ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「みんなの党」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「みんなの党」に関する情報が集まったページです。

スピン経済の歩き方:
鳥越俊太郎さんが「出馬はペンより強し」になった理由
ジャーナリストの鳥越俊太郎さんが東京都知事選に出馬した。「えっ、ジャーナリストが立候補!?」と思われたかもしれないが、報道に携わった人たちが立候補し、当選したケースは多い。「ジャーナリスト=権力を批判」というイメージが強いのに、なぜ彼らは立候補するのか。(2016/7/21)

鉄道から法律まで、知って得するウンチク満載な「擬人化マンガ」4作
(2015/4/16)

クリエーター減税、実現するか──超党派による「MANGA議連」設立
作品の収集・保存の政策や、税制優遇措置などについて話し合う「マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟(MANGA議連)」が始動しました。(2014/11/19)

都議会ヤジ問題で自民党・鈴木議員が発言認める Facebookには「日本の恥」など怒りのコメントが殺到
6月18日の東京都議会で「早く結婚した方がいいんじゃないか」などとヤジを飛ばし、批判が集まっていた。(2014/6/23)

ニコニコ超会議3:
安部首相の来場で自民党ブースが盛り上がっていましたが、ここで他政党のブースを見てみましょう
公明党や民主党など、各政党のブースを見てきました。(2014/4/26)

「あべぴょん危機一髪」も登場 ニコニコ超会議3政党ブースの出展内容発表
“痛車”選挙カーにレスキューロボットの展示など、各政党がさまざまな企画を行う。(2014/4/24)

窪田順生の時事日想:
渡辺代表の「8億円借金問題」と、官僚の黄金時代がやって来る日
渡辺善美・みんなの党代表が「DHC吉田会長からの8億円借金問題」で叩かれている。「政治とカネ」の問題が出るたびにいろいろと文句を言っていたご意見番に対し、永田町周りではさまざまな陰謀説が持ち上がっている。それは……。(2014/4/1)

ニコ生「みんなの党」公式チャンネルで年末3時間特番 渡辺代表らが出演
ニコニコ生放送の「みんなの党公式チャンネル」で、3時間の特番を配信。渡辺喜美代表、浅尾慶一郎幹事長、松田公太参議院議員、三谷英弘衆議院議員が出演する。配信は12月20日20時0分〜。(2013/12/16)

法制度・規制:
電気事業法の改正案が成立、2014年1月にも改革がスタート
6月の通常国会で否決された電気事業法の改正案が、11月13日の参議院の本会議で賛成202票・反対29票で可決した。法改正を受けて2014年1月にも電力システム改革の第1段階が始まる。法律の附則に規定したスケジュールの通りに進めば、2020年までに小売全面自由化と発送電分離が完了する。(2013/11/13)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/9/17)

ネット選挙は空振り:
参院選のネット利用はどうだった? 政党サイトをチェックした人は1%足らず
ネットを活用した初めての選挙となった参議院選挙。Googleなどが実施した動向調査の速報リポートでは、期待された若年層の政治参加が薄かったことが分かった。(2013/7/31)

初のネット選挙運動は「空振り」? 「Webは情報収集手段としてはほとんど活用されず」──Google調査
ネット選挙運動が解禁された参院選で、テレビやネットへの接触と投票との関係を調査した速報レポートをGoogleが発表。政党の公式サイトを訪問した人は1%程度にとどまるなど、ネット活用は低調だった。(2013/7/30)

関心高い争点は「憲法」「原発」:
参院選で急上昇したGoogle検索ワードは「山本太郎」
ネット選挙運動解禁となった2013年の参議院選挙。Googleが選挙公示期間中に検索数が急上昇したキーワードのトップ10を発表した。(2013/7/22)

ファン数ではLINEが圧勝 各党のソーシャルメディア活用度は
参院選に向けた各政党のTwitter、Facebook、LINEの利用状況を調査したところ、ほとんどの政党でLINEのファン数が他サービスのファン数を上回るなど、LINEの活用度が際立った。(2013/7/18)

【参院選】ニコ生で「ネット第一声」 みんなの党・渡辺喜美代表から国民へのメッセージ
7月21日投開票の参院選。その公示日となる7月4日に「ネット第一声」と題して各党が国民へのメッセージをニコニコ生放送で配信する。映像は録画によるもので、このページではみんなの党・渡辺喜美代表の映像を配信する。配信は7月4日0時0分〜。(2013/7/2)

