ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「百貨店」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「百貨店」に関する情報が集まったページです。

「京王百貨店 新宿店」3月にリニューアルが完了 どう変わる?
京王百貨店新宿店は、4・6・7階に11店舗を新規オープン、約30店舗をリニューアルオープンする。(2024/2/20)

体重105キロの吉本芸人、“基準値オーバー”だらけの健診結果さらし「この世に未練ない」 前回より大幅悪化に「病気のデパート」「生きて」
まずは痩せよう。(2024/2/9)

エキゾチックで美しいチョコレート「ジャミーラ」 2月14日まで全国の百貨店とオンラインショップで期間限定販売
売り切れ次第、販売終了です。(2024/1/17)

“人気ブランド”のバッグを店頭で販売→実は「コピー品」だった 東急百貨店など「不適切販売」を謝罪
東急では1カ月間販売。(2023/12/31)

東急百貨店のkintone活用術 "紙だらけ"の業務をどう変革したか?
紙ベースの顧客管理を行っていた東急百貨店がkintoneを使ったDXを実施。「顧客データのデジタル管理」「新サービスのリリース」「社内教育の徹底」を実現した。(2023/12/19)

小売・流通アナリストの視点:
本当の「消費」といえるのか? 大手百貨店の増収増益を手放しで賞賛できないワケ
物価上昇に多くの消費者が苦労している一方、好調を報じられているのが百貨店業界だ。長年、売り上げの右肩下がりが続き、構造不況業種ともいわれていた上に、コロナ禍で甚大なダメージを受けた百貨店業界。本当に回復期を迎えているのか、その現状を見てみよう。(2023/12/13)

かわいすぎる肉球ポーチも! 猫好きが企画したチョコブランド「ねこみゃみれ」からバレンタイン商品登場
新商品が加わり今回は全9種! 対象の全国百貨店、量販店では2024年1月から順次販売。(2023/12/10)

「IKEBUKUROパン祭」に日本各地から約600種のパンが集結 11月23日から東武百貨店で
16店舗が初出店。限定品も見逃せない。(2023/11/22)

ペットの食卓はぜいたくに:
阪神百貨店で5000円超 百貨店が犬用ケーキを発売
阪急阪神百貨店は15日、犬用の冷凍ケーキを販売すると発表した。(2023/11/16)

ドラえもんが川を流れてる!? ぬいぐるみの不穏な光景が「シュールで好き」「未来デパートに連絡しないと」と話題に
劇場版でちょくちょくあるピンチのくだりだ……。(2023/11/8)

阪神優勝でも阪急百貨店はセールをやらない、なぜ?
エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングは、阪神が38年ぶりの日本一を達成した場合、傘下の阪神百貨店やスーパーで感謝セールを予定する。一方で、傘下の阪急百貨店ではセールを行わない方針だ。(2023/11/3)

持続可能な街作り:
行政に任せるな 伝説の経営者に聞く「寂れた街の再生術」
熱海の「ホテルニューアカオ」や「寺田倉庫」、「台湾のコングロマリット企業2社の百貨店部門」の経営改革を手掛け、「伝説の経営者」とも呼ばれるACAO代表取締役・CEOの中野善壽さんに、民間主導の地方創生について聞いた。(2023/10/28)

小売・流通アナリストの視点:
そごう・西武は「対岸の火事」ではない 61年ぶりのストライキから学ぶべきこと
8月31日、西武池袋店はストライキにより臨時休業となり、百貨店業界では61年ぶりのスト実行として話題となった。労使協調が一般的となった日本で、なぜ大手百貨店のストライキは行われたのか。そして、このストライキからビジネスパーソンが考えるべきこととは?(2023/10/12)

Marketing Dive:
崖っぷちブランドが生まれ変わるために下した「他社のマーケティング戦略に追随しない」という決断
再起を図る米老舗百貨店が、包括性とコミュニティーを重視する新たな「Make It Count(今を大切に)」というブランドメッセージを届けるために大きな投資をしている。同キャンペーンの手法は他社のやり方とは一線を画するものだと、責任者は語る。(2023/9/28)

Marketing Dive:
破綻した老舗百貨店が再起をかけた“10億ドル”デジタルキャンペーンの中身
経営破綻した米百貨店チェーンJ.C. Penneyが新たに展開する「Make It Count」キャンペーンは、包括性とコミュニティー重視の姿勢を強化することを目的としている。(2023/9/26)

