ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「百貨店」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「百貨店」に関する情報が集まったページです。

仕掛け人を直撃:
増え続ける「ガシャポンのデパート」 仕掛け人が語った「第4次カプセルトイブーム」の実像
バンダイナムコアミューズメントが運営するカプセルトイ専門店「ガシャポンのデパート」が急増している。運営の実態はどうなっているのか。「第4次カプセルトイブーム」について担当者に話を聞いた。(2021/7/22)

Microsoft Focus:
小売りDXにMSが本腰 「Microsoft Cloud for Retail」から三越伊勢丹の“24時間型VRデパート”まで、支援に生かす“強み”とは
小売業界に特化したクラウドソリューション「Microsoft Cloud for Retail」を発表したMicrosoftが、世界規模で小売り向けの戦略を強化している。消費者向けのデジタル施策から在庫管理の効率化といった多様なニーズにソリューションで応える他、国内外の小売企業と個別にタッグを組んでDXを進める背景には、Microsoftが小売業だからこそ押し出したい強みがあるという。(2021/7/21)

仕掛け人を直撃:
急増する「ガシャポンのデパート」 売り上げ目標2倍を達成した“うれしい誤算”とは
バンダイナムコアミューズメントが運営するカプセルトイ専門店「ガシャポンのデパート」が増えている。2020年8月に1号店がオープンしてから28店舗まで増えた。どういった点が支持されているのか。(2021/7/21)

小田急百貨店、新宿店本館の営業を2022年9月で終了へ 50年以上親しまれた新宿西口のランドマークが消える
西口の再開発に伴うもので、跡地には今後、地上48階の超高層ビルが建つ予定。(2021/7/16)

再開発で:
小田急百貨店の新宿店本館、22年9月末に営業終了 西口の象徴、半世紀で解体
小田急百貨店は、2022年9月末に新宿店本館の営業を終了する。新宿駅西口地区の再開発に伴い、建物を解体。10月以降、新宿店は新宿西口ハルクで営業を継続する。(2021/7/16)

売り場面積1200平方メートル:
家具インテリアの匠大塚 7月22日に東武百貨店池袋本店でオープン
匠大塚は7月22日、東武百貨店池袋本店に、「匠大塚 池袋東武店」をオープンする。完成イメージは?どのようなブランドの家具が置かれるのだろうか?(2021/7/1)

21年3〜5月期:
高島屋、純損失13億円 臨時休業とインバウンド消失で打撃、“百貨店再生”急務
高島屋が2022年2月期第1四半期(21年3〜5月)連結業績を発表。純損益が13億円の赤字だった。主力の百貨店事業の立て直しが急務だ。(2021/6/25)

全国百貨店の売り上げ1824億円減:
東武百貨店、希望退職者200人募集 22年以降の黒字化目指す
東武百貨店が24日、200人の希望退職者を募集した。コロナ禍で減収が目立ち、22年の黒字化を目標に事業構造改革を進めていくという。(2021/6/25)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
ICTでイノベーションをドライブし、元気で活気ある会社を創造する――三越伊勢丹システム・ソリューションズ 箕輪康浩社長
「お客さまの暮らしを豊かにする、“特別な”百貨店を中核とした小売グループ」を目指す三越伊勢丹グループ。IMSでは、グループ全体の構造改革を、IT分野でリードしていくことを目指している。(2021/6/10)

「フェムテック」って何? 女性特有の不便・不調を技術で解決
生理や妊娠、更年期障害など、女性特有の健康課題や不便さを技術で解決することを目指す「フェムテック」が注目されている。有名百貨店が催事を開くなどで注目度がアップ。予備軍(子供)を含めたターゲットは単純に人口の半数に及び、マーケットとしてのポテンシャルも大きい。(2021/6/7)

「番号札もらうのためらう」「BAさんの化粧をじっと見てしまう」 デパートでの楽しい体験を思い出す“デパコスあるある”に共感
思わずうなずいてしまう。(2021/5/20)

東急百貨店渋谷本店が解体へ 2023年春以降、再開発の一環で
渋谷の景色が変わりそう。(2021/5/13)

