ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「VALUESTAR L」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「VALUESTAR L」に関する情報が集まったページです。

2014年PC秋冬モデル:
新Office搭載のデスクトップ、CPU強化のモデルも――「VALUESTAR N/S/L」
NECの液晶一体型デスクトップPC「VALUESTAR N」と「VALUESTAR S」、セパレート型デスクトップPC「VALUESTAR L」に2014年秋冬モデルが登場。いずれも新Officeを搭載し、モデルによってはCPUを強化している。(2014/10/15)

2014年PC夏モデル:
今度はHaswell Refreshをいち早く──「NEC VALUESTAR L」
2013年秋冬モデル以来の新モデル投入となったセパレートデスクトップPCは、インテル最新のCPUを載せて戻ってきた。(2014/5/14)

2014年PC春モデル:
新デザインの省スペースな21.5型テレビPC、タッチ+11acの23型も――「VALUESTAR S/N」
NECのデスクトップPC「VALUESTAR」は、デザインとシリーズ名を変更した21.5型の「VALUESTAR S」が目玉。23型の「VALUESTAR N」も一部仕様を強化した。セパレートタイプの「VALUESTAR L」は2013年秋冬モデルを継続販売する。(2014/1/14)

2013年PC秋冬モデル:
「3波5チューナー」「磁性流体YAMAHAスピーカー」搭載23型AIOとHaswell搭載セパレート──「VALUESTAR N/L」
デスクトップPC「VALUESTAR」は、高性能テレビ機能付きのVALUESTAR Nと、セパレート型VALUESTAR Lの2シリーズで展開。特にフルチェンジを行ったVALUESTAR Nは「3波5チューナー」+「磁性流体スピーカー」など特長ある機能を搭載する。(2013/10/15)

2013年PC夏モデル:
NEC、Haswell採用モデルの仕様を公開──6月6日販売開始
インテルの新世代CPU発表にあわせ、夏モデルにて“Haswell搭載予定”としていたLaVie LとVALUESTAR Lの詳細仕様が公開された。(2013/6/3)

2013年PC夏モデル:
第4世代Coreを採用したスリムデスクトップPC――「VALUESTAR L」
NECのスリムデスクトップPC「VALUESTAR L」シリーズは、上位モデルが新デザインに生まれ変わり、インテルの次世代CPUを搭載する予定だ。【更新】(2013/5/14)

2013年PC春モデル:
BDXLに対応、メモリも速くなりました──「VALUESTAR L」
スリムタワーPC「VALUESTAR L」の春モデルは、Office 2013を用意して、光学ドライブとシステムメモリも強化した。(2013/2/5)

2012年PC秋冬モデル:
Windows 8時代のスリムタワーは下位モデルも“Ivy Bridge”に──「VALUESTAR L」
スリムタワーPC「VALUESTAR L」の秋冬モデルは、従来と同じ23型ワイド液晶付属と19型ワイド液晶付属の2モデル展開。下位モデルでも“第3世代”に対応した。(2012/10/19)

2012年PC夏モデル:
スリムタワーも“Ivy Bridge”の時代だ!──「VALUESTAR L」
セパレート型のスリムタワーPC「VALUESTAR L」の夏モデルは、23型ワイド液晶付属と19型ワイド液晶付属の2モデル展開。上位モデルは“第3世代”に対応した。(2012/5/8)

2012年PC春モデル:
実売10万円台のスリムタワーPC──「VALUESTAR L」
セパレート型のスリムタワーPC「VALUESTAR L」の春モデルは、19型ワイド液晶が付属するバリュー構成1モデルのみの展開となる。(2012/2/14)

2011年PC秋冬モデル:
買ってすぐに3D Visionが使える──「VALUESTAR L」
NECは、デスクトップPC「VALUESTAR L」の新モデルを発表した。最上位モデルはNVIDIAのステレオ立体視技術“3D Vision”がすぐに使えるキットが付属する。(2011/9/12)

2011年PC夏モデル:
3D対応フルHD液晶+クアッドコアCore i7の大画面スリムタワーPC──「VALUESTAR L」
高性能志向のセパレート型デスクトップPC「VALUESTAR L」は、下位モデルもCore i7+BD搭載に基本性能を向上。大型ディスプレイと3D Visionの3D対応モデルも従来通りラインアップする。(2011/5/16)

