ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「Visual Studio Team System」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Visual Studio Team System」に関する情報が集まったページです。

AUTOSARを使いこなす(5):
日本の自動車業界の「当たり前」は、なぜAUTOSARの「当たり前」にならないのか
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載の第5回では、第4回で挙げた避けるべき代表例の1つ「標準をただ従うものとして捉えること」について掘り下げてみよう。(2018/9/7)

プロならゲーム開発で品質保持/CIは当たり前:
PR:C#/C++の本格的なゲーム開発において品質を高めるために知っておきたい静的解析とは
ゲーム開発現場に長らく存在する課題を解決し、スピードと品質担保を両立させる手段として多くのゲーム開発者が導入を始めているのが、コード解析ツールだ。日本シノプシス 営業本部 ソフトウェアインテグリティグループ シニアプロダクトマーケティングマネージャー 津村直史氏にコード解析ツールについてお話をうかがった。(2015/7/14)

Tech・Ed 2009 Session Report:
見えてきた! 次期.NET FrameworkとVisual Studio
Windows 7だけでなく、Tech Ed Japan 2009の話題として開発者が気にしていたのは、やはり「.NET Framework 4」と、その対になる開発環境「Visual Studio 2010」ではないだろうか――。(2009/9/2)

組み込みマルチコア進化論(5):
マルチコアにおける標準表記OpenMP
最終回はマルチスレッド並列を行うためのOpenMPと、組み込み向けに消費電力の制御が追加されたOSCAR APIを紹介します(2009/6/11)

特集:Visual Studio 2008単体テスト機能徹底活用(後編):
VS 2008単体テスト機能でテスト駆動開発/NUnitからの移行
VS 2008 Pro版に搭載されている単体テスト機能を使ってテスト・ファーストを実践。NUnitからのテスト移行についても考察。(2008/12/19)

特集:Visual Studio 2008単体テスト機能徹底活用(前編):
Visual Studio 2008単体テスト機能のすべて
VS 2008でProfessional版にも搭載されるようになった単体テスト機能。具体的にはどのようなテストが可能なのか?(2008/11/14)

Microsoft、「Visual Studio 2010」の詳細情報を発表
Visual Studio 2010はWindows 7と同OSのマルチタッチUIに対応、クラウドコンピューティングなどの新しいトレンドもサポートする。(2008/11/11)

クラウド祭りとWindows 7:
MicrosoftのPDCのテーマはクラウドコンピューティング
Microsoftの開発者会議の最大のテーマは、クラウドコンピューティングおよびそれをサポートするためのツールとサーバである。そのほかにも「Windows 7」「Visual Studio 2010」そしてMicrosoftの新しいモデリング技術「Oslo」などにスポットライトが当てられる。(2008/10/28)

Microsoft、「Visual Studio 2010」と「.NET Framework 4.0」の概要を発表
Visual Studioの次期バージョンの正式名称は「Visual Studio 2010」となる。(2008/9/30)

どうする? .NET Framework 1.xアプリケーションの今後
.NET Frameworkの登場から6年。その間、世の中はどんどん進み、ITの世界も大きく変わっている。どうやら、かつて構築した.NET Framework 1.xベースのアプリケーションの今後を考える時期に来ているようだ。(2008/8/29)

ビル・ゲイツ氏、TechEdで最後の基調講演
TechEdの基調講演は、ビル・ゲイツ氏にとっては会長として最後の講演となる。(2008/6/4)

MS、IE 8のβ2の公開時期や新プロジェクト「Velocity」などを発表
MSがIE 8のβ2のリリース時期、IBMとの技術提携、新プロジェクト「Velocity」、Microsoft Sync Frameworkのリリース時期など、複数の重要な発表を行った。(2008/6/4)

IBMのRational、IDE満足度調査でトップに
IBMのRationalツールは、Microsoft、Oracle、Adobe Systems、Sun Microsystemsなどが提供するIDEに勝利した。(2008/5/23)

開発者体験を改善:
「Visual Studio 2008」「.NET Framework 3.5」のSP1βリリース
「Visual Studio 2008」「.NET Framework 3.5」のSP1にはバグフィックスが含まれるほか、パフォーマンス強化や新しいグラフィックス機能などが盛り込まれている。(2008/5/15)

Microsoft、「Expression Studio 2」のβ版をリリース
Microsoftはデザインツール分野では新参者だが、先行するAdobe Systemsに追いつこうとがんばっている。(2008/3/6)

損保ジャパン、MSとSOAベースのオンラインシステムを共同開発
損害保険ジャパンとマイクロソフトは、2005年7月から共同で開発していた基幹系オンライン基盤システムが2007年11月に稼働を開始したと発表した。(2008/1/8)

