ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「Unreal Engine」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Unreal Engine」に関する情報が集まったページです。

無観客なのに満員に見せる技術「バーチャルファン」 大リーグ中継に採用も、おおむね不評
米メジャーリーグの無観客試合の中継にCGの観客の映像を重ねて表示させ、観客でいっぱいのように見せる「バーチャルファン」をFoxが実験的に投入。7月25日の試合でデビューしたが、観客が表示されないケースが多いなど不自然な点が目立ち、視聴者からはおおむね不評だったようだ。(2020/7/29)

「Fate/EXTRA」のリメイク発表 対象機種は「現行機向け」
2010年にPSP向けに発売されたRPG「Fate/EXTRA」のリメイクが発表。対象機種は「現行機向け」。(2020/7/22)

ゲームキャラの演技、表情はiPhoneで Epic GamesがUnreal Engine向けアプリ「Live Link Face」公開
iPhoneのTrueDepthカメラを活用し、表情をキャプチャーする。(2020/7/10)

ソニー、Unreal EngineやフォートナイトのEpic Gamesに2億5000万ドル投資
ソニーがEpic Gamesに2億5000万ドル(約268億円)の戦略的投資を行うと発表した。Epic Gamesはゲームエンジン「Unreal Engine」やオンラインゲーム「Fortnite」で知られ、5月の「Unrea Engine 5」発表イベントではソニーのPS5でのデモを披露した。(2020/7/10)

PS5は空気清浄機に似ている? シャープ公式も「私は欲しいよPS5」と反応 流線型はエアフロー重視か
新型ゲーム機「プレイステーション5」の外観が空気清浄機などと似ていると一部で話題になっている。流線型のボディーは高性能化に伴い重要となる排熱機構(エアフロー)を重視したものと考えられる。(2020/6/12)

次世代ゲームエンジン「Unreal Engine 5」発表 3000万ポリゴンの像×500体をポンポン描画 粗収入100万ドルまでは無料で商業利用可能に
(2020/5/14)

Epic Games、次世代ゲームエンジン「Unreal Engine 5」発表 PS5で動くリアルタイムデモを公開
米Epic Gamesが新しいゲームエンジン「Unreal Engine 5」を正式発表。PS5上で動作させたリアルタイムデモ映像を公開した。(2020/5/14)

AMDがプロ向けGPU「Radeon Pro VII」を発表 デザインシミュレーション、4K/8K動画編集や高機能計算を想定
AMDが、プロ向けGPU「Radeon Pro」の新モデルを発売する。デザインシミュレーション、4K/8K動画や高機能計算(HPC)の3用途での利用を想定しているという。合わせて、デバイスドライバーやレンダリングエンジンも更新される。(2020/5/13)

お手軽ゲーミングPCの道:
PC版「ストV」を最高画質でストレスなく楽しめるモデルを5万円台で自作する方法――パーツ選定編
インテルが2020年に立ち上げるeSportsトーナメント「Intel World Open」。そのタイトルに採用された「ストリートファイターV」を満喫できるPCを作り、大会に打って出るまでの道のりをお届けする。(2020/3/26)

「GDC 2020」参加取りやめ続く Microsoft、Unity、Epic Games、EA、Amazon
新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の感染が広がる中、3月16日からサンフランシスコで開催予定のゲーム開発者会議「GDC 2020」への参加を取りやめる企業が続いている。Microsoft、Unity、Epic Games、EAが新たに不参加を表明した。【UPDATE】Amazonも。(2020/2/28)

PR:レイトレ×ゲームエンジンで働き方改革! サードウェーブが仕掛ける新サービス「Offima」とは
PCショップ「ドスパラ」、「GALLERIA」や「THIRDWAVE Pro」といったPCシリーズでおなじみのサードウェーブが、持ち味を存分に生かした新たなサービスに取り組んでいる。その「Offima」(オフィマ)とは何か、その革新的な取り組みの詳細を聞いた。(2020/2/17)

プラチナゲームズ、中国大手テンセントと資本提携 自社タイトルのパブリッシングに進出
(2020/1/7)

PR:プログラミング初心者のゲーマーが「自分でゲームを作る」という夢をかなえてみた
Udemyの無料で受講できるオンライン講座でゲームの作り方を学びます。(Udemyでは1月9日(木)まで新春セール実施中)(2019/12/31)