ネット販売・サブスクはまだ:
緊急事態宣言で苦境の百貨店 各地で閉店相次ぐ
今回の緊急事態宣言の発令で休業要請の対象となった百貨店は、新型コロナウイルス禍による苦境が拡大しそうだ。地方の百貨店はとくに苦しく、全国では百貨店の閉店が相次いでいる。,(2021/4/25)

線引き不明確:
緊急事態宣言で、百貨店やテーマパークから困惑の声
新型コロナウイルス対策に伴う東京など4都府県への緊急事態宣言で、休業要請の対象となった百貨店やテーマパークなどからは、慌ただしい決定に困惑の声が相次いでいる。(2021/4/24)

不動産市場で進むアナリティクスの活用【後編】
「不動産テック」がもたらす“脱・百貨店ビジネス”とコロナ時代のオフィス
コロナ禍やEコマースへのシフトで小売店舗の在り方が問われている。ピンチをチャンスに変えるための鍵となるのが、アナリティクスの活用だ。(2021/4/16)

甲府で撤去:
消えゆく「曲がるエスカレーター」、“バブルの遺物”あと30基
閉店した甲府市の山交百貨店の建物を引き継いだ家電量販店、ヨドバシカメラが、名物だった曲がって進む「スパイラルエスカレーター」を撤去していたことが12日、関係者への取材で分かった。「バブルの遺物」とされるスパイラルエスカレーターは国内では新規設置が少なく、減少が続いている。(2021/4/12)

NEWS
NTTデータ、鉄道業界向けERPを提供 多角化経営に特有の財務管理の課題を解決
NTTデータは、鉄道事業者向けのERP「Biz∫(ビズインテグラル)鉄道ソリューション」を提供する。ホテルや百貨店など多岐にわたって事業展開する鉄道業界ならではの課題や規則に特化した機能を搭載している。(2021/4/9)

利用頻度は大幅減:
「百貨店、ほとんど行かない」46.1% 魅力と不満は?
新型コロナの感染拡大を受けて、百貨店業界は大きなダメージを受けているが、消費者はどのくらいの頻度で利用しているのか。(2021/3/28)

水戸駅「常磐街道味めぐり」(1500円)〜京王百貨店新宿店・第56回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会3
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは水戸駅「常磐街道味めぐり」(1500円)です。(2021/3/21)

長岡駅「越後ニャがおかあふれ海鮮かんぴょう巻き寿司」(1180円)〜京王百貨店新宿店・第56回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会2
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは長岡駅「越後ニャがおかあふれ海鮮かんぴょう巻き寿司」(1180円)です。(2021/3/19)

加賀温泉駅「のどぐろと香箱蟹と甘えびの三昧弁当」(1480円)〜京王百貨店新宿店・第56回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは加賀温泉駅「のどぐろと香箱蟹と甘えびの三昧弁当」(1480円)です。(2021/3/18)

化粧品など販売:
バーチャル空間に「伊勢丹新宿本店」超リアル再現 「新時代の百貨店」目指す
三越伊勢丹HDが、バーチャル空間で買い物ができるサービス「REV WORLDS」(β版)を開始。バーチャル空間に「伊勢丹新宿本店」を再現した。(2021/3/16)

コロナ禍でサブスクに勢い 大丸松坂屋が百貨店初の婦人服 ビールや自動車も利用者急増
新型コロナウイルス感染拡大を背景に、月単位などの定額料金の支払いで商品やサービスを使えるサブスクリプションサービスの展開が勢いづいている。(2021/3/15)

独自システム構築を視野に:
そごう・西武、デパ地下商品の宅配サービス開始 西武池袋本店から最短45分
そごう・西武は、百貨店のデパ地下で販売する総菜や弁当の宅配サービスを開始する。まずは2月26日から、既存の宅配サービスを活用して西武池袋本店の近隣地域にサービスを展開。今後、独自システムの構築を目指す。(2021/2/25)

カプセルトイ機の設置台数3000面で世界最大級! 「ガシャポンのデパート 池袋総本店」オープン
設置台数最多のギネス記録に挑戦。(2021/2/23)