大丸松坂屋の高級冷凍食品「サブスク」 中身が「分からない」のに好評なヒミツ
半分までは箱の中身が明かされているものの、残り半分はわからない──そんな冷凍食品サブスクを老舗百貨店大丸松坂屋が5月にスタートした。サービス名は「ラクリッチ」。なぜリアル店舗を持つ百貨店がECに乗り出したのだろうか。(2023/9/26)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
西武池袋ストライキから憂う「賃金が下がり続けた先進国」の未来
8月31日、そごう・西武の労働組合が、国内百貨店では61年ぶりのストライキを実施した。昔は珍しいものではなかったストライキが減りゆく間、日本はどのように変わってきたのか。そしてストライキとは何のためにあるのか。河合薫氏が解説します。(2023/9/8)

阪急百貨店の「スイーツ移動販売」 走るデパ地下はどこへ?
コロナ禍を機に、リアル店舗のあり方が見直されるなか、百貨店も新たな取り組みに動き始めている。大店を構えて顧客の来店を待つ営業スタイルが百貨店事業の基本だが、店外に新たなマーケットを求めたビジネスが話題を集めている。(2023/9/7)

「冷凍おせち」強化で“アウェー”首都圏取りなるか 「大丸・松坂屋」正月商戦の今
おせちの予約商戦が本格化する中、大丸松坂屋百貨店が「冷凍おせち」の販売を強化中。関西圏での販売が多くを占める同社にとって、配送エリアを問わない冷凍おせちは、首都圏で存在感を高める大きな武器となる。(2023/9/2)

ニコ動、そごう・西武ストライキを生中継 店舗前活動を定点観測
百貨店大手のそごう・西武の労働組合がストライキを実施している件を巡り、ドワンゴは臨時休業している西部池袋本店前の様子をニコニコ動画で生放送している。(2023/8/31)

親会社の株式譲渡に反発:
「池袋に百貨店を残そう」──「そごう・西武」労組がスト実施 駅前で雇用維持訴え
そごう・西武の労働組合がストライキを実施。これに伴い池袋本店が全館臨時休館となった。本店がある池袋駅前では、組合員がビラを配布し、ストライキに理解を求めた。(2023/8/31)

一部で広告掲載NGも:
おせちの「数の子、いくら、サーモン」はどうなる? 百貨店がロシア産の扱いに苦慮 でも「使わないと成立しない」
「おせち料理」の予約商戦が本格化する中、ウクライナ戦争の影響でロシア産食材を使った商品の場合、広告掲載NGになるケースが発生しているという。ただ、「使わないと商品が成立しない」として、百貨店側が対応に苦慮している。(2023/9/3)

そごう・西武、池袋本店を臨時休業へ 労組のスト決行受け ECサイトへの影響は?
百貨店大手のそごう・西武は8月30日、同社の労働組合がストライキを決行するのに伴い、店舗を臨時休業すると発表した。同店は31日臨時休業となる一方、同社が運営するオンラインショップ「西武・そごうのe.デパート」の取り扱いはどうなるか。同社に聞いた。(2023/8/30)

そごう・西武、ストでも止められない百貨店売却 「伝家の宝刀」威力に限界
百貨店そごう・西武の労働組合は主力の西武池袋本店で31日にストライキを実施すると予告通知したが、親会社のセブン&アイ・ホールディングスが今月末にそごう・西武の売却決議を強行した場合、制止するのは難しい情勢だ。(2023/8/29)

西武池袋店がストライキ通知:
池袋の「顔」どうなる? セブンの売却計画に労組反発 交渉決裂なら長期化も
大手百貨店で61年ぶりのストライキに突入か。そごう・西武の米投資ファンドへの売却計画に反発する従業員の労働組合が、経営側にストの実施を予告通知した。親会社セブン&アイ・ホールディングスとの交渉が決裂すれば、31日に西武池袋本店(東京都豊島区)で実施する。(2023/8/29)

「甲子園球場(パワーを送る方向)はこちらです」 決勝進出の仙台育英を応援する地元百貨店の張り紙がすてき
地元を挙げて応援しています。(2023/8/22)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
メタバース&XRをまだ諦めない 有名百貨店やインフルエンサーが見せる本気の取り組み
デジタルマーケティングやCXに関する気になるニュースを最近のリリースからピックアップして紹介する。今週は、DNPのメタバースとTikTokを連動させたプロモーションなどに注目。(2023/8/4)

