る機会が増えてきた、床面に貼られた広告や誘導サイン。日本で普及し始めたのはこの20年ほどのことです。広がる過程で私たちの「常識」にも意外な変化が……?(2016/6/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。