ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ケンブリッジ大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ケンブリッジ大学」に関する情報が集まったページです。

ランタイムのOSS化で自由度拡大
Pythonの知識だけでWebアプリを開発できる「Anvil」
Anvilは、Pythonだけで開発できるフルスタックのWebアプリケーション開発環境だ。ランタイムがオープンソース化されたことで、オフライン環境にもアプリケーションをデプロイできるようになった。(2020/6/26)

長年の議論に終止符は打たれるか
「Xen」と「KVM」 2大ハイパーバイザーのどちらを選ぶべきなのか?
「Xen」か「KVM」かという論議は、どちらを主要ハイパーバイザーにするかという選択を管理者に迫る。それぞれどのような特徴があるのか。(2020/4/21)

創立8年で“東大超え”のワケ 世界中から人材が集まる沖縄・OISTのユニークな研究環境
科学論文誌「Nature」を発行する英Springer Natureが発表したランキングで、東大を抜いて日本1位・世界9位を獲得した沖縄科学技術大学院大学。創立8年で“東大超え”となったヒミツは。(2020/3/16)

ものになるモノ、ならないモノ(85):
プライバシーは? 消費電力は? エストニアで成功した「医療ブロックチェーン」が日本でも実現可能な理由
医療分野におけるブロックチェーン利用を推進する、国立保健医療科学院 研究情報支援研究センター長の水島洋氏に、日本での実現可能性や今後の展望を聞いた。(2020/2/7)

「チームの半数は修士号を取得」「20カ国以上から採用」 世界のAI人材が日本のベンチャーに集まるワケ
AI-OCRサービス「Tegaki」などで知られるCogent Labsには、世界20カ国以上からAI人材が集まっている。なぜ日本のスタートアップに海外の人材が集まるのか。Cogent Labsに聞いた。(2020/1/9)

量子コンピュータ、国内業界に外資の参入が相次ぐ理由――後押しする日本政府の「10年目標」とは?
2019年末、日本に外資系量子コンピュータ事業の参入が相次いだ。既にNECや富士通といった国内企業も取り組む量子コンピュータだが、GoogleやIBMといった国外の大手に比べれば遅れがちな点は否めない。背景で投資を加速する日本政府の掲げる「目標」とは。(2019/12/27)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
量子コンピュータにも必要なヘリウム、ガチのガチで足りない
今回はガチ中のガチと言わせていただきましょう。(2019/12/24)

まずは量子暗号デバイスに注力:
量子コンピュータ技術の英新興企業、日本に本格参入
英ケンブリッジ大学発のベンチャーで、量子コンピューティング技術を手掛けるCambridge Quantum Computing(CQC)は2019年12月19日、本格的に日本市場に進出すると発表した。(2019/12/23)

英量子ベンチャーが日本進出 量子暗号デバイスやプログラミング基盤を展開
英量子ベンチャーCambridge Quantum Computingが日本市場に本格参入する。量子暗号デバイスの販売や、複数社の量子コンピュータで実行できるプログラミングプラットフォームを展開することで、パートナー企業と共同研究を進めたい考え。(2019/12/20)

セキュリティキー普及の起爆剤になる?:
Googleらが発表したセキュリティ(RoT)チップのオープンソースプロジェクト、「OpenTitan」とは
Googleは2019年11月5日(米国時間)、セキュアブートなどを実現する「Root of Trust(RoT)」シリコンの設計をオープンソースとして提供する世界初のプロジェクト、「OpenTitan」を発表した。今回の発表をもって、GitHub上の開発リポジトリが公開された。(2019/11/6)

tsumug.edge:
エストニアに住む日本人が見たEduTechの実態と課題──親と学校の対立はITで解消できるか
「電子国家」として世界の注目を集めている北欧のエストニア。その実態について、エストニアに移住した筆者が見た電子国家のリアルをお届けする。(2019/11/27)

MIT卒ママ&IEEEフェローが全面支援:
ママさんたちが奮闘! 小学生のための“手作り”ラズパイ教室
「今度はScratchGPIOで7セグメントLEDを光らせましょう」「は〜い!」――2019年9月、浜田山小学校(東京都杉並区) の理科室では放課後、児童と”お母さん講師”との、こんなやりとりが響いていた。開催されていたのは、小型コンピュータ「Raspberry Pi」を使ったプログラミング教室「パイ・テック・クラブ」だ。MIT(マサチューセッツ工科大学)出身の保護者と”ママ友”たちが4年前に創設した後、IEEEフェローの専門家による支援のもと、児童の母親たちが自ら講師となって活動しているという。(2019/10/30)

