ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「UIQ Technology」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「UIQ Technology」に関する情報が集まったページです。

知財専門家が見る「アップルVSサムスン特許訴訟」(2):
サムスンを縛ったFRAND宣言とスマートフォンOSの覇権争い
知財専門家がアップルとサムスン電子のスマートフォンに関する知財訴訟の内容を振り返り「争う根幹に何があったのか」を探る本連載。第2回では、訴訟の重要なポイントとなったサムスン電子のFRAND宣言と、スマートフォン基本ソフト(OS)の動向について解説します。(2014/11/17)

Symbian Exchange&Exposition 2009:
ボードメンバーが語るSymbianの“メリット”と“課題”
SymbianがOSをオープンソース化すると発表してから1年4カ月。Symbianの課題や期待をテーマに、新たなSymbian OSの開発を主導するボードメンバー6社のキーパーソンが参加するパネルディスカッションが開催された。(2009/11/5)

Mobile World Congress 2009:
日本の技術を世界に――バリューとブランドで勝負する英Sony Ericsson
Mobile World Congress開幕前夜に「Idou」を発表した英Sony Ericsson。景気後退によるコンシューマー市場の冷え込みを前に、ハイエンドな高付加価値端末を投入する狙いはなにか? 日本市場やソニーのゲーム部門との取り組みについても聞いた。(2009/3/2)

Mobile World Congress 2009:
あらゆるベンダーの端末で同じアプリが動く世界へ――Symbian Foundation“のグローバルAPI”構想
携帯向けプラットフォームの世界では、AppleやGoogle、Microsoftが存在感を示し始めるなど競争が激化している。こうした中、Symbian Foundationは、どのような戦略で差をつけようとしているのか。(2009/2/27)

Symbian FoundationにHP、MySpace、SanDiskら14社が新たに参加表明
HP、MySpace、オムロンソフトウェアなどが新たにSymbian Foundationに加わった。(2009/2/13)

11月15日〜11月21日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
ドコモに続いてKDDIも、携帯電話のシリーズ構成を刷新する模様だ。iPhone 3Gは最新ファームウェアの提供で絵文字に対応。来日したSymbian Foundationの初代エグゼクティブディレクターは、今後も日本市場を重視すると明言した。(2008/11/25)

日本市場のニーズが、世界で成功するOS開発のカギに――Symbian Foundationのウィリアムズ氏
携帯電話向けOSの共通化、オープン化の動きが加速する中、Symbian Foundationのエグゼクティブディレクターに任命されたリー・ウィリアムズ氏が来日。Symbian OSの優位性と今後のビジョンについて説明した。(2008/11/21)

Symbian Foundationにソフトバンクモバイルら3社が参加
Symbian OSベースの携帯電話向けプラットフォーム開発を推進する英Symbian Foundationは、新たにソフトバンクモバイル、ルネサス、管理工学研究所がメンバー企業として参加すると発表した。(2008/11/20)

Smartphone Show 2008:
UI統合、オープンソース化でSymbianはさらにパワフルに――英Symbianのウッド氏
S60、UIQ、MOAPの3つのUIを統合し、2年後にはソースコードの公開を予定しているSymbian OS。新たなプラットフォームはユーザーやメーカー、開発者にどんなメリットをもたらすのか。英Symbian 調査担当副社長のデビッド・ウッド氏に聞いた。(2008/11/14)

Smartphone Show 2008:
初代エグゼクティブディレクターに聞く、Symbian FoundationのOS戦略
Symbian Foundationのエグゼクティブディレクターに、NokiaのS60部門責任者、リー・ウィリアムズ氏が就任することが決まった。携帯電話市場が転換期を迎える中、どのような戦略で競合ひしめくプラットフォーム戦争を勝ち抜こうとしているかを同氏に聞いた。(2008/11/14)

Smartphone Show 2008:
「2009年後半にSymbian Foundationベースの端末を発表」――英Sony Ericssonのオルソン氏
Symbian Foundationの設立企業に名を連ねる英Sony Ericsson。同社のパトリック・オルソン副社長は、Foundationのビジョンに賛同するとし、2009年後半をめどにSymbian Foundationベースの端末を発表する予定であることを明らかにした。(2008/10/24)