2011年PC春モデル:
3D Visionでステレオ立体視も使えます──「VALUESTAR L」
NECは、2月1日にVALUESTAR Lの2011年春モデル2機種を発表した。“Sandy Bridge”世代のCPUを導入し、上位モデルでは、3D Visionのステレオ立体視に対応する。(2011/2/1)

NECの3D Vision対応PC:
さて、私もそろそろ「初めての3Dを」という人向け──3D対応「VALUESTAR L」の実力チェック
家庭用3Dテレビと同じフレームシーケンシャル方式を採用した3D対応PC「VALUESTAR L」は、どんな“3D体験”ができるか。PCのパフォーマンスチェックとともに、3D環境でゲームタイトルがどう楽しめるかを試した。(2010/10/1)

2010年PC秋冬モデル:
3D Visionで立体視をサポートしたセパレート型デスクトップPC──「VALUESTAR L」
NECのセパレート型デスクトップPC「VALUESTAR L」シリーズがフルモデルチェンジし、新たに上位モデルで3D Visionによる立体視に対応した。(2010/9/13)

2010年PC夏モデル:
8Gバイトメモリ+Core i7を搭載する高性能デスクトップPC──「VALUESTAR L」
“高速”を求めるユーザー向けに展開するデスクトップPC「VALUESTAR L」は、GeForce GT220や8Gバイトメモリ、フルHDの23型ワイド液晶を備え、より高性能になった。【夏モデル第2弾追記】(2010/4/19)

2010年PC春モデル:
新CPUと外付けGPU、拡張性豊かな大画面スリムタワーPC──「VALUESTAR L」
スタンダードなセパレート型高性能デスクトップ「VALUESTAR L」は、Core iシリーズのCPU採用など、プラットフォームを一新してPCとしてのパフォーマンスをより向上。USB 3.0や64ビット版OSにも対応する。(2010/1/18)

2009年PC秋冬モデル:
クアッドコアCPUと外付けGPU+デジタル放送で強化した“正統派”スリムタワー──「VALUESTAR L」
セパレート型デスクトップPC「VALUESTAR L」は、フルHDの23型液晶や3波デジタルチューナー、Blu-ray Discドライブのほか、クアッドコアCPUや外付けグラフィックスなど、PCとしての機能を強化した。(2009/10/16)

2009年PC夏モデル:
フルHD対応の新型液晶を採用したセパレートモデル――「VALUESTAR L」
NECのセパレート型デスクトップPC「VALUESTAR L」シリーズの夏モデルは、1920×1080ドット表示に対応した23型液晶ディスプレイを採用。新GPUのGeForce GT120搭載モデルも登場した。(2009/4/14)

2009年PC春モデル:
液晶を22型ワイドに大型化し、地デジ機能も内蔵――「VALUESTAR L」
NECのセパレート型デスクトップPC「VALUESTAR L」シリーズは、地デジチューナやBlu-ray Discドライブの搭載、付属液晶の大型化など、機能を大幅に強化した。(2009/1/13)

2009年PC春モデル:
NECが基本性能やカラバリを強化した、PC春モデル第2弾を大量投入
1月13日、NECはLaVie、LaVie Light、VALUESTAR、VALUESTAR Luiモデルの2009年春モデルを発表し、全9シリーズ45モデルを1月15日から出荷を開始する。(2009/1/13)

2008年PC秋冬モデル:
45ナノメートル世代のクアッドコアCPUを搭載したセパレート型PC――「VALUESTAR L」
NECのセパレート型PC「VALUESTAR L」の新モデルは、全モデルで2Gバイトのメモリを搭載し、上位機でクアッドコアCPUを採用した。(2008/9/2)

2008年PC秋冬モデル:
全モデルでデュアルコアCPUを採用しボードPCも一新――NECがPC秋冬モデルを大量投入
NECはLaVie、VALUESTAR、VALUESTAR Luiモデルの2008年秋冬モデルを発表し、全7シリーズ22モデルを9月上旬から順次出荷する。(2008/9/2)

2008年PC夏モデル:
BDドライブと新ボディを身にまとったセパレート型PC――「VALUESTAR L」
VALUESTARシリーズで唯一のセパレート型PC「VALUESTAR L」シリーズがモデルチェンジし、BDドライブや新デザインのボディを採用した。(2008/4/16)

2008年PC春モデル:
大幅なコストダウンを図って競争力を高めたセパレート型PC――VALUESTAR L
NECのセパレート型PC「VALUESTAR L」シリーズは、春モデルで大胆なコストダウンを行って低価格化を果たしているのがポイントだ。(2008/1/8)