小売・流通アナリストの視点:
地方百貨店の苦境は「仕方ない」こと? 住民の生活を脅かす“大問題”が潜んでいる
2極化が進んでいる大手百貨店と地方百貨店。また1つ百貨店がない県が増えるなど、厳しい状況が続いている。ぜ地方百貨店がなくなるのか、本当の要因をデータで詳細に分析してみた。(2023/8/3)

注目店が集まる:
「大丸京都店」8階レストランフロアを49年ぶり全面改装 ミシュラン掲載店など8店舗
大丸松坂屋百貨店は、大丸京都店で全面改装中の8階レストランフロアを9月29日にオープンする。8階フロアの全面改装は、1974年11月のレストランフロアオープン以来、49年ぶり。さまざまなジャンルの注目店をそろえる。(2023/7/7)

“うなぎのタレだけ”でごはんがすすむ 百貨店でうなぎのないタレだけ弁当を販売
タレがメイン。(2023/7/1)

11店舗で販売:
東武船橋で「ふなっしーコラボ」開催 昨年1万6000個も売れた人気企画
東武百貨店船橋店では、地下1階食品フロアで「ふなっしーコラボFOODS」を11店舗で販売する。(2023/6/14)

なんとバブル越え:
百貨店は終焉か、あるいは復活か
われわれ世代が昔から感じていた、「特別なハレの場としての百貨店」というイメージは、もはやなくなってしまうのだろうか。(2023/6/4)

マーケット縮小:
「お中元離れ」の時代 百貨店が急ピッチで進める、新たな戦い方とは?
お中元の季節が近づいてきた。百貨店各社は今年イチ押しの商品ラインアップを公開し、早くも商戦がスタートしている。一方で、昨今は若者を中心に「お中元離れ」が叫ばれて久しい。マーケットの縮小が年々加速していく中、百貨店各社は、従来と異なる戦い方を展開し始めている。(2023/6/5)

5月31日から:
近鉄百貨店、新たな「ミャクミャク」公式グッズ販売 万博機運を盛り上げ
近鉄百貨店は「2025年日本国際博覧会」(大阪・関西万博)の公式キャラクター「ミャクミャク」を使用した「公式ライセンス商品」の新商品を、同百貨店7店舗(あべのハルカス近鉄本店、上本町店、奈良店、橿原店、和歌山店、四日市店、草津店)で5月31日から販売する。開幕まで2年を切る中、新たなグッズで万博機運を盛り上げる。(2023/5/31)

コレクション需要高く:
約41万円 今秋引退の「特急ロマンスカー・VSE」純金記念小判 小田急百貨店が発売
小田急百貨店は、今秋引退を予定する小田急電鉄の特急ロマンスカー・VSE(50000形)をデザインしたオリジナル純金小判「ありがとうVSE!純金記念小判」の販売を始めた。金価格の高騰傾向が続くなか、金製品のコレクションとしても訴求する。(2023/5/24)

小寺信良のIT大作戦:
「書店ゼロ」の市町村増加 “動画全盛”で、子どもの国語力はどうなる?
筆者は1981年まで宮崎県宮崎市に住んでいたが、市内に本屋はかなり多かったように思う。上京後、2019年に宮崎市へ戻り、37年ぶりの変化を楽しみつつ暮らしているところだが、当時あった本屋はことごとく存在しない。4つあったデパートのうち3つが撤退しており、街の様相も相当変わってしまっている。(2023/5/18)

コースは3種類:
大丸松坂屋が「食のサブスク」に参入 月額6500円から、デパ地下クオリティーの冷凍食品を毎月宅配
大丸松坂屋百貨店が「食のサブスク」に参入する。月額6500円から、毎月「デパ地下クオリティー」の冷凍食品を宅配するという。(2023/5/16)

純喫茶のメロンソーダが登場:
昭和アイドル風に撮影! 東武百貨店 池袋本店で「昭和レトロな世界展」
東武百貨店 池袋本店は、「昭和レトロな世界展」を5月18〜23日に開催する。(2023/5/13)

冬の時代続く:
「ここじゃ買えんの?」 地方百貨店のEC戦略が残念な結果になってしまった理由
コロナ禍もあり、全国各地で商業施設の閉店が相次ぐ昨今。そうしたなか、2022年春にひっそりと閉店したデパートがある。その名も「ストライプデパートメント」。「そんなデパートは聞いたことがない」という人がほとんどだろう。しかし、このストライプデパートメントの閉店は、全国各地の地方百貨店に大きな影響を及ぼすものとなった。(2023/5/4)