Smartphone Show 2008:
オープンソース化で“搭載機拡大”と“開発者増加”を目指す――英SymbianのクリフォードCEO
携帯電話向けプラットフォームは、共通化とオープン化の動きが加速しており、Symbianも同社のOSをオープンソース化すると発表している。同社の年次イベントでCEOのナイジェル・クリフォード氏が、その狙いと今後の取り組みについて説明した(2008/10/23)

Opera Mobile 9.5の第2β版、「Opera Widgets」追加でリリース
「Opera Widgets」が追加されたほか、Symbian UIQに対応。Opera WidgetsのSDKもアップデートされた。(2008/10/22)

The Way We Live Next 2008:
激化する携帯プラットフォーム戦争、Symbian陣営の戦略は
W-CDMAに対応した「iPhone 3G」が登場し、米GoogleのAndroidを採用した「G1」が10月下旬にお目見えするなど、携帯OSを取り巻く世界が新たな局面を迎えようとしている。こうした中、端末最大手のNokiaは、どのようなプラットフォーム戦略で戦おうとしているのか。同社のデバイス研究開発 技術マネジメント担当副社長に聞いた。(2008/9/30)

9月6日〜9月12日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
スマートフォン関連のトピックが目白押しとなった先週。イー・モバイルがHTC製の「Touch Diamond」、KDDIが同じくHTC製の「E30HT」を発売すると発表した。AppleはiPhone 3Gファームウェア「2.1」を公開。TCAとケータイキャリア5社は、18歳未満のフィルタリングについて、ブラックリスト方式を原則適用すると発表した。(2008/9/16)

Symbian Foundationにシャープ、Operaらが新たに参加表明
日本企業としてはシャープ、アクロディア、ブライセン、エイチアイが新たにSymbian Foundationに加わった。(2008/9/10)

CEOに聞く、SymbianのOS戦略:
Symbian OSのオープン化は世界の携帯市場をどう変えるのか――英SymbianのクリフォードCEOに聞く
S60、UIQ、MOAP(S)の3つのUIを統合した統一プラットフォームをオープンOSとして無償提供――。Symbian Foundationのこんな動きが携帯業界の注目を集めている。オープン化の動きは日本の端末開発にどんな影響を与え、どんなメリットをもたらすのか。同社CEOのナイジェル・クリフォード氏に聞いた。(2008/7/16)

実証されたプラットフォーム:
2年以内の完全なるオープンソース化を――SymbianのCEOが来日会見
英Symbianのナイジェル・クリフォードCEOが来日し、同社ソフトウェア資産のオープンソース化について説明した。(2008/7/16)

Trend Insight:
NokiaがSymbianを買収、Symbian OSをオープン化
NokiaによるSymbian買収は、Google、LiMo Foundation、Apple、RIMなどを巻き込んで携帯電話ビジネスに変化を生じさせることになるだろう。さらに、Nokiaの地位が強化されることも間違いないようだ。(2008/6/30)

6月21日〜6月27日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
7月1日のブランド変更を目前に控え、ドコモの社長に山田隆持氏が就任。ソフトバンクモバイルはiPhone 3Gの価格と料金プランを明らかにし、KDDIは固定網と移動網を1社で持つ強みを生かした通話定額「auまとめトーク」を発表した。(2008/6/27)

Symbian陣営がプラットフォーム統一団体設立――ドコモ、Nokiaらが参画
NTTドコモは、Nokia、Sony Ericsson、Motorolaら10社が設立する「Symbian Foundation」への参画を発表した。MOAP(S)資産を提供し、Symbian OSベースの共通プラットフォーム構築を目指す。(2008/6/24)

iPhone向けVoIPアプリ「fring」登場
iPhoneで通話料金が安価、あるいは無料のVoIP通話やチャットが可能になるアプリケーションが登場した。(2008/4/16)

F-Secure、アジアで携帯電話のマルウェア対策サービスを強化
F-Secureは、香港の携帯電話大手CSLと業務提携し、スマートフォン端末利用者などを対象にマルウェア対策サービスを提供する。(2008/4/1)