2007年PC秋冬モデル:
容積7.9リットルのセパレート型PCがデュアルコアCPUに対応――VALUESTAR L スリムタイプ
横幅が約66ミリの薄型デスクトップPC「VALUESTAR L スリムタイプ」がデュアルコアCPUに対応し、付属の液晶ディスプレイも小型タイプに変更された。(2007/9/3)

2007年PC秋冬モデル:
Core 2 Quad+Blu-ray Disc搭載のセパレート型PC――VALUESTAR L スタンダードタイプ
NECのセパレート型デスクトップPC「VALUESTAR L スタンダードタイプ」が、クアッドコアCPUやBlu-ray Discドライブを搭載し性能を大幅に強化した。(2007/9/3)

2007年夏 Vista搭載PC特集:
順当なスペックアップを果たしたセパレート型PC――VALUESTAR L
PC本体と液晶ディスプレイが分離したセパレート型のVALUESTAR Lシリーズは、ラインアップを全3モデルに絞りつつ、仕様の強化が行われた。(2007/4/16)

2007年春 Vista搭載PC特集:
上位シリーズがデザインを一新し省スペース化を図ったセパレート型PC――VALUESTAR L
全5モデルが投入されるセパレート型のVALUESTAR Lシリーズでは、上位のスタンダードタイプがラインアップを一新し、よりコンパクトに生まれ変わった。(2007/1/15)

2006年・PC夏モデル特集
なんとなくパソコンが欲しいと言い出してしまった田舎の両親へ――「VALUESTAR L VL300/FD」はどうでしょうか
2006年のNEC夏モデルでは、人気のVALUESTAR Lに薄型ケースを採用した新シリーズ「スリムタイプ」が追加されている。このスリムタイプはTV機能などを省き、コストパフォーマンスを追及したモデルだ。(2006/5/11)

2006年・PC夏モデル特集
液晶ディスプレイにTV機能を詰め込んだ意欲的な地デジ対応モデル――NEC「VALUESTAR L VL970/FG」
「VALUESTAR L」の最上位機である「VL970/FG」は、同シリーズにおいて2シーズンぶりに復活した地上デジタル放送対応機だ。本製品はただ新しいTVチューナーが搭載されただけでなく、チューナーそのものに今までにない試みがなさるなど、注目すべき点が多い。ここではそのTV機能を中心に本製品を紹介していこう。(2006/4/20)

進化したVISITALでさらなる高画質を実現──VALUESTAR夏モデル発表
NECはVALUESTARの2005年夏モデルとして、新シリーズの「VALIESTAR W」をはじめ、「VALUESTAR L」「VALUESTAR SR」「VALUESTAR TX」の各シリーズで新製品を発表した。春モデルで発表した「VISITAL」(ビジタル)を改良した新しい高画質エンジンを搭載するなど、テレビ関連機能が強化されている。(2005/4/13)

定番のエントリークラスデスクトップも地デジ対応に──NEC VALUESTAR L VL800/AD
NECの“テレパソ”は他社に先駆けて取り組んだ「地上デジタル対応」が特徴。従来地デジ対応はフラッグシップでのみ対応していたが、VALUESTAR L VL800/ADはエントリークラスで初の地上アナログ/地上デジタル/衛星放送(BS/110度CS)に対応した。(2004/9/17)

NEC、デスクトップPCのラインアップを発表
NECは、デスクトップPC「VALUESTAR T」「VALUESTAR L」「VALUESTAR F」の各シリーズの新モデルを発表。5月中旬から発売開始で、オープンプライス。(2004/5/6)

17インチワイドSoundVu液晶付属の省スペースTV PC――NEC VALUESTAR L VL70E/8D
「VALUESTAR L VL70E/8D」は、TV番組を視聴したり、録画した番組をDVDに焼ける省スペースタイプのブック型TV PCだ。CPUがAthlon XPに変更されて従来機種よりも割安になったほか、チップセットの変更により最新の3Dゲームも楽しめるようになった。(2004/3/8)

デスクトップPCの新ラインアップを発表――NEC
NECは1月7日、デスクトップPCの「VALUESTAR T」「VALUESTAR L」「VALUESTAR F」「VALUESTAR FS」の各シリーズについて、新モデルを発表した。(2004/1/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。