オートコレクトが有効:
スマホでの入力速度が物理キーボードに迫る、複数の大学による調査
アールト大学など複数の大学が協力してモバイルデバイスでのテキスト入力の速度に関する過去最大規模の調査を行った。スマートフォンでの入力速度は物理キーボードでのタイピング速度に迫っていることが分かり、入力速度を高める方法も明らかになった。(2019/10/8)

稼働期間世界一のWebカメラ、25年の歴史に幕 「適切な設置場所を確保できなくなった」
サンフランシスコ州立大学で稼働し、キャンパスの天気をサイトで配信し続けていました。(2019/8/21)

CAEニュース:
シミュレーションには高品質な材料情報が不可欠、ANSYS+Grantaがもたらす効果
ANSYSの日本法人であるアンシス・ジャパンは、材料情報技術を有するGranta Design(Granta)を買収した背景と、ANSYS製品として今後どのような展開を図っていくのかを説明した。(2019/8/6)

AIモデルやアルゴリズム作成の民主化に貢献:
ディープラーニングも使える確率的プログラミングツール「Gen」を開発、MIT
マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが開発した確率的プログラミングツール「Gen」を使えば、初心者でも簡単にAIに触れることができ、専門家は高度なAIプログラミングが可能になる。ディープラーニングよりも適用範囲の広いことが特徴だ。(2019/7/3)

TOEICが大学入試共通テストから撤退 2020年度開始予定の新試験に影響
理由は、当初想定より仕組みが複雑だったため。(2019/7/3)

IBM Think 2019:
ハンディは一切なし、IBM製AIと人間が“討論”でガチ対決 20分間の激論を制したのは?
IBMが手掛けたディベート(討論)用AI「Project Debater」が、実際にディベート大会で優勝経験もある人間と、数百人の前で本気の対決を繰り広げた。その実際の模様と、開発の意外な目的とは。(2019/2/15)

DMM.makeの中の人に聞く「IoTとスキル」(7):
工業高校出たら就職、辞めて自動車整備士学校と大学に、そしてメカ設計者へ
IoTを業務に活用したい人たちをサポートしている、DMM.make AKIBA のスタッフのインタビュー。4人目に登場いただくのは、テックスタッフとして活躍している椎谷達大氏。(2019/1/25)

量子鍵配送(QKD)実現の最前線(後編):
量子コンピュータ時代でも安全な量子鍵ネットワーク
量子コンピュータの圧倒的な演算能力に対抗し得る量子鍵配送方式は、既に実用化されつつある。現在の取り組みと課題を紹介する。(2019/1/9)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2018年のパーソナルコンピューティング動向を冷静に振り返る
クラウドAIとエッジAIの世界において、「パーソナルコンピューティング」の定義は揺らぎつつある。2018年、ユーザーを取り巻くデバイスとサービスの環境はどう変化したのだろうか。(2018/12/28)

イノベーションは日本を救うのか(30):
「頭脳流出」から「頭脳循環」の時代へ、日本は“置き去り”なのか
今回は、「頭脳流出」と「頭脳循環」について、これまでの経緯と筆者の見解について述べたいと思う。アジアの「頭脳循環」に比べて、日本のそれは少し異なると筆者は感じている。(2018/12/20)

覇権争いが激化
AIを巡る国家戦略 米中、そして日本の動向は?
AIの研究開発は現在、米国と中国が主導する状況だが、世界中の国家が競争力を維持しようと戦略を練っている。(2018/11/11)

「Google Cloud AI」責任者にカーネギーメロン大学のアンドリュー・ムーア博士就任へ
Google Cloud AIの責任者、フェイ・フェイ・リー博士が年内にスタンフォード大学に戻り、カーネギーメロン大学コンピュータ科学学部長のアンドリュー・ムーア博士が後任になる。リー氏はアドバイザーという立場になる。(2018/9/11)