用途に合わせて、どのような分野でも活用可能:
PR:エンタープライズでも「GPUは有効」――画像処理に特化したプロセッサという“誤解”を払拭するNVIDIA
エンタープライズ領域でのGPUの活用はVDIにとどまっており、シミュレーションやデータサイエンス、AR/VRでの活用はあまり認知されていない――そうしたエンタープライズでのGPU活用に関する“誤解”を払拭すべく、NVIDIAが力説する「GPUの有効性」とはどのようなものなのだろうか。NVIDIAの担当者に話を伺った。(2019/12/17)

「Looking Glass」の新製品:
10人が同時に裸眼3Dを楽しめる、8Kディスプレイ
裸眼で立体視できるホログラフィックディスプレイ「Looking Glass」を手掛ける米Looking Glass Factoryは2019年11月13日、7680×4320ピクセル(8K)に対応した32型の「Looking Glass 8K Immersive Display(以下、Looking Glass 8K)」を発表した。(2019/11/13)

NICTが開発している無線通信用のテスト環境とは:
IoT、ロボット、スマートデバイス、VR――どんどん複雑化するソフトウェアテスト、20年後はどうなる?
2019年8月29〜31日に開催された「builderscon tokyo 2019」のセッション「20年後のソフトウェアテストの話をしよう」で、情報通信研究機構の湯村翼氏がセンサーデータや物理的な情報を取り込むためのさまざまなテスト技術を説明した。(2019/10/29)

迷惑bot事件簿:
ゲーム世界を崩壊に追い込むチートbot 1日2億件の不正ログインの実態
「迷惑bot事件簿」第9回では、現代のゲーム業界をターゲットにした不正行為が及ぼすさまざまな被害の実態と、botを使って大規模化する不正行為との戦いを取り上げる。(2019/9/3)

Looking Glassが企業向けに登場:
見せてもらおうか、“真のホログラム”の性能とやらを
Looking Glassの開発と製造、販売を手掛ける米Looking Glass Factoryは2019年5月28日(米国時間)、これまで開発者および3Dクリエイター向けに展開してきたLooking Glassのエンタープライズ向けとなる「Looking Glass Pro」を期間限定で先行販売すると発表した。(2019/5/29)

京都「伏見稲荷大社」を自由に歩ける散策ゲームがリアルで美しい 無料ダウンロードで公開中
ただ歩き回るだけでワクワクできそうです。(2019/5/11)

AzureにAI機能を拡充、Microsoftが「Build 2019」で新技術発表
Microsoftは「Microsoft Build 2019」で、AzureにAI機能を拡充することを発表した。画像認識や音声認識などの機能を提供するAPIや、機械学習モデルの構築や学習、展開といったプロセスを簡素化する機能を追加した。(2019/5/9)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftの「HoloLens 2」でコンピュータの未来はどうなる?
2月24日(現地時間)、Microsoftはスペイン・バルセロナで開催されるMWC19 Barcelonaに先がけてプレスイベントを開催、第2世代のMRヘッドセット「HoloLens 2」を発表した。(2019/2/26)

Microsoft、「HoloLens 2」発表 指認識でつまみ操作、視野角は2倍に 法人向けに3500ドルから
米Microsoftが新型の「HoloLens 2」を発表した。(2019/2/25)

Googleさん:
Googleがゲーム機? ゲームクラウド? 謎の招待状
Googleがゲームストリーミングサービスだけでなく、ゲームのハードウェアを3月にも発表するといううわさ。どんなハードウェアになるんでしょう。(2019/2/24)

「フォートナイト」のEpic Games、クロスプラットフォームゲームSDKを無償公開へ
オンラインゲーム「フォートナイト」を手掛けるEpic Gamesが、フォートナイトでも採用するクロスプラットフォーム技術を含むSDKをゲーム開発者に無償で提供する。同社は独自のゲームストアをオープンしたばかりだ。(2018/12/13)

西田宗千佳の「世界を変えるVRビジネス」:
「危険の研修こそVRの出番」 積木製作に聞く「研修用VR」ビジネスの現状
建設現場で起こる高所からの落下や、工作機械への巻き込まれ事故など、危険な体験をVRでシミュレーションする研修用VRコンテンツが注目を集めている。こうしたコンテンツを手掛ける積木製作に話を聞いた。(2018/12/11)