水曜インタビュー劇場(プカ〜公演):
喫煙所でどんなビジネスが生まれているのか スキマ デパートの試みが面白い
東京都内で、喫煙所がじわじわ増えていることをご存じだろうか。設置しているのは、自販機などを扱っている「スキマ デパート」。喫煙所を増やすことで、同社は何を狙っているのだろうか。話を聞いたところ……。(2021/2/10)

3Dプリンタニュース:
スイーツ専用の食品3Dプリンタが稼働、複数食材を切り替えながらケーキを積層
ナショナルデパートは、スイーツ専用の食品3Dプリンティングシステム「Topology(トポロジー)」を開発し、その試作機をバレンタインデー向け商品の製造から一部運用を開始すると発表した。(2021/1/21)

備えあれば憂いなし:
2度目の緊急事態宣言に”楽観視”は禁物 アパレル企業が今やるべきことは
2回目となる緊急事態宣言が1都3県に出された。都心の百貨店、ファッションビルは1〜2時間の閉店繰り上げを決めた。2回目となる今回の措置に向けてアパレル企業もコロナ対応が試される事になる。そこで、考えられるリスクと乗り越えるためのヒントを著者の磯部氏はこう分析する(2021/1/13)

豊富な品ぞろえ:
「ガシャポンのデパート」が関西初進出 大型カプセルトイ専門店を積極出店
バンダイナムコアミューズメントが大型カプセルトイ専門店「ガシャポンのデパート」を関西に初出店する。同店は11店舗目となるが、今後も出店を加速させていくという。(2020/12/8)

リカちゃんが禰豆子に:
「鬼滅の刃」と「リカちゃん」がコラボ なぜ?
タカラトミーは12月3日、人気漫画「鬼滅の刃」と、着せ替え人形「リカちゃん」のコラボレーションドール2種を2021年5月に発売すると発表した。全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売り場、インターネットショップなどで販売する。(2020/12/3)

巣ごもり需要を狙う:
「阪神タイガース福袋」はオンラインで 百貨店の福袋商戦 ”密”を避けて年末から
新型コロナウイルスの影響で、2021年の福袋商戦は例年と違う形になりそうだ。密を避けるため、販売開始を年内に前倒ししたり、オンラインストアを活用したりと小売り各社が工夫を凝らしている。(2020/11/30)

au PAYで最大20%還元の大型キャンペーン再び 12月から3カ月間、約100万箇所で
KDDIが、2020年12月1日から2021年3月末まで、「au PAY」を利用してPontaポイントを最大20%を還元するキャンペーンを開催する。12月1日から31日までは、マツモトキヨシ、ほっともっと、オーケーや百貨店などで20%のPontaポイントを還元する。2021年1月以降も、スーパーマーケット、ドラッグストア、飲食店で20%還元キャンペーンを展開する予定。(2020/11/30)

スピン経済の歩き方:
人口減は予測できたのに、なぜ百貨店は増えていったのか
百貨店が相次いで閉店している。その要因として「消費構造が変わったから」「地方経済が厳しいから」といった意見が出てきそうだが、筆者の窪田氏は違う見方をしている。どういうことかというと……。(2020/10/20)

難波の“とらや”が12月で閉店に コスプレイヤーにも親しまれた服地・布地のデパート
「ひとつの時代が終わった…」と閉店を惜しむ声も。(2020/9/28)

主要百貨店の2019年度決算、減収企業が8割超え 新型コロナで苦境続く
東京商工リサーチは、主要百貨店70社の2019年度決算の調査結果を発表。売上高合計は5兆6186億1700万円と、前期より1824億7500万円減少(前期比3.1%減)した。調査開始以来、4期連続の減収となった。また、純利益の合計は、前期の660億9700万円から大幅に減少し、58億4700万円(同91.1%減)だった。(2020/9/19)

ハジけ祭り in 渋谷! 「ボボボーボ・ボーボボ」POP UP SHOP、9月26日オープン 「ヨコセヨデパート」Tシャツも
描き下ろしイラストをグッズ化。(2020/9/14)