地域によって違い:
直近1年間に行ったことがある百貨店 2位「大丸」、1位は?
百貨店の売り上げは減少傾向という報道をよく耳にするが、消費者はどの百貨店に足を運んでいるのだろうか。全国の男女に聞いた。(2023/4/21)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
イトーヨーカドーを大量閉鎖するのに、セブン&アイが「史上初」の年間売上10兆円を達成したワケ
セブン&アイ・ホールディングスが決算を発表し、国内小売で初の売り上げ10兆円が大きな話題となった。グループのイトーヨーカドーで大量閉店を発表するなど、スーパー・百貨店事業は大幅なマイナス成長なのに、なぜ大記録を達成できたのか。(2023/4/14)

Supply Chain Dive:
経営危機の百貨店が「フッ軽」化で急回復 CEOの狙いは
売上、利益率が悪化した百貨店が在庫管理の方法を改革して業績を回復させている。在庫管理の方法見直しが奏功したというが、その方法は。(2023/4/11)

24卒の採用数を増やす業界、減らす業界 最も「増やす」のは?
2024年卒学生の採用数を増やす割合が高いのは「百貨店・ストア、流通」──就活情報サイトを運営する学情が実施した調査で、そんな結果が出た。(2023/4/5)

日本のリアル産業を救う“エッジAI最前線”:
「百貨店の利用者は中高年ばかり」は思い込み? そごう・西武がAIカメラで発見した意外な利用客
そごう・西武では、エッジAIカメラを使って客層の解析を進めている。そこで見えたのは、若い世代の来店率が予想以上に高いことだった。データを基に進めた新たな取り組みとは。(2023/3/9)

小売・流通アナリストの視点:
渋谷・新宿・池袋で起きる異変──なぜ「電鉄系百貨店」だけが消えるのか?
渋谷・新宿・池袋から、東急や西武、小田急などいわゆる「電鉄系」の百貨店が消えつつある。一方、過去最高の売り上げを更新する見込みの三越伊勢丹新宿本店を筆頭に、「呉服系」の百貨店はそれほどの苦境には立たされていない。なぜ、電鉄系百貨店だけが消えるのか? 渋谷・新宿・池袋で何が起きているのか? 小売・流通アナリストが解説する。(2023/2/28)

大丸松坂屋カード SBI証券と提携、「カンタンつみたて投資」開始
 大丸松坂屋百貨店は2月13日、大丸松坂屋カードを発行するJFRカードがSBI証券と提携し金融商品仲介業務を開始すると発表した。同日より、大丸松坂屋カードで投資信託の積立買付ができる「カンタンつみたて投資」を開始する。(2023/2/16)

都内最大級の売り場面積:
大創産業、東武百貨店池袋に「DAISO」「Standard Products」「THREEPPY」をワンフロアに出店 特徴は?
大創産業、東武百貨店池袋に「DAISO」「Standard Products」「THREEPPY」をワンフロアに出店。特徴は?(2023/2/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「バス共同経営」の熊本県でMaaSアプリサービス開始 まるで公共交通問題のデパートだ
前回、ドイツ発祥の公共交通施策「運輸連合」と熊本県における路線バス「共同経営推進室」を紹介した。その後、熊本県はMaaSアプリ「my route」のサービスを開始すると発表。熊本市が先行したけれども、時を置かず他の都市でも同様の計画が立ち上がっていた。(2023/2/4)

スピン経済の歩き方:
百貨店はこのまま消えてしまうのか 「いや、復活できる」これだけの理由
百貨店が苦しんでいる。新型コロナに伴う行動規制が緩和されたことによって、どん底からは浮上しているわけだが、楽観できる状況ではない。百貨店が生き残るためには、どういった手を打てばいいのだろうか。幅広い層を狙うのではなく……。(2023/1/31)

予想以上の行列:
無人店舗で「化粧品のサンプル」を配ったらどうなったのか 東急百貨店で試した
東急百貨店は、日立製作所が開発した無人小型店舗サービス「CO-URIBA」(コウリバ)を使った実証実験を渋谷の3店舗で展開した。同店舗では顔認証決済に加え、利用者の行動履歴の収集もできる。商品を購入した顧客に対し、コウリバでサンプルを配布したところ……?(2023/1/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。