ゲーム制作で12書体が年額4800円で使える インディー&同人ゲーム開発向けのフォントサービス「mojimo-game」登場
ゲームエンジンへの組み込みや宣伝も使用OK。ゲームクリエイターには良心的すぎる……!(2018/12/6)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
ASUSはなぜ日本でゲーミングスマホを投入するのか? 「ROG Phone」の狙いを聞く
ASUSは、ゲーミングに特化したスマートフォン「ROG Phone」を発売した。両手持ちした際にゲームのコントローラーのように人差し指で操作できるなど、ゲームの操作感にもこだわって開発された。同社が日本でROG Phoneを投入する狙いを聞いた。(2018/12/4)

とんかつが歩いた! 切れ込みを巧みに動かしてのしのし歩むCGが不思議と勇ましい
不気味でもあり、頼もしくもあり。(2018/10/31)

VRニュース:
VR/ARに適したデータを、3D CG技術基盤をグリーとポリゴン・ピクチュアズが共同開発
グリーは、デジタルアニメーションスタジオのポリゴン・ピクチュアズと資本業務提携した。3DゲームやVTuberを効率的にマルチチャネル展開できるコンテンツ共有システム「SC2」を共同開発する。(2018/8/23)

「PUBG」開発元が「フォートナイト」に対する著作権侵害の訴えを取り下げ 多くの謎を残したまま事件は幕を閉じる
PUBG Corp.は訴えを取り下げたことをBloombergに対し認めながら、なぜ取り下げたのかという問いに対し回答はしなかったとのこと。(2018/6/28)

もう迷わない! ビジネスを成長させるUXデザイン手法の使い方(5):
プロトタイプは画面や機能ごとに作ってはいけない
B2C、B2B問わず、ITサービスがビジネスに不可欠な存在となった近年、UXデザインに対する企業や社会の認識は一層深まっている。にもかかわらず、「使いにくいサービス」が減らない原因とは何か?――今回から、「人間中心設計」の各種方法論を説明していく。(2018/6/21)

「PUBG」開発元が「フォートナイト」を著作権侵害で提訴 韓国でのサービス中断を求める
「フォートナイト」のバトルロイヤルモードには、「PUBG」では見られない独自の味付けが数多く存在する。(2018/5/29)

名作FPSゲーム「Unreal」誕生から20周年 「Unreal Gold」が無料配信中
Epic Gamesは、「Unreal」の20周年を記念し「Unreal Gold」の無料配信を開始した。(2018/5/23)

設計開発ツール:
車両制御開発にもっとシミュレーションを、モデルベース開発とゲームエンジンで
MathWorksが2018年3月に発表した「Simulink」の新バージョン「Release 2018a」は、車両運動のシミュレーションを強化している。新機能の「Vehicle Dynamics Blockset」では、ゲームエンジンによって構築した仮想3次元環境で車両モデルを走らせ、クルマの走る・曲がる・止まるの制御を検証することができる。(2018/5/9)

「“ログボの必然性”考えて」――「Fate/Grand Order」塩川洋介氏が抱く、クリエイター教育の課題
「もし実装を依頼するなら、作ってもらう人には『なぜログインボーナス(ログボ)が必要か』を言えないといけない」――スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order」をはじめとしたFGO PROJECTクリエイティブプロデューサーである塩川洋介さんは、これからクリエイターになる学生たちにこんなことを学んでほしいという。(2018/4/5)

レトロな特撮映画風の横スクロールSTG「Squadron 51」ゲームプレイ映像が公開 1950年代のSF映画から影響を受ける
国内発売は未定。(2018/3/26)

Magic Leap、MRメガネ向けSDKをリリース UnityおよびUnreal Engineで開発可能に
MR(複合現実)プラットフォームのMagic Leapが、UnityおよびUnreal EngineでMRゲームを開発できる「Creator Portal」とSDKのテクニカルプレビューを公開した。(2018/3/20)

なぜオッサンはかわいいに憧れるのか 「バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん」独占インタビュー(前編)
バーチャルYouTuberが脚光を浴びる中、昨年末にわかに知名度を上げた「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」こと「ねこます」氏にインタビューしました。(2018/1/10)