Facebook、診断アプリ「myPersonality」のユーザー約400万人に「個人情報が不正に利用された可能性あり」と通知
Cambridge Analyticaのアプリによる個人情報の不正利用発覚以来アプリの調査を続けているFacebookが、診断系アプリ「myPersonality」を削除し、約400万人のユーザーに個人情報が不正に利用された可能性があると通知した。(2018/8/23)

産業用途が教育用途を超えた:
「ラズパイ」最初の10年、今後の10年
手のひらサイズの安価な小型コンピュータ「Raspberry Pi(ラズベリーパイ、ラズパイ)」は、2018年に“10周年”を迎えた。現在、ラズパイの用途は、当初の目的だった教育用途よりも、産業用途が上回っている。(2018/7/11)

「ユーザーに安心して利用してもらうことが最優先」 個人情報不正利用問題について、フェイスブックジャパン
フェイスブックジャパンがFacebookの個人情報が不正に利用された問題について、改めて説明・謝罪。「ユーザーに安心して利用してもらうことが最優先」(長谷川晋社長)(2018/5/18)

老舗文房具店、7年間運用のFacebookアカウントを削除 「残念ながらFacebookの個人データ活用方法に賛同できないため」
老舗文房具店の決断。(2018/5/16)

Facebook、不正の疑いのある約200本のアプリを停止 CAスキャンダル後の進行中の審査で
Facebookが、アプリで収集した個人情報不正利用問題対策として進めているアプリ審査の進捗状況を発表した。数千本のアプリを審査して約200本を停止した。さらなる調査で、不正が確定すれば削除してユーザーに告知する計画。(2018/5/15)

Cambridge Analyticaが利用したFacebook診断アプリはコーガン教授のものだけではない──元従業員が証言
2016年の米大統領選でトランプ陣営勝利のためにFacebookユーザーの個人情報を流用したとされるCambridge Analyticaの元幹部が英国議会で、利用したのは複数の診断アプリのデータであり、8700万人よりはるかに多かったと証言した。(2018/4/18)

Facebook、「自分の情報がCAに共有されたかどうかの確認方法」ページを開設
Facebookが、ユーザーが自分の個人情報が調査会社Cambridge Analytica(CA)に違法に流用されたかどうか確認できるWebページを公開した。既に削除された診断系アプリ「」にログインしたユーザーとその友達、約8700万人はこのページで「共有された可能性があります」と表示される。(2018/4/11)

ITはみ出しコラム:
個人情報の扱いで追い詰められるFacebook マーク・ザッカーバーグCEOの言い分は?
米Facebookのデータ不正流用問題について、マーク・ザッカーバーグCEOが記者の質問に答える電話会見を開きました。その内容から読み取れることをまとめます。(2018/4/8)

Facebook、サードパーティアプリがアクセスできる個人情報を大幅制限へ
FacebookがCAスキャンダル対策として、サードパーティアプリがアクセスできる個人情報を大幅に制限する。予告していたユーザー向けのアプリリストへのリンクは4月9日からニュースフィードのトップに表示される。(2018/4/5)

ITりてらしぃのすゝめ:
Facebook診断アプリに注意 情報流出の被害、友達にも 対策は
Facebook上で性格診断アプリを使ったユーザーと、その友人を含む5000万人の個人情報を不正に利用したとして、米国のデータ解析企業が話題になっている。サイバー攻撃でない形でもデータを不正に利用されるケースがあることに自覚的であるためには。(2018/4/4)

Facebookのデータ不正流用問題、日本政府も「対応を検討」
Facebookユーザー約5000万人の個人情報が流用された問題で、日本政府の対応を問われた菅官房長官は、「個人情報保護委員会で対応を検討すると聞いている」などと話した。(2018/3/28)

Facebook、ザッカーバーグCEOの署名入り全面謝罪広告を日曜朝刊に
約5000万人のユーザーデータ流出スキャンダルの渦中にあるFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、米英の大手新聞各紙の日曜版に、署名入りの前面謝罪広告を出した。(2018/3/26)

ITはみ出しコラム:
Facebookのデータ不正流用問題で考えたい、個人情報をSNSにさらすリスク
米国で大きな問題になっている「Facebookデータスキャンダル」。日本のSNSユーザーにとっても人ごとではない、この問題の経緯や自衛策をまとめました。(2018/3/25)