田原総一朗が9党代表者に聞く! 「参院選で国民に何を訴えるのか?」
田原総一朗さんが各党の代表者に「参院選で国民に何を訴えるのか?」を聞く。映像は録画によるもので、出演者はみどりの風・谷岡郁子代表、社民党・福島みずほ代表、日本共産党・志位和夫委員長、生活の党・小沢一郎代表、みんなの党・渡辺喜美代表、公明党・山口那津男代表、日本維新の会・松井一郎幹事長、民主党・細野豪志幹事長、自民党・石破茂幹事長。配信は7月3日22時30分〜。(2013/7/2)

参院選公示日、7月4日午前0時に各党党首が「ネット第一声」 ニコ生で配信
参院選公示日の7月4日午前0時に、各党党首の「ネット第一声」をニコニコ生放送が生配信する。(2013/7/2)

9党の党首がニコ生で「ネット第一声」 参院選公示・4日午前0時から配信
いよいよネット選挙運動が解禁される。(2013/7/2)

「無慈悲な質問」飛ぶも盛り上がりは控えめ 2回目のネット党首討論、ニコニコに期待するもの
前回より注目度が下がったネット党首討論。視聴者からの質問は切れ味抜群だったが、ニコニコの持ち味が封印されているようにも感じる。(2013/7/2)

ネット7社が「わっしょい!ネット選挙」 2日夜にマニフェスト発表特番を生配信
Twitter Japanやヤフー、ドワンゴなど7社が共同でネット選挙運動解禁に向けた共同企画を展開。2日には各党の代表者によるマニフェスト発表を3時間にわたりニコ生とUstreamで生配信する。(2013/7/1)

「ネット党首討論会」視聴者は前回比9割減 ユーザー質問で児童ポルノ禁止法問題
「ネット党首討論会」の視聴者数は十数万人と、初回だった前回より9割も減少。ユーザーからの質問にこたえ、各党党首が児童ポルノ禁止法について意見を述べた。(2013/7/1)

児童ポルノ禁止法問題、各党代表が賛否を表明 安倍首相「あくまで子どもを守るための法律」
ネット党首討論会で、自民・公明・日本維新の会が共同提出した児童ポルノ禁止法改定案について、出席した各党首が賛否を表明。各党首のコメントをまとめた。(2013/6/28)

28日に「ネット党首討論会」 ニコ生・Ustreamで配信
28日に「ニコファーレ」でネット党首討論会が開かれ、ニコ生とUstreamで配信される。(2013/6/27)

「ネット党首討論会」ライブ配信 9党の代表が出演
9党の代表が出演する「ネット党首討論会」をドワンゴが開催、ライブ配信する。経済政策や外交について語るほか、視聴者からの質問にも答える。登壇者は、自民党・安倍晋三総裁、民主党・海江田万里代表、日本維新の会・橋下徹代表、公明党・山口那津男代表、みんなの党・渡辺喜美代表、生活の党・小沢一郎代表、日本共産党・志位和夫委員長、社民党・福島みずほ党首、みどりの風・谷岡郁子代表。司会は角谷浩一さん。配信は6月28日19時30分〜。(2013/6/27)

法制度・規制:
電力システム改革は止まらない、電気事業法の改正は秋の臨時国会で成立へ
相変わらずの低レベルな政局によって電気事業法の改正案が廃案になったものの、電力システムの改革に向けた動きは着実に進み始めている。次の参議院選挙によって与党が過半数を占めることは確実な情勢で、秋の臨時国会では電気事業法の改正案が成立する見通しだ。(2013/6/27)

「ネット党首討論会」ニコファーレで再び 9党の代表が集結、ニコ生でライブ配信
視聴者からの質問も募集中。(2013/6/26)

ビジネステレビ誠:
ネット選挙で各党が使うツールは? 若者の投票率はどうなる?――第19回ビジネステレビ誠アーカイブ
6月26日に放送の「ビジネステレビ誠」は、ネット選挙をテーマに、自民党、みんなの党、日本維新の会の各議員と、ワカモノ論でおなじみの城繁幸さんでお届けします。(2013/6/20)