VR空間に構築:
“仮想伊勢丹”誕生、「リアル百貨店の弱み」克服へ 社内起業した男の夢
伊勢丹が仮想空間のイベント「バーチャルマーケット4」で、アバター向けのファッションを販売。三越伊勢丹ホールディングスの仲田朝彦氏は「VR空間の仮想店舗は、現在のリアルな百貨店が抱える課題を解決してくれる」と力説する。(2020/8/28)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
三越伊勢丹の「内部留保1500億円」は2年半で消える コロナ禍で“巨額赤字続出”の百貨店業界
米国では新型コロナの影響で、百貨店が次々に経営破綻に追い込まれた。日本の百貨店は果たして生き残ることはできるのか。三越伊勢丹の財務内容からひもとく。(2020/8/24)

三越伊勢丹HDは600億円の赤字予想:
インバウンドは「ゼロ」想定… 赤字相次ぐ百貨店大手、“休業2カ月”の穴は埋まるか
百貨店大手の第1四半期決算では、新型コロナ感染拡大に伴う店舗休業の影響が大きく、赤字の計上が相次いだ。営業再開後も消費動向を見通しづらい情勢となっている。2020年度の見通しでは、三越伊勢丹HDなどがインバウンドの売り上げをゼロと想定している。(2020/7/29)

古田雄介の週末アキバ速報:
テクノハウス東映が現店舗で最後の週末、アキバの街中に変化は?
週明けの5月25日にラジオデパート店と統合するテクノハウス東映が、移転セールのラストスパートをかけている。街の往来も回復傾向にある。(2020/5/23)

今日のリサーチ:
百貨店・商業施設の新型コロナウイルス対策 顧客はどこを評価しているのか――日経リサーチ調査
新型コロナウイルスの感染拡大対策に取り組む百貨店や商業施設の現状に関するレポートです。(2020/5/19)

休業継続の店舗も:
高島屋は都心でも営業再開 百貨店、営業範囲拡大の動き広がる
緊急事態宣言が39県で解除されたことを受けて、商業施設や飲食店などで営業再開の動きが広がっている。百貨店大手では、高島屋が都心の店舗も含めて衣料品などの売り場の営業を再開。大丸松坂屋や三越伊勢丹も首都圏を除く地域で徐々に再開している。(2020/5/18)

相次ぐ臨時休業:
新型コロナで緊急事態宣言 各百貨店の対応は?
4月7日、政府は新型コロナの感染拡大を受けて緊急事態宣言を発出した。期間は5月6日まで。企業活動への影響はどうなるのか。各百貨店は臨時休業の発表が相次いだ。(2020/4/8)

三越伊勢丹HDが4月8日から臨時休業、再開は「緊急事態宣言解除まで」 百貨店6店やオンラインショップでも
長期にわたる大規模な休業です。(2020/4/7)

都心部を中心に:
高島屋、東急百貨店など大型店が臨時休業 週末の外出自粛要請、影響広がる
新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、高島屋が都心部の大型店舗を3月28〜29日に臨時休業すると発表。東急百貨店も多くの店舗を休業。パルコやルミネなどのファッションビルにもその動きが広がっている。(2020/3/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
新型コロナで見直された“最重要食品”とは? 巣ごもり消費と防衛消費の意外すぎる実態
新型コロナの流行は小売業にどのような影響を与えたのか。百貨店が苦戦する一方で、コンビニは堅調。スーパーやドラッグストア以外に売り上げを伸ばした業界とは?(2020/3/24)

福岡のデパートが閉店する競合施設に垂れ幕でメッセージ 受け取った天神コアに取材「ライバルで言葉を送りあう一体感が天神の魅力」
優しい縦読み。(2020/2/10)

これ、本当にチョコなの? 目玉焼き、ゴルフクラブ、レトロな鍵を本物そっくりに再現するチョコレートにびっくり
小田急百貨店新宿店のチョコレートの祭典「ショコラ×ショコラ」で販売中。(2020/1/30)

山形県の老舗百貨店「大沼」が破産 「百貨店協会加盟店ゼロ県」に
百貨店冬の時代。(2020/1/27)

「百貨店離れ」止まらずアパレルブランドにも影響 徳島は国内唯一の「百貨店ゼロ」県に
東京商工リサーチ調査レポート。(2020/1/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。