Facebookの個人データ不正流用問題、ザッカーバーグCEOがコメント
対応策などを発表しました。(2018/3/22)

Facebook、アプリによる個人情報収集対策──5000万人の情報流出を受け
2016年の米大統領選でトランプ陣営に5000万人分の個人情報を不正利用されたとされるFacebookが、今後の対策を発表した。(2018/3/22)

Facebookの5000万人の個人情報、トランプ陣営が不正利用か
Facebookのユーザー、約5000万人の個人情報を、2016年の米大統領選でドナルド・トランプ陣営がキャンペーンに利用していたとNew York TimesとGuardianが報じ、波紋を呼んでいる。Facebookは記事が出る前日、復数の関係者アカウントを停止したと発表した。(2018/3/19)

「車いすの物理学者」ホーキング博士死去
「車いすの物理学者」として知られる英国の理論物理学者スティーブン・ホーキング博士が76歳で亡くなったと、英BBCなどが3月14日に報じた。(2018/3/14)

電力供給サービス:
最も節電した家庭には英国旅行、「節電ゲーム」で省エネは進むか
Looopは、2018年7月1日〜9月30日の期間限定で業界初となる消費者参加型の節電キャンペーン「真夏の節電大作戦2018」を実施する。顧客同士が節電量を競い合うということで、節電意識の向上を狙うというユニークなキャンペーンだ。(2018/2/28)

小さな怪物サーバ登場!!:
PR:世界が「真のリアルタイム」を手にする日
稼働率99.999%を実現するミッションクリティカルサーバであり、最大896コア/48TBメモリを1つのOSから利用できるスケーラビリティを誇る「HPE Superdome Flex」。4人のキーパーソンにその強みを聞いた。(2018/1/26)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
クラウド/IoT時代の脅威から企業を守れ!――セキュリティ専門部隊「CSIRT」を作る
サイバーセキュリティの主戦場は、もはやファイアウォールの導入やマルウェア対策ではない。CSIRTを構築するなど、企業が組織で立ち向かうための新たな防御モデルが求められている。(2017/10/3)

ニッチ市場の暗号通貨(前編)
それでも暗号通貨がニッチであり続ける理由
ビットコインをはじめとする暗号通貨の話題が新聞やWebメディアに掲載されない日はないほど、メジャーになってきた。それでもニッチなニーズを満たす存在であり続けるという理由は?(2017/9/14)

「シャーロック・ホームズ」挿絵に秘められた暗号 キリスト教モチーフから読み解くホームズの「神秘の妻」とは
「ホームズ」全作品を翻訳・無料公開したサイト、「コンプリート・シャーロック・ホームズ」管理人によるコラム第1弾。(2017/9/2)

“日本が知らない”海外のIT:
少子化・財政難に苦しむ大学 “ゲーム感覚”の「卒業生寄付サービス」は救世主となるか
ラトビア発の卒業生寄付金調達プラットフォーム「Funderful」。日本だけでなく、世界でも大学の経営難が問題になっている。(2017/8/17)

CAEニュース:
Green500トップ13のスーパーコンピュータを独占したプラットフォーム
米NVIDIAは、Green500リストのトップ13のスーパーコンピュータが同社の「Tesla AI スーパーコンピューティング プラットフォーム」を採用していると発表した。上位13位の全てがNVIDIAの「Tesla P100 GPU」を搭載している。(2017/7/4)

TechFactory通信 編集後記:
なぜ「ラズパイ」が産業機器向けに伸びているのか
登場から4年、既に1000万台以上を出荷したシングルボードコンピュータがあります。元は教育用として企画されましたが、最近では産業機器向けとしても需要が高まり愛知県でも生産を開始しています。(2016/12/28)

創業者ですら驚いた:
教育・ホビーから産業用途へ、ラズパイ5年目の進化
“ラズパイ”の名で親しまれている超小型コンピュータ「Raspberry Pi」。2012年の発売当初は、“子どもたちにプログラミングを学んでもらうための楽しいおもちゃ”という位置付けだったが、今では販売台数の約半数が産業用途で使われているという。ラズパイの開発者であるEben Upton(エベン・アプトン)氏に話を聞いた。(2016/12/22)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。