ネット選挙解禁でグリー、ヤフー、LINE、Twitter、ドワンゴ、Ustが共同企画
ネット選挙解禁でグリー、ヤフー、LINE、Twitter、ドワンゴ、Ustが共同企画。第1弾として、各政党の代表者が出演する番組を、ニコ生とUstで配信する。(2013/6/3)

ジャニーズの裸と児童ポルノ法案――「可能性」がもたらす多くの不安
あいまいな内容が持つ「可能性」が怖い。(2013/5/30)

児童ポルノ禁止法改定案、提出迫る 漫画・アニメ表現規制の検討も盛り込む
児童ポルノの単純所持を禁止する児童ポルノ禁止法改定案が自公の議員立法により提出が迫っている。漫画・アニメなど創作作品の規制につながる「調査研究」と3年後の「必要な措置」も盛り込まれており、漫画・アニメ関係者の緊張が高まっている。(2013/5/24)

Twitter、10政党の公式アカウント認証を完了 参院選に向け
夏の参院選に向けTwitter Japanは、国会に議席を持ち政党要件を満たす全10政党の公式アカウントの認証を完了した。(2013/5/21)

ネット選挙解禁:
LINE、参院選終了まで政党の公式アカウントを無償提供
ネット選挙解禁を受け、LINEが各政党に公式アカウントを無償提供。政党が有権者に情報提供しやすくすることで、投票率増加の一助となることを目指すという。(2013/5/13)

全政党がLINE公式アカウントに参入 参院選で“LINE選挙運動”実現へ
「LINE」に、日本の全政党のLINE公式アカウントが登場。夏の参院選では、LINEを使った選挙運動が繰り広げられそうだ。(2013/5/13)

LINEに政党公式アカウント開設
インターネットを利用した選挙運動を解禁する公職選挙法改正案の可決・成立を受け。(2013/5/13)

iPhoneを本会議場に持ち込んだら怒られた:
「ネット選挙で政治は変わるか」ニコニコ超会議2で議員7名が討論会
幕張メッセで開かれた「ニコニコ超会議2」には、50人を超える国会議員が参加した。本記事では、政党ブースの展示内容や、ネット選挙についての7人の議員が参加した討論会の様子をお伝えする。(2013/4/30)

みんなの党、参院選候補者の選考過程を「見える化」 1次面接をライブ配信
みんなの党が参院選候補者の選考過程を「見える化」。その選考1次面接をまるごとライブ配信する。面接官は、松田公太広報委員長、山内康一国対委員長、柿沢未途議員。コメンテーターとして津田大介さんらも出演する。配信は3月31日10時0分〜。(2013/3/29)

「インターネットが変えていく選挙と政治」 One Voice Campaignのシンポジウムをライブ配信
ネット選挙解禁を目指す活動をしているOne Voice Campaign主催のシンポジウム「インターネットが変えていく選挙と政治 ――ネット選挙運動解禁と、これからの政治――」をライブ配信する。登壇予定者は、平井卓也さん(自民党衆議院議員)、鈴木寛さん(民主党参議院議員)、松田公太さん(みんなの党参議院議員)、遠山清彦さん(公明党衆議院議員)、佐々木憲昭さん(共産党衆議院議員)、夏野剛さん(ドワンゴ取締役)、三浦博史さん(選挙プランナー)、江戸浩樹さん(ガイアックス オンラインマーケティング部長)、大谷広太さん(BLOGOS編集長)、ハリス鈴木絵美さん(Change.org日本キャンペーンディレクター)、原田謙介さん(One Voice Campaign)。配信は3月12日16時30分〜。(2013/3/12)

GMO、「ネット選挙」解禁に向けたなりすまし防止サービスを発表
電子証明書で候補者や議員、政党のWebサイトやメールが正規のものであることを証明する。Webサイト向けのツールは全政党に寄付するという。(2013/2/27)

Google+で「政治家と話そう」 野田首相、安倍総裁、橋下代表代行など出演
Google+のビデオチャット機能「ハングアウト」で政党代表者と一般参加者が直接話し合う「政治家と話そう」の出演者が決定。(2012/12/13)