MONOist 2018年展望:
製造業VRはゲームエンジン/CADデータのダイレクト変換の進化に期待か
2017年はMONOistでも情報発信が活発だったVR/AR。話題として盛り上がる一方で、製造業における普及での課題もある。製造業向けとしては、将来はARの進化に期待したい。(2018/1/9)

産業用VRカレイドスコープ(4):
進捗いまいちな廉価産業用VRシステム、日本は“それ以前”の問題か
本連載では産業全体のVRの動向や将来展望について深堀りして解説していきます。今回は、産業用VRを取り巻く環境についての現状の最新動向について説明します。(2017/12/18)

VRニュース:
ゲームエンジン「Stingray」の開発が2018年1月で終了、今後はMayaや3ds Maxの機能に
オートデスクがゲームエンジンである「Autodesk Stingray」の開発および販売を2018年1月7日に終了すると発表。サブスクリプションユーザーについては現在の契約が終了した時点で失効して利用できなくなり、サポートも終了する。今後は「Maya LT」「3ds Max」の一機能として組み込まれる。(2017/12/15)

VRニュース:
トヨタもお試し中のVRシステム「NVIDIA Holodeck」、AIロボのIsaacとの連携も
エヌビディアは「GTC Japan 2017」の会場で、同社が開発するVRシステム「NVIDIA Holodeck」の概要について明かした。同システムのアーリーアクセスを利用するトヨタ自動車による例も紹介した。(2017/12/14)

反射の挙動をより正確に再現:
PR:自動運転向けミリ波レーダーの開発、シミュレータの革新で新たな段階へ
自動運転において、“ドライバーの目の代わり”となるセンシング技術。天候に左右されない安定した視認性が特長のミリ波レーダーの開発にはシミュレータが欠かせない。だが、ミリ波レーダーに特化したものが市場に存在しないというのが実情である。OTSLが開発した「AMMWRシミュレータ」は、レーダー専用マップと反射モデルを使うことで、レーダーの反射の仕方をより正確にリアルタイムでシミュレーションできる、ミリ波レーダー開発専用のシミュレータだ。(2017/11/13)

TSUKUMO、ゲーミングPC「G-GEAR」シリーズにUnreal Engine 4動作確認済みモデルを追加
Project Whiteは、ゲーミングエンジン「Unreal Engine 4」の動作確認済みをうたったゲーミングPC計2製品を発売する。(2017/9/29)

MSIとツクモ、Unreal Engine 4動作推奨ノートPCの法人向け短期レンタルを実施
エムエスアイコンピュータージャパンとProjectWhiteは、学校法人向けハイスペックノートPC「GE62VR 7RF-828JP」の短期貸し出しを実施する。(2017/9/14)

標準化を進めるクロノス:
VR/ARで統一プラットフォームを、市場加速に期待
グラフィックスなど向けにオープンな業界標準API(Application Programming Interface)の仕様策定を行うKhronos Group(クロノス・グループ)は、VR(仮想現実)およびAR(拡張現実)向けに、クロスベンダーのプラットフォームを構築しようとしている。独自のゲームエンジンやデバイスドライバーが乱立するVR/AR市場の障壁を取り除き、成長を加速することが狙いだ。(2017/9/5)

コミックマーケット92:
夏を彩るコスプレイヤーたちを激写! 笑顔がまぶしい、コミケ92コスプレ写真まとめVol.1
縦撮りの写真をまとめました。(2017/8/11)

コミックマーケット92:
コスプレイヤー、縦で見るか? 横で見るか? それが問題だ コミケ92コスプレ写真まとめVol.2
横撮りでの写真をまとめました。(2017/8/11)

VRゲームに使ったらむっちゃ楽しそう 人間の動きを認識する服「e-skin」、クラウドファンディング開始へ
スポーツ、着座時の姿勢のモニタリングなどにも利用可能。(2017/7/21)

「シェンムー3」発売が2018年下半期へと延期、延期理由は「パワーアップしたシェンムーを届ける」ため
パワーアップした「シェンムー」をユーザーのもとに届けるには時間が足りないとディレクター鈴木氏。(2017/6/8)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。