「Visual Studio 2008」の日本語版をリリース
マイクロソフトは、最新のアプリケーション統合開発環境「Visual Studio 2008」の日本語版を発表した。製品構成を強化し、初心者からプロフェッショナルまで幅広い活用が可能になった。(2007/12/14)

Visual Studioの「借金」を精算したMicrosoft
MicrosoftではVisual Studio 2008を予定通りにリリースするために、品質に本腰を入れ、機能にフォーカスしたという。(2007/11/20)

MS、「Visual Studio 2008」「.NET Framework 3.5」をRTM出荷
Visual Studio 2008は250以上の新機能を搭載し、機能を大幅に強化、Web2.0アプリケーションの開発にも対応する。(2007/11/20)

Google対Microsoft、SNS戦争の意味は?
MicrosoftとGoogleのFacebook争奪戦、そしてGoogleのOpenSocialは、Web広告収入をめぐる戦いに見えるかもしれない。だがわたしはそれ以上のものだと思っている。(2007/11/1)

Microsoft Tech・Ed 2007 Yokohama Report:
ソフトウェアの品質を向上させるVisual Studio Team System 2008
チームによるアプリケーション開発をサポートする「Visual Studio Team System 2008」。その進化の方向性は、品質にこだわったものになっている。(2007/8/23)

NEWS
米マイクロソフト、ビジネスプロセスマネジメント製品の最新版を発表
Microsoft Worldwide Partner Conference 2007でMicrosoft BizTalk Serverの次期リリースを発表、サプライチェーンマネジメント強化を支援(2007/7/24)

MS、Visual Studio Team Systemをコネクタで強化
Microsoftは6月11日、「Visual Studio Team Foundation Server-Project Server 2007 Connector」(PS-TFS Connector)をリリースした。(2007/6/13)

「Visual Studio」発売から10周年――Orcas以降のロードマップを発表
サンフランシスコ発――Microsoftが「Visual Studio」ツールセットの発売10周年を記念したイベントを開催し、次期版に組み込まれると思われる新たなコンポーネントを発表した。(2007/3/29)

Teamprise、EclipseとCodePlexコミュニティーの橋渡し役を担う
Teampriseは、「Teamprise Client Suite」を介してMicrosoftのオープンコミュニティーサイト「CodePlex」を利用したいと考えている開発者に向けて、同スイートのライセンスを無料提供するという。(2007/3/23)

Expression Webをリリース、新たな分野へ挑むMS
MicrosoftからWebサイト作成ツール「Expression Web」がリリースされた。デザイナーと開発者のコラボレーションをテーマとした「Expression」ブランドとして発売される、初めての製品となる。(2007/2/28)

Microsoftの「Expression」を支える男、元ILMのフォレスト・キー氏
Microsoftの新しいデザインツールの製品管理ディレクターを務める元ILMのキー氏は、「将来的に、エンタープライズ開発システムでもデザイナーが重要な役割を果たすようになる」とみている。(2007/1/22)

MS、データベース専門家向けのチーム開発ツールをリリースへ
Microsoftは、データベース開発向けのチーム開発ツール「Visual Studio Team Edition for Database Professionals」をまもなくリリースする。(2006/11/17)

Visual Studio Team Systemと統合した機能テストツールの新バージョン
日本コンピュウェアは、Microsoft Visual Studio 2005 Team Systemと統合した機能テストツールの最新版「TestPartner 5.4日本語版」をリリースした。(2006/8/4)

「.NETはJavaを打ち負かした。次の相手は誰だ?」とMS
「われわれはJavaを打ち負かしたが、開発ツールはまだ成長の余地がある」――。Microsoftの上級幹部はこう述べた。同社は開発環境の成長のためにどのような手をうっているのか。(2006/7/31)

進むデータベース開発とVisual Studio Team Systemの融合
Visual Studio Team Systemに追加される新しいエディションにより、データベースプロフェッショナルは変更管理や自動テストを行えるようになり、IT開発者はデータベース管理者とのコミュニケーションやコラボレーションを改善できるだろう。(2006/7/3)

BorlandがMS開発環境への対応を強化
BorlandはMicrosoft.NET環境のサポート強化を発表した。UML(Unified Modeling Language)、要件定義・管理、要件主体型テストなどの分野でVisual Studioをサポートするという。(2006/6/20)

MS、新セキュリティブランド「Forefront」発表
Microsoftの新セキュリティブランド「Forefront」は、ITセキュリティとアクセスの管理を容易にする包括的なセキュリティ製品群への取り組みを反映したものだ。(2006/6/12)

MS、データベース開発支援のVisual Studio製品発表
「Visual Studio Team Edition for Database Professionals」ではデータベース開発の際のコラボレーション効率化を支援する。(2006/6/1)