Mobile World Congress 2008:
「XPERIA X1」投入の狙いは――Sony Ericssonに聞く携帯戦略
Mobile World Congressの開幕直前にSony Ericssonが発表した携帯電話の新ブランド「XPERIA」。最初のモデルにWindows Mobileを採用したのは、同社が掲げる“幅広いユーザー層にリーチする”という戦略の一環といえるだろう。世界シェアトップ3入りに向けた2008年の取り組みについて、マーケティング部門の担当者に聞いた。(2008/2/14)

Symbian副社長が斬る!:
スマートフォンに関する2008年の予測 前編
スマートフォン向けOS大手の英Symbianの調査担当副社長のデビッド・ウッド氏が、スマートフォンに関する2008年の20のトピックスを占う。今回はスマートフォンとサービスがテーマだ。(2008/2/9)

Nokia World 2007:
ネットのトレンドと“ケータイならでは”の機能を融合――Nokiaの共通プラットフォーム「S60」のこれから
PCやインターネットのトレンドが押し寄せる携帯電話市場。アップルのiPhone、Googleの携帯向けOS「Android」などの登場は、その象徴的な例といえるだろう。こうしたトレンドに、大手端末メーカーのNokiaはどんな施策で対抗するのか。上席副社長のマッティ・ヴァンスカ氏に聞いた。(2007/12/10)

Symbian Smartphone Show 2007:
各社のタッチパネル搭載機が勢揃い――Symbian Smartphone Show
Symbian Smartphone Showの会場には120社以上がブースを出店し、技術やサービスをアピールした。大手端末メーカー各社は、iPhoneの登場でトレンドとなったタッチパネル搭載機を披露した。(2007/10/23)

10月13日〜10月19日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
auが3キャリアの先頭を切って秋冬モデルを発表。INFOBAR 2、KCP+対応のRev.Aモデルなど9機種でボーナス商戦を戦う。海外ではSymbian Smartphone Show 2007が開催され、端末メーカーやキャリアが端末開発の今後について語った。(2007/10/22)

Symbian Smartphone Show 2007:
携帯のユーザーインタフェースに高まる関心――MotorolaがSymbian OSのUIに投資する理由
ユーザーインタフェースへの関心が高まる中、米MotorolaがSymbian OS向けUIで知られる「UIQ」への投資を決めた。なぜ、Motorolaは出資先としてUIQを選んだのか。(2007/10/18)

Symbian Smartphone Show 2007:
スマートフォンはPC、携帯電話、インターネットの中心に――英Symbian CEO
英Symbianのナイジェル・クリフォードCEOが、年次イベントで同社の現状とビジョンについて説明。ユーザビリティ、ネットワーク、バッテリー消費の3点を改善する、Symbian OSの新たな機能拡張にも言及した。(2007/10/17)

Motorola、ユーザーインタフェース企業の株をソニエリから取得
「P1」や「MOTO Z8」で採用しているUIの開発会社UIQの株式の50%をMotorolaが取得。今後はSony EricssonとともにUIQを共同所有する。(2007/10/16)

Ericsson Strategy and Technology Summit:
世界シェアトップ3入りの鍵は、ブランド携帯とエントリー市場への進出──Sony Ericssonのルイス氏
世界シェアのトップ3入りを虎視眈々と狙う端末メーカーのSony Ericsson。ブランドの名に恥じない機能を持つ端末の開発と、エントリー市場への進出がその鍵になるという。(2007/9/18)

ワイヤレスジャパン2007:
日本のジョグ+着せ替え&ウォークマン、海外のCyber-shot&スマートフォンまで──ソニー・エリクソンブース
ワイヤレスジャパンのソニー・エリクソンブースは、国内向けの新モデルのタッチ&トライコーナーはもちろん、先日発表された海外向けの“Walkman”&“Cyber-shot”ケータイも多数展示。実際に触って確かめることもできる。(2007/7/19)

Symbian OS v9.5でマスマーケットに斬り込む──SymbianのクリフォードCEO
2007年最初の四半期も好調なSymbian。ナイジェル・クリフォードCEOは、70以上の新機能を盛り込んだSymbian OS v9.5のリリースで従来のハイエンド市場に加え、マスマーケットまでターゲットを拡大するとした。(2007/7/17)

シャトルバス経路もチェック──NAVITIMEで“夏フェス”特集
(2007/7/5)