首相の頭上に「8888888」 140万人がみた「ネット党首討論会」
首相の頭上に流れる「8888888」──「ネット党首討論会」がニコファーレで行われ、10党の代表がTPP参加問題などについて議論を交わした。(2012/11/30)

ニコ生「ネット党首討論会」スタート 開始前から20万人超が来訪
ドワンゴが各政党に呼び掛けた「ネット党首討論会」がスタートした。ネットユーザーの注目度は高く、配信ページには開始前から累計20万人以上が来訪した。(2012/11/29)

ニコ生「ネット党首討論会」、非会員にも開放
ドワンゴが各政党に呼び掛けた「ネット党首討論会」が11月29日午後8時に開かれる。非会員でも無制限に視聴可能だ。(2012/11/29)

政治家のソーシャルメディアでの影響力、トップは橋下市長……野田総理は?
アジャイルメディア・ネットワークは独自調査をもとにした、政治家のソーシャルメディアでの影響力ランキングを発表。トップは大阪市長で大阪維新の会代表の橋下徹氏だった。(2012/10/25)

杉山淳一の時事日想:
大阪都構想のカギを握るのは、モノレールかもしれない
大阪府の松井知事が、大阪モノレールの延伸を検討する。大阪モノレールは大阪万博の輸送手段として計画され、その後も延伸計画が何度も現れては消え……。果たして今回は実現するのだろうか。(2012/6/22)

東京の1票の価値は鳥取の4分の1:
「1人1票でないと多数決は保障されない」――1票の格差裁判の升永英俊弁護士に聞く
2011年の最高裁判決で、前回衆議院議員選挙の1票の格差は違憲状態にあると断じられた。しかし、与野党の対立などもあり、いまだ選挙制度改革はなされていない。裁判を主導した升永英俊弁護士に現状をどのように見ているのか聞くと、ただ1票の格差を縮めるだけでは不十分なのだという。(2012/6/15)

ネット選挙運動解禁への課題は“国民の無関心”?――与野党議員と津田大介さんら議論
2010年に審議入りして結局不成立となったネット選挙運動解禁法案。成立に向けてどのような課題があり、どう乗り越えていくのか。各党の議員と津田大介さんらが議論した。(2012/5/25)

「みんなで決めよう『原発』国民投票」 宮台真司さん、櫻井参議院議員らが議論
原発に関する国民投票法制定を求めて活動する市民団体「みんなで決めよう『原発』国民投票プロジェクト」主催のイベント「議員と市民の対話カフェ」をライブ配信する。社会学者の宮台真司さん、民主党の櫻井充参議院議員、みんなの党の川田龍平参議院議員、元東電社員で現東海大原子力工学科の高木直行教授、ジャーナリストで同団体事務局長の今井一さんらが、原発と国民投票について語り合う。配信は3月22日17時0分〜。(2012/3/22)

「提言型政策仕分け」の成果とは? 飯田泰之さんらが議論
11月20〜23日にかけて実施された国の政策や制度の在り方を検証する「提言型政策仕分け」の結果と今後を議論する番組。出演者は駒澤大学の飯田泰之准教授、民主党の尾立源幸参議院議員、みんなの党の山内康一衆議院議員。司会は政治ジャーナリストの角谷浩一さん。配信は11月23日21時0分〜。(2011/11/22)

「次の総理は誰だ!?」 与野党議員が「ポスト管政権の政策論争」
「ポスト管政権の政策論争」をテーマに与野党議員が討論する番組。「復興のための経済政策」「消費税増税の必要性と時期」「電力の未来」「日本を元気にするための策」について語り合う。出演者は民主党の金子洋一参議院議員、自民党の山本幸三衆議院議員、みんなの党の中西健治参議院議員、公明党の西田実仁参議院議員。司会はエコノミストの飯田泰之さん。配信は8月3日19時30分〜。(2011/7/28)

何が改革を妨げるのか?――現役官僚が語る、官僚や東京電力の問題
改革派官僚として知られ、国家公務員制度改革推進本部事務局で関連法改正などを進めてきた経済産業省の古賀茂明氏。1か月で16万部が売れた『日本中枢の崩壊』の刊行記念会見では、改革を妨げている公務員制度の問題点や、電力会社が各業界を支配する構造について語った。(2011/6/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。