MS、エンタープライズツールへの道のり
MicrosoftはRational Softwareの買収を考えていたこともあったが、独自でアプリケーションライフスタイル管理製品を構築することにし、VSTSを開発した。(2006/4/19)

マスマーケットに狙いを定めるMSの「Team Foundation Server」
最近「Visual Studio 2005 Team System」のコンポーネントである「Team Foundation Server」をリリースしたMicrosoft。これはマスマーケット的なソフトウェア戦略をエンタープライズ分野へ持ち込むものだという。(2006/4/18)

ゲーム開発を低コスト化するXNAがようやく見せた成果
XboxおよびPCゲームの統合開発プラットフォーム「XNA」構想の発表から2年。XNAは2006年3月に開催されたGame Developers Conferenceにおいて、その姿を垣間見せた。ゲーム開発の革新的な効率化を期待できるが、具体的な提供時期は発表されていない(2006/4/10)

新参入の開発市場に残したVisual Studioの課題――完成するTeam System
Visual Studio Team SystemのサーバコンポーネントTeam Foundation Serverが米国で遂にリリースされた。これでMicrosoft初のアプリケーションライフサイクル製品が完成したことになるが、特にDSI構想に向けては課題も多く残されている。(2006/4/6)

日本ユニシス、自社の開発ノウハウをVisual Studio 2005に適用
日本ユニシスは.NET環境向けの独自開発手法「LUCINA for .NET」をマイクロソフトの「Visual Studio 2005 Team System」に対応させる。(2006/2/23)

Interview:
バルマー氏、MSの新戦略を語る
Visual Studio 2005というエンタープライズ向けのキープロダクトをリリースし、さらにサービスとしてのソフトウェアへの注力を明らかにしたMicrosoft。バルマー氏がその狙いを語った。(2005/11/22)

the Microsoft Conference 2005 Report:
大規模開発の生産性効率化から効率的なパッチマネジメントまで
MSCで行われたセッションには、新製品の紹介のほかにも運用管理に関する手法やノウハウを取り上げたものが多い。そんな中から大規模開発におけるVS 2005の利用法と、セキュリティパッチ適用に関する手法の解説を見てみよう。(2005/11/18)

マイクロソフト、SQL Server 2005とVisual Studio 2005のライセンス価格を発表
マイクロソフトは9月16日、次期データベースサーバ「Microsoft SQL Server 2005」と統合開発環境「Microsoft Visual Studio 2005」の国内価格を発表した。(2005/9/16)

CEDEC 2005リポート:
「XNA Studio」の概要を発表、まずは開発の効率化にフォーカス
既報どおりVisual Studio 2005 Team Systemがベース。β配布は来年3月の「GDC 2006」で行われる予定(2005/9/2)

Microsoft、Visual StudioのCTPアンインストールツールを提供
Microsoftの開発者が、Visual Studioの古いCTPを簡単にアンインストールできるツールを非公式に提供している。(IDG)(2005/8/27)

EclipseがC/C++ツールをアップグレード
Eclipseは8月22日、C/C++開発ツールプラットフォーム「Eclipse C Development Toolkit(CDT)3.0」をリリースした。同バージョンでは拡張性とパフォーマンスが改善されている。(IDG)(2005/8/23)

MS、MSDN登録者にVisual Studio 2005を優先提供
Visual Studio 2005とSQL Server 2005のリリース候補は9月12日に公開される予定。Team Foundation Serverの3番目のβは11月7日公開。(IDG)(2005/8/23)

マイクロソフトのDSI戦略を考える
マイクロソフトでは2003年から、「DSI」と呼ぶ構想を打ち出して、製品展開を行っている。年内に出荷が予定されているSQL Server 2005やVisual Studio 2005も、このDSI構想に沿った製品だ。これらの製品がどのようにDSI構想に関係しているのか、また、マイクロソフトの他の製品とどのように関連するのかをレポートする。(2005/8/16)

.NETテクノロジーとSOAの関係
Windows OS上のシステム構築において、SOAを適用するのは簡単なのか。また、どのような利点があるのか。.NETに代表されるマイクロソフトのテクノロジーやツールが、どのようにSOAをサポートしているのか。マイクロソフトとSOAをめぐる環境をレポートする。(2005/8/15)

Microsoft Tech・ED 2005 Yokohama:
チーム開発に最大限に貢献する、進化したVisual Studio 2005
パシフィコ横浜で開催されているMicrosoft Tech・Edの3日目のセッションで、チーム開発に向け大変革を遂げたVisual Studio 2005 Team Systemの解説が行われた。(2005/8/4)

マイクロソフト、Visual Studio 2005の最新プレビュー版の日本語版を提供開始
(2005/8/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。