Wiiのネット機能悪用の動き、Opera旧版の脆弱性に起因
McAfeeによると、Wiiショッピングチャンネルで当初提供されていたインターネットチャンネルには、脆弱性のあるOperaが使われていた。(2007/4/21)

オープン化推進で企業向けアプリの携帯電話利用を――シンビアン
携帯電話OSで世界73%のシェアを持つシンビアンが近況報告を行った。オープン化の推進やOSセキュリティへの取り組みを強化していく。(2007/3/10)

Symbian OS上でApacheやGaimが動く日が来る?──シンビアンの新たな取り組み
携帯向けOS開発大手のシンビアンが3月8日、事業概況とSymbian OSの最新トピックを紹介する説明会を開催。新たな取り組みとしてPOSIXへの対応を紹介し、エンタープライズソリューションの拡大につなげるとした。(2007/3/9)

シーゲイト、Symbianのスマートフォン向けにワイヤレスストレージソリューションを提供
(2007/3/6)

2月10日〜2月16日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
世界最大級のワイヤレス業界イベント「3GSM World Congress 2007」が開催された今週。アッカはWiMAXサービスを地方から展開する方針を明らかにした。ドコモは2月20日からiモーションの最大容量を10Mバイトに拡張する。(2007/2/16)

3GSM World Congress 2007:
なぜ今、「E90 Communicator」なのか──Nokiaのバサラ氏に聞くモバイルエンタープライズ戦略
Nokiaブースでひときわ注目を集めているのが、HSDPAに対応した「E90 Communicator」。同端末の投入で「モバイルエンタープライズを次のレベルにする」と意気込むアンティ・バサラ氏にモバイルエンタープライズ戦略を聞いた。(2007/2/15)

モトローラ「MOTORIZR Z8」がSymbian OSを採用
(2007/2/14)

3GSM World Congress 2007:
スマートフォン事業拡大でUI開発を重視──英Sony Ericsson、UIQ買収の狙い
英Sony Ericssonのマイルス・フリントCEOが3GSMで講演を行い、Symbian OS対応のユーザーインタフェースやアプリケーションを開発するUIQを買収した狙いについて話した。(2007/2/14)

3GSM World Congress 2007:
モバイルエンタープライズを次のレベルへ──Nokiaの「E90 Communicator」が登場
Nokiaは、3GSM World Congress 2007に合わせて行ったプレス発表会でHSDPA対応のフルキーボード搭載端末「E90 Communicator」など6機種を発表。企業向け端末のラインアップ強化を印象づけた。(2007/2/13)

Nokia World 2006:
ミッドレンジモデルにも「S60」を──NokiaのUI戦略
ハイエンドな機能がミッドレンジモデルにも求められるようになる中、Nokiaが重要視しているのがユーザーインタフェースだ。Nokiaは「S60」をより使いやすく直観的なものに改善し、ミッドレンジモデルへの搭載を進める計画だ。(2006/12/4)

Sony Ericsson、Symbian OS対応携帯ソフト企業を買収
Sony Ericssonが、英Symbianの子会社で携帯向けソフトを提供しているUIQ Technologyの買収で合意に達したと発表した。(2006/11/8)

PR:Symbian OSは、なぜ端末メーカーに選ばれるのか──シンビアンの久社長に聞く
番号ポータビリティの開始に向け、日本では各キャリアが次々と多彩な新端末を市場に投入している。端末の高機能化が進み、開発コストが高騰する中、なぜ端末メーカーはこれだけの端末をリリースできるのか。その鍵を握るのがSymbian OSだ。(2006/10/16)

W-ZERO3画面の外部出力を行うプレゼンアダプタ、シーエフ・カンパニーから発売
シーエフ・カンパニーは、Windows Mobile 5.0やPocket PC2003、Symbian OS S60などを搭載するPDAに対応する外部出力アダプタ「Pitch Duo」を8月下旬に発売する。価格は5万6000円前後。(2006/7/5)

ソニエリ、ウォークマン携帯新モデルなど5機種発表
スポーツモデルのウォークマン携帯など、ソニエリの新モデル5機種が発表された。(2006/5/18)

オラクル携帯用データベースに対応した開発支援ソフト
(2006/2/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。